糖工業 に関する技術一覧

「糖工業」に関する技術の関連情報です。 「糖工業」 の関連技術、「切断ミル,寸断刃,パルプ圧搾機」「糖汁の採取または清浄」 など、その他「糖工業」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「糖工業」の分野ページはこちら

糖工業に所属する技術動向

糖工業の分野に属する技術の状況としては、2015年に53件、2016年に41件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、糖工業の分野においては特に近年糖製造用切断機,糖製造用の切断,選別および包装機を兼備したものの分野における動向が活発であり、他にも切断ミル,寸断刃,パルプ圧搾機や 糖蜜から糖の抽出といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社やトヨタ自動車株式会社、本田技研工業株式会社が豊富な実績を残しており、 国立大学法人北海道大学などは、 健康,娯楽や器械といった分野も含め、 昭和電工株式会社や日本甜菜製糖株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

糖工業』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 リグノセルロース系バイオマスを原料として効率よく糖類を製造するための方法を提供する。【解決手段】 原料を加圧熱水で処理する熱水処理工程、その熱水処理物を機械的粉砕処理する機械的粉砕処理工程及びその機械的粉砕物を酵素で糖化処理する糖化処理工程を含む処理方法である。

    リグノセルロース系バイオマス処理方法

  2. 【課題】加圧熱水の温度と圧力の制御のみで植物系バイオマスから高速かつ効率良く各種生成物を目的別に分解する。【解決手段】粉砕された植物系バイオマスをリアクタ1に装入し閉じる。水タンク7から高圧ポンプ6で水を加圧し、ヒーターである熱交換器4で加熱される。加熱された加圧熱水は、リアクタ1内の植物系バイオマスを分解して流出し、原料切換連動弁10、及び連動切替弁11に流れ、連動...

    • 公開日:2002/02/26
    • 出願人: 林信行 、...
    • 発明者: 林信行 、...
    • 公開番号:2002-059118号

    植物系バイオマスの加圧熱水分解方法とそのシステム

  3. 【課題】 廃建材などのリグノセルロース含有原料を用いて安価に効率よくエタノール発酵可能な糖液を得るリグノセルロースの前処理方法及びエタノール製造方法の提供。【解決手段】 リグノセルロース含有原料を、希硫酸中、140〜220℃、3〜20分間加水分解処理した後、該加水分解物を一次糖液と固形物に固液分離し、分離した固形物に対し、乾物換算で消石灰を0.5〜20質量%添加し...

    リグノセルロースの前処理方法及びエタノール製造方法

  4. 【課題・解決手段】得られる精製無水糖アルコールが、純度が少なくとも99.8%でありそして実質的に無色である、精製された無水糖アルコールの製造方法が開示される。無水糖アルコールを蒸留、メタノール、エタノール又はエチレングリコールからの再結晶、融解再結晶、又はそれらの組み合わせによって精製する。精製は、蒸留とそれに続くメタノール、エタノール又はエチレングリコールからの再結...

    無水糖アルコールの精製方法及び精製製品

  5. 【解決手段】ダイフラクトース アンハイドライドIII(DFA III)を有効成分とするカルシウム吸収亢進組成物。【効果】DFA IIIは天然由来物であるため安全性には問題がなく、安全にカルシウムの吸収を亢進させることができ、他のオリゴ糖を併用すると更に効果が高まる。

    カルシウム吸収亢進組成物

新着の技術

糖工業』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】界面活性剤を利用して改良したリグノセルロースの同時糖化発酵方法を提供する。該方法は、界面活性剤、セルラーゼおよび出芽酵母を用い、解毒していないセルロース基質の同時糖化発酵を行うことを含む。該方法により、エタノールの生産効率が上昇した。

    界面活性剤を利用して改良したリグノセルロースの同時糖化発酵方法

  2. 【課題】セルロースまたはリグノセルロース原料などの材料を糖化または液化するための加工方法の提供。【解決手段】セルロース又はリグノセルロースのバイオマス原料及び液状媒体を含有するように構成されたタンク136と;固体源と連通する固体注入口130と、液体源と連通する流体注入口と、及び出口137と、を有する分散システム134であって、分散システム134は、前記液体媒体中の前記...

    原料の分散および材料の加工方法

  3. 【課題・解決手段】本組成物および本方法は、グロメレラ・グラミニコラ(Glomerella graminicola)由来のベータ−グルコシダーゼ、そのベータ−グルコシダーゼをコードするポリヌクレオチド、ならびに、その作製方法および/またはその使用に関する。ベータ−グルコシダーゼを含む製剤は、リグノセルロース系バイオマス基質の加水分解での使用に好適であり得る。

    ベータ−グルコシダーゼに関連する組成物および方法

  4. 【課題・解決手段】キシロース(例えば、D−キシロースまたはL−キシロースおよびグルコースなどの別の甘味料)を含む製品が本明細書で記載される。例示的な製品としては、化粧品、口腔ケア製品、治療製品、栄養補助食品、診断品、飲料、動物用食品、およびヒト用食品が挙げられる。バイオマスからキシロース含有製品を製造する方法が提供される。

  5. 【課題】大豆植物体からピニトールを抽出する工程において、夾雑する糖質類を簡便な操作により除去することで、容易かつ低コストでピニトールもしくは高純度のピニトールまたはピニトール含有組成物を製造する。【解決手段】(1)大豆植物体を原料とし、当該植物体に含有するスクロースをグルコースとフルクトースに加水分解する工程(2)前記工程(1)に次いで、炭酸飽充により還元糖を分解する...

    大豆植物体からのピニトールの抽出及びピニトール含有組成物の製造方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

  • 太陽光発電・太陽電池・人工光合成

    2015年4月30日、米国の電気自動車ベンチャーTesla Motors社や宇宙開発ベンチャーSpa…

ページトップへ

糖工業 ページ上部に戻る

その他の分野

糖工業』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。