コンビナトリアル技術 に関する技術一覧

「コンビナトリアル技術」に関する技術の関連情報です。 「コンビナトリアル技術」 の関連技術、「コンビナトリアルケミストリ,ライブラリ,例.ケミカルライブラリ,コンピュータ内でのライブラリ」 など、その他「コンビナトリアル技術」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「コンビナトリアル技術」の分野ページはこちら

コンビナトリアル技術に所属する技術動向

コンビナトリアル技術の分野に属する技術の状況としては、2015年に86件、2016年に97件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、コンビナトリアル技術の分野においては特に近年コンビナトリアルケミストリ,ライブラリ,例.ケミカルライブラリ,コンピュータ内でのライブラリの分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしてはべーリンガーインゲルハイムファルマゲゼルシャフトミットベシュレンクテルハフツングウントコンパニーコマンディトゲゼルシャフトや独立行政法人産業技術総合研究所、プレジデントアンドフェローズオブハーバードカレッジが豊富な実績を残しており、 プレジデントアンドフェローズオブハーバードカレッジなどは、 健康,娯楽や生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学といった分野も含め、 ダナ−ファーバーキャンサーインスティテュート,インコーポレイテッドやメディカルリサーチカウンシルといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

コンビナトリアル技術』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】工業用酵母、特に醸造用酵母の全ゲノム塩基配列データベースを作製し、目的とする醸造特性に関わる遺伝子を選択する方法を提供する。また該遺伝子が関わる醸造特性を発揮する酵母を育種する方法並びにこの酵母を用いて生産性や品質を向上させたアルコール又は酒類を製造する方法を提供する。【解決手段】(イ)工業用酵母の全ゲノム塩基配列を解析し、(ロ)該ゲノム塩基配列をS.cere...

    醸造用酵母遺伝子のスクリーニング法

  2. 【課題・解決手段】本発明は、価値ある薬理的な特性、特に酵素:ジペプチジルペプチダーゼ-IV(DPP-IV)の活性に及ぼす阻害作用を持つ、以下の一般式I(ここで、R1〜R3は特許請求の範囲における請求項1〜16に記載したような意味を持つ)で表される置換されたキサンチン、およびその互変異性体、立体異性体、混合物、プロドラッグ並びにその塩に関する:化1】

    8−[3−アミノ−ピペリジン−1−イル]−キサンチン、その製造およびその薬理組成物としての使用

  3. 【課題・解決手段】この発明は広く分析を行うための方法および装置、具体的には微量流体デバイスに関する。好ましい実施形態においては、前記デバイスは、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)を含む核酸増幅反応など、平行して進行しかつ相互に独立して制御される分子反応を実施することが可能なデバイスを形成するためのセラミック多層技術を駆使して製作される。また、前記デバイスは、前記セラミック...

    分析試料の反応を行うための多層微量流体デバイス

  4. 【課題】簡易な手段により微小物体を担体表面に強く固定化する方法等を提供する。【解決手段】担体の少なくとも表層部に光変形を起こし微小物体を固定化し得る材料を用い、該担体の表面に微小物体を配置したもとで、照射光によって微小物体を担体の表面に固定化する微小物体の光固定化方法。微小物体としては、特に好ましくはタンパク質、核酸等が例示される。このように微小物体を固定化した微小物...

    微小物体の光固定化方法、微小物体固定化担体及び微小物体の観察方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、化合物などの物質の固体形態のアレーならびにそれを迅速にスクリーニングして、特性の向上した固体形態、特には医薬を同定・確認する方法に関する。そのような特性には、改善された生物学的利用能、溶解度、安定性、送達性、ならびにプロセッシング・処理および製造上の特徴などがある。本発明は、数百〜数千個のサンプルを並行して迅速にスクリーニングする実用的かつ...

    多様な固体形態のハイスループットでの形成、同定および分析

新着の技術

コンビナトリアル技術』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、異なるタンパク質骨格(例えば抗体骨格)に組み込まれたエフェクターポリペプチド(例えばホルモンおよび受容体リガンド)の機能性誘導体を作製するための方法を提供する。この方法は、エフェクターポリペプチドを末端リンカー配列のコンビナトリアルライブラリで修飾すること、修飾された配列をホスト骨格に挿入すること、およびその後ホスト骨格に組み込まれた修飾ポ...

    異種タンパク質骨格に組み込まれた機能性ポリペプチドに関連する方法および組成物

  2. 【課題】抗体分子、特に、トランスフォーミング増殖因子β(TGFβ)に結合する抗体分子、およびその使用に関する方法を提供する。【解決手段】TGFβ1、TGFβ2、およびTGFβ3に結合し、かつ好ましくは中和する抗体分子、いわゆる「汎特異的」抗体分子、ならびにそのような抗体分子の使用。好ましい態様は抗体分子であり、全抗体(例えば、IgG1もしくはIgG4などのIgG)、ま...

    TGFβに対する抗体

  3. 【課題・解決手段】本発明は、二重特異性サメ抗体可変ドメイン(vNARドメイン)の製造方法およびその使用を提供する。本発明はさらに、本発明の二重特異性vNARドメインだけでなく本発明の二重特異性vNARの製造に使用するためのポリヌクレオチドライブラリーを含む融合タンパク質を提供する。さらにまた、本発明は、個体の病的状態の治療に使用するための、本発明の二重特異性vNARま...

    二重特異性サメ抗体可変ドメインの製造方法およびそれらの使用

  4. 【課題・解決手段】本発明は、分析物を膜中の膜貫通ポアに送達する新規方法に関する。方法は、微粒子の使用を含む。

    分析物を膜貫通ポアに送達する方法

  5. 【課題】複数の転写様活性化因子エフェクター(TALE)リピートドメインをコードするポリペプチドの作製方法の提供。【解決手段】1個もしくは複数の転写活性化因子様エフェクター(TALE)リピートドメインおよび/または1個もしくは複数のTALEリピートドメインのうち1個もしくは複数の部分をコードする配列を有する第1、及び第2の組の核酸を用意するステップと、第1の核酸を第1の...

    転写活性化因子様エフェクターの組立て方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

  • 人工知能

    米国Google社が2015年6月23日に発表した“A Neural Conversational …

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

ページトップへ

コンビナトリアル技術 ページ上部に戻る

その他の分野

コンビナトリアル技術』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。