駆動,起動,または停止装置,自動停止機構 に関する技術一覧

「駆動,起動,または停止装置,自動停止機構」に関する技術の関連情報です。 「駆動,起動,または停止装置,自動停止機構」 の関連技術、「口出しに関するもの」「織機群を制御するためのもの」 など、その他「駆動,起動,または停止装置,自動停止機構」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「駆動,起動,または停止装置,自動停止機構」の分野ページはこちら

駆動,起動,または停止装置,自動停止機構に所属する技術動向

駆動,起動,または停止装置,自動停止機構の分野に属する技術の状況としては、2016年に5件、2017年に8件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、駆動,起動,または停止装置,自動停止機構の分野においては特に近年手動制御の分野における動向が活発であり、他にも速度を周期的に変化させるためのものや 速度を一時的に減少するためのものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては津田駒工業株式会社や株式会社豊田自動織機、リンダウエル,ドルニエ,ゲゼルシヤフト,ミツト,ベシユレンクテル,ハフツングが豊富な実績を残しており、 津田駒工業株式会社などは、 駆動,起動,または停止装置,自動停止機構やよこ糸貯蔵体が開口中を通らない織機,例.無ひ織機,グリッパーシャットル織機,ダミーシャットル織機といった分野も含め、 北菱電興株式会社や鈴権毛織株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

駆動,起動,または停止装置,自動停止機構』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】タッチパネルによる織機の表示装置において、織機停止状態によるインターロック制御を画面上のボタン表示で制御することによって、制御装置内の回路を簡素化することにある。【解決手段】織機の表示装置は、タッチパネルを有する表示部と、1以上の操作関連のボタンを前記表示部の画面に表示させる表示指令部と、織機の停止状態に応じて予め設定されたインターロックすべき1以上の前記操作...

    織機の表示装置

  2. 【課題】現実の織機Li (i…1、2…n)に適用可能な回答情報を提供する。【解決手段】サービスセンタ20に設置するホストコンピュータ21と、製織工場10に設置し、通信回線Nを介してホストコンピュータ21に接続可能なユーザコンピュータ11とを設ける。ホストコンピュータ21のデータベース21bj (j=1、2…m)には、製織工場10内の織機Li に装備されている各装置の装...

    織機のユーザ支援システム用のホストコンピュータと、それを使用するユーザ支援システム

  3. 【課題】 織機の緯糸飛走状況の時系列的変化を容易に把握できるようにする。【解決手段】 緯糸飛走路上で緯糸を検知して得られる糸信号に基づき、緯糸到達時期を検出する緯糸到達時期検出手段30と、所定ピック数にわたって検出された前記緯糸到達時期をもとに、緯糸到達時期の統計値を算出する統計値算出手段40と、前記統計値算出手段40により算出された統計値を記憶するとともに時系列...

    織機の緯入れ状況表示装置

  4. 【課題】織機運転中に糸原因による製織不良が発生した場合に、真の不良原因が糸によるものか、織機上の装置の設定によるものかの特定を容易に行えるようにする。【解決手段】織機主軸(6)の回転に対応して織機上の複数の装置の動作態様を切り換える織機に、製繊不良を検出するセンサ(3)と、織機主軸(6)の回転にともない緯入れピック数をカウントするカウンタ(7)と、緯入れピック数および...

    織機の不良内容表示方法および織機の不良内容表示装置

  5. 【課題】複数の停台原因に起因する織段を目立たなくすることにある。【解決手段】織段防止技術は、織機の停止に際しては、筬打ち力を低減すべく決定される第1の移動量にしたがって織前位置変位部材を駆動させて織前位置を前方に移動させ、織機の起動に際しては、第1の移動量と起動に際して適正な織前位置までの移動量とを加味して決定される第2の移動量にしたがって織前位置変位部材を連続的に駆...

    織機における織段防止方法及び装置

新着の技術

駆動,起動,または停止装置,自動停止機構』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】緯糸検知を精度良く行うことができるエアジェット織機の緯糸検知装置を提供すること。【解決手段】エアジェット織機の緯糸検知装置は、筬内通路16の内部に光を投射する投光部、及び筬内通路16に対向配置される受光部とを備えた緯糸センサ30と、緯入れ方向に隣り合う筬羽15の間に配置されたコントラスト調整部材40と、を備える。コントラスト調整部材40の厚みは、緯入れ方向に隣...

    エアジェット織機の緯糸検知装置

  2. 技術 織機

    【課題・解決手段】糸供給源(9)から引き出される経糸(1)間に織機杼口(3)を形成するための開口装置(10,25)と、形成された織機杼口(3)内へテープの形状を成す緯糸(2)を挿入するための緯糸挿入装置(20)と、緯糸挿入後に経糸及び緯糸(1,2)により形成される織布(4)を引き出す引き出し装置(30)とを有する織機。織機は、織機杼口(3)内への緯糸の挿入前に緯糸(2...

    織機

  3. 【課題・解決手段】本発明は、織機および開口装置の制御された運転のための方法に関するものであり、織機および開口装置はコントローラと接続され、織機は主駆動装置によって駆動され、開口装置は電気モータ補助駆動装置によって駆動され、織機および開口装置は、エネルギー流伝達のための共通のコンバータ中間回路によって接続され、開口装置は、時点t0で始動され、その動作回転速度を上回る過速...

    織機の始動方法

  4. 【課題】緯糸ブレーキを備えた仕様において、緯糸の弛みの発生に関する有効な警告を出す。【解決手段】メインノズル12と、サブノズル14と、緯糸ブレーキ16とを備え、メインノズル12及びサブノズル14からのエア噴射により緯糸Yが緯入れされるエアジェット織機における緯糸検知装置である。そして、緯糸ブレーキのブレーキタイミングに緯糸先端が到達する位置よりも前に配置されたセンサ3...

    エアジェット織機における緯糸検知方法及び緯糸検知装置

  5. 【課題】作業者が実施する操作工程の少ない糸検出装置を提供すること。【解決手段】レバー14は糸ガイド溝28および糸ガイド29の他端側を塞ぐことで緯糸Y12の待機領域30を形成する初期位置と、待機領域30から糸ガイド溝28および糸ガイド29の一端側へ移動する緯糸Y12により回動されて待機領域30と糸ガイド溝28および糸ガイド29の一端側とを連通させる排出位置と、糸ガイド溝...

    糸検出装置

駆動,起動,または停止装置,自動停止機構 ページ上部に戻る

その他の分野

駆動,起動,または停止装置,自動停止機構』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。