糖工業 に関する技術一覧

「糖工業」に関する技術の関連情報です。 「糖工業」 の関連技術、「切断ミル,寸断刃,パルプ圧搾機」「糖汁の採取または清浄」 など、その他「糖工業」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「糖工業」の分野ページはこちら

糖工業に所属する技術動向

糖工業の分野に属する技術の状況としては、2016年に42件、2017年に56件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、糖工業の分野においては特に近年糖製造用切断機,糖製造用の切断,選別および包装機を兼備したものの分野における動向が活発であり、他にも切断ミル,寸断刃,パルプ圧搾機や 糖蜜から糖の抽出といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や本田技研工業株式会社、トヨタ自動車株式会社が豊富な実績を残しており、 国立大学法人北海道大学などは、 健康,娯楽や器械といった分野も含め、 昭和電工株式会社や日本甜菜製糖株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

糖工業』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 リグノセルロース系バイオマスを原料として効率よく糖類を製造するための方法を提供する。【解決手段】 原料を加圧熱水で処理する熱水処理工程、その熱水処理物を機械的粉砕処理する機械的粉砕処理工程及びその機械的粉砕物を酵素で糖化処理する糖化処理工程を含む処理方法である。

    リグノセルロース系バイオマス処理方法

  2. 【課題】加圧熱水の温度と圧力の制御のみで植物系バイオマスから高速かつ効率良く各種生成物を目的別に分解する。【解決手段】粉砕された植物系バイオマスをリアクタ1に装入し閉じる。水タンク7から高圧ポンプ6で水を加圧し、ヒーターである熱交換器4で加熱される。加熱された加圧熱水は、リアクタ1内の植物系バイオマスを分解して流出し、原料切換連動弁10、及び連動切替弁11に流れ、連動...

    • 公開日:2002/02/26
    • 出願人: 林信行 、...
    • 発明者: 林信行 、...
    • 公開番号:2002-059118号

    植物系バイオマスの加圧熱水分解方法とそのシステム

  3. 【課題】 廃建材などのリグノセルロース含有原料を用いて安価に効率よくエタノール発酵可能な糖液を得るリグノセルロースの前処理方法及びエタノール製造方法の提供。【解決手段】 リグノセルロース含有原料を、希硫酸中、140〜220℃、3〜20分間加水分解処理した後、該加水分解物を一次糖液と固形物に固液分離し、分離した固形物に対し、乾物換算で消石灰を0.5〜20質量%添加し...

    リグノセルロースの前処理方法及びエタノール製造方法

  4. 【課題・解決手段】得られる精製無水糖アルコールが、純度が少なくとも99.8%でありそして実質的に無色である、精製された無水糖アルコールの製造方法が開示される。無水糖アルコールを蒸留、メタノール、エタノール又はエチレングリコールからの再結晶、融解再結晶、又はそれらの組み合わせによって精製する。精製は、蒸留とそれに続くメタノール、エタノール又はエチレングリコールからの再結...

    無水糖アルコールの精製方法及び精製製品

  5. 【解決手段】ダイフラクトース アンハイドライドIII(DFA III)を有効成分とするカルシウム吸収亢進組成物。【効果】DFA IIIは天然由来物であるため安全性には問題がなく、安全にカルシウムの吸収を亢進させることができ、他のオリゴ糖を併用すると更に効果が高まる。

    カルシウム吸収亢進組成物

新着の技術

糖工業』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】バイオマスを処理する方法およびシステムの提供。【解決手段】バイオマスをイオン液体(IL)と混合してバイオマスを膨潤させることと、前記バイオマスを電磁(EM)加熱する、好ましくは高周波(RF)加熱または赤外線(IR)加熱することとを含むシステムおよび方法。さらに、バイオマスの酸分解の方法であって、バイオマスをイオン液体(IL)中で混合してバイオマスを膨潤させるこ...

    バイオマス基剤の処理のための方法および装置

  2. 【課題・解決手段】セルロース系またはリグノセルロース系バイオマスから糖の加水分解後に生成されるリグニン残渣から活性炭を製造するための方法、システム、及び組成物を提供する。該活性炭は、灰分及びイオウが少なく、酸素含量及びヨウ素価が高い。

    前処理されたバイオマス由来の特殊活性炭

  3. 【課題】加水分解後の反応液からの分離が容易な加水分解触媒を提供する。【解決手段】炭素原子が六角形に結合した炭素骨格が平面状に連結することで構成されたグラフェンシートを有し、当該グラフェンシートが2層以上5層以下で積層され、前記グラフェンシートには、カルボキシル基及びスルホン酸基のうちの少なくとも一方の官能基が結合し、透過型電子顕微鏡で撮影された写真における最も短い部分...

    加水分解触媒、並びに、その製造方法、その使用方法、及び、それを用いた糖含有液の製造装置

  4. 【課題・解決手段】乳化能に優れるα,α−トレハロース二含水結晶含有粉末を提供することを課題とし、α,α−トレハロースと、マルトース及び/又はマルトトリオースとを含有する粒子から成るα,α−トレハロース二含水結晶含有粉末であって、α,α−トレハロースを無水物換算で70質量%以上90質量%以下含有し、マルトース及び/又はマルトトリオースを無水物換算で合計3質量%以上含有し...

    α,α−トレハロース二含水結晶含有粉末とその製造方法並びに用途

  5. 【課題・解決手段】少なくともキシロビオースを含むキシロオリゴ糖、ならびにグルコースおよびキシロースを含有する糖液を分画分子量300〜1,000の範囲のポリアミド製分離膜に通じて濾過し、非透過側にキシロオリゴ糖を選択的に濃縮する、キシロオリゴ糖組成物の製造方法。

糖工業 ページ上部に戻る

その他の分野

糖工業』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。