原皮,裸皮,生皮,なめし革 に関する技術一覧

「原皮,裸皮,生皮,なめし革」に関する技術の関連情報です。 「原皮,裸皮,生皮,なめし革」 の関連技術、「原皮,裸皮,またはなめし革の機械的処理または加工一般,裸皮剪断機,内臓分割機」「原皮,裸皮またはなめし革の化学的処理,例.なめし,含浸,仕上げ,それらの装置,なめし合成品」 など、その他「原皮,裸皮,生皮,なめし革」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「原皮,裸皮,生皮,なめし革」の分野ページはこちら

原皮,裸皮,生皮,なめし革に所属する技術動向

原皮,裸皮,生皮,なめし革の分野に属する技術の状況としては、2016年に11件、2017年に16件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、原皮,裸皮,生皮,なめし革の分野においては特に近年原皮,裸皮,またはなめし革の機械的処理または加工一般,裸皮剪断機,内臓分割機の分野における動向が活発であり、他にも原皮,裸皮,またはなめし革の機械的処理または加工一般,裸皮剪断機,内臓分割機といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはセーレン株式会社やバーゼル、ポリオレフィン、ゲゼルシャフト、ミット、ベシュレンクテル、ハフツング、ミドリホクヨー株式会社が豊富な実績を残しており、 ミドリホクヨー株式会社などは、 原皮,裸皮,生皮,なめし革や繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料といった分野も含め、 本田技研工業株式会社やトヨタ自動車株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

原皮,裸皮,生皮,なめし革』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】必要とされる柔軟性と、耐磨耗性、特に必要とされる通気性と水蒸気透過性を与えるために、スエード状の微細銀面表面を有する基体(7)、特に上側が研磨された銀面革、又は合成スエード材料の目視可能面に、硬化した合成分散物からなる銀面構造を有する仕上材が供給されるが、仕上材は、銀面構造に対応する構造化表面を有する裏材の上で別に製造され、仕上材(1)は、柔軟性と耐...

    仕上材が設けられた基体

  2. 【課題】マイナスイオンを発生させる機能を皮革に付与する際に行う処理を容易にし、発生したマイナスイオンを使用者に有効に作用させるようにする。【解決手段】革2の銀面2a上にベースコート3、カラーコート4、及びトップコート5からなる塗装膜を形成し、上記塗装膜(トップコート5)にトルマリン5aを含有させることにより、撥水加工などの特別な処理を行わなくても塗料が革2に浸透してし...

    天然鉱石入り皮革及びその製造方法

  3. 【課題】皮革特有の柔軟な風合いと、耐汚染性や耐摩耗性などの塗膜物性を両立させる皮革用塗料組成物を提供することにある。【解決手段】含フッ素樹脂およびシリコーンオイルからなる、あるいは、硬化性含フッ素樹脂、硬化剤およびシリコーンオイルからなる皮革用塗料組成物。

  4. 【課題】 基材の風合いを損なうことなく、一定以上の分子量をもつ含浸物質を基材の内部まで含浸させることができる含浸処理方法を提供すること。【解決手段】 超臨界二酸化炭素中で含浸物質を基材に含浸させる含浸処理方法であって、前記含浸物質のGPC測定におけるピーク分子量が1000以上であり、かつ20℃における水100mlに対する溶解度が100g/100ml以下である共溶媒...

    含浸処理方法

  5. 【課題】 撥水防汚処理しても下地製品の色合いや弾力性、風合いを損なうことがなく、たとえ汚れたとしても、クリーニングが容易な撥水防汚性アパレル製品を提供すること。【解決手段】 アパレル製品表面に少なくともフッ化炭素基と炭化水素基とシリル基を主成分とする物質1とシロキサン基を主成分とする物質2を含む複合膜、具体的にはフッ化炭素基と炭化水素基とクロロシリル基を主成分とす...

    撥水撥油防汚性アパレル製品とその製造方法

新着の技術

原皮,裸皮,生皮,なめし革』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、水と少なくとも1種のC2−C8脂肪族ジアルデヒドと少なくとも1種の非イオン界面活性剤とを含むなめし浴の使用をベースとした、動物の皮をなめすための改善された方法に関する。少なくとも1種の非イオン界面活性剤と組み合わせたC2−C8脂肪族ジアルデヒドの使用により、優れた質及び高い収縮温度を有するなめし皮が得られる。

  2. 【課題】天然皮革の絞立ち、風合い、皺入り、ボリューム感、しなやかさ、手触り、通気性、耐久性という合成皮革に対する優位性を生かし重さ、柔軟性を改善した天然皮革を用いた素材の提供。【解決手段】厚さ目標値0.5mm、仕上がり厚さ4割増以下として、その肉面側が皮漉きされた天然皮革11と、厚さ目標値1.5mm、仕上がり厚さ4割増〜4割減以内として生成された発泡型ゴムシート12と...

    天然皮革積層体及びそれを縫製して成るバッグ

  3. 【課題・解決手段】皮を加工する方法(500)であって、 −これを凍結乾燥する前に皮を凍結(530)することと、 −皮を凍結乾燥(540)することと、 −凍結乾燥された皮に含浸材を塗布(550)することと、を含む、方法。

    皮の加工方法

  4. 【課題】 従来の目打ちでは、円形など曲線の形状に対して複数回の目打ち作業を要し効率が悪かった。また、従来の目打ちの製造方法では、目打ち本体を事前に目的の形状にする必要があり、目打ちの突起を仕上げる上で効率が悪かった。【解決手段】 目打ち本体を素材に合わせて必要な長さに切断し、さまざまな形に曲げることができ、従来は複数回を要した目打ち作業を一度で行うことが出来る。ま...

    目打ちと製造方法

    • 公開日:2017/12/07
    • 出願人: 服部豪
    • 発明者: 服部豪
    • 公開番号:2017-214537号
    • 公開日:2017/12/07
    • 出願人: 服部豪
    • 発明者: 服部豪
    • 公開番号:2017-214537号
  5. 技術 皮革

    【課題】 皮革の高級感を損なうことなく高度な意匠性を付与する。【解決手段】 ベース層と、前記ベース層の一方の面に積層された樹脂表皮層と、前記樹脂表皮層の表面に形成された光学意匠層とを有し、前記光学意匠層が屈折率1.20〜1.45である無機系粒子および/または有機系粒子を含有する合成樹脂からなることを特徴とする皮革である。前記無機系粒子および/または有機系粒子の固形...

    皮革

原皮,裸皮,生皮,なめし革 ページ上部に戻る

その他の分野

原皮,裸皮,生皮,なめし革』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。