冶金 に関する技術一覧

「冶金」に関する技術の関連情報です。 「冶金」 の関連技術、「鉄または鋼の製造」「銑鉄の処理,例.精製,錬鉄または鋼の製造,鉄系合金の溶融状態での処理」 など、その他「冶金」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「冶金」の分野ページはこちら

冶金に所属する技術動向

冶金の分野に属する技術の状況としては、2017年に1,893件、2018年に1,316件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、冶金の分野においては特に近年鉄または鋼の製造の分野における動向が活発であり、他にも銑鉄の処理,例.精製,錬鉄または鋼の製造,鉄系合金の溶融状態での処理や 鉄系金属の物理的構造の改良,鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置,脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはJFEスチール株式会社や新日鐵住金株式会社、株式会社神戸製鋼所が豊富な実績を残しており、 日本製鉄株式会社などは、 冶金や成形といった分野も含め、 NSプラント設計株式会社や黒崎播磨株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

冶金』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】高い表面硬度を有し、優れた耐摩耗性を有すると共に、軟化抵抗性が良好で耐ピッチング性に優れた浸炭窒化部品を提供すること。【解決手段】C,Si,Mn,Cr,Mo,Al,Nの各含有量、更には[Si+Mn+Mo]量の特定された鋼を浸炭窒化処理して表面硬化層を形成した浸炭窒化部品であり、該表面硬化層の表面から0.1mmまでのC量[Cs]が0.7%以上、N量[Ns]が0....

    耐ピッチング性に優れた浸炭窒化部品

  2. 【課題】部分的に後加工が可能なプレス部品の焼入れ方法および焼入れ装置を提供する。【解決手段】成形型5の対向する成形面に窪み6A、7Aを設け、投入された加熱鋼板Wを成形型5に接触する部位と窪み6A、7Aに臨む部位とで冷却速度を異ならせて冷却し、プレス部品1に得られる焼入れ硬度を部位によって変化させる。

    プレス部品の焼入れ方法および焼入れ装置およびプレス部品

  3. 【課題】高度の耐割れ強度と寸法安定性とを有し、転動疲労寿命に優れた軸受部品および転がり軸受を提供する。【解決手段】内輪2、外輪1および複数の転動体3を有する転がり軸受10であって、内輪、外輪および転動体のうち少なくともいずれか一つの部材が浸炭窒化層を有し、その部材の旧オーステナイト結晶粒の粒度番号が10番を超える範囲にある。

    軸受部品および転がり軸受

  4. 【課題】リジング特性に優れた高加工性フェライト系ステンレス鋼薄板およびその製造方法を提供する。【解決手段】重量%で、C:0.0005〜0.025%、Cr:10〜25%、Ti:0.015〜0.08%、N:0.0010〜0.025%、Mg:0.0005〜0.01%を含有し、残部が不可避的不純物及びFeからなり、鋼板断面に最大径が0.01〜5μmであるMgを含有する酸化物粒...

    リジング特性に優れた高加工性フェライト系ステンレス鋼薄板及びその製造方法

  5. 【課題】高温、高速、高荷重下で使用しても経時変化が少なく、長寿命化を図ることができるピニオンシャフトを提供する。【解決手段】プラネタリギヤ装置のサンギヤ1及びリングギヤ2に噛合するピニオン3を転動体を介して回転自在に支持するピニオンシャフト5において、少なくとも完成品軌道部の最表面層の残留オーステナイト量を15体積%以上、40体積%以下とすると共に、表面から中心までの...

    ピニオンシャフト

新着の技術

冶金』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】高強度かつ成形性及び外観に優れた缶用鋼板であって、C:0.0010〜0.0035%、Si:0.050%以下、Mn:0.10〜0.50%、P:0.040%以下、S:0.040%以下、Al:0.005%未満、及びN:0.0050%以下を含有し、残部がFe及び不可避的不純物であり、フェライト結晶粒の板幅方向長さに対する板厚方向長さの比の平均値が0.70以上...

    鋼板及びその製造方法

  2. 【課題・解決手段】極めて高い延性と優れた伸びフランジ成形性を有する鋼板およびその製造方法を提供する。特定の成分組成と、面積率でフェライト:6〜80%、上部ベイナイト、フレッシュマルテンサイト、焼戻しマルテンサイト、下部ベイナイト、残留γの1種もしくは2種以上からなる組織:20〜94%、体積率で残留γ:7〜20%を含み、粒子幅が0.18〜0.60μm、粒子長さが1.7〜...

    鋼板およびその製造方法

  3. 【課題・解決手段】この絞り加工用冷延鋼板は、所定の化学組成を有し、結晶粒度番号が11.0以上であるフェライト単相組織を有し、板厚が0.15〜0.50mmであり、100℃で1時間の時効処理を実施した後の鋼板のL方向において、降伏強度YPが220〜290MPa、引張強度TSが330〜390MPa、全伸びELが32%以上、降伏点伸びYP−ELが0%であり、平均塑性ひずみ比r...

    絞り缶用冷延鋼板、及びその製造方法

  4. 【課題・解決手段】車両足回り部品素材の製造方法は、マルテンサイト組織またはベイナイト組織の車両足回り部品素材製造用焼入れ用鋼材を、局所的に誘導加熱する部分の位置を連続して移動させつつ、Ac3変態点以上950℃以下の温度に局所的に誘導加熱することと、車両足回り部品素材製造用焼入れ用鋼材の局所的に誘導加熱された部分を局所的に連続して変形することと、車両足回り部品素材製造用...

    車両足回り部品素材の製造方法および製造装置、車両足回り部品素材製造用焼入れ用鋼材ならびに車両足回り部品素材

  5. 【課題・解決手段】初析セメンタイトの生成が抑制された鉄道車輪を安定して製造する。質量%でCが0.80〜1.15%の中間品をAcm変態点以上に加熱後、中間品の800〜500℃における冷却速度(℃/秒)を下記の条件を満たすように冷却する。踏面及びフランジ表面以外の表面:式(1)で定義されるFn1以下、 冷却速度が最も遅くなる領域の冷却速度:式(2)で定義されるFn2以上...

    鉄道車輪の製造方法及び鉄道車輪

冶金 ページ上部に戻る

その他の分野

冶金』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。