材料の電気分解による除去方法,そのための装置 に関する技術一覧

「材料の電気分解による除去方法,そのための装置」に関する技術の関連情報です。 「材料の電気分解による除去方法,そのための装置」 の関連技術、「電解清浄,電解脱脂,電解酸洗い,または電解脱スケール」「電解エッチングまたは電解研摩」 など、その他「材料の電気分解による除去方法,そのための装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「材料の電気分解による除去方法,そのための装置」の分野ページはこちら

材料の電気分解による除去方法,そのための装置に所属する技術動向

材料の電気分解による除去方法,そのための装置の分野に属する技術の状況としては、2016年に48件、2017年に51件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、材料の電気分解による除去方法,そのための装置の分野においては特に近年金属層または金属被覆の電解ストリッピングの分野における動向が活発であり、他にも電解清浄,電解脱脂,電解酸洗い,または電解脱スケールや 材料の電気分解除去用槽の構造部品またはその組立体,保守または操作といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはJFEスチール株式会社や新日鐵住金株式会社、富士フイルム株式会社が豊富な実績を残しており、 JFEスチール株式会社などは、 金属の圧延や合金といった分野も含め、 三菱重工業株式会社や三愛石油株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

材料の電気分解による除去方法,そのための装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】初期凹凸を容易に平坦化でき、かつ余分な銅膜の除去効率に優れ、銅膜の下層の層間絶縁膜などへのダメージを抑制することが可能な研磨方法および装置と、銅膜を平坦に堆積可能なメッキ方法および装置を提供する。【解決手段】被研磨ウェーハWの被研磨膜の膜厚相当データを測定し、被研磨面よりも小さな陰極部材Eを被研磨面の一領域に対向させ、被研磨面の一領域と陰極部材の間に電解液EL...

    研磨方法、研磨装置、メッキ方法およびメッキ装置

  2. 【課題】超純水中の水酸化物イオンを用いて被加工物の加工面に不純物を残さない清浄な加工を行なうことができる加工方法を提供する。【解決手段】超純水中に、被加工物である陽極2と、これに所定の間隔を置いて対向する陰極1とを配置し、前記被加工物と前記陰極との間に、超純水の解離を促進するとともに通水性を有する触媒部材3bを配置し、被加工物と陰極間に電圧を印加しつつ該触媒部材内に超...

    • 公開日:2001/03/13
    • 出願人: 森勇蔵 、...
    • 発明者: 森勇蔵 、...
    • 公開番号:2001-064799号

    電解加工方法及び装置

  3. 【課題】CMP処理そのものを省略したり、CMP処理の負荷を極力低減しつつ、銅を埋込んで銅配線を形成する一連の銅配線形成工程を連続的に行えるようにした配線形成装置及び方法を提供する。【解決手段】基板の表面に銅を成膜して該銅を微細窪み内に埋込んだ銅配線を形成する配線形成装置であって、ハウジング10の内部に、基板を搬送する搬送経路25を設け、この搬送経路25に沿って、銅めっ...

    配線形成装置及びその方法

  4. 【課題】導電層の厚みや膜種、めっき液の電解質等を変更することなく、基板面内における均一な電解処理を行えるようにした電解処理装置及びその方法を提供する。【解決手段】陽極と陰極の一方の電極との接点を持つ被処理基板Wと該被処理基板Wに対峙させた他方の電極14との間に満たした電解液10の少なくとも一部に、該電解液10の電気伝導率より小さい電気伝導率の高抵抗構造体22を設けて被...

    電解処理方法及びその装置

  5. 【課題】ナノホール底部が下地の導電性金属層からなる下地電極まで貫通した、直線性と径の一様性に優れたナノホールを有する陽極酸化アルミナナノホールを均一、且つ安定に形成するナノ構造体の製造方法を提供する。【解決手段】Wを主成分とする下地電極上に陽極酸化アルミナナノホールが形成され、且つ該アルミナナノホールが該下地電極表面に貫通しているナノ構造体の製造方法において、陽極酸化...

    ナノ構造体の製造方法

新着の技術

材料の電気分解による除去方法,そのための装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】バッチ式焼鈍製法特有の表面欠陥の発生を抑制する鋼板の電解洗浄方法の提供。【解決手段】2槽以上の電解洗浄タンクを備えた電解洗浄設備を用い、少なくとも最後の1槽にはオルソケイ酸ソーダを電解洗浄液として用い、それ以外の槽には苛性ソーダを電解洗浄液として用いて鋼板を洗浄し、第1の電解洗浄タンクで荷性ソーダを含む洗浄液により鋼板表面の洗浄を行い、第2の電解洗浄タンクでオ...

    バッチ式焼鈍用鋼板の電解洗浄方法

  2. 【課題】 電解処理時の気泡による表面粗れを抑制する。【解決手段】 縦方向に配設された空洞管に、当該空洞管の内部の形状に沿う外形の電極が挿入される。液流制御手段は当該空洞管に供給ポンプと第一の弁機構によって、空洞管の一方から電解液を第1の所定時間供給するとともに、戻しポンプと第二の弁機構によって、空洞管の他方から電解液を引き抜いて電解液を液タンクの戻し、その後、第2...

    電解処理装置および方法

  3. 【課題】チタン又はチタン合金表面に形成される自然酸化皮膜のみならず陽極酸化などにより形成された厚い酸化皮膜除去を容易にし、再生可能な表面を形成することが可能な金属材表面の酸化皮膜の除去方法の提供。【解決手段】処理装置1は、処理槽2とこの処理槽2内に設置された陰極部材4及び陽極部材5とを有し、これら陰極部材4及び陽極部材5はそれぞれ直流電源3のマイナス極及びプラス極に接...

    金属材表面の酸化皮膜を除去する方法

  4. 【課題】陽極酸化法を用い、より短時間に、シリコンウェーハの面内全体を均一に平坦化することができ、シリコンウェーハの一主面に基準面を形成するシリコンウェーハの平坦化処理方法を提供する。【解決手段】シリコンウェーハWを陽極とし、シリコンウェーハよりも大きな外形寸法を有する平坦化電極4を陰極として、平坦化電極を前記シリコンウェーハの一の主面に対向あるいは接触させ、電圧を印加...

    シリコンウェーハの平坦化処理方法

  5. 【課題】視角色調識別性に優れ、工業的色調を高度化させた、化学発色化技術を用いた、耐腐食性に優れる発色ステンレス品を提供する。【解決手段】研削処理により形成された凹凸表面を有する化学発色ステンレス品であって、凹凸表面の60度鏡面光沢度〔Gs(60°)〕が5〜50である化学発色ステンレス品である。研削処理は、サンドブラスト処理単独、またはサンドブラスト処理と電解研磨処理と...

    低光沢度の化学発色ステンレス鋼材および化学発色ステンレス鋼材加工品並びにその製造方法

材料の電気分解による除去方法,そのための装置の詳細カテゴリ一覧

材料の電気分解による除去方法,そのための装置の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

材料の電気分解による除去方法,そのための装置 ページ上部に戻る