糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り に関する技術一覧

「糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り」に関する技術の関連情報です。 「糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り」 の関連技術、「繊維,フィラメント,糸またはより糸の巻縮処理,糸またはより糸」「整経,ビーム巻き取りまたは綾取り」 など、その他「糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り」の分野ページはこちら

糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取りに所属する技術動向

糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取りの分野に属する技術の状況としては、2017年に263件、2018年に222件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取りの分野においては特に近年整経,ビーム巻き取りまたは綾取りの分野における動向が活発であり、他にもフィラメント,糸,より糸,ひも,ロープまたはこれらの類似物の仕上げまたは加工や 繊維,フィラメント,糸またはより糸の巻縮処理,糸またはより糸といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や帝人フロンティア株式会社、三菱レイヨン株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物や積層体といった分野も含め、 東レ・デュポン株式会社や東レ・テキスタイル株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明は、カーボンナノチューブ筋の製造方法に関する。【解決手段】本発明に係るカーボンナノチューブ筋の製造方法は、カーボンナノチューブのマトリックスを準備する段階と、前記カーボンナノチューブのマトリックスからカーボンナノチューブ膜を引き抜く段階と、前記カーボンナノチューブ膜を有機溶剤に浸入して縮ませて、カーボンナノチューブ筋を形成する段階と、を含む。カーボンナノ...

    カーボンナノチューブ筋及びその製造方法

  2. 【解決手段】 ポリケトン繊維がレゾルシン−ホルマリン−ラテックス樹脂により処理された処理コードであるポリケトン繊維処理コードであって、最大熱収縮応力が0.2〜0.4cN/dtex以上、(最大熱収縮力が500〜1079cN/コード,150℃における熱収縮率が1〜4%),150℃における乾熱収縮率が0.5〜6%であるポリケトン処理コード及びポリケトン撚糸コードの熱処理条...

    ポリケトン処理コードおよびその製造方法

  3. 【課題・解決手段】本発明は、ナノファイバーの糸、リボン、およびシートに関するものであって;前記糸、リボン、およびシートを製造する方法;そして前記糸、リボン、およびシートの応用を対象とする。幾つかの実施形態において、ナノチューブの糸、リボンおよびシートはカーボンナノチューブを含む。詳細には、本発明のその様なカーボンナノチューブは以下の様な独特な特性および特性の組み合わせ...

    ナノファイバーのリボンおよびシートならびにナノファイバーの撚り糸および無撚り糸の製造および適用

  4. 【解決手段】繰返単位の97モル%以上が1−オキソトリメチレンから構成されたポリケトンポリマーからなり、以下の(a)〜(e)を満足する特性を備えたポリケトン繊維。(a)結晶化度=50〜90%(b)結晶配向度≧95%(c)引張強度≧10cN/dtex(d)引張弾性率≧200cN/dtex(e)最大熱収縮応力≧0.8cN/dtex【効果】高強度、高弾性率の優れた力学物性を有...

    ポリケトン繊維およびポリケトンコード

  5. 【課題】RFL接着剤液で処理した後の強力保持率が高いゴム補強用ポリケトン繊維コードを提供する。【解決手段】レゾルシン/ホルムアルデヒド総量のモル比、レゾルシンおよびホルムアルデヒド総量とゴムラテックス固形分の総量との比、RFL接着剤液の総固形分量に対するアルカリ金属水酸化物の質量%、RFL接着剤液の総固形分量に対するNH3水溶液のNH4OHベースの質量%、RFL接着剤...

    ゴム補強用ポリケトン繊維コード及びそれを用いたタイヤ

新着の技術

糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】獣毛繊維100%の結束紡績糸又は獣毛繊維と前記獣毛繊維以外の他の短繊維を含む混紡結束紡績糸であって、前記獣毛繊維は、平均繊維長20〜35mm、かつ最大繊維長55mm以下にカットされており、前記紡績糸は表面に巻き付き繊維が巻き付くことにより糸形成している。本発明の繊維生地は、前記の結束紡績糸を用いた繊維生地であって、前記結束紡績糸はメートル番手10〜8...

    結束紡績糸とこれを用いた繊維生地及び衣料用繊維製品

  2. 【課題】 遮光性、染色性、嵩高性あるいは柔らかい手触りなどに優れた低色差ポリエステル異収縮混繊糸及びその製造方法を提供すること。【解決手段】 低色差ポリエステル異収縮混繊糸及びその製造方法であって、ポリエステルを煮て洗浄し、紡糸するPOYとFDYを混ぜ合わせて得るものであって;破断強度が1.9cN/dtex以上、破断伸度が30.0±5.0%、捲縮収縮率が2.50±...

  3. 【課題】編布を単層とした場合でもゴムの摩擦伝動面への滲み出しを無くすことにより、Vリブドベルトの耐注水発音性を高め、さらに、セルロース系の糸を編布中に含まないことにより、Vリブドベルトの耐摩耗性を高め、耐注水発音性を長期間に亘って保持させることができるVリブドベルト及びその製造方法を提供する。【解決手段】プーリ等が接触する摩擦伝動面が編布で被覆されたVリブドベルトにつ...

    Vリブドベルト及びその製造方法

  4. 【課題】耐摩耗性に優れる編布で摩擦伝動面を被覆することにより、耐注水発音性を長期間に亘って保持させることができるVリブドベルト及びその製造方法を提供する。【解決手段】プーリ等と接触する摩擦伝動面が緯編多層編布で構成されたVリブドベルトについて、緯編多層編布が、セルロース系天然紡績糸、ポリエステル系複合糸、及び、ポリアミド系の糸を含み、少なくともセルロース系天然紡績糸と...

    Vリブドベルト及びその製造方法

  5. 【課題】誘電率が低く、薄く、層間絶縁信頼性に優れた基板を作製する事ができるガラスクロスを提供する為に、発生する毛羽が低減されたシリカガラスクロス、該シリカガラスクロスを製造することができるシリカガラスヤーン、該ガラスクロスを用いたプリプレグ、及びプリント配線板を提供する。【解決手段】直径3.5μm以上3.7μm以下でありSiO2組成量が99.99質量%〜100質量%で...

    ガラスヤーン、ガラスクロス、プリプレグ及びプリント配線板

糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り ページ上部に戻る