ビール醸造 に関する技術一覧

「ビール醸造」に関する技術の関連情報です。 「ビール醸造」 の関連技術、「麦芽の調製」「ビール発酵方法」 など、その他「ビール醸造」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ビール醸造」の分野ページはこちら

ビール醸造に所属する技術動向

ビール醸造の分野に属する技術の状況としては、2016年に66件、2017年に84件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ビール醸造の分野においては特に近年ホップの処理の分野における動向が活発であり、他にも麦芽の調製や ビール醸造装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはアサヒビール株式会社やサントリーホールディングス株式会社、麒麟麦酒株式会社が豊富な実績を残しており、 アサヒビール株式会社などは、 物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ,付属品,閉蓋具,またはその取付け,包装要素,包装体や他に分類されない液体の分与,配達,または移送といった分野も含め、 株式会社ダイキンアプライドシステムズや株式会社神鋼環境ソリューションといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ビール醸造』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】工業用酵母、特に醸造用酵母の全ゲノム塩基配列データベースを作製し、目的とする醸造特性に関わる遺伝子を選択する方法を提供する。また該遺伝子が関わる醸造特性を発揮する酵母を育種する方法並びにこの酵母を用いて生産性や品質を向上させたアルコール又は酒類を製造する方法を提供する。【解決手段】(イ)工業用酵母の全ゲノム塩基配列を解析し、(ロ)該ゲノム塩基配列をS.cere...

    醸造用酵母遺伝子のスクリーニング法

  2. 【課題】リジング特性に優れた高加工性フェライト系ステンレス鋼薄板およびその製造方法を提供する。【解決手段】重量%で、C:0.0005〜0.025%、Cr:10〜25%、Ti:0.015〜0.08%、N:0.0010〜0.025%、Mg:0.0005〜0.01%を含有し、残部が不可避的不純物及びFeからなり、鋼板断面に最大径が0.01〜5μmであるMgを含有する酸化物粒...

    リジング特性に優れた高加工性フェライト系ステンレス鋼薄板及びその製造方法

  3. 【課題】発泡性および泡保持性を有する炭酸ガス含有アルコール飲料であって、果実やハーブの風味を生かした、酸味や甘味のバランスを崩さず清涼感を有するアルコール飲料を提供する。【解決手段】(1)ホップを含む穀類発酵液 (A)(2)糖類、果汁、酸味料および香料を少なくとも含有する香味成分 (B)(3)起泡剤または起泡剤と泡保持剤 ...

  4. 【課題】アルコール性飲料、具体的にはビールタイプの飲料の製造法の提供。【解決手段】適当なタンパク質組成物及びグルコースシロップを別々に調製し、これらの混合物をホップ又はホップエキス及び酵母と一緒に直接発酵する。この方法は経済的であり、迅速で確実性があり、一定の品質を有する味のよいビールタイプ飲料が得られる。前記方法は、通常のビール製造方法と比べて製麦段階(麦芽製造工程...

  5. 【課題】保健機能を具備する原料(例えば、漢方材料)の成分の優れた健康効果が得られ、その味や風味等のバランスがとれた醸造酒の製造方法および醸造酒を提供することにある。【解決手段】麦芽を主原料とする醸造酒の製造方法であって、保健機能を具備する原料から抽出物を得る抽出工程が含まれる。好ましくは、抽出工程がアルコール抽出又は煮沸の少なくとも一つにより行われる。また、原料混合か...

    醸造酒の製造方法及び醸造酒

新着の技術

ビール醸造』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本明細書では、グルコシル化テルペングリコシド(GTG)の味覚プロファイルの改善方法であって、a)麦芽穀物を水中でグルコシル化テルペングリコシドと混合して、GTG穀物混合物を形成すること、ここで前記穀物はアミラーゼを含む;b)前記混合物の温度を、前記アミラーゼを活性化するのに十分な温度に、グリコシル化されたステビオールグリコシドを含む混合物を形成するの...

    グルコシル化テルペングリコシド

  2. 【課題】 プリン体濃度が低減されつつも、ビールらしさや味の厚みが実現されたビールテイスト発酵アルコール飲料の提供。【解決手段】 プリン体濃度が低減されたビールテイスト発酵アルコール飲料であって、飲料中のオリジナルエキス濃度に対する飲料中の分子量20〜100kDa(HPLCゲル濾過法)のペプチド濃度の比率が所定値の範囲内である、ビールテイスト発酵アルコール飲料が提供...

    ビールテイスト発酵アルコール飲料およびその製造方法

  3. 【課題】 プリン体濃度が低減されつつも、ビールらしさや味の厚みが実現されたビールテイスト発酵アルコール飲料の提供。【解決手段】 プリン体濃度が低減されたビールテイスト発酵アルコール飲料であって、飲料中の分子量20〜100kDa(HPLCゲル濾過法)のペプチド濃度が所定値の範囲内である、ビールテイスト発酵アルコール飲料が提供される。本発明の飲料は麦芽および/または未...

    ビールテイスト発酵アルコール飲料およびその製造方法

  4. 【課題】飲食物が有する本来の風味を損なうことなく、苦味を抑制することができる苦味抑制剤を提供する。【解決手段】本発明に係る苦味抑制剤は、イソブチルアンゲレートを有効成分として含有し、リモニン、ノミリン、カフェイン、テオブロミン、カテキン、クロロゲン酸、カカオポリフェノール、フムロン、イソフムロンおよびナリンギンからなる群より選択される少なくとも1種の苦味成分に由来する...

  5. 【課題】香りの中でも特にフローラルな香り及び柑橘的な香りに優れる飲料を提供すること。【解決手段】ゲラニルアセテートと、β‐カリオフィレンとを含有し、ゲラニルアセテートの含有量が1.5μg/L以上であり、β‐カリオフィレンの含有量が0.2μg/L以上である、飲料。

ビール醸造 ページ上部に戻る