電気分解または電気泳動方法,そのための装置 に関する技術一覧

「電気分解または電気泳動方法,そのための装置」に関する技術の関連情報です。 「電気分解または電気泳動方法,そのための装置」 の関連技術、「化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法,そのための装置」「金属の電解製造,回収または精製方法,そのための装置」 など、その他「電気分解または電気泳動方法,そのための装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「電気分解または電気泳動方法,そのための装置」の分野ページはこちら

電気分解または電気泳動方法,そのための装置に所属する技術動向

電気分解または電気泳動方法,そのための装置の分野に属する技術の状況としては、2015年に1,162件、2016年に982件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、電気分解または電気泳動方法,そのための装置の分野においては特に近年金属の電解製造,回収または精製方法,そのための装置の分野における動向が活発であり、他にも材料の電気分解による除去方法,そのための装置や 化合物または非金属の製造のための電気分解または電気泳動方法,そのための装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはJX金属株式会社やJFEスチール株式会社、新日鐵住金株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 冶金や成形といった分野も含め、 三菱重工業株式会社やトヨタ自動車株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

電気分解または電気泳動方法,そのための装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 高いEMIシールド性と高い透明性とを同時に有する電磁波シールド材料を細線のパターンに形成可能であり、かつ安価に大量生産できる透光性電磁波シールド膜の製造方法及びその製造方法により得られたモアレの問題のない透光性電磁波シールド膜の提供。【解決手段】 支持体上に設けられた銀塩を含有する銀塩含有層を露光し、現像処理することにより金属銀部と光透過性部とを形成した...

  2. 【課題】発光デバイス、光デバイス、磁性デバイス、マイクロデバイスなどの機能材料として、広い範囲で利用可能な細孔を有するナノ構造体を提供する。【解決手段】アルミニウムを陽極酸化することで作成される細孔体を具備するナノ構造体において、細孔径の異なる少なくとも2種類以上の細孔(3,5)を有することを特徴とする。

    ナノ構造体及びその製造方法

  3. 【課題】陽極酸化ポーラスアルミナを鋳型として、高分子フィルム面に所望の反射防止膜を形成可能な反射防止膜の製造方法およびその方法により形成された反射防止膜、並びに、その反射防止膜を効率的に形成可能なスタンパ及びその製造方法を提供する。【解決手段】高分子膜の表面に凹凸を形成し、屈折率を連続的に変化させることで反射を低減させる反射防止膜の製造方法であって、前記凹凸の形成に、...

    反射防止膜及びその製造方法、並びに反射防止膜作製用スタンパ及びその製造方法

  4. 【課題】エミッタにフラーレン又はカーボンナノチューブを用いた電界放出型冷陰極において、その信頼性や性能の向上をはかる。【解決手段】支持基板11上に形成された金属メッキ層15と、金属メッキ層15中に一部分が埋設されたフラーレン17又はカーボンナノチューブ16によって構成された突出部とによってエミッタが形成されている。

    電界放出型冷陰極、その製造方法及び真空マイクロ装置

  5. 【課題】小熱容量の加熱体を利用して低エネルギー加熱を可能とした像加熱装置において、高耐久性の定着ベルト、および、高耐久性で信頼性の高い像加熱装置を提供する。【解決手段】本発明の定着ベルトは、少なくとも離型層とニッケル電鋳の金属層とを有し、前記ニッケル電鋳は結晶配向比I(200)/I(111)が3以上の(200)面優先成長の結晶配向性を有し、マイクロビッカース硬度が28...

    定着ベルトおよび像加熱定着装置

新着の技術

電気分解または電気泳動方法,そのための装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】ステンレス鋼板からなる基体と、低電気抵抗率の金属粒子とを備え、上記基体の表面に、凸部間の平均間隔が10nm以上300nm以下である凹凸構造を形成し、上記低電気抵抗率の金属粒子の平均粒径を50nm〜1.0μmとし、上記低電気抵抗率の金属粒子を、上記基体の凹凸構造の表面に1μm2当たり1.0個以上付着させ、上記凸部間の平均間隔に対する上記低電気抵抗率の金...

    燃料電池のセパレータ用ステンレス鋼板およびその製造方法

  2. 技術 カソード

    【課題】電気伝導性を確保しつつ、設置が容易なカソードを提供する。【解決手段】カソード10は、金属製錬用のカソードであって、炭素製のカソードブロック11と、各々がカソードブロック11に接するように配置された、1つ以上の炭素製のコレクターバー12とを備える。

    カソード

  3. 【課題・解決手段】本発明は、電気化学システム用のセパレータプレートであって、2つの金属個別プレートを備え、上記金属個別プレートは、作動媒体用、および場合によっては冷却剤用の流路開口、ならびに前記金属個別プレート内に形成され、それぞれ上記流路開口の少なくとも2つと連通する分配構造を有する、セパレータプレートに関する。少なくとも電気化学的活性領域の周囲で、かつ、上記電気化...

    セパレータプレートおよび電気化学システム

  4. 【課題・解決手段】本発明は、(I)式(I−a)または式(I−b):[RF−CFR’F−SO3]−A+ (I−a)[(RF−CFR’F−SO2)2N]−A+ (I−b)(式中:− RFは、1個もしくは2個以上のカテナリーエーテル酸素原子を場合により含む、C1〜C25フルオロアルキル基であり、− R’Fは、−Fまたは−CF3基であり、− A+は、テトラアルキルア...

  5. 【課題・解決手段】システムは、ドープグラフェン層の使用に基づいて、外部の光を捕捉し、電気に変換する要素、電池及び自体に接続されている加水分解機械によって必要とされる電流を供給する発電機が接続されている電気管理制御ボード、加水分解機械に接続されている水素タンク、宇宙ベースのシステム内で使用される加水分解機械に接続されており、排気部を通して通気可能な酸素タンク、水素タンク...

    水素電池に基づいている発生源を備えている発電システム

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

ページトップへ

電気分解または電気泳動方法,そのための装置 ページ上部に戻る

その他の分野

電気分解または電気泳動方法,そのための装置』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。