繊維または他に分類されない可とう性材料 に関する技術一覧

「繊維または他に分類されない可とう性材料」に関する技術の関連情報です。 「繊維または他に分類されない可とう性材料」 の関連技術、「繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の機械的処理,例.紡績用」「紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化」 など、その他「繊維または他に分類されない可とう性材料」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「繊維または他に分類されない可とう性材料」の分野ページはこちら

繊維または他に分類されない可とう性材料に所属する技術動向

繊維または他に分類されない可とう性材料の分野に属する技術の状況としては、2017年に412件、2018年に430件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、繊維または他に分類されない可とう性材料の分野においては特に近年紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化の分野における動向が活発であり、他にも繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の機械的処理,例.紡績用や 繊維の準備処理,例.紡績用といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や三菱レイヨン株式会社、株式会社クラレが豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 積層体や有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物といった分野も含め、 東レ・モノフィラメント株式会社や東レエンジニアリング株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

繊維または他に分類されない可とう性材料』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】高い耐熱性と高い耐加水分解性を兼ね備えたポリ乳酸樹脂組成物および繊維やフィルムなどの成形品を提供する。【解決手段】ポリL−乳酸とポリD−乳酸とのブレンド物からなり、該ポリL−乳酸および/またはポリD−乳酸のカルボキシル基末端の少なくとも一部が封鎖されていることを特徴とするポリ乳酸樹脂組成物。

  2. 【課題】 ポリ乳酸成分を構成成分としながらも、強度、耐摩耗性、耐湿熱分解性に優れたポリエステル複合繊維を提供する。【解決手段】 芳香族ポリエステルとポリ乳酸よりなる複合繊維であって、横断面形状が芯鞘形状を呈しており、鞘部が芳香族ポリエステル、芯部がポリ乳酸で構成されていることを特徴とするポリエステル複合繊維。芯部と鞘部がほぼ同心円上に配置された同心芯鞘型の複合繊維...

    ポリエステル複合繊維

  3. 【課題】本発明は、カーボンナノチューブ筋の製造方法に関する。【解決手段】本発明に係るカーボンナノチューブ筋の製造方法は、カーボンナノチューブのマトリックスを準備する段階と、前記カーボンナノチューブのマトリックスからカーボンナノチューブ膜を引き抜く段階と、前記カーボンナノチューブ膜を有機溶剤に浸入して縮ませて、カーボンナノチューブ筋を形成する段階と、を含む。カーボンナノ...

    カーボンナノチューブ筋及びその製造方法

  4. 【課題】良好な色調を有し、溶融熱安定性に優れ、かつ成形性が改善されたポリエステルの製造方法を提供すること。【解決手段】二官能性芳香族カルボン酸のエチレングリコールエステルおよび/またはその低重合体を触媒の存在下重縮合反応させてポリエステルを製造するに際し、該触媒として特定のチタン化合物とリン化合物をモル比1/1〜1/5であらかじめ反応させて得られる反応生成物を使用する。

  5. 【課題】分岐状気相法炭素繊維、透明導電性組成物及びその用途の提供。【解決手段】(1)円筒状の中空構造を有し、繊維外径0.5μm以下、アスペクト比10以上の気相法炭素繊維であって、圧密比抵抗が0.02Ω・cm以下であり、好ましくは、ホウ素を含有し、圧密比抵抗が0.018Ω・cm以下の分岐状気相法炭素繊維、(2)樹脂バインダーに炭素繊維を配合してなる導電性組成物であり、繊...

    分岐状気相法炭素繊維、透明導電性組成物及びその用途

新着の技術

繊維または他に分類されない可とう性材料』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】加熱ローラーへの糸の巻き掛け回数の少ない紡糸延伸方法において、オイルドロップを十分に防止でき、紡糸性が良好で、且つ得られる糸の糸品質及び染色性を向上できる合成繊維用処理剤の希釈液及び該希釈液を用いた合成繊維の製造方法を提供する。【解決手段】本発明の合成繊維用処理剤の希釈液は、平滑剤、ノニオン界面活性剤、及び制電剤を含有する合成繊維用処理剤、並びに揮発性希釈剤を...

  2. 【課題】ダウン代替品となる発泡繊維の提供。【解決手段】オレフィン系樹脂を含む熱可塑性樹脂組成物からなる、繊維の長さ方向への切断面のない発泡繊維であって、前記発泡繊維の幅方向断面の最大径が3mm以下であり、目付量が1.0〜120g/mであり、下記方法により測定されるダウンパワーが100cm3/g以上である、発泡繊維。(ダウンパワー測定方法) 内径29cm、高さ60cm...

    発泡繊維とその製造方法

  3. 【課題】取り扱い性や高次加工性に優れる、半永久的な撚りを有する炭素繊維束を提供すること。【解決手段】片端を固定端、もう一方を自由端としたとき、46ターン/m以上の撚りが残存し、かつ、ストランド弾性率が200GPa以上の炭素繊維束である。また、繊維軸がらせん形状を描いており、該らせんのピッチが22mm/周以下であり、かつ、単繊維弾性率が200GPa以上の炭素繊維、および...

  4. 【課題】内部に空隙を持つ中空構造でありながら、高強度を併せ持つ高強度中空繊維に関する。【解決手段】合成樹脂からなる繊維であって、中空率が10〜40%である中空構造をもち、強度が10cN/dtex以上であることを特徴とする高強度中空繊維。さらには、単糸繊度が0.5〜10.0dtexであって、マルチフィラメントの沸水収縮率が0.5%以下であることが好ましく、さらには、合成...

    高強度中空繊維およびその製造方法

  5. 【課題】粉末溶融による新規な線材の製造方法の提供。【解決手段】線材材料の粉末Pを供給ノズル104aからステージ105に向けて供給する供給工程と、ステージ105に向かう粉末Pに、粉末Pの流れの周囲から複数のレーザ光を照射し、飛行中の粉末Pを溶融する溶融工程と、溶融した粉末Pをステージ105上に堆積して固化させながら、供給ノズル104aおよびレーザ光の粉末Pへの照射位置と...

    粉末溶融による線材の製造方法

繊維または他に分類されない可とう性材料 ページ上部に戻る