糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り に関する技術一覧

「糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り」に関する技術の関連情報です。 「糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り」 の関連技術、「繊維,フィラメント,糸またはより糸の巻縮処理,糸またはより糸」「整経,ビーム巻き取りまたは綾取り」 など、その他「糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り」の分野ページはこちら

糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取りに所属する技術動向

糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取りの分野に属する技術の状況としては、2016年に232件、2017年に262件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取りの分野においては特に近年整経,ビーム巻き取りまたは綾取りの分野における動向が活発であり、他にもフィラメント,糸,より糸,ひも,ロープまたはこれらの類似物の仕上げまたは加工や 繊維,フィラメント,糸またはより糸の巻縮処理,糸またはより糸といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や帝人フロンティア株式会社、三菱レイヨン株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物や積層体といった分野も含め、 東レ・デュポン株式会社や東レ・テキスタイル株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明は、カーボンナノチューブ筋の製造方法に関する。【解決手段】本発明に係るカーボンナノチューブ筋の製造方法は、カーボンナノチューブのマトリックスを準備する段階と、前記カーボンナノチューブのマトリックスからカーボンナノチューブ膜を引き抜く段階と、前記カーボンナノチューブ膜を有機溶剤に浸入して縮ませて、カーボンナノチューブ筋を形成する段階と、を含む。カーボンナノ...

    カーボンナノチューブ筋及びその製造方法

  2. 【解決手段】 ポリケトン繊維がレゾルシン−ホルマリン−ラテックス樹脂により処理された処理コードであるポリケトン繊維処理コードであって、最大熱収縮応力が0.2〜0.4cN/dtex以上、(最大熱収縮力が500〜1079cN/コード,150℃における熱収縮率が1〜4%),150℃における乾熱収縮率が0.5〜6%であるポリケトン処理コード及びポリケトン撚糸コードの熱処理条...

    ポリケトン処理コードおよびその製造方法

  3. 【課題・解決手段】本発明は、ナノファイバーの糸、リボン、およびシートに関するものであって;前記糸、リボン、およびシートを製造する方法;そして前記糸、リボン、およびシートの応用を対象とする。幾つかの実施形態において、ナノチューブの糸、リボンおよびシートはカーボンナノチューブを含む。詳細には、本発明のその様なカーボンナノチューブは以下の様な独特な特性および特性の組み合わせ...

    ナノファイバーのリボンおよびシートならびにナノファイバーの撚り糸および無撚り糸の製造および適用

  4. 【解決手段】繰返単位の97モル%以上が1−オキソトリメチレンから構成されたポリケトンポリマーからなり、以下の(a)〜(e)を満足する特性を備えたポリケトン繊維。(a)結晶化度=50〜90%(b)結晶配向度≧95%(c)引張強度≧10cN/dtex(d)引張弾性率≧200cN/dtex(e)最大熱収縮応力≧0.8cN/dtex【効果】高強度、高弾性率の優れた力学物性を有...

    ポリケトン繊維およびポリケトンコード

  5. 【課題】RFL接着剤液で処理した後の強力保持率が高いゴム補強用ポリケトン繊維コードを提供する。【解決手段】レゾルシン/ホルムアルデヒド総量のモル比、レゾルシンおよびホルムアルデヒド総量とゴムラテックス固形分の総量との比、RFL接着剤液の総固形分量に対するアルカリ金属水酸化物の質量%、RFL接着剤液の総固形分量に対するNH3水溶液のNH4OHベースの質量%、RFL接着剤...

    ゴム補強用ポリケトン繊維コード及びそれを用いたタイヤ

新着の技術

糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】アクリル繊維は保温性に優れているため、セーターや肌着などの衣料用途によく利用されている。具体的には、収縮性アクリル繊維を混紡し、繊維間の空隙を増すことによって、軽量嵩高感が得られるが、ピリングが起こりやすいという欠点がある。この点について、いくつか提案はあるが、十分な軽量嵩高感と実用的な抗ピル性を両立するには至っていない。本発明は軽量嵩高感と抗ピル性...

  2. 【課題・解決手段】本発明は、改善された快適性管理特性を有するポリアミド繊維に関する。本発明は、そのような繊維を得るための方法及びそれから製造される物品も開示する。ポリアミド繊維は、マルチローブ型の断面輪郭の吸湿性ポリアミドから製造される。吸湿性ポリアミド繊維は、好ましくはポリアミド5X(ここで、Xが好ましくは4〜16の整数である)から製造される。最も好ましくはポリアミ...

    改善された快適性管理を有するポリアミド繊維、その方法、及びそれから製造される物品

  3. 【課題】 引張強度、耐ほつれ性、耐屈曲疲労性およびゴムとの接着性が改良されたゴム補強用繊維コードを提供する。【解決手段】 エポキシ化合物で表面処理された芳香族ポリアミド繊維を撚糸してなる繊維コードであって、繊維コードはレゾルシン・ホルマリン・ラテックス樹脂を繊維コードの重量全体に対して5〜15重量%含有し、さらに繊維コードの表面に樹脂および/またはゴムからなりカー...

  4. 【課題】2種の短繊維繊度と繊維長の差をつけることで凹凸杢のある混紡糸及び繊維構造物を提供することを目的とする。【解決手段】本発明は、次の構成を有する。すなわち、2種の短繊維A,Bが存在する混紡糸であって、AとBの繊度差が3dtex以上、繊維長差が20mm以上であり、少なくとも一方の混率が10〜50重量%であり、短繊維A、Bの合計混率が50重量%以上であることを特徴とする混紡糸。

  5. 【課題】引張強さ、引裂き強さ、耐摩耗性、難燃性、および軽量性に優れる織物および繊維製品を提供する。【解決手段】全芳香族ポリアミド繊維を含む織物であって、引張強力1700cN以上かつ総繊度600dtex以下の糸条1が格子状に配されている。

    織物および繊維製品

糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り ページ上部に戻る