電気分解または電気泳動方法,そのための装置 に関する技術一覧

「電気分解または電気泳動方法,そのための装置」に関する技術の関連情報です。 「電気分解または電気泳動方法,そのための装置」 の関連技術、「化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法,そのための装置」「金属の電解製造,回収または精製方法,そのための装置」 など、その他「電気分解または電気泳動方法,そのための装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「電気分解または電気泳動方法,そのための装置」の分野ページはこちら

電気分解または電気泳動方法,そのための装置に所属する技術動向

電気分解または電気泳動方法,そのための装置の分野に属する技術の状況としては、2016年に990件、2017年に1,313件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、電気分解または電気泳動方法,そのための装置の分野においては特に近年金属の電解製造,回収または精製方法,そのための装置の分野における動向が活発であり、他にも材料の電気分解による除去方法,そのための装置や 化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法,そのための装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはJX金属株式会社やJFEスチール株式会社、新日鐵住金株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 冶金や成形といった分野も含め、 三菱重工業株式会社やトヨタ自動車株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

電気分解または電気泳動方法,そのための装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 高いEMIシールド性と高い透明性とを同時に有する電磁波シールド材料を細線のパターンに形成可能であり、かつ安価に大量生産できる透光性電磁波シールド膜の製造方法及びその製造方法により得られたモアレの問題のない透光性電磁波シールド膜の提供。【解決手段】 支持体上に設けられた銀塩を含有する銀塩含有層を露光し、現像処理することにより金属銀部と光透過性部とを形成した...

  2. 【課題】発光デバイス、光デバイス、磁性デバイス、マイクロデバイスなどの機能材料として、広い範囲で利用可能な細孔を有するナノ構造体を提供する。【解決手段】アルミニウムを陽極酸化することで作成される細孔体を具備するナノ構造体において、細孔径の異なる少なくとも2種類以上の細孔(3,5)を有することを特徴とする。

    ナノ構造体及びその製造方法

  3. 【課題】陽極酸化ポーラスアルミナを鋳型として、高分子フィルム面に所望の反射防止膜を形成可能な反射防止膜の製造方法およびその方法により形成された反射防止膜、並びに、その反射防止膜を効率的に形成可能なスタンパ及びその製造方法を提供する。【解決手段】高分子膜の表面に凹凸を形成し、屈折率を連続的に変化させることで反射を低減させる反射防止膜の製造方法であって、前記凹凸の形成に、...

    反射防止膜及びその製造方法、並びに反射防止膜作製用スタンパ及びその製造方法

  4. 【課題】エミッタにフラーレン又はカーボンナノチューブを用いた電界放出型冷陰極において、その信頼性や性能の向上をはかる。【解決手段】支持基板11上に形成された金属メッキ層15と、金属メッキ層15中に一部分が埋設されたフラーレン17又はカーボンナノチューブ16によって構成された突出部とによってエミッタが形成されている。

    電界放出型冷陰極、その製造方法及び真空マイクロ装置

  5. 【課題】小熱容量の加熱体を利用して低エネルギー加熱を可能とした像加熱装置において、高耐久性の定着ベルト、および、高耐久性で信頼性の高い像加熱装置を提供する。【解決手段】本発明の定着ベルトは、少なくとも離型層とニッケル電鋳の金属層とを有し、前記ニッケル電鋳は結晶配向比I(200)/I(111)が3以上の(200)面優先成長の結晶配向性を有し、マイクロビッカース硬度が28...

    定着ベルトおよび像加熱定着装置

新着の技術

電気分解または電気泳動方法,そのための装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】カーボン材料生成装置にて副生される一酸化炭素の有効活用が可能なカーボン材料生成システムを提供する。【解決手段】二酸化炭素を原料として電気化学的にカーボン材料及び一酸化炭素を生成するカーボン材料生成装置と、前記カーボン材料生成装置にて生成される一酸化炭素が直接又は間接的に供給され、発電を行う燃料電池と、を備えるカーボン材料生成システム。

    カーボン材料生成システム

  2. 技術 電解装置

    【課題・解決手段】本創作は、電解装置を提供してかつ電解タンクおよび複数の電極を備える。電解タンクは、液体水を収容するためのケースを備える。ケースの内部の壁は、複数の係合構造体を有する。複数の電極が、ケース内に間をおいてそれぞれ配置されるように係合構造体に設置され、ケースは、射出成形によって複数の電極に接続される。

    電解装置

  3. 【課題】製造が容易であり、長期間にわたって低い接触抵抗を維持することができるコネクタ用電気接点材料を提供する。【解決手段】電気接点材料1は、金属よりなる母材2と、母材2上に形成された拡散バリア層3と、最表面に形成され、導電性を有する導電性皮膜層5とを有している。拡散バリア層3は、Cu6Sn5、Ni3Sn4、Ni3Sn2またはNiSn3のうちいずれかの金属間化合物を含ん...

    コネクタ用電気接点材料

  4. 【解決手段】基板ホルダが回転軸に関して回転する時に、基板ホルダの回転軸から垂直に伸びる固定基準線に対して、基板ホルダの支持面に配置されたノッチアライメントフィーチャのリアルタイムな方位角位置が決定される。基板ホルダが所定の垂直位置に到達した時に固定基準線に対する所定の方位角位置にノッチアライメントフィーチャを位置させるために基板ホルダの垂直運動が始まるべき固定基準線に...

    目標水平面への基板の接近を制御するためのシステムおよび方法

  5. 【課題】簡単な構成で、高純度な水素を回収することができ、電解液のミストの飛散を防止する水素捕集装置及び水素回収システムを提供する。【解決手段】水素捕集装置1は、陰極11において発生した水素を排出、回収する水素排出手段5と接続されている。水素排出手段5は水素を貯留する水素貯留手段6に接続されている。ここで、水素捕集装置1、水素排出手段5及び水素貯留手段6が水素回収システ...

    水素捕集装置及び水素回収システム

電気分解または電気泳動方法,そのための装置 ページ上部に戻る

その他の分野

電気分解または電気泳動方法,そのための装置』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。