このサブクラスの他のグループに属する機械の細部 に関する技術一覧

「このサブクラスの他のグループに属する機械の細部」に関する技術の関連情報です。 「このサブクラスの他のグループに属する機械の細部」 の関連技術、「停止機構」「変速駆動機構」 など、その他「このサブクラスの他のグループに属する機械の細部」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「このサブクラスの他のグループに属する機械の細部」の分野ページはこちら

このサブクラスの他のグループに属する機械の細部に所属する技術動向

このサブクラスの他のグループに属する機械の細部の分野に属する技術の状況としては、2012年に1件、2016年に1件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、このサブクラスの他のグループに属する機械の細部の分野においては特に近年ビーム載架枠の分野における動向が活発であり、他にもワープビームや 糸間隔を決定するためのおさ,コームまたはその他の装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはカールマイヤーテクステイールマシーネンフアブリークゲゼルシャフトミツトベシュレンクターハフツングや津田駒工業株式会社、村田機械株式会社が豊富な実績を残しており、 津田駒工業株式会社などは、 駆動,起動,または停止装置,自動停止機構やよこ糸貯蔵体が開口中を通らない織機,例.無ひ織機,グリッパーシャットル織機,ダミーシャットル織機といった分野も含め、 株式会社大広やライオンパワー株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

このサブクラスの他のグループに属する機械の細部』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】柄用経糸が大きな長さを有する場合でも困難なく巻き返すことができ且つ高い整経速度で柄用経糸を製造できる方法および整経機を提供することを目的とする。【解決手段】柄用経糸を製造する方法において、回転する糸ガイド(13)によって糸ガイドと同期回転する回転式クリールからさまざまな糸(12)が引き出され、捩り剛性を有して保持された整経ドラムの周面に配置されて軸線と平行に走...

    柄用経糸を製造する方法および柄経糸用部分整経機

  2. 【課題】糸交換機能付回転クリールを有するサンプル整経機において、ミスチェンジや2本巻のトラブルが発生した場合に直ちに検出ができるようにしたサンプル整経機を提供する。【解決手段】整経胴Aに糸22m,22nを巻付ける複数個のヤーンガイド6aと、ヤーンガイドから糸を収納する糸選択装置27と、異種及び/又は同種の糸を巻いてある複数本のボビン106を装着する回転クリールFとを有...

    ヤーンガイドの糸検出装置付サンプル整経機

  3. 【課題】柄用経糸の部分整経を公知の方法および装置とは別の方法および装置によって実行可能とすることを目的とする。【解決手段】一時的に必要とされない糸21’を整経過程から除外でき、該糸21’は、整経ドラムの軸線の領域に配置される補助搬送装置24上に巻付けられ、この補助搬送装置によって搬出され、該搬出は、整経ドラムの回転式クリールから離間した側の方向へ、搬送ベルト2の平均速...

    柄用経糸を製造する方法および柄経糸用部分整経機

  4. 【課題】整経時に所定の柄経糸の特性がデザインなどに反映し得る柄経糸用整経機を提供する。【解決手段】整経機1は整経ドラム2と、整経ドラム2の周りを公転可能な複数の糸ガイド7と、複数のボビン4を備えた回転式クリール3とを有し、回転式クリールと糸ガイドとの間には、前記複数のボビンから引き出された糸5が通る複数の糸道が形成される。各糸道には、糸の張力を検出する張力センサ12と...

    柄経糸用整経機

  5. 【課題】糸を整えて整経ドラムに給糸することを目的とする柄経糸用部分整経機は、構成が非常に複雑であった。【解決手段】柄経糸用部分整経機の支持体(16)の角度位置(α)を検出する角度検出装置(30〜31)が制御装置(17)と接続され、この制御装置(17)が支持体(16)の角度位置(α)に依存して軸線方向駆動装置(15)を制御することで、糸ガイドエレメント(13)の運動制御...

    柄経糸用部分整経機

新着の技術

このサブクラスの他のグループに属する機械の細部』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】組立のためのかせ糸の準備がスムーズかつ効果的に運ぶようにする部分整経ビーム及び組立デバイス用のクリールを提供する。【解決手段】コア2と、コアの両側に2つの側面フランジ3、4とを備える部分整経ビーム1であって、部分整経ビームがクランプバー6を備え、側面フランジ3と側面フランジ4との間にクランプバーを固定可能とするための固定装置が設けられた部分整経ビーム及び、部分...

    部分整経ビーム及び組立デバイス用のクリール

  2. 【課題】 クリール装置用の糸切れセンサ、特に、上下方向に対向するように設けられた一対の対向面によって画定される糸走行路内を給糸体から引き出された糸が走行するように給糸体毎に設けられると共に、一方の対向面に露出して設けられた投光器及び他方の対向面に露出すると共に投光器と対向して設けられた受光器とを含む糸切れセンサにおいて、糸走行路内での上下方向における糸の振動(変位)...

    クリール装置における糸切れセンサ

  3. 【課題・解決手段】糸回収装置は、糸供給装置(20)の上流に連結することのできる支持構造体(2)と、前記支持構造体(2)に固定された糸の入口鳩目(3)及び出口鳩目(4)と、支持構造体(2)に回転自在に取り付けられ、前記入口鳩目(3)と前記出口鳩目(4)との間に作動的に配置されて糸を収容する受座(9)を有するドラム(5)とを備えており、前記ドラム(5)は、前記受座(9)が...

    糸回収装置及び前記糸回収装置を備えた糸供給システム

  4. 【課題】織布の準備段階において、経糸群から経糸を1本ずつ分離して綾取りを実行するに際し、経糸を傷付けずに、効率よく、低コストで、且つ安定して分離し、綾取りを行うことが可能な自動綾取装置を提供する。【解決手段】織布準備用の経糸Sが纏められた経糸群Gから経糸Sを1本ずつ分離し、分離された経糸Sの間に綾紐をくぐらせる自動綾取装置であって、経糸群Gに負圧をかけて経糸Sを吸着す...

    自動綾取装置、及び自動綾取方法

  5. 【課題】整経ドラム(2)を回転させて、糸シートで構成される少なくとも1つの経糸帯を前記整経ドラム(2)に巻き取って糸層(6)を生成する経糸製造方法において、糸層の構成を調節する可能性を拡充することを目的とする。【解決手段】少なくとも1つの内部ディバイディング手段が用いられ、前記ディバイディング手段が前記糸層(6)から張り出す一方の末端に取っ手(11)を備えており、前記...

    経糸製造方法および部分整経機

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • ロコモーティブ症候群・関節疾患

    加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

ページトップへ

このサブクラスの他のグループに属する機械の細部 ページ上部に戻る