生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学 に関する技術一覧

「生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学」に関する技術の関連情報です。 「生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学」 の関連技術、「ビール醸造」「発酵液の副産物の採取,アルコールの変性または変性アルコール」 など、その他「生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学」の分野ページはこちら

生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学に所属する技術動向

生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学の分野に属する技術の状況としては、2016年に6,509件、2017年に7,848件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学の分野においては特に近年ピッチ塗りまたはピッチ除去装置,貯蔵室の道具類の分野における動向が活発であり、他にも発酵液の副産物の採取,アルコールの変性または変性アルコールや 酢,その調製といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては独立行政法人産業技術総合研究所やジェネンテック,インコーポレイティド、エフ.ホフマン−ラロシュアーゲーが豊富な実績を残しており、 独立行政法人産業技術総合研究所などは、 基本的電気素子や器械といった分野も含め、 東洋紡株式会社や独立行政法人科学技術振興機構といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】検体中の核酸を固相表面に吸着させた後、洗浄等を経て脱着させて核酸を分離精製する方法に使用する、分離性能に優れ、洗浄効率が良く、加工が容易であり、実質的に同一の分離性能を有する物を大量に生産可能である固相を使用した核酸の分離精製方法、及びその方法を実施するのに適した核酸分離精製ユニットを提供する。【解決手段】表面に水酸基を有する有機高分子から成る固相に核酸を吸着...

    核酸の分離精製方法

  2. 【課題】優れたリパーゼ阻害活性を示し、かつ安全性の高いリパーゼ阻害剤を提供すること。【解決手段】特定の植物又はその抽出物を1種以上含有するリパーゼ阻害剤、並びに脂質吸収阻害剤、抗肥満剤、高脂血症改善剤、ニキビ用皮膚改善剤化粧料及び飲食品。

  3. 【課題】決められたプロトコルを個人差なく容易に達成することができ、使い捨ても可能であり、ウイルスや劇薬に対して安全な構造の化学反応用カートリッジを実現する。【解決手段】試料の化学的な反応を行うために用いられるカートリッジであって、 剛性体の基板と弾性体で形成された容器から構成され、前記容器内には、流路で連結または連結可能に配置された2つ以上の室が形成され、前記容器外...

    化学反応用カートリッジおよびその作製方法および化学反応用カートリッジ駆動システム

  4. 【課題】リパーゼ作用の活性阻害機能を有し、連用しても副作用の恐れがない、効果的で安全性の高いリパーゼ阻害剤を提供すること。【解決手段】紅景天等の特定の植物を含有するリパーゼ阻害剤。本発明のリパーゼ阻害剤は全性が高く、抗肥満剤、高脂血症改善剤、ニキビ用皮膚改善剤として有用であり、また、食品、医薬および化粧料として用いることができる。

  5. 【課題】工業用酵母、特に醸造用酵母の全ゲノム塩基配列データベースを作製し、目的とする醸造特性に関わる遺伝子を選択する方法を提供する。また該遺伝子が関わる醸造特性を発揮する酵母を育種する方法並びにこの酵母を用いて生産性や品質を向上させたアルコール又は酒類を製造する方法を提供する。【解決手段】(イ)工業用酵母の全ゲノム塩基配列を解析し、(ロ)該ゲノム塩基配列をS.cere...

    醸造用酵母遺伝子のスクリーニング法

新着の技術

生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】データ作成方法は、所定の波長の光の焦点を所定の焦点面上の1つの座標に配置して、該座標に位置する試料に光からなる励起光を照射することによって、試料由来の自家蛍光を取得して、自家蛍光の強度データ及び/又はスペクトルデータを含む自家蛍光データを生成する自家蛍光データ生成ステップと、所定の焦点面上の1つの座標に照射光を照射することによって、試料が散乱させた反...

    データ作成方法及びデータ使用方法

  2. 【課題】低いpHであっても充分にウイルス不活性化作用を示すウイルス不活性化剤を提供する。【解決手段】エタノールと、酸剤とを含むウイルス不活性化剤であって、上記酸剤は、クエン酸、酒石酸、及び、リン酸からなる群から選択される少なくとも2種の酸であり、上記ウイルス不活性化剤のpHは、1.0〜6.0であることを特徴とするウイルス不活性化剤。

  3. 【課題・解決手段】培養乳製品中に存在するガス産生大腸菌群を計数する方法が提供される。本方法は、既定量の乳製品及び既定容量の希釈剤を含む混合物を形成することと、この混合物を薄膜培養デバイスに接種して、大腸菌群を増殖させるための栄養培地、有効濃度のラクトース、及び有効濃度のMOPSを含むヒドロゲルを形成することと、大腸菌群の増殖を促進する条件下で接種済み薄膜培養デバイスを...

    大腸菌コロニーの計数方法

  4. 【課題・解決手段】非ヒト実験動物から得られた血清試料中または血漿試料中の二価抗体の量を測定するための方法であって、該抗体が、SEQ ID NO: 01、02、または03の配列を有している対応する野生型Fc領域と比べてFc領域中に1つまたは複数の変異を含み、該方法が以下の段階を含む、方法が、本明細書において報告される:(a)該抗体の抗原の複数のコピーが共有結合的にコンジ...

    Fc領域改変抗体を測定するためのイムノアッセイ法

  5. 【課題】本発明は、メチオニンアデノシントランスフェラーゼ(MAT)の生物学的活性を測定するための方法および試薬キットを開示した。【解決手段】試料と試薬を一定割合で混合することにより、MAT触媒酵素反応が起こり、この反応とその生成物S−アデノシルメチオニン(SAM)の測定のための競合酵素結合免疫吸着アッセイと、段階的にまたは同時に実施することができる。特定のスペクトルに...

    メチオニンアデノシルトランスフェラーゼ(MAT)の生物活性測定の方法及び試薬キット

生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。