繊維,紙 に関する技術一覧

「繊維,紙」に関する技術の関連情報です。 「繊維,紙」 の関連技術、「繊維または他に分類されない可とう性材料」「糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り」 など、その他「繊維,紙」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「繊維,紙」の分野ページはこちら

繊維,紙に所属する技術動向

繊維,紙の分野に属する技術の状況としては、2016年に3,352件、2017年に4,083件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、繊維,紙の分野においては特に近年このセクションの中で他に分類されない主題事項の分野における動向が活発であり、他にもロープ,電気的なもの以外のケーブルや 糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取りといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や大王製紙株式会社、花王株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 物理学や電気といった分野も含め、 東芝ライフスタイル株式会社や東芝コンシューマエレクトロニクス・ホールディングス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

繊維,紙』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】書類の管理を用紙それ自身に付した識別子を用いて、書類を用紙レベルで識別して管理する技術を提供する。【解決手段】書類管理システムは、印刷するための文字、画像等の情報を含むコンテンツを生成するコンテンツ生成装置300と、用紙1000に印刷を行う印刷装置400と、書類に承認を行うための事務用品として機能する承認装置500と、書類に設けられているRFID100を読み取...

    紙製品、書類管理方法、書類管理システム、事務用品および事務機器

  2. 【課題】高い耐熱性と高い耐加水分解性を兼ね備えたポリ乳酸樹脂組成物および繊維やフィルムなどの成形品を提供する。【解決手段】ポリL−乳酸とポリD−乳酸とのブレンド物からなり、該ポリL−乳酸および/またはポリD−乳酸のカルボキシル基末端の少なくとも一部が封鎖されていることを特徴とするポリ乳酸樹脂組成物。

  3. 【課題】填料歩留りを向上し、かつ繊維間に分布する填料粒子によって繊維間結合が阻害されず、少量のパルプでも嵩を出すことができ、同時に白色度、不透明度を向上できる嵩高填料の製造方法および填料内添紙を提供する。【解決手段】無機微粒子を珪酸アルカリ水溶液に添加・分散し、スラリーを調製した後に加熱攪拌しながら、液温を60〜100℃の範囲に保持し酸を添加し、シロカゾルを生成させ、...

  4. 【課題】耐汚染性に優れることは元より、特に耐スクラッチ性に優れた化粧シートを提供することである。【解決手段】繊維質基材シート上に、エチレン系樹脂からなる発泡層とオレフィン系樹脂からなる第1被覆樹脂層とが順に積層された化粧シートにおいて、前記発泡層と前記第1被覆樹脂層とが架橋された層であると共に前記第1被覆樹脂層が前記発泡層より高い架橋度であることを特徴とする化粧シート...

    化粧シート

  5. 【課題】スレッドを抄き込んだ従来の偽造防止用紙における偽造防止効果をさらに高めるために微細な半導体チップを紙やプラスチックシートのごときシート状物に挿入する技術であって、微細な半導体チップでも容易かつ効率よくシート状物中に挿入しうる技術を提供する。【解決手段】複数ビットのメモリを内蔵しかつアンテナ配線を備えた一辺0.5mm以下の半導体チップ10を接着したスリット1を、...

    偽造防止用スレッド、それを用いた偽造防止用シート状物および偽造防止用シート状物の製造方法

新着の技術

繊維,紙』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明の課題は、ハイドロタルサイトと繊維との複合体を製造する技術を提供することである。繊維の存在下において水系でハイドロタルサイトを合成することによって、ハイドロタルサイトと繊維の複合体を効率的に合成することができる。

    ハイドロタルサイトと繊維の複合体

  2. 【課題】合成繊維に対し優れた濡れ性を示して、合成繊維に良好なカード通過性及び制電性を付与し、またかかる合成繊維から得られる不織布に良好な撥水性を付与することができる合成繊維用処理剤、かかる合成繊維用処理剤が付着した合成繊維及びかかる合成繊維を用いた不織布の製造方法を提供する。【解決手段】合成繊維用処理剤として、特定のポリオルガノシロキサンと、特定の長鎖アルキルリン酸エ...

  3. 【課題】簡易にゴム入り織物の幅を広くする。【解決手段】トートバッグ本体2の前面4及び後面5は、上平ゴム11、中平ゴム12、下平ゴム13、上連結平ゴム14、下連結平ゴム15をそれぞれ有する。上連結平ゴム14は、上平ゴム11下端部及び中平ゴム12上端部と重なる位置でこれらと平行に並べられ、上平ゴム11下端部及び上連結平ゴム14上端部は縫い付けられ、中平ゴム12上端部及び上...

    ゴム入り織物、ゴム入り織物の製造方法及びゴム入り織物を用いた鞄

  4. 【課題・解決手段】互いの外周面を対向させつつ回転する第1回転体55と第2回転体51との間を、吸収性物品に係る不織布1mが通過する際に、前記不織布1mに対して前記不織布1mの厚さ方向に貫通孔h,h…を形成する方法である。回転する前記第1回転体55の外周面に突出形成されたピン部材55p,55p…が、回転する前記第2回転体51の外周面の穴部51h,51h…に挿入される際に、...

    吸収性物品に係る不織布への貫通孔の形成方法、及び形成装置

  5. 【課題・解決手段】セキュリティデバイスは、各端部にロックユニットが取り付けられた可撓性のストラップを有する。ストラップは、エラストマー材料に埋め込まれた実質的に平面のアレイに配置された複数の長手方向に延びるマルチフィラメントケーブルを含む。エラストマー材料は熱可塑性又は熱硬化性である。ケーブルは、エラストマー材料との結合を生じるためにプライマーのコーティングを有する。...

    セキュリティデバイス

繊維,紙 ページ上部に戻る