表面の改良 に関する技術一覧

「表面の改良」に関する技術の関連情報です。 「表面の改良」 の関連技術、「研摩,擦過,切断,ひっかき切り込みによるもの」「刷毛によるもの」 など、その他「表面の改良」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「表面の改良」の分野ページはこちら

表面の改良に所属する技術動向

表面の改良の分野に属する技術の状況としては、2016年に2件、2017年に2件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、表面の改良の分野においては特に近年刷毛によるものの分野における動向が活発であり、他にも刻み目を付けることによるものや みがき作用によるもの,例.つや出しといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては宇部エクシモ株式会社や戸田建設株式会社、西松建設株式会社が豊富な実績を残しており、 カネボウシルクエレガンス株式会社などは、 処理される繊維に関し,グループ11/00,13/00,15/00,16/00および23/00と関連するインデキシング系列や繊維,より糸,糸,織物またはこのような材料から製造された繊維製品の少なくとも後の機械的処理の間,処理された製品中に残る高分子量の有機化合物による処理,例.仕上げ,防護といった分野も含め、 トリニティ・インベストメント株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

表面の改良』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 セメント系成形体として十分な強度を有し、かつひび割れ発生を防止できるセメント補強用ポリプロピレン繊維及びこれを用いたセメント系成形体を提供すること。【解決手段】 ポリオレフィン樹脂を主成分とする延伸繊維であって、該繊維の横断面の形状が3〜6個の突起部を有する略多角形であり、かつ該突起部の先端に、該繊維の長手方向に沿って凹部又は凸部が形成されていることを特...

    セメント補強用ポリオレフィン短繊維及びこれを用いたセメント系成形体

  2. 【課題】十分なドライ感を有し且つ自然なスパンナチュラル外観を呈する織編物の提供。【解決手段】ポリエステルポリマーの溶融紡糸が終了するまでの任意の段階で、式(II)の(YはHまたはエステル形成性官能基、M1およびM2は金属、nは1または2)スルホン酸化合物を該ポリエステルを構成する二官能性カルボン酸成分に対して、0.3〜15モル%添加したポリマーをスリットにより互いに連...

    スパンナチュラル外観を呈する織編物の製造方法

  3. 【課題】 化粧料塗布効果が優れると共に、肌への感触も優れる使い心地の良い化粧ブラシ用ブリッスルおよび化粧ブラシを提供する。【解決手段】 合成樹脂製モノフィラメントからなり、少なくとも一端に尖鋭なテーパー部を形成したブリッスルであって、断面形状が異形断面であると共に、繊維軸方向に波形状を有することを特徴とする化粧ブラシ用ブリッスル。

  4. 【課題】弾性糸による優れた伸縮性と、外表面の毛羽立ちによる優れた意匠効果との両方を兼ね備えた意匠撚糸を提供する。【解決手段】芯糸12の外周に花糸13を旋回被覆させてなる意匠撚糸10であって、芯糸12が予め伸長させた弾性糸であり、花糸13が予め毛羽立てた非弾性糸である。糸切れを起こしたり、弾性糸の伸縮性を損なったりすることなく、良好な毛羽立ちを有する、意匠性および質感や...

    意匠撚糸およびその製造方法

  5. 【課題】獣毛調の肌さわりを呈する、合成樹脂製モノフィラメントからなるブラシ用毛材およびその製造方法およびブラシ製品を提供する。【解決手段】走行する合成樹脂製モノフィラメントをオーバーフィード率12〜50%、温度180〜210℃の条件で加熱処理することにより、合成樹脂製モノフィラメントの繊維軸方向に不規則な波形状を付与する。

    ブラシ用毛材およびその製造方法

新着の技術

表面の改良』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】分散性に優れた、繊維径が細く、繊維長が短い極細偏平短繊維およびその水分散体を提供すること。【解決手段】熱可塑性樹脂からなる、繊維長が50〜1500μmの極細偏平短繊維であって、その両端各10%を除いた中心部分の繊維太さが均一でないことを特徴とする極細偏平短繊維。さらには極細偏平繊維の両端各10%を除いた中心部分の太さの最大値D1と、最小値D2の比Xが、1.1以...

  2. 【課題・解決手段】糸の化学的および/または物理的特性を向上させるプロセスは、キトサン系補強製品を適用するステップ、キトサンを架橋するその後のステップ、および架橋キトサンを除去するための部分的な調整された糊抜きステップを含み、前記糊抜きステップは機械的手段により行われる。

  3. 【課題・解決手段】本発明は手術用糸の突起形成装置及びその方法に関するもので、縫合糸100が巻かれているボビン110、上記ボビン110から解け出た縫合糸100を一定の張力に維持させる第1、2テンションロール200,210、上記縫合糸100を引っ張って出側に排出するように縫合糸100が通過する一対の摩擦ロール300、上記摩擦ロール300によって出側に進む縫合糸100を一時...

    手術用糸の突起形成装置及びその方法

  4. 【課題】柔らかくて、手で簡単に結び易く、結び目の解けにくいポリプロピレン樹脂製周面融着紐の特性を保持したまま、更に、従来のポリプロピレン樹脂製周面融着紐に比較して、高強力の紐を提供する。【解決手段】ポリプロピレン樹脂製の幅方向延伸を伴っている長手方向延伸フィルムを収束して、外周表面を熱融着した紐であって、中心側に芯部を備えており、当該芯部が、ポリエチレンテレフタレート...

    周面融着紐

  5. 【課題・解決手段】紡績糸の引張強度を維持しながら、紡績糸表面でのシゴキに対する耐力が高く、且つ、嵩高性を備えた嵩高紡績糸を製造するための製造方法と、当該嵩高紡績糸と、当該嵩高紡績糸から形成される布帛と、当該嵩高紡績糸の製造装置を提供することにある。嵩高紡績糸の製造方法は、複数の索伸用のローラ対を用いることによってステープル繊維束を牽伸して牽伸繊維束を形成しながら、複数...

    嵩高紡績糸の製造方法、嵩高紡績糸、嵩高紡績糸を含む布帛、および嵩高紡績糸の製造装置

表面の改良 ページ上部に戻る