綾取り に関する技術一覧

「綾取り」に関する技術の関連情報です。 「綾取り」 の関連技術、「綾棒または綾ひも」 など、その他「綾取り」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「綾取り」の分野ページはこちら

綾取りに所属する技術動向

綾取りの分野に属する技術の状況としては、2009年に1件、2010年に2件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、綾取りの分野においては特に近年綾棒または綾ひもの分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしてはカールマイヤーテクステイールマシーネンフアブリークゲゼルシャフトミツトベシュレンクターハフツングや株式会社藤堂製作所、村田機械株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 糸または他のたて糸あるいはよこ糸要素の材料または構造に特徴のある織物や本質的に合成樹脂からなる積層体といった分野も含め、 有限会社スズキワーパーといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

綾取り』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】少量・短納期化を要求されるオーダーに対し、必要量だけを短納期で製織するための準備工程設備を備えた全自動部分整経機を提供する。【解決手段】織物の総経糸本数をいくつかのバンドに分割し、整経クリールより供給される1バンド分の糸を綾取り装置及び幅決め筬を通過させ、所定の密度で必要な整経長を整経ドラムに巻付け、これを総経糸本数及び整経幅になるまでバンドを繰り返し整経を行...

    糊付機能を備えた全自動部分整経機

  2. 【課題】織布の準備段階において、経糸群から経糸を1本ずつ分離して綾取りを実行するに際し、経糸を傷付けずに、効率よく、低コストで、且つ安定して分離し、綾取りを行うことが可能な自動綾取装置を提供する。【解決手段】織布準備用の経糸Sが纏められた経糸群Gから経糸Sを1本ずつ分離し、分離された経糸Sの間に綾紐をくぐらせる自動綾取装置であって、経糸群Gに負圧をかけて経糸Sを吸着す...

    自動綾取装置、及び自動綾取方法

  3. 【課題】分割し開口された縦糸の周りにコードループを配置する最も簡単な方法を提供すること。【解決手段】分割装置は、部分整経機の開口された縦糸に分割コードループを挿入するために、第1の可動な案内アーム(26)と第2の静止した案内アーム(27)を備えた導入部材を有する。2つの案内アームの自由端(29,31)は、ペンチ状の動きで接続される。案内アームは、一緒に接続された状態で...

    部分整経機における糸の分割方法及び分割装置

  4. 【課題】 経糸整経時における整経時間を短くできる整経ビームを提供する。【解決手段】 整経ビーム2は、軸30とビームフランジ24とを備える。ビームフランジ24は、その軸線方向一端に円錐状に形成された当接面27を有する。

    整経ビーム

  5. 【目的】糸シートとして追加的に糊付けすることのできる綿・短尺経糸を製造する方法及びこの方法を実施するための単糸・短尺経糸・部分整経機を提供することを目的にする。【構成】短尺経糸を製造する方法において、単糸がデザインに合わせて整経ドラム(2) に順次巻き取られ、巻取ビーム(16)によって糸シート(19)として引き出されて、ワープビーム(17)に巻き返される。部分シートに...

    短尺経糸を製造する方法及びこの方法を実施するための単糸からなる短尺経糸用部分整経機

新着の技術

綾取り』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】織布の準備段階において、経糸群から経糸を1本ずつ分離して綾取りを実行するに際し、経糸を傷付けずに、効率よく、低コストで、且つ安定して分離し、綾取りを行うことが可能な自動綾取装置を提供する。【解決手段】織布準備用の経糸Sが纏められた経糸群Gから経糸Sを1本ずつ分離し、分離された経糸Sの間に綾紐をくぐらせる自動綾取装置であって、経糸群Gに負圧をかけて経糸Sを吸着す...

    自動綾取装置、及び自動綾取方法

  2. 【課題】 経糸整経時における整経時間を短くできる整経ビームを提供する。【解決手段】 整経ビーム2は、軸30とビームフランジ24とを備える。ビームフランジ24は、その軸線方向一端に円錐状に形成された当接面27を有する。

    整経ビーム

  3. 技術 整経装置

    【課題】経糸製造時に短い生産時間を達成できる整経装置を提供する。【解決手段】整経装置1は、糸層支持体であるワープビーム2と、ワープビーム2を回転駆動可能な回転駆動部8と、ワープビーム2を支承する軸受機構11と、ワープビーム2に沿って移動可能な綾取機構5及び整経筬6とを備える。ワープビーム2は、回転駆動部8および軸受機構11に着脱可能に連結されており、且つ少なくとも1つ...

    整経装置

  4. 【課題】部分整経機において、経糸を複数のグループごとに分割する複数段の畦取作業を自動で行うことができる自動畦取装置を提供する。【解決手段】自動畦取装置2は、開口装置3と、畦紐括り装置4とを備える。開口装置3は、複数の経糸が並んだ糸シート93を第1糸シートと第2糸シートとに分離するとともに、当該第1糸シートと第2糸シートの間隔を拡げる。畦紐括り装置4は、第1糸シートと第...

    自動畦取装置及び部分整経機

  5. 【課題・解決手段】引張り手段で引張られかつ互いに平行に延びる糸を持つ糸層の処理の際、糸の処理の順序を変化できるようにするため、糸層から分離可能な少なくとも1つの糸を一時貯蔵する貯蔵装置が提案される。貯蔵装置は、張力を受ける少なくとも1つ又は複数の糸を保持する少なくtも1つの受入れ部を持つ少なくとも1つの貯蔵手段を備えており、この少なくとも1つの受入れ部が糸層の面の外に...

    糸層から糸を分離するための装置

綾取りの詳細カテゴリ一覧

綾取りの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

該当するデータがありません

綾取り ページ上部に戻る