原皮,裸皮,生皮,なめし革 に関する技術一覧

「原皮,裸皮,生皮,なめし革」に関する技術の関連情報です。 「原皮,裸皮,生皮,なめし革」 の関連技術、「原皮,裸皮,またはなめし革の機械的処理または加工一般,裸皮剪断機,内臓分割機」「原皮,裸皮またはなめし革の化学的処理,例.なめし,含浸,仕上げ,それらの装置,なめし合成品」 など、その他「原皮,裸皮,生皮,なめし革」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「原皮,裸皮,生皮,なめし革」の分野ページはこちら

原皮,裸皮,生皮,なめし革に所属する技術動向

原皮,裸皮,生皮,なめし革の分野に属する技術の状況としては、2016年に11件、2017年に16件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、原皮,裸皮,生皮,なめし革の分野においては特に近年原皮,裸皮,またはなめし革の機械的処理または加工一般,裸皮剪断機,内臓分割機の分野における動向が活発であり、他にも原皮,裸皮,またはなめし革の機械的処理または加工一般,裸皮剪断機,内臓分割機といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはセーレン株式会社やバーゼル、ポリオレフィン、ゲゼルシャフト、ミット、ベシュレンクテル、ハフツング、ミドリホクヨー株式会社が豊富な実績を残しており、 ミドリホクヨー株式会社などは、 原皮,裸皮,生皮,なめし革や繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料といった分野も含め、 本田技研工業株式会社やトヨタ自動車株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

原皮,裸皮,生皮,なめし革』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】必要とされる柔軟性と、耐磨耗性、特に必要とされる通気性と水蒸気透過性を与えるために、スエード状の微細銀面表面を有する基体(7)、特に上側が研磨された銀面革、又は合成スエード材料の目視可能面に、硬化した合成分散物からなる銀面構造を有する仕上材が供給されるが、仕上材は、銀面構造に対応する構造化表面を有する裏材の上で別に製造され、仕上材(1)は、柔軟性と耐...

    仕上材が設けられた基体

  2. 【課題】マイナスイオンを発生させる機能を皮革に付与する際に行う処理を容易にし、発生したマイナスイオンを使用者に有効に作用させるようにする。【解決手段】革2の銀面2a上にベースコート3、カラーコート4、及びトップコート5からなる塗装膜を形成し、上記塗装膜(トップコート5)にトルマリン5aを含有させることにより、撥水加工などの特別な処理を行わなくても塗料が革2に浸透してし...

    天然鉱石入り皮革及びその製造方法

  3. 【課題】皮革特有の柔軟な風合いと、耐汚染性や耐摩耗性などの塗膜物性を両立させる皮革用塗料組成物を提供することにある。【解決手段】含フッ素樹脂およびシリコーンオイルからなる、あるいは、硬化性含フッ素樹脂、硬化剤およびシリコーンオイルからなる皮革用塗料組成物。

  4. 【課題】 基材の風合いを損なうことなく、一定以上の分子量をもつ含浸物質を基材の内部まで含浸させることができる含浸処理方法を提供すること。【解決手段】 超臨界二酸化炭素中で含浸物質を基材に含浸させる含浸処理方法であって、前記含浸物質のGPC測定におけるピーク分子量が1000以上であり、かつ20℃における水100mlに対する溶解度が100g/100ml以下である共溶媒...

    含浸処理方法

  5. 【課題】 撥水防汚処理しても下地製品の色合いや弾力性、風合いを損なうことがなく、たとえ汚れたとしても、クリーニングが容易な撥水防汚性アパレル製品を提供すること。【解決手段】 アパレル製品表面に少なくともフッ化炭素基と炭化水素基とシリル基を主成分とする物質1とシロキサン基を主成分とする物質2を含む複合膜、具体的にはフッ化炭素基と炭化水素基とクロロシリル基を主成分とす...

    撥水撥油防汚性アパレル製品とその製造方法

新着の技術

原皮,裸皮,生皮,なめし革』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】[課題]革の内部まで浸透でき、革の表面付近のみならず内部の6価クロムも3価クロムに還元できるような6価クロム処理剤を提供すること。[解決手段]本発明の6価クロム処理剤は、6価クロムを3価クロムに還元し得る6価クロム還元化合物、ノニオン系界面活性剤、および水系溶媒を含む。6価クロム還元化合物としては、6価クロムと作用して3価に還元性を有する特定の構造お...

  2. 【課題】天然皮革と樹脂発泡体との接着が強固で、かつ良好な天然皮革の風合いを有する表皮材の提供。【解決手段】軟質スラブポリウレタン発泡体からなる樹脂発泡体11と、樹脂発泡体11のセル骨格が切断されて凹凸となって露出した表面に溶融状態で塗布された湿気硬化型ホットメルト接着剤21によって接着された天然皮革31からなる表皮材10。

    表皮材とその製造方法

  3. 【課題】凹凸の差が小さい模様であり、かつ見る角度によって見え方が変化する模様14を皮革10の表面に付けることを特徴とする。【解決手段】皮革10の表面に対して、地となるべき面11とそれに付けるべき柄模様部若しくは縞模様部12,13とのそれぞれに対して、細くて平行な凸部31と凹溝32とが交互に現われる凹凸面であって、地となる面と柄模様部若しくは縞模様部とで互いに傾き角度が...

    皮革若しくは人工皮革の模様付け方法及びそれを用いて模様付けした皮革若しくは人工皮革

  4. 【課題・解決手段】[課題]革が、6価クロム還元化合物で処理された革であるかを検査するための検査液および検査方法を提供すること。いいかえると、クロムなめし後の革に含有される3価クロムが6価に変化しないように処理が行われているかを検出するための6価クロム還元性検査液および検査方法を提供すること。[解決手段]本発明の検査液は、革が、6価のクロムを3価のクロムに還元し得る6価...

  5. 【課題・解決手段】[課題]革の製造過程において、外観を変化させずに6価クロム処理剤により革を処理できる爬虫類の革の製造方法を提供すること。[解決手段]本発明の爬虫類の革の製造方法は、爬虫類の皮に対してクロムなめしを行って革を得るクロムなめし工程と、クロムなめしされた革に対して染色および加脂を同時に行う染色加脂工程と、染色および加脂された革に対して仕上げを行う仕上げ工程...

原皮,裸皮,生皮,なめし革 ページ上部に戻る

その他の分野

原皮,裸皮,生皮,なめし革』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。