紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化 に関する技術一覧

「紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化」に関する技術の関連情報です。 「紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化」 の関連技術、「植物材料の処理」「動物材料の処理,例.化学的洗毛」 など、その他「紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化」の分野ページはこちら

紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化に所属する技術動向

紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化の分野に属する技術の状況としては、2016年に3件、2017年に4件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化の分野においては特に近年動物繊維再生のためのボロ毛くずの炭化の分野における動向が活発であり、他にも植物材料の処理や 動物材料の処理,例.化学的洗毛といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては国立大学法人東京農工大学や株式会社麻絲商会、国立大学法人九州工業大学が豊富な実績を残しており、 トリニティ・インベストメント株式会社などは、 医薬用,歯科用又は化粧用製剤や化粧品または類似化粧品製剤の使用といった分野も含め、 カネボウシルクエレガンス株式会社やカネボウ繊維株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】絹繊維から、純度よく、利用価値ある状態で、セリシンを分離回収する方法を提供する。【解決手段】絹繊維を100℃〜140℃の高温水で高温高圧処理し、得られたセリシン水溶液を凍結・解凍して、絹繊維からセリシンを分離回収するという方法において、前記凍結を常温から完全凍結するに至る時間が10時間以上となるような緩速冷凍により実施する及び/又は前記解凍時に析出したセリシン...

    • 公開日:1999/05/18
    • 出願人: 京都府
    • 発明者: 浜岡容子 、...
    • 公開番号:1999-131318号

    セリシンの分離回収方法

  2. 【課題】靭皮繊維の抽出および調製のためのプロセス、このプロセスから得られる高品質の靭皮繊維、これらの靭皮繊維から作製される純粋な糸、混紡糸、および靭皮繊維と他の繊維との混合物を提供すること。【解決手段】靭皮繊維の抽出および調製のためのプロセスであって、該プロセスは、ラミー、大麻または亜麻を2回の漂白に供する工程、2回のアルカリ煮沸に供する工程、および高温でほぐす工程を...

  3. 【課題】ケナフ靭皮繊維を短日時で採取し得る採取方法を確立する。【解決手段】ケナフの茎を微生物解繊処理に付すとともに、微生物解繊処理された茎を水中で撹拌処理して繊維とコアと分離して靭皮繊維を回収することで、茎から靭皮を剥がして溜水に浸漬しその後河川で水洗する従来の採取方法に比較して、靭皮繊維の採取日数を大幅に短縮することができる。

    ケナフ靭皮繊維の採取方法

  4. 【課題】絹蛋白質/コラーゲン複合体を効率的かつ経済的に製造すること。【解決手段】カイコ由来の絹蛋白質水溶液と水溶性のコラーゲンの水溶液との混合水溶液を基質上に広げて蒸発乾燥し、固化させて絹蛋白質/コラーゲン複合体を得る。

    絹蛋白質/コラーゲン複合体およびその製造方法

  5. 【課題】衣料用に使用できる糸の原料として、優れたケナフ繊維材料を得る。【解決手段】ケナフ靭皮精練品乾燥重量100kgに、水100kg、オイル7kgを含浸させた後、ブレーカーにかけ、夾雑物を除き、繊維のもつれを分離した後、スプレッダーを使用してスライバーを得た。このスライバーを繰り返しスプレッダーを使用し合計6回スプレッダーにかけたスライバーを得た。このスライバーの平均...

    ケナフを含む繊維、糸及びそれらの製造方法

新着の技術

紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】圧縮に対してへたりにくく、洗濯しても抗菌効果が損なわれにくい、麻繊維を含んで成る中綿、及びその製造方法、並びにこの中綿を内部に含んで成る繊維製品を提供する。【課題を解決するための手段】2種以上の麻繊維が混合されて含まれて成り、前記麻繊維として、結晶化度が78%以上であるヘンプ繊維と、捲縮を有するラミー繊維と、が含まれる中綿である。前記ヘンプ繊維に起因する抗菌効...

    中綿、及びその製造方法、並びに繊維製品

  2. 【課題】圧縮に対してへたりにくく、洗濯しても抗菌効果が損なわれにくい、麻繊維を含んで成る中綿、及びその製造方法、並びにこの中綿を内部に含んで成る繊維製品を提供する。【課題を解決するための手段】2種以上の麻繊維が混合されて含まれて成り、前記麻繊維として、結晶化度が78%以上であるヘンプ繊維と、捲縮を有するラミー繊維と、が含まれる中綿である。前記ヘンプ繊維に起因する抗菌効...

    中綿、及びその製造方法、並びに繊維製品

  3. 【課題・解決手段】セルロース分解酵素及びグリコシド結合を加水分解する酵素からなる群より選択される少なくとも1種の酵素、アルカリ剤、並びに水を含有する処理液に、原料麻繊維を、60℃〜100℃の温度条件下、30分間〜60分間浸漬する浸漬処理工程と、浸漬処理された麻繊維を水洗する水洗工程と、水洗された麻繊維を乾燥する乾燥工程と、を含む、紡糸用麻繊維の製造方法。

    紡糸用麻繊維の製造方法及び紡糸用麻繊維

  4. 【課題・解決手段】タンパク質分解酵素及びデンプン加水分解酵素からなる群より選択される少なくとも1種の酵素と、水と、を含有する処理液に、原料麻繊維を、60℃〜100℃の温度条件下で、30分間〜60分間浸漬する浸漬処理工程と、浸漬処理された麻繊維を水洗する水洗工程と、水洗された麻繊維を乾燥する乾燥工程と、を含む、紡糸用麻繊維の製造方法。

  5. 【課題】植物残渣からナノ繊維を含有する材料(ナノ繊維含有植物材料)を製造する方法の提供。【解決手段】植物残渣の粉砕物に、フィブリル化剤を含む処理溶液を含浸させる含浸工程S12と、含浸工程後の粉砕物を乾燥させる乾燥工程S13とを有し、含浸工程において、処理溶液中のフィブリル化剤の濃度が、33質量%以上であり、処理溶液の温度が、25℃以上であり、粉砕物に対する処理溶液の割...

    ナノ繊維含有植物材料の製造方法

紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化の詳細カテゴリ一覧

紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化 ページ上部に戻る