織成 に関する技術一覧

「織成」に関する技術の関連情報です。 「織成」 の関連技術、「開口機構,紋紙または紋織用チェーン,紋紙のせん孔,模様の設計」「織物,織成方法,織機」 など、その他「織成」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「織成」の分野ページはこちら

織成に所属する技術動向

織成の分野に属する技術の状況としては、2016年に321件、2017年に392件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、織成の分野においては特に近年織成補助装置,織成用の工具,ひの分野における動向が活発であり、他にも開口機構,紋紙または紋織用チェーン,紋紙のせん孔,模様の設計や 織物,織成方法,織機といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や東洋紡株式会社、帝人フロンティア株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物や積層体といった分野も含め、 東レ・モノフィラメント株式会社や東レ・デュポン株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

織成』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、ナノファイバーの糸、リボン、およびシートに関するものであって;前記糸、リボン、およびシートを製造する方法;そして前記糸、リボン、およびシートの応用を対象とする。幾つかの実施形態において、ナノチューブの糸、リボンおよびシートはカーボンナノチューブを含む。詳細には、本発明のその様なカーボンナノチューブは以下の様な独特な特性および特性の組み合わせ...

    ナノファイバーのリボンおよびシートならびにナノファイバーの撚り糸および無撚り糸の製造および適用

  2. 【課題】ポリエステル系捲縮糸において、従来問題とされていた布帛拘束下での捲縮発現能力を改善し、ストレッチ性に優れた布帛を得ることができる高捲縮性ポリエステル系複合繊維を提供するものである。【解決手段】2種類のポリエステル系重合体が繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わされた複合繊維において、一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルであり、...

    高捲縮性ポリエステル系複合繊維およびその製法ならびに布帛

  3. 【課題】優れた防水性能と透湿性能とを兼ね備え、ソフトな風合いを有するノンコーティングタイプの透湿防水性ポリエステル織物およびその製造方法および繊維製品を提供する。【解決手段】島成分がポリエステルからなり、かつ島成分の径が10〜1000nmである海島型複合繊維を用いて、織物の厚みが0.3mm以下、かつ下記式で定義するカバーファクターCFが1700〜3800の範囲内である...

    透湿防水性ポリエステル織物およびその製造方法および繊維製品

  4. 【解決手段】繰り返し単位の95〜100質量%が構造式(1) で表される1−オキソトリメチレンにより構成されるポリケトン繊維であって、下記の(a) 〜(e) の要件を満足することを特徴とするポリケトン繊維。(a) :結晶化度≧60%、 (b):結晶配向度≧90%、(c) :引張強度≧10cN/dtex、(d) :単糸膠着率≦30%、(e) :仕上げ剤付着率=0.3〜15...

    ポリケトン繊維、その製造方法及びポリケトン撚糸物

  5. 【課題】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸を用いることにより、張り及び腰に優れ、シワにもなりにくく、かつ麻繊維のような乾いた感触があるうえ、吸湿性、放湿性にも優れているセルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛を提供する。【解決手段】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸であって、前記糸は単繊維の繊度が0.5〜20デニールの範囲の紡績糸であり、400...

    セルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛

新着の技術

織成』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】従来の抗菌性を有する材料よりも効果が長く持続し、かつ薬剤等よりも安全性の高い布を提供する。菌対策用電荷発生糸は、電荷発生繊維を備えている。電荷発生繊維は、外部からのエネルギーにより電荷を発生する。菌対策用電荷発生糸は、前記電荷によって菌の増殖を抑制する。

    布、衣料、医療部材、生体作用布、物質吸着用布、および菌対策用布

  2. 【課題・解決手段】軽量性に優れハリコシ感が十分であるうえに、ロータス効果による撥水性に顕著に優れた撥水性織編物を提供する。混繊交絡糸を含み、表面に撥水剤が付着した撥水性織編物である。混繊交絡糸は、単糸繊度が0.2〜0.9dtex、かつ総繊度30〜100dtexのポリエステル繊維Aと、単糸繊度が1.0〜5.0dtex、かつ総繊度が30〜100dtexのポリエステル繊維B...

    撥水性織編物、及びその製造方法

  3. 技術 布物品

    【課題・解決手段】耐久性があり、洗濯可能であり、持ち運びでき、十分なクッション性および深さを有する、布物品が、提供される。布物品は、複数の外向きに膨れた領域を有する密に織った布の第1の面と、緩く織った布の第2の面と、第1の面と第2の面との間の中間領域とを備え、中間領域は充填糸を有し、充填糸は、膨れた領域の後ろに収容され、さらに膨れた領域を外向きに押し、それによってクッ...

    布物品

  4. 【課題】継手用縦孔を有する有端のVベルトについて、走行時の伸びを小さくし、張力の低下も小さくし、継手用縦孔から破断するVベルトの破断現象を防止し、Vベルトの寿命を延ばし、更に、そのVベルトの製造方法を提供する。【解決手段】動力伝達に使用される有端なVベルト1は、アラミドシート又はカーボンシートが巻かれて形成された第1芯体層12を備え、Vベルト1の厚み方向に貫通する継手...

    有端なVベルト、及び、その製造方法

  5. 【課題】接着性極薄防水通気性フィルムの製造における熱可塑性デンプンおよびTPEのアロイの使用方法提供。【解決手段】熱可塑性デンプンが、親水性TPEであって、前記TPEの重量に対して少なくとも10重量%の、好ましくは少なくとも20重量%の、好ましくは少なくとも30重量%の、好ましくは少なくとも40重量%の、または、好ましくは少なくとも50重量%のポリエチレングリコール(...

織成 ページ上部に戻る