織物,織成方法,織機 に関する技術一覧

「織物,織成方法,織機」に関する技術の関連情報です。 「織物,織成方法,織機」 の関連技術、「織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法」「他に分類されない二重または多重織物」 など、その他「織物,織成方法,織機」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「織物,織成方法,織機」の分野ページはこちら

織物,織成方法,織機に所属する技術動向

織物,織成方法,織機の分野に属する技術の状況としては、2016年に315件、2017年に386件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、織物,織成方法,織機の分野においては特に近年ラペットまたは縫い取り織物の分野における動向が活発であり、他にも織物に刺しゅうのような装飾を形成するためのラペット織機,縫い取り織機または他の織機や ひ箱交換装置を有する織機といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や東洋紡株式会社、帝人フロンティア株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品や高分子化合物の組成物といった分野も含め、 東レ・モノフィラメント株式会社や東レ・デュポン株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

織物,織成方法,織機』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、ナノファイバーの糸、リボン、およびシートに関するものであって;前記糸、リボン、およびシートを製造する方法;そして前記糸、リボン、およびシートの応用を対象とする。幾つかの実施形態において、ナノチューブの糸、リボンおよびシートはカーボンナノチューブを含む。詳細には、本発明のその様なカーボンナノチューブは以下の様な独特な特性および特性の組み合わせ...

    ナノファイバーのリボンおよびシートならびにナノファイバーの撚り糸および無撚り糸の製造および適用

  2. 【課題】ポリエステル系捲縮糸において、従来問題とされていた布帛拘束下での捲縮発現能力を改善し、ストレッチ性に優れた布帛を得ることができる高捲縮性ポリエステル系複合繊維を提供するものである。【解決手段】2種類のポリエステル系重合体が繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わされた複合繊維において、一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルであり、...

    高捲縮性ポリエステル系複合繊維およびその製法ならびに布帛

  3. 【課題】優れた防水性能と透湿性能とを兼ね備え、ソフトな風合いを有するノンコーティングタイプの透湿防水性ポリエステル織物およびその製造方法および繊維製品を提供する。【解決手段】島成分がポリエステルからなり、かつ島成分の径が10〜1000nmである海島型複合繊維を用いて、織物の厚みが0.3mm以下、かつ下記式で定義するカバーファクターCFが1700〜3800の範囲内である...

    透湿防水性ポリエステル織物およびその製造方法および繊維製品

  4. 【解決手段】繰り返し単位の95〜100質量%が構造式(1) で表される1−オキソトリメチレンにより構成されるポリケトン繊維であって、下記の(a) 〜(e) の要件を満足することを特徴とするポリケトン繊維。(a) :結晶化度≧60%、 (b):結晶配向度≧90%、(c) :引張強度≧10cN/dtex、(d) :単糸膠着率≦30%、(e) :仕上げ剤付着率=0.3〜15...

    ポリケトン繊維、その製造方法及びポリケトン撚糸物

  5. 【課題】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸を用いることにより、張り及び腰に優れ、シワにもなりにくく、かつ麻繊維のような乾いた感触があるうえ、吸湿性、放湿性にも優れているセルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛を提供する。【解決手段】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸であって、前記糸は単繊維の繊度が0.5〜20デニールの範囲の紡績糸であり、400...

    セルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛

新着の技術

織物,織成方法,織機』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、長手方向コア部分および少なくとも2つの長手方向縁部分を含むストリップを含む鎖環であって、コア部分の厚さが縁部分の厚さよりも大きく、好ましくは、ストリップが経糸Aおよび経糸Bを含み、経糸Aのタイターが経糸Bのタイターよりも大きく、コア部分中の経糸Aの濃度がストリップの縁部分中の糸Aの濃度よりも高く、および縁部分中の経糸Bの濃度がストリップのコ...

  2. 【課題・解決手段】本発明は、経糸および緯糸を含むストリップを含む鎖環であって、経糸は経糸Aおよび経糸Bを含有し、経糸Bの最小クリープ速度が経糸Aの最小クリープ速度よりも高く、ストリップは長手方向コア部分および少なくとも2つの長手方向縁部分を含み、コア部分中の経糸Aの濃度がストリップの縁部分中の糸Aの濃度よりも高く、縁部分中の経糸Bの濃度がストリップのコア部分中の経糸B...

  3. 【課題】摩擦伝動ベルトの屈曲性の低下を抑えつつ、ベルト幅方向とベルト周方向の剛性を高める。【解決手段】摩擦伝動ベルト1は、ベルト周方向に直交する断面がV字状で、ベルト幅方向の両側に摩擦伝動面1a、1bを有する。摩擦伝動ベルト1は、ゴム層4と、ゴム層4に埋設された心線5と、心線5のベルト内周側およびベルト外周側の少なくとも一方において、ゴム層4に埋設された高強度繊維シー...

    摩擦伝動ベルト

  4. 【課題・解決手段】本発明は装置(1)に関し、装置(1)は、繊維機械用の糸のパターンが制御された供給および/または選択に用いられるようなパターン制御部品(2)を搭載し、複数のアクチュエータ(4)と、アクチュエータ(4)を冷却するように冷却剤が流通可能な冷却回路(5、8)とを備え、装置(1)におけるアクチュエータ(4)は冷却回路(5、8)の横側に取り付けられて取り外し可能...

    パターン制御部品を搭載する装置およびその装置を備える繊維機械

  5. 【課題】上経糸を表面側面組織の経糸とし、下経糸を裏面側面組織の経糸として、タオル製織用のジャガード機に改造を加えずに写真風多重織物を製織可能にする方法の提供。【解決手段】色緯糸2、3、4、5を1組とし、色緯糸2、3、4、5の内、その部分の外面に表現する柄に必要な色緯糸を選択して上経糸6と交錯し、表面側面組織1の外面に柄を表現された平織りのガーゼ織り組織に形成されている...

    写真風多重織物及び写真風多重織物の製織方法

織物,織成方法,織機 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

織物,織成方法,織機』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。