パイル織物 に関する技術一覧

「パイル織物」に関する技術の関連情報です。 「パイル織物」 の関連技術、「パイル糸に特徴のあるもの」「地糸に特徴のあるもの」 など、その他「パイル織物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「パイル織物」の分野ページはこちら

パイル織物に所属する技術動向

パイル織物の分野に属する技術の状況としては、2016年に19件、2017年に12件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、パイル織物の分野においては特に近年パイル房が織成過程でそう入されたものの分野における動向が活発であり、他にもシェニール織物や 組織に特徴のあるものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社やTBカワシマ株式会社、三和テクノ株式会社が豊富な実績を残しており、 トリニティ・インベストメント株式会社などは、 化粧品あるいは類似化粧品製剤や合成重合体の単一成分人造フィラメントまたはその類似物,その製造といった分野も含め、 カネボウ合繊株式会社やカネボウ綿糸株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

パイル織物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 化石資源依存度を低めつつ、表面にポリマーによる特段の後加工を施すことを必要とせずに優れた強度と耐摩耗性を備え、耐湿熱分解性にも優れた合成繊維を用いてなるモケットパイルを提供する。【解決手段】 ポリエステル系複合繊維を一部、又は全部に使用してなるモケットパイル布帛であって、上記ポリエステル系複合繊維繊度は、芳香族ポリエステル系重合体とポリ乳酸系重合体とから...

  2. 【課題】従来にない高い導電性を有する繊維およびそれからなる繊維製品を提供する。【解決手段】繊維表層の少なくとも一部分に導電層を有する平均抵抗率が1.0×106〜1.0×1012[Ω/cm]、抵抗率の標準偏差の大きさが0.2以下の導電性繊維であって、該導電層が少なくともポリエステル成分とカーボンナノチューブとからなる導電性繊維。

    導電性繊維およびそれを用いてなる繊維製品

  3. 【課題】塗料の吸収性(保持能)、流出性(吐出能)、塗膜の仕上性に優れる塗装具用の繊維構造体並びに該繊維構造体を用いた塗装具の提供。【解決手段】(A)捲縮伸長率5〜30%の熱融着性捲縮繊維を30〜100質量%で含む繊維からなる立設繊維層(パイル)を片面に有し、立設繊維層の内側に前記熱融着性捲縮繊維が部分融着してなる網状融着層が存在し、その外側の表面部にバルキーな嵩高層が...

    塗装具用繊維構造体およびその製造方法

  4. 【課題】パイルの導電性及び柔軟性を良好に保持しつつ、毛倒れを抑制することができる導電性ベロア材を提供する。【解決手段】導電性ベロア材としてのブラシ30のパイル32は、各2列ずつの第1パイル列32a及び第2パイル列32bにより形成されている。第1パイル列32aは、導電性繊維より形成されるとともに、基布31の幅方向の中央に配設されている。第2パイル列32bは、導電性繊維よ...

    導電性ベロア材

  5. 【課題】液晶表示素子の基板の大型化に臨機応変に対応可能なラビング用布材を提供する。【解決手段】経糸1及び緯糸2からなる地組織に経糸方向に織り込まれた多数のパイル糸3を緯糸方向に傾斜した状態に保持されるように加工を施すことで、ラビング用布材を緯糸方向に切断してラビング用の回転ローラに取り付けることが可能となり、液晶表示素子の基板の大型化に対して布材の生地幅を大きくするこ...

    ラビング用布材

新着の技術

パイル織物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】湿潤状態においても静摩擦係数と動摩擦係数の差が小さく、かつ摺動面から効率よく水を排出できるように相手部材と摺接する際に不快な異音が発生することのない摺動布帛を提供することを課題とする。【解決手段】 フッ素樹脂繊維を含む摺動布帛であって、摺動布帛は摺動面を有し、該摺動面に一方向に延在する複数の凸条部と基部が交互に形成されている摺動布帛、前記摺動面における凸条部...

  2. 【課題】堅牢性の低下を極力抑え、かつ柔軟性及び通気性を向上させたパイル織物を提供する。【解決手段】3本の緯糸を挿入する毎に表裏両面にパイル出しをする織物であって、経糸方向に複数のパイル経糸と地経糸とが交互に配列され、緯糸3n本と、前記パイル経糸2本と、前記地経糸2本と、により形成される第一組織と、緯糸6本と、パイル経糸2本と、地経糸2本と、により形成される第二組織と、...

    パイル織物及びその製造方法

  3. 【課題】風合い、触り心地、速乾性、軽量性等に優れるとともに、パイル糸が細番手であっても、パイル糸の切断、パイル糸の引出等の製織過程の不良が生じにくくすることができる繊維製品の製造方法を提供する。【解決手段】本発明の繊維製品の製造方法では、アルカリ溶液に可溶な易溶性繊維と、アルカリ溶液に不溶で40番手以上の綿糸と、を含む複合撚糸をパイル糸とする生地を形成し、生地から易溶...

    繊維製品の製造方法及び繊維製品

  4. 【課題・解決手段】本発明は、長パイル部と短パイル部を含むパイル布帛であって、前記長パイル部は、C形断面形状及びH形断面形状からなる群から選ばれる一種以上の断面形状を有し、単繊維繊度が15〜60dtexである異形断面繊維Aを含むパイル布帛に関する。前記長パイル部及び短パイル部を構成する繊維は、いずれもアクリル系繊維であることが好ましい。これにより、ガードヘアーの視覚的及...

    パイル布帛

  5. 【課題】液体等で座面が濡れた状態であることを座席利用者が視覚的に確認することができる内装用モケットの提供。【解決手段】基布2と、基布2上にパイル糸6を用いて形成されるパイル部4とから構成され、パイル糸6が、合成繊維混糸とウール糸とを撚り合わされているため、ウール糸の中空構造部位に液体22が浸透すると、液体22が浸透した部位の色が他の部位の色と違って見える現象を利用する...

    内装用モケット

パイル織物 ページ上部に戻る

その他の分野

パイル織物』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。