コンビナトリアル技術 に関する技術一覧

「コンビナトリアル技術」に関する技術の関連情報です。 「コンビナトリアル技術」 の関連技術、「コンビナトリアルケミストリ,ライブラリ,例.ケミカルライブラリ,コンピュータ内でのライブラリ」 など、その他「コンビナトリアル技術」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「コンビナトリアル技術」の分野ページはこちら

コンビナトリアル技術に所属する技術動向

コンビナトリアル技術の分野に属する技術の状況としては、2017年に123件、2018年に116件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、コンビナトリアル技術の分野においては特に近年コンビナトリアルケミストリ,ライブラリ,例.ケミカルライブラリ,コンピュータ内でのライブラリの分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしてはリージェンツオブザユニバーシティオブカリフォルニアやチヤーペンテイエ,エマニユエル、ユニバーシティオブヴィエナが豊富な実績を残しており、 プレジデントアンドフェローズオブハーバードカレッジなどは、 健康,娯楽や生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学といった分野も含め、 ダナ−ファーバーキャンサーインスティテュート,インコーポレイテッドやメディカルリサーチカウンシルといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

コンビナトリアル技術』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】工業用酵母、特に醸造用酵母の全ゲノム塩基配列データベースを作製し、目的とする醸造特性に関わる遺伝子を選択する方法を提供する。また該遺伝子が関わる醸造特性を発揮する酵母を育種する方法並びにこの酵母を用いて生産性や品質を向上させたアルコール又は酒類を製造する方法を提供する。【解決手段】(イ)工業用酵母の全ゲノム塩基配列を解析し、(ロ)該ゲノム塩基配列をS.cere...

    醸造用酵母遺伝子のスクリーニング法

  2. 【課題・解決手段】本発明は、価値ある薬理的な特性、特に酵素:ジペプチジルペプチダーゼ-IV(DPP-IV)の活性に及ぼす阻害作用を持つ、以下の一般式I(ここで、R1〜R3は特許請求の範囲における請求項1〜16に記載したような意味を持つ)で表される置換されたキサンチン、およびその互変異性体、立体異性体、混合物、プロドラッグ並びにその塩に関する:化1】

    8−[3−アミノ−ピペリジン−1−イル]−キサンチン、その製造およびその薬理組成物としての使用

  3. 【課題・解決手段】この発明は広く分析を行うための方法および装置、具体的には微量流体デバイスに関する。好ましい実施形態においては、前記デバイスは、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)を含む核酸増幅反応など、平行して進行しかつ相互に独立して制御される分子反応を実施することが可能なデバイスを形成するためのセラミック多層技術を駆使して製作される。また、前記デバイスは、前記セラミック...

    分析試料の反応を行うための多層微量流体デバイス

  4. 【課題】簡易な手段により微小物体を担体表面に強く固定化する方法等を提供する。【解決手段】担体の少なくとも表層部に光変形を起こし微小物体を固定化し得る材料を用い、該担体の表面に微小物体を配置したもとで、照射光によって微小物体を担体の表面に固定化する微小物体の光固定化方法。微小物体としては、特に好ましくはタンパク質、核酸等が例示される。このように微小物体を固定化した微小物...

    微小物体の光固定化方法、微小物体固定化担体及び微小物体の観察方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、化合物などの物質の固体形態のアレーならびにそれを迅速にスクリーニングして、特性の向上した固体形態、特には医薬を同定・確認する方法に関する。そのような特性には、改善された生物学的利用能、溶解度、安定性、送達性、ならびにプロセッシング・処理および製造上の特徴などがある。本発明は、数百〜数千個のサンプルを並行して迅速にスクリーニングする実用的かつ...

    多様な固体形態のハイスループットでの形成、同定および分析

新着の技術

コンビナトリアル技術』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本開示は、効率的なDNAライブラリー構築及びライブラリーのターゲット遺伝子解析の方法を提供する。ライブラリーは、対象における遺伝子疾患の予測、診断、またはモニターに有用である。本発明は概して、DNAライブラリーを構築するための改良された組成物及び方法に関する。詳細には、本発明は、定量的遺伝子解析のためのDNAクローンライブラリーの効率的な構築に関する...

    DNAライブラリーの高効率構築

  2. 【課題・解決手段】本明細書に開示される主題は、多重特異性抗体、例えば、二重特異性抗体及びバイエピトープ性抗体、ならびにかかる抗体のスクリーニング方法、ならびにかかる二重特異性抗体及びバイエピトープ性抗体のスクリーニングに使用することができる新規の抗体構造に関する。本開示は、二重特異性抗KLB抗体、及びこれらの抗体を使用する疾患の治療方法を更に提供する。

    多重特異性抗体のスクリーニング方法

  3. 【課題・解決手段】本開示の態様は、ポリヌクレオチドアセンブリのための組成物および方法に関する。いくつかの実施態様において、ターミネーターオリゴヌクレオチドが提供される。

    核酸アセンブリのための方法および組成物

  4. 【課題】抗体ライブラリーを提供すること。【解決手段】本発明は、特に、指定の配列および長さの多様性を有するライブラリーを設計することによって、抗体をコードするポリヌクレオチドのライブラリーを生成するための知られている方法における本質的で不十分な点を克服する。例えば、抗原に結合する抗体を単離するために本願発明のライブラリーを使用する方法であって、前記ライブラリーのポリペプ...

    抗体ライブラリー

  5. 【課題】本発明は、結合性分子(「結合体(binder)」)のレパートリーをコードする真核細胞ライブラリーの産生方法に関する。【解決手段】当該方法は、細胞DNAの標的切断に向けて部位特異的ヌクレアーゼを使用することで、内在性の細胞修復機構を介した結合体遺伝子の部位特異的組込みを増進する。産生される真核細胞集団に、結合体をコードする遺伝子のレパートリーが細胞DNAの所望の...

    真核細胞において発現されるタンパク質変異体のライブラリーの調製、及び結合性分子の選択に向けた使用

コンビナトリアル技術 ページ上部に戻る

その他の分野

コンビナトリアル技術』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。