鉄または鋼の製造 に関する技術一覧

「鉄または鋼の製造」に関する技術の関連情報です。 「鉄または鋼の製造」 の関連技術、「溶鉱炉によらない銑鉄の製造」「直接法による海綿鉄または溶鋼の製造」 など、その他「鉄または鋼の製造」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「鉄または鋼の製造」の分野ページはこちら

鉄または鋼の製造に所属する技術動向

鉄または鋼の製造の分野に属する技術の状況としては、2017年に160件、2018年に132件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、鉄または鋼の製造の分野においては特に近年他の方法による鉄化合物からの製鉄法の分野における動向が活発であり、他にも溶鉱炉への衝風を加熱するための熱風炉や 銑鉄の製造における一般的特徴といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはJFEスチール株式会社や新日鐵住金株式会社、株式会社神戸製鋼所が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 金属の鋳造,同じ方法または装置による他の物質の鋳造や石灰,マグネシア,スラグ,セメント,その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料,人造石,セラミックス,耐火物,天然石の処理といった分野も含め、 NSプラント設計株式会社や黒崎播磨株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

鉄または鋼の製造』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】酸化鉄等の金属酸化物とコークス等の炭素質還元剤を含む原料を加熱・還元し、これを更に加熱して金属を溶融させると共に副生する溶融スラグを凝集・分離させて高純度の粒状金属を製造する際に、脈石成分の種類や多少に関わりなく副生スラグの凝集性を高め、加熱・還元によって生成する粒状金属の純度を高めると共に、そのサイズを大きく且つ粒度の揃ったものとし、最終的に得られる粒状金属...

    粒状金属の製法

  2. 【課題】製鋼スラグをはじめとする、フッ素を含む産業廃棄物中に含まれるフッ素の溶出を効果的に抑制することができない。【解決手段】カルシウムアルミネートやカルシウムシリケートやカルシウムアルミニウムシリケートを含む粉末2と、硫酸根を含む粉末3の混合物を固定剤として用いて、カルシウムアルミネートやカルシウムシリケートやカルシウムアルミニウムシリケートを含む平均粒径が2mm以...

    フッ素を含む産業廃棄物の安定化処理技術

  3. 【課題】高炉ガスからCO2を除去分離した改質高炉ガスを製造し、製鉄所において改質高炉ガス、コークス炉ガス及び転炉ガスを有効に組合わせて利用することによりエネルギー使用効率を向上することを可能とする方法を提供する。【解決手段】低発熱量の高炉ガスからCO2を除去分離したり、酸素富化送風をあわせて実施して製造した高発熱量の改質高炉ガスを、熱風炉燃料ガス、コークス炉燃料ガス、...

    高炉ガスの利用方法

  4. 【課題】移動型炉床炉にて鉄鉱石の還元操業を行うに当たり設備の損傷を防止するとともに円滑な操業を実現しながら脈石、灰分の少ない還元鉄を得る。【解決手段】移動炉床上に、粉固体還元材を介して粉鉄鉱石と粉固体還元材からなる混合粉を小区画化して点在配置して炉床に混合粉が直接接触しないようにしておき、この状態で還元された還元鉄を溶融させる。

    還元鉄の製造方法

  5. 【課題】 亜鉛を含む酸化鉄粒子と炭素を主体とする粒子の混合物を還元する回転炉床式還元炉の排ガス中の亜鉛含有ダストを高品位の状態で回収し、且つ、排ガス処理装置を小型化することを目的とする。【解決手段】 亜鉛を含む酸化金属と炭素を含む粒子の混合物を還元する回転炉床式還元炉2の排ガス処理において、排ガス処理装置を、排ガス煙道水平部10、廃熱ボイラー12、熱交換機13、バ...

    回転炉床式還元炉の排ガス処理装置および排ガス処理方法

新着の技術

鉄または鋼の製造』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】出銑口から取り出された出銑滓流の画像を基にして、出銑滓流に含まれる溶滓の量を測定する機能に加えて、出銑口の下側部分付近に堆積物が成長しているか否かを判定する機能を有する溶滓量測定装置を提供する。【解決手段】溶滓量測定装置1は、取得部51と、算出部52と、判定部53と、を備える。取得部51は、出銑口11の付近の出銑滓流30が複数の時刻で撮像されることにより得られ...

    溶滓量測定装置および溶滓量測定方法

  2. 【課題】ニッケル酸化鉱石等の酸化鉱石を含む混合物を還元することでメタルを製造する製錬方法において、高い生産性でもって高品質のメタルを効率的に製造することができる方法を提供する。【解決手段】本発明に係る酸化鉱石の製錬方法は、酸化鉱石と炭素質還元剤とを混合して得られた混合物を乾燥する乾燥工程S31と、乾燥させた混合物を予熱する予熱工程S32と、予熱後の混合物を還元する還元...

    酸化鉱石の製錬方法

  3. 【課題】溶銑温度の変化量の予測精度を向上させて溶銑温度の予測精度を向上可能な溶銑温度予測方法及び溶銑温度予測装置を提供すること。【解決手段】本発明に係る溶銑温度予測方法は、高炉の操作変数の現在の操作量を保持した場合の将来の溶銑温度の予測値を算出し、過去の期間における高炉内の状態を示す変数の計算値と実績値との差の時間変化率を算出し、過去の期間における溶銑温度の計算値と実...

    溶銑温度予測方法、溶銑温度予測装置、高炉の操業方法、操業ガイダンス装置、溶銑温度制御方法、及び溶銑温度制御装置

  4. 【課題】効率的に微粉炭を製造することができる、微粉炭の製造装置及び製造方法を提供すること。【解決手段】ローラミル3で石炭を粉砕して微粉炭とし、粉砕された微粉炭を搬送ガスで乾燥させながらバグフィルタ5に搬送し、搬送された微粉炭をバグフィルタ5で捕集する、微粉炭の製造装置1であって、排ガスを回収して循環搬送する排ガス循環経路7と、排ガス循環経路7に接続され、不活性ガスを供...

    微粉炭の製造装置及び製造方法

  5. 【課題】微粉炭及び気体還元材を吹き込む高炉の操業において、現在高炉で使用している羽口の大幅な変更を行わずに炉体の過度な温度上昇を抑制して、高炉を安定操業させる操業方法の提供。【解決手段】微粉炭、気体還元材及び粉状還元材を熱風と共に還元材として羽口から高炉内に吹き込む高炉の操業方法であって、空気中における燃焼開始温度が600[℃]以上である粉状還元材を用いる、高炉操業方...

    高炉の操業方法

鉄または鋼の製造 ページ上部に戻る