織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法 に関する技術一覧

「織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法」に関する技術の関連情報です。 「織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法」 の関連技術、「補強用織物」「衣料用芯地」 など、その他「織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法」の分野ページはこちら

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法に所属する技術動向

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法の分野に属する技術の状況としては、2016年に140件、2017年に192件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法の分野においては特に近年ラダーテープの分野における動向が活発であり、他にもカーテンのつり下げ用テープや 包または袋のような物といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や東洋紡株式会社、旭化成せんい株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 糸または他のたて糸あるいはよこ糸要素の材料または構造に特徴のある織物や本質的に合成樹脂からなる積層体といった分野も含め、 東レ・モノフィラメント株式会社や東レ・デュポン株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【解決手段】繰り返し単位の95〜100質量%が構造式(1) で表される1−オキソトリメチレンにより構成されるポリケトン繊維であって、下記の(a) 〜(e) の要件を満足することを特徴とするポリケトン繊維。(a) :結晶化度≧60%、 (b):結晶配向度≧90%、(c) :引張強度≧10cN/dtex、(d) :単糸膠着率≦30%、(e) :仕上げ剤付着率=0.3〜15...

    ポリケトン繊維、その製造方法及びポリケトン撚糸物

  2. 【課題】目ずれが起こず、すだれ織物製織時や製織後の熱収縮によってひずみを起こさず、撚糸時や製織時に毛羽やフィブリル状物の発生がなく、すだれ織物上や織機上にも毛玉や粉のない高品位の、ゴム補強用材料等に適したすだれ織物を提供すること。【解決手段】経糸と緯糸とから構成されたすだれ織物において、経糸を構成する繊維の50質量%以上がポリケトン繊維であって、経糸と緯糸との繊維−繊...

    すだれ織物

  3. 【課題】高強度・高タフネスの優れた力学特性を有し、荷重下及び加熱下において優れた寸法安定性を具備するポリケトンコード及びその製造方法を提供する。【解決手段】繰り返し単位の97〜100質量%が1−オキソトリメチレンから構成されたポリケトンからなるポリケトン繊維を80質量%以上含有するコードであって、以下の(a)〜(e)を満足する特性を有することを特徴とするポリケトンコー...

  4. 【課題】本発明は、樹脂の含浸が良好で、力学特性に優れる複合材料を生産性良く得ることを目的とし、具体的には優れた取扱性と力学特性を有する炭素繊維基材、およびそれを積層してなるプリフォーム、ならびにプリフォームにマトリックス樹脂を含浸してなる複合材料の製造方法を提供せんとするものである。【解決手段】本発明の炭素繊維基材の製造方法は、少なくとも次の(A)〜(C)の工程を含む...

    炭素繊維基材の製造方法、プリフォームの製造方法および複合材料の製造方法

  5. 【課題】有毒ガス物質の取り扱い作業において、作業者を保護するための防護衣服に興する材料を提供すること【解決手段】繊維状活性炭からなる活性炭布帛層及び該活性炭布帛層の両面に密着してなる保護層からなる有毒ガス用防護衣材料であって、前記繊維状活性炭の表面に存在する酸性基量が、繊維状活性炭の単位重量あたり0.2ミリ等量/g以下であることを特徴とする有毒ガス用防護衣材料。

    有毒ガス用防護衣材料

新着の技術

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】日除け装置の使用時にあっても死角の少ない視界を使用者に提供すべく、日除け装置によって隠れる部分を含む光景の画像を日除け装置の操作者に向けて表示し得る日除け装置および画像表示モジュールを提供する。【解決手段】日除け装置1は、板状の日除け部材2と、日除け部材におけるその使用時に操作者を向く表面に表示部3aを該操作者に向けて配置される表示装置3と、その表面の反対面が...

    日除け装置および画像表示モジュール

  2. 技術 布帛構造

    【課題】電子部品が布帛から剥がれたり脱落する不具合をなくし、ユーザーが布帛を着たままで電子部品を対応する測定位置に固定して外部の医療装置に連結することができる布帛構造を提供する。【解決手段】布帛本体11は、ユーザーに接触される第1の面112と、該第1の面112と反対側の第2の面113と、第1の面112と第2の面113との間に設けられた通路構造111と、を有し、通路構造...

    布帛構造

    • 公開日:2018/11/15
    • 出願人: 喩孟華
    • 発明者: 喩孟華
    • 公開番号:2018-182285号
    • 公開日:2018/11/15
    • 出願人: 喩孟華
    • 発明者: 喩孟華
    • 公開番号:2018-182285号
  3. 【課題】 芯鞘型複合繊維の芯成分としてポリアミドMXD6を採用しながら、繊度が均一で、かつ、芯成分と鞘成分とが剥離しにくい延伸マルチフィラメント糸を製造する方法を提供する。【解決手段】 芯成分がポリアミドMXD6よりなり、鞘成分がマレイン酸変性ポリオレフィンよりなる芯鞘型複合長繊維よりなるマルチフィラメント糸を複合溶融紡糸法によって得る。このマルチフィラメント糸を...

    延伸マルチフィラメント糸の製造方法

  4. 【課題】エアベルトから乗員へ掛かる負荷を展開により緩和しながら、展開時の拘束位置を安定させやすいエアベルトを提供する。【解決手段】エアベルト1は、長手方向に交互配置の2層袋織部Aと3層袋織部X1、X2からなる袋織部10を備える。2層袋織部Aは、気密な表層60、裏層70を有し、第1の3層袋織部X1は、2層袋織部と共通な表層、裏層と、一端Y1Lが表層から、他端Y1Rが裏層...

    エアベルト

  5. 【課題】毛羽の飛散を抑えることができる繊維構造体、及び繊維強化複合材の製造方法を提供すること。【解決手段】繊維構造体11は、第1端面11aの全面に毛羽抑制領域Rを有する。毛羽抑制領域Rは、第1緯糸層21より内側の繊維層の緯糸13及び経糸14よりも発生する毛羽の量を少なくした緯糸13及び結束糸15から形成されている。

    繊維構造体、及び繊維強化複合材の製造方法

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法の詳細カテゴリ一覧

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法 ページ上部に戻る

その他の分野

織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。