コンビナトリアル技術 に関する技術一覧

「コンビナトリアル技術」に関する技術の関連情報です。 「コンビナトリアル技術」 の関連技術、「コンビナトリアルケミストリ,ライブラリ,例.ケミカルライブラリ,コンピュータ内でのライブラリ」 など、その他「コンビナトリアル技術」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「コンビナトリアル技術」の分野ページはこちら

コンビナトリアル技術に所属する技術動向

コンビナトリアル技術の分野に属する技術の状況としては、2016年に99件、2017年に123件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、コンビナトリアル技術の分野においては特に近年コンビナトリアルケミストリ,ライブラリ,例.ケミカルライブラリ,コンピュータ内でのライブラリの分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしてはリージェンツオブザユニバーシティオブカリフォルニアやチヤーペンテイエ,エマニユエル、ユニバーシティオブヴィエナが豊富な実績を残しており、 プレジデントアンドフェローズオブハーバードカレッジなどは、 健康,娯楽や生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学といった分野も含め、 ダナ−ファーバーキャンサーインスティテュート,インコーポレイテッドやメディカルリサーチカウンシルといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

コンビナトリアル技術』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】工業用酵母、特に醸造用酵母の全ゲノム塩基配列データベースを作製し、目的とする醸造特性に関わる遺伝子を選択する方法を提供する。また該遺伝子が関わる醸造特性を発揮する酵母を育種する方法並びにこの酵母を用いて生産性や品質を向上させたアルコール又は酒類を製造する方法を提供する。【解決手段】(イ)工業用酵母の全ゲノム塩基配列を解析し、(ロ)該ゲノム塩基配列をS.cere...

    醸造用酵母遺伝子のスクリーニング法

  2. 【課題・解決手段】本発明は、価値ある薬理的な特性、特に酵素:ジペプチジルペプチダーゼ-IV(DPP-IV)の活性に及ぼす阻害作用を持つ、以下の一般式I(ここで、R1〜R3は特許請求の範囲における請求項1〜16に記載したような意味を持つ)で表される置換されたキサンチン、およびその互変異性体、立体異性体、混合物、プロドラッグ並びにその塩に関する:化1】

    8−[3−アミノ−ピペリジン−1−イル]−キサンチン、その製造およびその薬理組成物としての使用

  3. 【課題・解決手段】この発明は広く分析を行うための方法および装置、具体的には微量流体デバイスに関する。好ましい実施形態においては、前記デバイスは、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)を含む核酸増幅反応など、平行して進行しかつ相互に独立して制御される分子反応を実施することが可能なデバイスを形成するためのセラミック多層技術を駆使して製作される。また、前記デバイスは、前記セラミック...

    分析試料の反応を行うための多層微量流体デバイス

  4. 【課題】簡易な手段により微小物体を担体表面に強く固定化する方法等を提供する。【解決手段】担体の少なくとも表層部に光変形を起こし微小物体を固定化し得る材料を用い、該担体の表面に微小物体を配置したもとで、照射光によって微小物体を担体の表面に固定化する微小物体の光固定化方法。微小物体としては、特に好ましくはタンパク質、核酸等が例示される。このように微小物体を固定化した微小物...

    微小物体の光固定化方法、微小物体固定化担体及び微小物体の観察方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、化合物などの物質の固体形態のアレーならびにそれを迅速にスクリーニングして、特性の向上した固体形態、特には医薬を同定・確認する方法に関する。そのような特性には、改善された生物学的利用能、溶解度、安定性、送達性、ならびにプロセッシング・処理および製造上の特徴などがある。本発明は、数百〜数千個のサンプルを並行して迅速にスクリーニングする実用的かつ...

    多様な固体形態のハイスループットでの形成、同定および分析

新着の技術

コンビナトリアル技術』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】認識要素と作動可能に連結したリガンドを含む化合物のLogDを推定する方法が本明細書に開示される。これらの方法は、一般に、化合物をマトリックスと接触させるステップ、化合物とマトリックスの相互作用を測定するステップ、及び化合物とマトリックスの相互作用を化合物のLogDと関連付けるステップを含む。また、認識要素と作動可能に連結したリガンド及びリガンドを認識...

    タグ付きコンビナトリアルライブラリ化合物のLogDを推定する方法

  2. 【課題】異常細胞もしくは組織内の1つまたは複数の経路のインシリコ反応を予測し、治療未経験患者に対する多剤治療の推奨のための計算機モデルおよび方法を提供する。【解決手段】経路モデルデータベースは、多数の区別できる異常細胞のオミックスデータにそれぞれ由来する多数の区別できるデータセットを記憶し、各データセットは、複数の経路要素データを備える。機械学習システムは、次に、複数...

    PARADIGM薬剤反応ネットワーク

  3. 【課題】抗体のインビボ半減期の決定が可能な、アフィニティークロマトグラフィー用担体を提供する。【解決手段】アフィニティークロマトグラフィー用のリガンドとして、新生児型Fc受容体(FcRn)とβ-2-ミクログロブリン(b2m)との非共有結合性複合体を用いる。新生児型Fc受容体(FcRn)とβ-2-ミクログロブリン(b2m)は、互いとは無関係に、ヒト由来、マウス由来、カニ...

    Fc受容体に基づくアフィニティークロマトグラフィー

  4. 【課題・解決手段】本発明は、複数のT細胞レセプター(TCR)が、α鎖可変ドメインを含むα鎖とβ鎖可変ドメインを含むβ鎖とを含んでなるTCRから本質的になり、ライブラリが、1より多いTRAV遺伝子産物及び/又は1より多いTRBV遺伝子産物を含んでなり、ここで、β鎖可変ドメインがTRBV5-1、5-3、5-4、5-5、5-6、5-7又は5-8遺伝子産物の1又は2以上を含ま...

    TCRライブラリ

  5. 【課題・解決手段】目的の遺伝子(GOI)およびGOIに作動可能に連結されていない自己複製配列(ARS)を含むエピソームプラスミドであって、ARSが、配列番号2、配列番号3、配列番号5、もしくは配列番号6〜11のいずれかとして同定されるヌクレオチド配列、またはそれらに対する少なくとも60%の配列同一性を特徴とする上記配列のいずれかの機能的に活性な変異体を含むか、またはそ...

    新規エピソームプラスミドベクター

コンビナトリアル技術 ページ上部に戻る

その他の分野

コンビナトリアル技術』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。