織物,織成方法,織機 に関する技術一覧

「織物,織成方法,織機」に関する技術の関連情報です。 「織物,織成方法,織機」 の関連技術、「織物,各種織機の作用で特徴づけられるもの以外の織成方法」「他に分類されない二重または多重織物」 など、その他「織物,織成方法,織機」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「織物,織成方法,織機」の分野ページはこちら

織物,織成方法,織機に所属する技術動向

織物,織成方法,織機の分野に属する技術の状況としては、2016年に318件、2017年に386件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、織物,織成方法,織機の分野においては特に近年ラペットまたは縫い取り織物の分野における動向が活発であり、他にも織物に刺しゅうのような装飾を形成するためのラペット織機,縫い取り織機または他の織機や ひ箱交換装置を有する織機といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や帝人フロンティア株式会社、東洋紡株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品や高分子化合物の組成物といった分野も含め、 東レ・モノフィラメント株式会社や東レ・デュポン株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

織物,織成方法,織機』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、ナノファイバーの糸、リボン、およびシートに関するものであって;前記糸、リボン、およびシートを製造する方法;そして前記糸、リボン、およびシートの応用を対象とする。幾つかの実施形態において、ナノチューブの糸、リボンおよびシートはカーボンナノチューブを含む。詳細には、本発明のその様なカーボンナノチューブは以下の様な独特な特性および特性の組み合わせ...

    ナノファイバーのリボンおよびシートならびにナノファイバーの撚り糸および無撚り糸の製造および適用

  2. 【課題】ポリエステル系捲縮糸において、従来問題とされていた布帛拘束下での捲縮発現能力を改善し、ストレッチ性に優れた布帛を得ることができる高捲縮性ポリエステル系複合繊維を提供するものである。【解決手段】2種類のポリエステル系重合体が繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わされた複合繊維において、一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルであり、...

    高捲縮性ポリエステル系複合繊維およびその製法ならびに布帛

  3. 【課題】優れた防水性能と透湿性能とを兼ね備え、ソフトな風合いを有するノンコーティングタイプの透湿防水性ポリエステル織物およびその製造方法および繊維製品を提供する。【解決手段】島成分がポリエステルからなり、かつ島成分の径が10〜1000nmである海島型複合繊維を用いて、織物の厚みが0.3mm以下、かつ下記式で定義するカバーファクターCFが1700〜3800の範囲内である...

    透湿防水性ポリエステル織物およびその製造方法および繊維製品

  4. 【解決手段】繰り返し単位の95〜100質量%が構造式(1) で表される1−オキソトリメチレンにより構成されるポリケトン繊維であって、下記の(a) 〜(e) の要件を満足することを特徴とするポリケトン繊維。(a) :結晶化度≧60%、 (b):結晶配向度≧90%、(c) :引張強度≧10cN/dtex、(d) :単糸膠着率≦30%、(e) :仕上げ剤付着率=0.3〜15...

    ポリケトン繊維、その製造方法及びポリケトン撚糸物

  5. 【課題】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸を用いることにより、張り及び腰に優れ、シワにもなりにくく、かつ麻繊維のような乾いた感触があるうえ、吸湿性、放湿性にも優れているセルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛を提供する。【解決手段】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸であって、前記糸は単繊維の繊度が0.5〜20デニールの範囲の紡績糸であり、400...

    セルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛

新着の技術

織物,織成方法,織機』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】超微細柔軟タオルにおける平滑端の製織方法を提供する。【解決手段】パイル経糸と地経糸をそれぞれ紡糸し、前記パイル経糸がParafil法により紡糸され、紡糸したパイル経糸と地経糸をそれぞれ整経し、前記地経糸を11〜120番手でビームに巻き付け、整経されたパイル経糸と地経糸をそれぞれ糊付けし、糊付けしたパイル経糸と地経糸を2:2の排列比率でそれぞれ綜絖及び筬に通して...

    超微細柔軟タオルにおける平滑端の製織方法及びタオル

  2. 【課題】橋梁、道路、灯台、煙突、建物などの床盤や壁面などの補強をするため、樹脂含浸性が良好で、樹脂含浸布帛の補強耐力が高く、作業性や作業効率の良い補強用布帛の提供。【解決手段】パラ系アラミド繊維、ポリアリレート繊維、PBO(ポリベンゾビスオキサゾール)繊維及び炭素繊維からなる群から選択される、繊維表面がフィブリル化した高強度繊維で、引張強さが16cN/dtex以上で、...

  3. 【課題】高いグリップ力、ソフト性、伸長回復性を併せ持つグローブ用布帛および該布帛を用いてなる繊維製品を提供する。【解決手段】織物組織または編物組織を有するグローブ用布帛であって、該布帛が、単繊維径が10〜1500nmのフィラメント糸Aを含み、タテ方向またはヨコ方向において、JIS L 1096−2010 8.16.1.D法による伸び率が13%以上であることを特徴...

    グローブ用布帛および繊維製品

  4. 【課題】極めて優れた難燃性を有し、かつ耐洗濯収縮および風合いにも優れた布帛および繊維製品を提供する。【解決手段】メタ型全芳香族ポリアミド繊維とモダクリル繊維を含む紡績糸を含む布帛であって、前記紡績糸において、メタ型全芳香族ポリアミド繊維とモダクリル繊維の合計重量が紡績糸重量対比85重量%以上である。

  5. 【課題】 相転移材料の含有量をより高くすることができ、かつ、染色性と耐熱性に優れた繊維および布帛を提供する。【解決手段】 エチレンに由来する構成単位(A)と式1で示される構成単位(B)とを有する相転移材(C)、および、ポリプロピレン樹脂を含み、相転移材(C)とポリプロピレン樹脂とが少なくとも一部架橋していることを特徴とする蓄熱材を含む複合繊維である。【化1】(...

織物,織成方法,織機 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

織物,織成方法,織機』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。