ひ箱交換装置を有する織機 に関する技術一覧

「ひ箱交換装置を有する織機」に関する技術の関連情報です。 「ひ箱交換装置を有する織機」 の関連技術、「上下動式ひ箱を有するもの」「回転式ひ箱を有するもの」 など、その他「ひ箱交換装置を有する織機」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ひ箱交換装置を有する織機」の分野ページはこちら

ひ箱交換装置を有する織機に所属する技術動向

ひ箱交換装置を有する織機の分野に属する技術の状況としては、2002年に2件、2007年に1件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ひ箱交換装置を有する織機の分野においては特に近年回転式ひ箱を有するものの分野における動向が活発であり、他にも上下動式ひ箱を有するものや よこ糸保持具,すなわちよこ糸がもつれるのを防止する手段といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては西陣電子紋匠協業株式会社や株式会社川島織物セルコン、ユニヴァーシティオブブライトンが豊富な実績を残しており、

注目の技術

ひ箱交換装置を有する織機』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【構成】 袖付衣類(10)のようなチューブ状物を織る方法は、織機の経糸ベッド(1)を横切って前方および後方へ通過されるシャトル(図示せず)のような緯糸キャリアを用いる。この方法は、供給される緯糸におけるたるみを検出することを含み、そのたるみはシャトルによって供給されるけれども織っている領域の耳を越えた経糸と織り合わせられない緯糸によって生じる。たるんだ緯糸はシャトル...

    織物を織る方法および装置

  2. 【課題】現行の多丁杼織機の大規模な改造を伴うことなく、西陣織に代表される意匠性の高い美術工芸織物を効率よく製織することが出来る多丁杼織機を得る。【解決手段】スレー11の左右に複数の杼箱N1、N2、N3………を集積した杼枠12を有する多丁杼織機において、その複数の杼箱の中の少なくとも1つの杼箱N1の杼S1を収容する杼収容スペース13の内部高さHと、他の杼箱N3〜N10の...

    多丁杼織機と杼

  3. 【課題】本発明は、従来にない極めて画期的な製織時における緯糸位置計測方法並びに織物の柄合わせ装置並びに織物の柄合わせ方法並びに有杼織機並びに有杼織機の運転制御方法を提供することを目的とする。【解決手段】経糸1と緯糸2とで製織される織物の製造に際し、緯糸2の折り返し位置にマーク材3を付設し、このマーク材3を付設した緯糸2をCCDカメラ4により監視し、このCCDカメラ4の...

    • 公開日:2000/09/19
    • 出願人: 新潟県
    • 発明者: 家坂邦直 、...
    • 公開番号:2000-256942号

    製織時における緯糸位置計測方法並びに織物の柄合わせ装置並びに織物の柄合わせ方法並びに有杼織機並びに有杼織機の運転制御方法

  4. 【課題】前後の各織成組織を連結織成組織とすることを可能とした新機構の織機を提供する。【解決手段】縦糸5,6を歯付筋ベルト8に固定されたP状管7の輪7′に挿通し、ベルト8の回転運動により輪7′内の挿通縦糸5,6の開口を行う。横糸管12の横糸打込み後、両サイド耳部で脇ばね16,16′に折返し横糸をループ係止し織成巾出し保持する。次いで上下往復移動する歯付短回転車群17によ...

    前後織連結中央巾織織機

  5. 【課題】従来製造することができなかった、服地や装飾品としての使用に耐え得る、貴金属の単線による薄く、しなやかな織布を得ること。【解決手段】本発明は、経糸又は緯糸の少なくとも一方に、引張り強さ0.12N乃至6.5Nの貴金属製の単線を使用したことを特徴とする貴金属線を用いた織布である。好ましくは、前記貴金属製の単線の伸び率が1.5%以上であるものを使用する。更に、前記貴金...

    貴金属線を用いた織布及びその製造装置及び方法

新着の技術

ひ箱交換装置を有する織機』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【構成】 袖付衣類(10)のようなチューブ状物を織る方法は、織機の経糸ベッド(1)を横切って前方および後方へ通過されるシャトル(図示せず)のような緯糸キャリアを用いる。この方法は、供給される緯糸におけるたるみを検出することを含み、そのたるみはシャトルによって供給されるけれども織っている領域の耳を越えた経糸と織り合わせられない緯糸によって生じる。たるんだ緯糸はシャトル...

    織物を織る方法および装置

  2. 【課題】現行の多丁杼織機の大規模な改造を伴うことなく、西陣織に代表される意匠性の高い美術工芸織物を効率よく製織することが出来る多丁杼織機を得る。【解決手段】スレー11の左右に複数の杼箱N1、N2、N3………を集積した杼枠12を有する多丁杼織機において、その複数の杼箱の中の少なくとも1つの杼箱N1の杼S1を収容する杼収容スペース13の内部高さHと、他の杼箱N3〜N10の...

    多丁杼織機と杼

  3. 【課題】前後の各織成組織を連結織成組織とすることを可能とした新機構の織機を提供する。【解決手段】縦糸5,6を歯付筋ベルト8に固定されたP状管7の輪7′に挿通し、ベルト8の回転運動により輪7′内の挿通縦糸5,6の開口を行う。横糸管12の横糸打込み後、両サイド耳部で脇ばね16,16′に折返し横糸をループ係止し織成巾出し保持する。次いで上下往復移動する歯付短回転車群17によ...

    前後織連結中央巾織織機

  4. 【課題】従来製造することができなかった、服地や装飾品としての使用に耐え得る、貴金属の単線による薄く、しなやかな織布を得ること。【解決手段】本発明は、経糸又は緯糸の少なくとも一方に、引張り強さ0.12N乃至6.5Nの貴金属製の単線を使用したことを特徴とする貴金属線を用いた織布である。好ましくは、前記貴金属製の単線の伸び率が1.5%以上であるものを使用する。更に、前記貴金...

    貴金属線を用いた織布及びその製造装置及び方法

  5. 【課題】本発明は、従来にない極めて画期的な製織時における緯糸位置計測方法並びに織物の柄合わせ装置並びに織物の柄合わせ方法並びに有杼織機並びに有杼織機の運転制御方法を提供することを目的とする。【解決手段】経糸1と緯糸2とで製織される織物の製造に際し、緯糸2の折り返し位置にマーク材3を付設し、このマーク材3を付設した緯糸2をCCDカメラ4により監視し、このCCDカメラ4の...

    製織時における緯糸位置計測方法並びに織物の柄合わせ装置並びに織物の柄合わせ方法並びに有杼織機並びに有杼織機の運転制御方法

    • 公開日:2000/09/19
    • 出願人: 新潟県
    • 発明者: 家坂邦直 、...
    • 公開番号:2000-256942号
    • 公開日:2000/09/19
    • 出願人: 新潟県
    • 発明者: 家坂邦直 、...
    • 公開番号:2000-256942号

ひ箱交換装置を有する織機の詳細カテゴリ一覧

ひ箱交換装置を有する織機の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

ひ箱交換装置を有する織機 ページ上部に戻る

その他の分野

ひ箱交換装置を有する織機』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。