織成 に関する技術一覧

「織成」に関する技術の関連情報です。 「織成」 の関連技術、「開口機構,紋紙または紋織用チェーン,紋紙のせん孔,模様の設計」「織物,織成方法,織機」 など、その他「織成」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「織成」の分野ページはこちら

織成に所属する技術動向

織成の分野に属する技術の状況としては、2016年に321件、2017年に393件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、織成の分野においては特に近年織成補助装置,織成用の工具,ひの分野における動向が活発であり、他にも開口機構,紋紙または紋織用チェーン,紋紙のせん孔,模様の設計や 織物,織成方法,織機といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や東洋紡株式会社、帝人フロンティア株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物や積層体といった分野も含め、 東レ・モノフィラメント株式会社や東レ・デュポン株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

織成』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、ナノファイバーの糸、リボン、およびシートに関するものであって;前記糸、リボン、およびシートを製造する方法;そして前記糸、リボン、およびシートの応用を対象とする。幾つかの実施形態において、ナノチューブの糸、リボンおよびシートはカーボンナノチューブを含む。詳細には、本発明のその様なカーボンナノチューブは以下の様な独特な特性および特性の組み合わせ...

    ナノファイバーのリボンおよびシートならびにナノファイバーの撚り糸および無撚り糸の製造および適用

  2. 【課題】ポリエステル系捲縮糸において、従来問題とされていた布帛拘束下での捲縮発現能力を改善し、ストレッチ性に優れた布帛を得ることができる高捲縮性ポリエステル系複合繊維を提供するものである。【解決手段】2種類のポリエステル系重合体が繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わされた複合繊維において、一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルであり、...

    高捲縮性ポリエステル系複合繊維およびその製法ならびに布帛

  3. 【課題】優れた防水性能と透湿性能とを兼ね備え、ソフトな風合いを有するノンコーティングタイプの透湿防水性ポリエステル織物およびその製造方法および繊維製品を提供する。【解決手段】島成分がポリエステルからなり、かつ島成分の径が10〜1000nmである海島型複合繊維を用いて、織物の厚みが0.3mm以下、かつ下記式で定義するカバーファクターCFが1700〜3800の範囲内である...

    透湿防水性ポリエステル織物およびその製造方法および繊維製品

  4. 【解決手段】繰り返し単位の95〜100質量%が構造式(1) で表される1−オキソトリメチレンにより構成されるポリケトン繊維であって、下記の(a) 〜(e) の要件を満足することを特徴とするポリケトン繊維。(a) :結晶化度≧60%、 (b):結晶配向度≧90%、(c) :引張強度≧10cN/dtex、(d) :単糸膠着率≦30%、(e) :仕上げ剤付着率=0.3〜15...

    ポリケトン繊維、その製造方法及びポリケトン撚糸物

  5. 【課題】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸を用いることにより、張り及び腰に優れ、シワにもなりにくく、かつ麻繊維のような乾いた感触があるうえ、吸湿性、放湿性にも優れているセルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛を提供する。【解決手段】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸であって、前記糸は単繊維の繊度が0.5〜20デニールの範囲の紡績糸であり、400...

    セルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛

新着の技術

織成』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、1つ以上の関連する性能判定基準を改善するために、機能的物体の近傍の流体の密度を制御するための方法、装置、及びシステムに関する。特定の実施態様では、本発明は、指向性エネルギー堆積装置を利用して流体内の1つ以上の経路に沿ってエネルギーを堆積させて、物体の近傍に低密度領域を形成することに関する。特定の実施態様では、本発明は、エネルギー堆積を、物体...

    高速適用例を容易にする指向性エネルギー堆積

  2. 【課題】巻物を幅方向に分割する全く新規なプロセスの適用により、上述した技術課題を解決する巻物の製造方法を、提供する。【解決手段】以下の工程1〜工程3を含むことを特徴とする、巻物の製造方法。工程1:複数の強化繊維糸条を製布して、少なくとも一方向に引き揃えた強化繊維シート前駆体(以下、原反という)とするシート化工程。工程2−1:原反を軸体に巻き取り、原反巻物とする巻取工程...

    巻物の製造方法

  3. 技術 織物

    【課題】変形し易い部位と変形し難い部位とを併せ持った織物を提供する。【解決手段】経糸110と緯糸120とで織った織物であって、緯糸120の打ち込みピッチが密である密区間150と、緯糸120の打ち込みピッチが密区間150よりも粗である粗区間160と、と有し、緯糸120は密区間150と粗区間160で連続している。この織物はチューブ状になっていてもよい。当該チューブ状の織物...

    織物

  4. 【課題】2種の短繊維繊度と繊維長の差をつけることで凹凸杢のある混紡糸及び繊維構造物を提供することを目的とする。【解決手段】本発明は、次の構成を有する。すなわち、2種の短繊維A,Bが存在する混紡糸であって、AとBの繊度差が3dtex以上、繊維長差が20mm以上であり、少なくとも一方の混率が10〜50重量%であり、短繊維A、Bの合計混率が50重量%以上であることを特徴とする混紡糸。

  5. 【課題】 通風性フェンスの下部に張設するための防つるシートであって、通風性が高く、破れにくい防つるシートを提供する。【解決手段】 この防つるシートは、ポリエステルマルチフィラメント糸で構成されたメッシュ編織物と、メッシュ編織物の表裏面に設けられる防つる層とからなる。防つる層は樹脂層につる忌避剤が含有されている。メッシュ編織物は、3本模紗織組織の織物が用いられる。3...

    通風性フェンスの下部に張設する防つるシート

織成 ページ上部に戻る