低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成 に関する技術一覧

「低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成」に関する技術の関連情報です。 「低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成」 の関連技術、「アルコール飲料の低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄または熟成」 など、その他「低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成」の分野ページはこちら

低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成に所属する技術動向

低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成の分野に属する技術の状況としては、2017年に22件、2018年に13件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成の分野においては特に近年アルコール飲料の低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄または熟成の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては学校法人日本医科大学やサントリーホールディングス株式会社、花王株式会社が豊富な実績を残しており、 サッポロホールディングス株式会社などは、 医薬用,歯科用又は化粧用製剤や化合物または医薬組成物の治療活性といった分野も含め、 株式会社日立製作所や水澤化学工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】液状食品を加熱・密封包装(熱充填食品の場合)あるいは充填後加熱(調理)殺菌処理(レトルト食品などの場合)中に、内容物が酸化されて内容物の香気成分が加熱時に変質することを防止すると同時に、常温で長期間にわたり内容物が変質せずに保たれることが可能な液状加工食品を提供すること。【解決手段】包装構成の一部が、外側から、酸素バリア性外層、脱酸素層およびポリオレフィン層の...

    液状加工食品

  2. 【課題】超臨界または亜臨界状態の液体二酸化炭素を用いた液状原料の連続処理方法及び装置において、小型の処理槽でも高い殺菌効率や酵素失活効率が得られるようにする。【解決手段】連続的に供給される液状原料に液体二酸化炭素を溶解させるための溶解槽101、液体二酸化炭素を溶解させた液状原料を一定時間保持することにより液体二酸化炭素を液状原料中の酵素や細菌等に浸透させるための溶解槽...

    液状物質の連続処理方法、連続処理装置及びそれらにより処理された液状物質

  3. 【課題】プリン体化合物が低減化された発酵麦芽飲料、及びその製造方法を提供すること、より詳しくは、ビールもしくは発泡酒等の発酵麦芽飲料の製造において、プリン体化合物を選択的に、且つ効率的、効果的に除去する方法、及び該方法によって製造されるプリン体化合物が低減化された発酵麦芽飲料を提供すること。【解決手段】ビールや発泡酒等の発酵麦芽飲料の製造工程において、麦汁中のプリン体...

    発酵麦芽飲料の製造方法

  4. 【課題】香味耐久性に優れた麦芽アルコール飲料の製造方法を提供する。【解決手段】5−HMF(5−ヒドロキシメチルフルフラール)は、従来よりビール製品などの老化の指標物質として利用されてきたが、本願ではこの5−HMFが製造工程において老化、すなわち、香味耐久性の程度を測定することができる物質であることを見出した。すなわち、この5−HMFの含有量はビール等の抗酸化的な製造に...

    麦芽アルコール飲料の製造方法及び製造工程管理方法

  5. 【課題】ポリフェノールを含む液体からポリフェノールを効率よく取り除くために、効果的な除去方法を提供する。【解決手段】ポリフェノールを含む液体にラッカーゼ酵素活性を有する物質とポリビニルポリピロリドン(PVPP)を併用することによって、ラッカーゼ酵素活性を有する物質でフェノール物質をポリビニルポリピロリドンに吸着されやすい大きさに重合させてからポリビニルポリピロリドンに...

新着の技術

低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】さのうの破粒の発生が低減されたさのう入りアルコール飲料、さのう入りアルコール飲料ベース、さのう入りアルコール飲料の製造方法、さのう入りアルコール飲料ベースの製造方法、及び、さのう破粒低減方法を提供することを課題とする。【解決手段】本発明に係るさのう入りアルコール飲料は、アルコール度数が1.0〜10.0v/v%であり、さのうと安定剤とを含有する。本発明に係るさの...

    さのう入りアルコール飲料、さのう入りアルコール飲料ベース、さのう入りアルコール飲料の製造方法、さのう入りアルコール飲料ベースの製造方法、及び、さのう破粒低減方法

  2. 【課題・解決手段】本明細書では、食品および飲料製品ならびに場合により他の材料のためのパスカリゼーション工程の機能を開示する。工程は、未処理製品を投入することと、加圧された製品をもたらすために未処理製品を第1の圧力に加圧することと、加圧された製品を所定の保持時間にわたって第1の圧力で保持することと、処理済製品をもたらすために、加圧された製品を第2の圧力に減圧することとを...

    食品および飲料製品の連続高圧処理法

  3. 【課題】清酒(日本酒)等の酒類の製造における加熱処理方法として、交流高電界殺菌法に倣って、交流高電圧を原酒に印加することによって、殺菌と酵素の失活を行うようにし、加熱保持温度までの昇温時間を短縮し、さらに適切な条件設定によって、品質劣化の少ない製品酒類が得られるようにする。【解決手段】酒類の原酒を、電極間の流路内を連続的に通過させながら、電極間距離1mmあたり30〜2...

    酒類の連続加熱処理方法

  4. 【課題】きめ細かくクリーミーであって、消失し難い泡を極めて短時間で発生させることのできる発泡性飲料泡立て装置を提供する。【解決手段】容器に注がれた発泡性飲料を泡立てるために用いられる発泡性飲料泡立て装置は、シャフト部と、シャフト部の軸方向一端部に連続し、超音波振動子が設けられてなる超音波発振部と、超音波振動子から所定の周波数で超音波を発振させるために当該超音波振動子の...

    発泡性飲料泡立て装置

  5. 【課題・解決手段】本発明は、典型的な熟成した蒸留酒の知覚特性を有するアルコール飲料に関する。本発明のアルコール飲料の製造方法は、ある割合の木材チップを蒸留酒に導入するステップと、木材チップと蒸留酒とを相互作用させるように圧力をかけるステップと、を含む。

    アルコール飲料およびその製造方法

低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成の詳細カテゴリ一覧

低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

低温殺菌,殺菌,保存,精製,清澄,熟成 ページ上部に戻る