パイル織機 に関する技術一覧

「パイル織機」に関する技術の関連情報です。 「パイル織機」 の関連技術、「アキスミンスター織機,すなわち織成過程でパイル房がそう入されるもの」「ワイヤタペストリ織機,例.ビロードまたはブラッセルもしくはウイルトンカーペットを織成するために,パイルがよこ入れした針金を越えて形成されるもの」 など、その他「パイル織機」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「パイル織機」の分野ページはこちら

パイル織機に所属する技術動向

パイル織機の分野に属する技術の状況としては、2016年に1件、2017年に3件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、パイル織機の分野においては特に近年たてワイヤを越してパイルを形成する織機の分野における動向が活発であり、他にも織機上でパイルを切断する器具や ワイヤタペストリ織機,例.ビロードまたはブラッセルもしくはウイルトンカーペットを織成するために,パイルがよこ入れした針金を越えて形成されるものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社豊田自動織機や津田駒工業株式会社、米阪パイル織物株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社豊田自動織機などは、 排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置「4」や乗物の内部に動力供給源をもつ電気的推進装置といった分野も含め、 株式会社岩間織機製作所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

パイル織機』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】布移動方式のパイル織機において、地経糸テンションロールを移動する際のテリーモーション装置に掛かる負荷を小さくし、また地経糸に対する張力付与に関与する部分の破損を未然に防止する。【解決手段】テリーモーション装置16により地経糸テンションロール4を前後に移動させる布移動方式のパイル織機の地経糸送り出しテンション装置1において、地経糸テンションロール4を回転自在に支...

    布移動方式のパイル織機の地経糸送り出しテンション装置

  2. 【課題】布移動式パイル織機において、織布の移動やパイル経糸の開口の変化量に左右されることなく、常に所望のパイル経糸張力を設定できるパイル経糸制御方法およびパイル経糸制御装置を提供する。【解決手段】布移動式パイル織機1において、パイル経糸3の送り出し経路中に、パイル経糸巻き掛け用の2つのロールとして、第1のロール7および第2のロール8を織機フレーム11に対して前後方向に...

    パイル経糸制御方法およびパイル経糸制御装置

  3. 【課題】パイル形成のためのファーストピック時に発生する瞬間的な張力上昇を含むパイル経糸の張力変動を吸収し、安定したパイル経糸張力を維持できるようにする。【解決手段】パイル経糸ビームの下方にパイル経糸ビームから引き出されたパイル経糸Tpを案内するガイドローラ18を配設する。ガイドローラ18の下方にパイル経糸ビームとガイドローラ18との間の上下方向の間隔よりも大きな間隔を...

    パイル織機におけるパイル経糸張力調整装置

  4. 【課題】多彩且つ繊細な図柄の表現が可能なウイルトンカーペットの特徴を生かし、周縁の裁断口からの繊維糸条の解れ出しがなく、タフテッド・タイルカーペットと同様に建築工事用カーペットに適したパイル織タイルカーペットを得る。【解決手段】地経糸と、少なくとも2本の〆経糸と、複数本のパイル経糸を単位経糸とし、緯糸が、少なくとも3本の緯糸を単位緯糸とする3越以上の多越パイルに裏打層...

    パイル織タイルカーペット

  5. 【課題】パイル織機のパイル経糸張力制御装置において織機の高速運転下でもパイル経糸張力を所望の値に保つことができる装置を提供する。【解決手段】パイル形成に対応して行われる筬28と織布7との相対運動に同期してテンションロール6の付勢力を制御するパイル経糸張力制御装置40であり、相対運動が行われる期間内で少なくともパイル形成する筬打ち時点を含むように定められる期間では、これ...

    パイル織機

新着の技術

パイル織機』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は装置(1)に関し、装置(1)は、繊維機械用の糸のパターンが制御された供給および/または選択に用いられるようなパターン制御部品(2)を搭載し、複数のアクチュエータ(4)と、アクチュエータ(4)を冷却するように冷却剤が流通可能な冷却回路(5、8)とを備え、装置(1)におけるアクチュエータ(4)は冷却回路(5、8)の横側に取り付けられて取り外し可能...

    パターン制御部品を搭載する装置およびその装置を備える繊維機械

  2. 【課題】上経糸を表面側面組織の経糸とし、下経糸を裏面側面組織の経糸として、タオル製織用のジャガード機に改造を加えずに写真風多重織物を製織可能にする方法の提供。【解決手段】色緯糸2、3、4、5を1組とし、色緯糸2、3、4、5の内、その部分の外面に表現する柄に必要な色緯糸を選択して上経糸6と交錯し、表面側面組織1の外面に柄を表現された平織りのガーゼ織り組織に形成されている...

    写真風多重織物及び写真風多重織物の製織方法

  3. 【課題】テリークロス織物の製造のための織機におけるパイル縦糸の張力を調整する装置を提供する。【解決手段】可動性のブレストビームテリークロス織機における、パイル縦糸Wrの張力を調整する装置は、負の補償運動を備えるワープテンショナーロール13を有するパイルワープロールアセンブリGを備えている。ブレストビームFの交互の運動の同じ運動学的システムはまた、ワープテンショナーロー...

    テリークロス織機におけるパイル縦糸の張力を調整するための装置

  4. 【課題】パイル織機におけるパイル抜けを抑制する。【解決手段】グラウンド経糸は従来の開口曲線(仮想線)の位置から回転角度差βだけ早めた方向に位相をずらせた開口曲線(実線)で設定されているため、グラウンド経糸のクロスタイミングK2はパイル経糸のクロスタイミングK1より早く生じる。回転角度差βは、パイル経糸が閉口状態となる時、グラウンド経糸が既に開口を開始しているため、緯糸...

    パイル織機における経糸開口方法

  5. 【課題】パイル織機のファーストピックにおけるパイル経糸の張力低下を抑制する。【解決手段】ルーズピック及びファーストピックの開口曲線において、クロスタイミングKを同一にするとともに、ファーストピックの開口曲線におけるクロスタイミングKから最大開口位置に到達するタイミングR1をルーズピックの開口曲線におけるクロスタイミングKから最大開口位置に到達するタイミングR2より早く...

    パイル織機におけるパイル経糸の開口制御方法

パイル織機 ページ上部に戻る

その他の分野

パイル織機』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。