織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法 に関する技術一覧

「織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法」に関する技術の関連情報です。 「織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法」 の関連技術、「補強用織物」「衣料用芯地」 など、その他「織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法」の分野ページはこちら

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法に所属する技術動向

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法の分野に属する技術の状況としては、2017年に192件、2018年に142件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法の分野においては特に近年ラダーテープの分野における動向が活発であり、他にもカーテンのつり下げ用テープや 包または袋のような物といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や東洋紡株式会社、旭化成せんい株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 糸または他のたて糸あるいはよこ糸要素の材料または構造に特徴のある織物や本質的に合成樹脂からなる積層体といった分野も含め、 東レ・モノフィラメント株式会社や東レ・デュポン株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【解決手段】繰り返し単位の95〜100質量%が構造式(1) で表される1−オキソトリメチレンにより構成されるポリケトン繊維であって、下記の(a) 〜(e) の要件を満足することを特徴とするポリケトン繊維。(a) :結晶化度≧60%、 (b):結晶配向度≧90%、(c) :引張強度≧10cN/dtex、(d) :単糸膠着率≦30%、(e) :仕上げ剤付着率=0.3〜15...

    ポリケトン繊維、その製造方法及びポリケトン撚糸物

  2. 【課題】目ずれが起こず、すだれ織物製織時や製織後の熱収縮によってひずみを起こさず、撚糸時や製織時に毛羽やフィブリル状物の発生がなく、すだれ織物上や織機上にも毛玉や粉のない高品位の、ゴム補強用材料等に適したすだれ織物を提供すること。【解決手段】経糸と緯糸とから構成されたすだれ織物において、経糸を構成する繊維の50質量%以上がポリケトン繊維であって、経糸と緯糸との繊維−繊...

    すだれ織物

  3. 【課題】高強度・高タフネスの優れた力学特性を有し、荷重下及び加熱下において優れた寸法安定性を具備するポリケトンコード及びその製造方法を提供する。【解決手段】繰り返し単位の97〜100質量%が1−オキソトリメチレンから構成されたポリケトンからなるポリケトン繊維を80質量%以上含有するコードであって、以下の(a)〜(e)を満足する特性を有することを特徴とするポリケトンコー...

  4. 【課題】本発明は、樹脂の含浸が良好で、力学特性に優れる複合材料を生産性良く得ることを目的とし、具体的には優れた取扱性と力学特性を有する炭素繊維基材、およびそれを積層してなるプリフォーム、ならびにプリフォームにマトリックス樹脂を含浸してなる複合材料の製造方法を提供せんとするものである。【解決手段】本発明の炭素繊維基材の製造方法は、少なくとも次の(A)〜(C)の工程を含む...

    炭素繊維基材の製造方法、プリフォームの製造方法および複合材料の製造方法

  5. 【課題】有毒ガス物質の取り扱い作業において、作業者を保護するための防護衣服に興する材料を提供すること【解決手段】繊維状活性炭からなる活性炭布帛層及び該活性炭布帛層の両面に密着してなる保護層からなる有毒ガス用防護衣材料であって、前記繊維状活性炭の表面に存在する酸性基量が、繊維状活性炭の単位重量あたり0.2ミリ等量/g以下であることを特徴とする有毒ガス用防護衣材料。

    有毒ガス用防護衣材料

新着の技術

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】機械的特性が向上し、層間接着性に優れた積層体を提供することを課題とし、当該課題は、熱可塑性樹脂製の線条体からなる複数の布状体を積層してなるクロス積層体(2)の少なくとも一方の面に、変性ポリオレフィン層(3)、共重合ポリアミド層(4)、及び、熱可塑性ポリウレタン系樹脂層(5)を順に積層してなる積層体、または、熱可塑性樹脂製の線条体からなる複数の布状体を...

    積層体、積層体前駆体及び積層体の製造方法

  2. 【課題・解決手段】3次元ギャップ充填プリフォーム及び3次元ギャップ充填プリフォームの形成方法。プリフォームは、全てが一体的に織られた層のベースセクション(200)を含み、そのベース一部は、一体的に織られた層を含む外側の2つのセクション(212,214)及び一体化ギャップフィラーを含む中央セクション(210)の3つのセクションに分離されている。一体化ギャップフィラーは、...

    一体化ギャップフィラーを備えたプリフォーム

  3. 【課題・解決手段】複数のフィラメントを含むダストフィルターが提供される。複数のフィラメントは、互いに交差することによってメッシュに織り込まれている。複数のフィラメントは、強化フィラメントおよび繊維フィラメントを含み、強化フィラメントの量は、繊維フィラメントの量よりも少なく、ダストフィルターの剛性を改善するように強化フィラメントは繊維フィラメントの間に織られている。本発...

    ダストフィルター、イヤホンおよび携帯端末

  4. 【課題】下地処理をする必要がなく、剥落防止材や補強材としてコンクリート構造物に容易に適用することを可能とする、メッシュシート積層体を提供する。【解決手段】本発明のメッシュシート積層体1は、対向する第1の主面2a及び第2の主面2bを有する、メッシュシート2と、メッシュシート2の前記第1の主面2a側に設けられている、樹脂フィルム4と、を備えることを特徴としている。

    メッシュシート積層体及びコンクリート剥落防止材

  5. 【課題・解決手段】自動車用エアバッグに用いるコーティング基布に関し、従来技術では解決できていない、糊玉欠点の解消と基布の幅方向の引裂強力の物性差が少ないものを提供する。樹脂の塗布方法がナイフオンエアー方式であり、前後で異なる形状をしたナイフを用いること、及びナイフを押し込む際の基布の走行角度が3〜15°であることを特徴とする製造方法により、基布の幅方向における物性バラ...

    エアバッグ用コーティング基布およびその製造方法

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法の詳細カテゴリ一覧

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法 ページ上部に戻る

その他の分野

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。