繊維または他に分類されない可とう性材料 に関する技術一覧

「繊維または他に分類されない可とう性材料」に関する技術の関連情報です。 「繊維または他に分類されない可とう性材料」 の関連技術、「繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の機械的処理,例.紡績用」「紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化」 など、その他「繊維または他に分類されない可とう性材料」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「繊維または他に分類されない可とう性材料」の分野ページはこちら

繊維または他に分類されない可とう性材料に所属する技術動向

繊維または他に分類されない可とう性材料の分野に属する技術の状況としては、2016年に656件、2017年に772件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、繊維または他に分類されない可とう性材料の分野においては特に近年紡績用繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の化学的処理,動物繊維再成のためのボロ毛くずの炭化の分野における動向が活発であり、他にも繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の機械的処理,例.紡績用や 繊維の準備処理,例.紡績用といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や三菱レイヨン株式会社、株式会社クラレが豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物や積層体といった分野も含め、 東レ・モノフィラメント株式会社や東レエンジニアリング株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

繊維または他に分類されない可とう性材料』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】高い耐熱性と高い耐加水分解性を兼ね備えたポリ乳酸樹脂組成物および繊維やフィルムなどの成形品を提供する。【解決手段】ポリL−乳酸とポリD−乳酸とのブレンド物からなり、該ポリL−乳酸および/またはポリD−乳酸のカルボキシル基末端の少なくとも一部が封鎖されていることを特徴とするポリ乳酸樹脂組成物。

  2. 【課題】 ポリ乳酸成分を構成成分としながらも、強度、耐摩耗性、耐湿熱分解性に優れたポリエステル複合繊維を提供する。【解決手段】 芳香族ポリエステルとポリ乳酸よりなる複合繊維であって、横断面形状が芯鞘形状を呈しており、鞘部が芳香族ポリエステル、芯部がポリ乳酸で構成されていることを特徴とするポリエステル複合繊維。芯部と鞘部がほぼ同心円上に配置された同心芯鞘型の複合繊維...

    ポリエステル複合繊維

  3. 【課題】本発明は、カーボンナノチューブ筋の製造方法に関する。【解決手段】本発明に係るカーボンナノチューブ筋の製造方法は、カーボンナノチューブのマトリックスを準備する段階と、前記カーボンナノチューブのマトリックスからカーボンナノチューブ膜を引き抜く段階と、前記カーボンナノチューブ膜を有機溶剤に浸入して縮ませて、カーボンナノチューブ筋を形成する段階と、を含む。カーボンナノ...

    カーボンナノチューブ筋及びその製造方法

  4. 【課題】良好な色調を有し、溶融熱安定性に優れ、かつ成形性が改善されたポリエステルの製造方法を提供すること。【解決手段】二官能性芳香族カルボン酸のエチレングリコールエステルおよび/またはその低重合体を触媒の存在下重縮合反応させてポリエステルを製造するに際し、該触媒として特定のチタン化合物とリン化合物をモル比1/1〜1/5であらかじめ反応させて得られる反応生成物を使用する。

  5. 【課題】分岐状気相法炭素繊維、透明導電性組成物及びその用途の提供。【解決手段】(1)円筒状の中空構造を有し、繊維外径0.5μm以下、アスペクト比10以上の気相法炭素繊維であって、圧密比抵抗が0.02Ω・cm以下であり、好ましくは、ホウ素を含有し、圧密比抵抗が0.018Ω・cm以下の分岐状気相法炭素繊維、(2)樹脂バインダーに炭素繊維を配合してなる導電性組成物であり、繊...

    分岐状気相法炭素繊維、透明導電性組成物及びその用途

新着の技術

繊維または他に分類されない可とう性材料』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】熱溶解積層法3Dプリンターの造形材料用樹脂組成物であって、ポリ乳酸(A)とポリアミド共重合体(B)とを含有し、ポリ乳酸(A)とポリアミド共重合体(B)との質量比(A/B)が90/10〜25/75であることを特徴とする樹脂組成物。

  2. 【課題・解決手段】本発明は、ガス噴射とレーザー照射とを組み合わせて適用することによってナノスケールの直径を有する長いファイバーを生成する方法を記載する。本発明はまた、前述の方法によって生成されるナノスケールファイバー、及びその実施に好適な装置にも関する。

    ナノスケールの直径を有する連続ファイバーを生成する方法及び装置並びに生成されるナノスケールファイバー

  3. 【課題】従来の既知の例と比較してその特性が改善される円形コームを提供することである。【解決手段】本発明は、織物繊維を梳毛するコーミングマシンのシャフト(5)に固定できる円形コーム(2)に関し、シャフトは回転軸線(4)の周りを回転することができる。円形コームは円形コーム本体(6)を有し、これは外周側部(7)と複数のコーミングバー(9)とを備え、これは円形コーム本体(6)...

    コーミングバーと本体具備の円形コーム

  4. 【課題・解決手段】エレクトロスピニング方式パターン形成装置が開示される。エレクトロスピニング方式パターン形成装置は、第1の電圧が印加され、紡糸液を放射するノズル、ノズルの下部に配置され、パターンが形成される基板を支持し、第2の電圧が印加されるステージ部、ノズルと前記ステージ部との間で互いに離隔されるように配置された第1及び第2のガイド体を備え、電場を変形してナノ繊維に...

    エレクトロスピニング方式パターン形成装置

  5. 【課題】 遮光性、染色性、嵩高性あるいは柔らかい手触りなどに優れた低色差ポリエステル異収縮混繊糸及びその製造方法を提供すること。【解決手段】 低色差ポリエステル異収縮混繊糸及びその製造方法であって、ポリエステルを煮て洗浄し、紡糸するPOYとFDYを混ぜ合わせて得るものであって;破断強度が1.9cN/dtex以上、破断伸度が30.0±5.0%、捲縮収縮率が2.50±...

繊維または他に分類されない可とう性材料 ページ上部に戻る