繊維,紙 に関する技術一覧

「繊維,紙」に関する技術の関連情報です。 「繊維,紙」 の関連技術、「繊維または他に分類されない可とう性材料」「糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取り」 など、その他「繊維,紙」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「繊維,紙」の分野ページはこちら

繊維,紙に所属する技術動向

繊維,紙の分野に属する技術の状況としては、2016年に3,361件、2017年に4,093件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、繊維,紙の分野においては特に近年このセクションの中で他に分類されない主題事項の分野における動向が活発であり、他にもロープ,電気的なもの以外のケーブルや 糸,糸またはロープの機械的な仕上げ,整経またはビーム巻き取りといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や大王製紙株式会社、花王株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 物理学や電気といった分野も含め、 東芝ライフスタイル株式会社や東芝コンシューマエレクトロニクス・ホールディングス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

繊維,紙』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】書類の管理を用紙それ自身に付した識別子を用いて、書類を用紙レベルで識別して管理する技術を提供する。【解決手段】書類管理システムは、印刷するための文字、画像等の情報を含むコンテンツを生成するコンテンツ生成装置300と、用紙1000に印刷を行う印刷装置400と、書類に承認を行うための事務用品として機能する承認装置500と、書類に設けられているRFID100を読み取...

    紙製品、書類管理方法、書類管理システム、事務用品および事務機器

  2. 【課題】高い耐熱性と高い耐加水分解性を兼ね備えたポリ乳酸樹脂組成物および繊維やフィルムなどの成形品を提供する。【解決手段】ポリL−乳酸とポリD−乳酸とのブレンド物からなり、該ポリL−乳酸および/またはポリD−乳酸のカルボキシル基末端の少なくとも一部が封鎖されていることを特徴とするポリ乳酸樹脂組成物。

  3. 【課題】填料歩留りを向上し、かつ繊維間に分布する填料粒子によって繊維間結合が阻害されず、少量のパルプでも嵩を出すことができ、同時に白色度、不透明度を向上できる嵩高填料の製造方法および填料内添紙を提供する。【解決手段】無機微粒子を珪酸アルカリ水溶液に添加・分散し、スラリーを調製した後に加熱攪拌しながら、液温を60〜100℃の範囲に保持し酸を添加し、シロカゾルを生成させ、...

  4. 【課題】耐汚染性に優れることは元より、特に耐スクラッチ性に優れた化粧シートを提供することである。【解決手段】繊維質基材シート上に、エチレン系樹脂からなる発泡層とオレフィン系樹脂からなる第1被覆樹脂層とが順に積層された化粧シートにおいて、前記発泡層と前記第1被覆樹脂層とが架橋された層であると共に前記第1被覆樹脂層が前記発泡層より高い架橋度であることを特徴とする化粧シート...

    化粧シート

  5. 【課題】スレッドを抄き込んだ従来の偽造防止用紙における偽造防止効果をさらに高めるために微細な半導体チップを紙やプラスチックシートのごときシート状物に挿入する技術であって、微細な半導体チップでも容易かつ効率よくシート状物中に挿入しうる技術を提供する。【解決手段】複数ビットのメモリを内蔵しかつアンテナ配線を備えた一辺0.5mm以下の半導体チップ10を接着したスリット1を、...

    偽造防止用スレッド、それを用いた偽造防止用シート状物および偽造防止用シート状物の製造方法

新着の技術

繊維,紙』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】炭素繊維ケーブル(1)は,熱硬化性樹脂(5)が含浸された複数本の炭素繊維(4)を束にまとめた心線(2)と,それぞれが,熱硬化性樹脂(5)が含浸された複数本の炭素繊維(4)を束にまとめた複数本の側線(3)とを備えている。上記熱硬化性樹脂(5)が硬化状態にあり,上記複数本の側線(3)のそれぞれは樹脂硬化性を利用して型付けられている。型付けられた複数本の側...

    合成繊維ケーブル

  2. 【課題】糸先のほつれが十分防止されモップ糸としての強度や塵埃の保持力等が総合的により優れたモップ用糸及びその製造方法を提供すること。【解決手段】第1の熱融着糸及び複数の単糸とからなる複数の糸が相互に錯綜し、第1の熱融着糸が単糸と交差して接触した位置で熱融着されて第1の集合糸9が構成され、複数の第1の集合糸9と第2の熱融着糸10とが撚り合わされるとともに糸の長手方向にお...

    モップ用糸及びその製造方法

  3. 【課題・解決手段】発明が課題しようとする課題は、一端を左右に回転させた場合の他端へのトルク伝達力を向上させた多層体、多層中空体及び多層中空体を備えたカテーテルを提供することである。本発明の多条中空体(1)は、1本の素線が巻回された単条中空体(7)と、その単条中空体(7)の内周に隣接して配置され、複数の素線が単条中空体(7)とは反対側に巻回された内側多条中空体(3)と、...

    多層体、多層中空体及び多層中空体を備えたカテーテル

  4. 【課題・解決手段】ナノセルロース及び他の水溶性又は親水性ポリマーを脱水する方法。該方法は、遊離ヒドロキシル基を有するナノセルロースにより水中で形成された水性懸濁液を提供するステップと、水性懸濁液と、遊離ヒドロキシル基の少なくとも一部に水素結合することが可能なイオン液体又は共晶溶媒とを混合して、変性懸濁液を形成するステップと、ナノセルロースを脱水するために、変性懸濁液か...

    水溶性ポリマーの脱水方法

  5. 【課題・解決手段】係留された膨張式チャンバを含むエアバッグが開示される。係留された膨張式チャンバは、係留された膨張式チャンバの内部圧力が所定の値に到達したときに破断するように構成された内部テザーを含み得る。内部テザーを含むエアバッグ布地を形成する方法もまた、開示される。

    内部テザーを含むエアバッグ及びそれらを形成する方法

繊維,紙 ページ上部に戻る