清浄,例.じんあい,浮遊繊維,毛焼きくずの除去 に関する技術一覧

「清浄,例.じんあい,浮遊繊維,毛焼きくずの除去」に関する技術の関連情報です。 「清浄,例.じんあい,浮遊繊維,毛焼きくずの除去」 」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「清浄,例.じんあい,浮遊繊維,毛焼きくずの除去」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜26件を表示(26件中)1/1ページ目

  1. 【課題】エアジェット紡糸機の動作方法を提供する。【解決手段】紡糸ユニットの動作中、紡糸ノズル2には、所定の搬送方向Tに沿って、導入口4を通じて繊維複合体3が供給され、繊維複合体3は、紡糸ノズル2の渦室内で渦気流を用いて撚りをかけられ、その後導出口7を通じて紡糸ノズル2から出、少なくとも1つのセンサシステム11により所定の糸の欠陥26が監視され、所定の糸の欠陥26が検出...

    エアジェット紡糸機およびその動作方法

  2. 【課題】糸条が糸割れすることなく、引き揃えの良い、高品位の全芳香族ポリアミド繊維が得られる全芳香族ポリアミド繊維の製造方法を提供すること。【解決手段】全芳香族ポリアミドからなる繊維の製造において、融着防止のための無機微粉末を熱延伸または熱処理後に除去するに際し、糸条に対して少なくとも3方向から流体を吹き付け、このときの各方向からの流量の最小値/最大値の比率を特定範囲とする。

  3. 【課題】撚糸、製織などの後加工工程でのガイド等で発生するスカムを抑制し、また、ゴム、エポキシ樹脂、フェノール樹脂などをマトリックスとする複合体の補強材として優れた接着性を有し、かつ繊度斑(U%)などの品質斑が少ない高品質のパラ型全芳香族コポリアミド極細繊維を製造する方法を提供すること。【解決手段】パラ型全芳香族コポリアミド繊維の表面に凝集度が2.0以下であり、不活性な...

  4. 【課題】 繊維束から、品位を低下させることなく随伴する液体あるいは固体を均一に、かつ生産性よく除去する方法を提供すること。【解決手段】 熱可塑性フィラメント群からなる糸条(Y1〜Y4)に流体を吹き付けるためのスリット状流体噴射孔が穿設された流体噴射手段(1a〜1d)と、前記スリット状流体噴射孔から噴出される流体の噴出方向に前記流体噴射手段(1a〜1d)と対向して設...

    熱可塑性糸条に付着した微粉末の除去方法及びその装置

  5. 【課題】 高温下で熱延伸および/または熱処理する際には単繊維間の融着が防止されているので優れた製糸性を有し、しかも、撚糸や製織工程では優れた加工性を発現する熱可塑性合成繊維が得られる方法を提供すること。【解決手段】 熱可塑性合成重合体からなる繊維に、凝集度が2.0以下である、不活性な親水性無機微粉末の水性分散液を塗布し、次いで高温で熱延伸および/または熱処理した後...

  6. 【課題】高温下で熱延伸及び/又は熱処理する際に生ずる単繊維間の融着を防止して製糸性を向上させる目的で付与される無機微粉末を、熱延伸及び/又は熱処理後に効率的に除去して、高品位で且つ加工性も良好な繊維を得る製法を提供すること。【解決手段】熱可塑性合成重合体からなる未延伸繊維に、不活性な無機微粉末を塗布した後、高温下で熱延伸及び/又は熱処理し、次いで延伸熱処理繊維に無機微...

  7. 【課題】高温下で熱延伸及び/又は熱処理する際に生ずる単繊維間の融着を防止して製糸性を向上させる目的で付与される無機微粉末を、熱延伸及び/又は熱処理後に効率的に除去して、高品位で且つ加工性も良好な繊維を得る製法を提供すること。【解決手段】熱可塑性合成重合体からなる繊維に、不活性な無機微粉末を塗布して高温下で熱延伸及び/又は熱処理した後、水付与処理と、平均表面粗さが1.6...

    熱可塑性合成繊維の製造方法

  8. 【課題】延伸熱処理ローラ表面に堆積する付着物を効率的に洗浄することにより、延伸熱処理ローラ表面の汚れを洗浄し、ローラ洗浄のための停機を少なくして稼働率を向上し、生産効率を改善する合成繊維の延伸熱処理方法、およびそのために使用する延伸熱処理装置を提供する。【解決手段】合成繊維を延伸熱処理ローラを用いて延伸熱処理するに際し、延伸熱処理ローラ表面の汚れの進行と共に増加する糸...

    合成繊維の延伸熱処理方法および延伸熱処理装置

  9. 【課題】圧縮流体処理ノズルの汚れを簡単に除去し、従来のノズルの洗浄周期を長くし、生産性の向上を図ったエア加工機およびエア加工方法を提供することにある。【解決手段】フィラメント糸Cに圧縮流体処理加工を施す圧縮流体処理ノズル5と、このノズル5の上流側に設けられ、フィラメント糸用ガイド23を有する往復回動可能な回転体21と、を備えてなることを特徴とする。

    エア加工機およびエア加工方法

  10. 【課題】圧縮流体処理ノズルの汚れを簡単に除去し、従来のノズルの洗浄周期を長くし、生産性の向上を図ったエア加工機およびエア加工方法を提供することにある。【解決手段】フィラメント糸に圧縮流体処理加工を施す圧縮流体処理ノズル5と、このノズル5の上流側に設けられ、芯フィラメント糸用ガイド27、鞘フィラメント糸用ガイド29を有する往復回動可能な回転体25と、を備えてなることを特徴とする。

    エア加工機およびエア加工方法

  11. 【課題】延伸熱処理ローラ表面に堆積する付着物を効率的に除去することにより、延伸熱処理ローラ表面の汚れを防止し、糸切れや毛羽の発生などの不具合を解消して合成繊維の延伸熱処理を長期間安定に維持すると共に、ローラ洗浄のための停機を少なくして稼働率を向上し、生産効率を改善する方法、およびそのために使用するローラの付着物除去装置を提供する。【解決手段】合成繊維を複数の延伸熱処理...

    ローラの付着物除去方法および付着物除去装置

  12. 【課題】加工安定性や糸質安定性の低下を防止すると共に、使用される水などの液体のリサイクルを図り、ランニングコストの低減を図り、さらに公害に悪影響を与えないようにする。【解決手段】フィラメント糸5、13に液体付与手段9で液体を付与し、圧縮流体処理ノズル17で圧縮流体処理を行うと共に前記液体付与手段9で使用された液体を液体受け手段35で一時的に貯留せしめるエア加工機3と、...

    エア加工システム

  13. 【課題】加工安定性や糸質安定性の低下を防止すると共に、使用される水などの液体のリサイクルを図り、ランニングコストんを図り、さらに公害に悪影響を与えないようにする。【解決手段】圧縮流体処理ノズル17と液体付与手段9および液体受け手段31を有するエア加工機3と、液体を収容せしめておく液体収容手段25と、この液体収容手段と液体付与手段を接続せしめる第1接続手段27と、液体受...

    エア加工システム

  14. 【課題】外径が異なる場合でも、複数個の全糸条パッケージの表面処理終期を同一に揃えて製造ラインを効率化する表面処理方法と、表面処理途中で糸切れした糸条パッケージの表面処理を正確に残糸条剥脱する表面処理方法を提供する。【解決手段】第1の発明は、複数錘のスピンドル2A,2B毎に糸条パッケージ5A,5Bの外径測定器9A,9Bを配置し、表面処理開始時に外径測定器9A,9Bにより...

    糸条パッケージの表面処理方法

  15. 【解決手段】繊維機械10またはそのような機械10の部品18の清掃が、清掃するべき部品18、24、40に適当な時間長さに亘ってレーザービームを照射することにより行われる。部品18、24、40が機械10内のその本来の定常作動位置において上記操作が行われてもよく、可能であれば糸条23が機械の停止時間を避けるために走行中であり、機械10は定常作動状態で運転されていてもよい。他...

    繊維機械の清掃方法および装置

  16. 【課題】婦人薄地衣料に好適なポリエステルストレッチ織物の製造方法を提供する。【解決手段】テレフタル酸成分を85モル%以上含み固有粘度0.50〜0.75dl/gのポリエステルからなるマルチフィラメント糸Aとポリアルキレングリコールを5〜15重量%混合してなるポリエステルからなるマルチフィラメント糸Bを複合し、経糸及び/又緯糸に用いて製織し、前記マルチフィラメント糸Bを溶...

  17. 【課題】短繊維を含む糸条の流体加工装置を用いた糸加工において,発生する短繊維屑で作業環境が悪化したり,加工操業性が低下することがなく,さらに,得られる加工糸の品質を向上させることができる糸条流体加工装置を提供する。【解決手段】流体加工装置4と,糸条が出入りする導糸孔11を有し,流体加工装置4を取り囲んだ遮蔽箱14と,遮蔽箱14内で発生する短繊維屑を箱外に吸引,除去する...

    糸条流体加工装置

  18. 【目的】本発明は、風綿の除去効率を高め、より広い範囲の風綿除去を可能にし、簡単な構成による省スペース化、低コスト化、及び省エネ化を図り、保守面における省力化を実現することを目的とする。【構成】電子制御部5により形成されたパルス状エア噴射を駆動源として揺動するノズル部(ジョイント用チューブ3により、噴射用ノズル2と揺動運動用チューブ1を連結し、補強用チューブ4に挿通した...

    揺動ノズル付き風綿除去装置

  19. 【目的】風綿集積用にバケットを用いたものにおいて、風綿を能率的に搬送して集塵することができる集送塵方法及びそのために構成された集送塵バケットを提供すること。【構成】渦巻状の断面形状を有する集塵曲板2と開放口Aよりエアガン1などの吹き入れ手段を用いて風綿10を渦巻奥部Bに向かって吹き入れ、内側で発生する中心より外側方への対流にのせて風綿10を側方に搬送して集塵するように...

    風綿の集送塵方法及び集送塵バケット

  20. 【目的】排気エアを利用して製織に悪影響を与えることなく風綿除去を行う。【構成】緯入れ用電磁開閉弁8の出力ポートに連結された接続管10には供給パイプ9が接続されている。接続管10には排気用電磁開閉弁11が排気パイプ12を介して接続されており、排気パイプ12は排気用電磁開閉弁11の入力ポートに接続されている。図示しないエアタンク内の圧縮エアは供給パイプ7、緯入れ用電磁開閉...

    織機における風綿除去装置

  21. 【構成】糸条通過用スリット孔13、14を上下に有する箱状体11、12の内部に、上ガイド15、交絡処理ノズル16及び下ガイド17が糸条通過方向に順次設けられて、さらに、上ガイド、交絡処理ノズル及び下ガイドのそれぞれに向けて洗浄流体を噴出する洗浄流体噴出ノズル18、18′、19、19′、20、20′が設けられている糸条交絡処理装置3である。製糸工程においては、この洗浄流体...

    洗浄機構付き糸条交絡処理装置及び製糸工程における糸条交絡処理装置の自動洗浄方法

  22. 【目的】交絡ノズルを迅速に洗浄することができる交絡ノズルの洗浄方法を提供する。【構成】交絡ノズル10の糸通路11の内面に堆積された固化物Sを洗浄するにあたり、バルブ22を開状態にして噴射ノズル23の先端から液体を噴出させながら、容器21に加圧気体を供給することにより気液混合体を得て、この気液混合体を気体噴出口12から噴出させて糸通路11を洗浄する。

    交絡ノズルの洗浄方法

  23. 【目的】綿糸、絹糸、ナイロン糸等の各種元糸を、円環状の砥石の内周に摺接させて上方においてバル−ンを自然に形成させ、かつ、砥石を上下動可能として各種元糸の起毛に適したバル−ンを形成しうべくなし、さらに、起毛により発生する糸塵を集塵機構で回収可能として集塵効率を向上させ、小型化し、省スペ−ス化し、元糸の種類、太さに応じ的確に起毛してこれにより製造される織物の商品価値を向上...

    ワインダ−式糸起毛装置およびその集塵機構

  24. 【目的】製糸工程において、ロール表面に付着する油剤等に汚れの成長を抑制して洗浄周期を紡糸用口金の洗浄周期まで延ばし得ると共に、ロールの大きさと無関係に使用でき、構成要素が少なく、洗浄作業が簡単で作業性に優れ、かつ、安全に作業することが可能な糸条移送ロールの洗浄装置およびその洗浄方法を提供する。【構成】糸条Tを巻き付け引き回しする糸条移送ロール8a,8bを備え、糸条移送...

    糸条移送ロールの洗浄装置およびその洗浄方法

  25. 【目的】製糸工程においてロールの大きさと無関係に使用可能で、構成要素が少なく、しかも、ロール表面を傷付けることなく洗浄することができ、洗浄作業が簡単で作業性に優れ、かつ、安全に作業することが可能な糸条移送ロールの洗浄装置およびその洗浄方法を提供する。【構成】糸条移送ロールの洗浄装置は、糸条移送ロール8a,8bと、糸条移送ロールに対向配置されるノズル11を支持し、糸条移...

    糸条移送ロールの洗浄装置およびその洗浄方法

  26. 【目的】紡績工場内の混打綿機、カード、コーマ、精紡機あるいは織機等から発生する落綿、風綿、繊維屑等を集積圧縮して梱包する。【構成】多数の紡機のそれぞれから発生する屑綿を品種別に集積し、これを計量して所定重量毎に運搬車に積載し、この運搬車を一時ストックヤードに集積する。そして予め定められた順序にしたがってストックヤード中の運搬車を1台ずつ搬出し、共通の圧縮梱包装置に供給...

    紡績工場における屑綿の圧縮梱包方法及び屑綿の圧縮梱包装置

    清浄,例.じんあい,浮遊繊維,毛焼きくずの除去の詳細カテゴリ一覧

    清浄,例.じんあい,浮遊繊維,毛焼きくずの除去の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    該当するデータがありません

    清浄,例.じんあい,浮遊繊維,毛焼きくずの除去 ページ上部に戻る