形状に特徴のある織物 に関する技術一覧

「形状に特徴のある織物」に関する技術の関連情報です。 「形状に特徴のある織物」 の関連技術、「管状織物」「無端織物」 など、その他「形状に特徴のある織物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「形状に特徴のある織物」の分野ページはこちら

形状に特徴のある織物に所属する技術動向

形状に特徴のある織物の分野に属する技術の状況としては、2017年に19件、2018年に11件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、形状に特徴のある織物の分野においては特に近年幅が一定でない織物の分野における動向が活発であり、他にもわん曲状,波状または類似織物や 無端織物といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはフェデラル−モーグル・パワートレイン・リミテッド・ライアビリティ・カンパニーや旭化成せんい株式会社、芦森工業株式会社が豊富な実績を残しており、 芦森工業株式会社などは、 ライニングまたは被覆,すなわち,プラスチックからなる予備成形された積層材または被覆材を適用するもの,そのための装置や管または管系中にまたはそれと連結して用いられる装置または付属品といった分野も含め、 三菱重工業株式会社や鹿島建設株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

形状に特徴のある織物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【解決手段】繰り返し単位の95〜100質量%が構造式(1) で表される1−オキソトリメチレンにより構成されるポリケトン繊維であって、下記の(a) 〜(e) の要件を満足することを特徴とするポリケトン繊維。(a) :結晶化度≧60%、 (b):結晶配向度≧90%、(c) :引張強度≧10cN/dtex、(d) :単糸膠着率≦30%、(e) :仕上げ剤付着率=0.3〜15...

    ポリケトン繊維、その製造方法及びポリケトン撚糸物

  2. 【課題】帯状体形成部分の縁部を、簡単かつ、機械的に結合できるようにする。さらに結合部分における帯状体の透過率が他部に比し著しく変化しないようにする。【解決手段】構成糸8,9,10,11を含んでおり、かつ幅方向で見て少なくとも部分的に、互いに突き合わされる複数の帯状体形成部分6,7から成っており、これらの帯状体形成部分が、これら帯状体形成部分の縁部12、13において互い...

    帯状体およびこの帯状体を製造する方法、並びにこの方法を実施するための装置

  3. 【解決手段】ホース本体3の長さ方向に延びてその長さ方向に伸縮性を有する伸縮性たて糸4と、ホース本体3の周方向に延びるよこ糸5とを織成してなる筒状の織布11に、気密処理を施してなるホース本体3に、そのホース本体3の周方向の一部にその長さ方向に沿って、そのホース本体3の長さ方向の伸長を抑制する伸長抑制手段8,12,14を講じる。【効果】本発明の螺旋状ホース1は、常時は直線...

    螺旋状ホース及びその製造方法

  4. 【課題】多くの人が触れるドアノブ、マイクロフォン、電話機などの物品を着脱自在に覆って、使用者に快適感を与えることができる伸縮性カバーを得る。【解決手段】少なくとも口径Dが伸縮自在とされた可撓性筒状10に、帯電防止性材料4、抗菌性材料、消臭性材料、芳香性材料などの快適機能性材料を付着させる。

    伸縮性カバー

  5. 【課題】厚さ保持力、長期水処理と圧力分布、清掃の容易さ、優れたシート仕上げ及び改良された機械に直交する断面を有する多軸プレス布を提供する。【解決手段】多軸プレス布は基礎布及び縫込みにより基礎布に取付けたステープルファイバー材料の層を含む。基礎布は織布帯を螺旋状に巻くことにより組立てた少なくとも一つの層を持つ。基礎布はエンドレスループの形をとる。織布帯の糸は、基礎布に多...

    角度のついた織を持つ多軸プレス布

新着の技術

形状に特徴のある織物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】コンクリート構造物の要求強度に応じた形状に、現場で簡単に加工できる配筋材の提供。【解決手段】それぞれが多数の繊維を束ねた繊維束10からなる経糸と、この経糸をなす繊維束10を相互に連結する緯糸20とからなる平織の繊維束織物1を提案する。この繊維束織物1において緯糸20は、経糸10の複数本おきに経糸10の間を通過して表裏へ移行し浮き沈みするように織り込まれていて、...

    配筋材用の繊維束織物及びこれを使用したコンクリート配筋構造

  2. 【課題・解決手段】端部がほつれにくいテキスタイルスリーブは、スリーブの長手方向中心軸に対して概ね平行に延在する経糸と、スリーブの周りに周方向に延在する緯糸とを有する細長い壁を含む。経糸は、少なくとも2つの異なる種類の糸を含み、経糸の種類のうちの一方は、活性化可能な糸を含み、もう一方の種類の糸は活性化不能な糸を含む。活性化可能な糸は、熱、流体および/または圧力のうちの少...

    端部がほつれにくい織られた保護テキスタイルスリーブおよびその製造方法

  3. 【課題】じゃばら状に伸縮する筒状織物を提供する。【解決手段】本発明の織物は、三層の経糸211、221、231によって上層210、中層220、下層230があり、上層210、中層220、下層230の経糸211、221、231に緯糸212、222、232を織り込み、このとき、上層210と下層230とを袋織りにして外筒を形成し、この外筒の内側に中層220を形成し、中層220に...

    じゃばら状に伸縮する筒状織物

  4. 【課題】伝動ベルトの製造に係る所望の生産性・品質を確保し得る、伝動ベルト用帆布の製造方法を提供する。【解決手段】ベルトスリーブ形成用の金型に装着される、無端状の伝動ベルト用帆布の製造方法において、筒状帆布を、当該筒状帆布の長手方向に対して所定の裁断角度をつけてスパイラルに裁断して、経糸と緯糸とが裁断方向に対して互いに略等角度で配置された、開反帆布を作製する工程で、開反...

    伝動ベルト用帆布の製造方法

  5. 【課題・解決手段】細長い部材を引き回して保護するための熱スリーブおよびその構築方法が提供される。スリーブは、中心軸に沿って、対向する開放端間を延び、外側反射性箔層が固定される、管状の織製壁を有する。壁は長手方向に延びる経糸と周方向に延びる緯糸とで織製される。緯糸は、単一の打ち込みとして並列の当接関係で束ねられる第1および第2の緯糸を含み、それによって、別個の単一打ち込...

    織製管状熱スリーブおよびその製造方法

形状に特徴のある織物の詳細カテゴリ一覧

形状に特徴のある織物の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

該当するデータがありません

形状に特徴のある織物 ページ上部に戻る

その他の分野

形状に特徴のある織物』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。