本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物 に関する技術一覧

「本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物」に関する技術の関連情報です。 「本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物」 の関連技術、「無機化合物」「有機化合物」 など、その他「本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物」の分野ページはこちら

本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物に所属する技術動向

本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物の分野に属する技術の状況としては、2017年に207件、2018年に165件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物の分野においては特に近年非表面活性化合物の混合物の分野における動向が活発であり、他にも漂白剤や 無機化合物といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては花王株式会社やハネウェル・インターナショナル・インコーポレイテッド、ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニーが豊富な実績を残しており、 通商産業省基礎産業局長などは、 組成に特徴を持つ成形セラミック製品,セラミック組成や半導体装置または固体装置またはそれらの部品の製造または処理に適用される方法または装置といった分野も含め、 公益財団法人地球環境産業技術研究機構や関東電化工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】開示されるものは、非常に好ましい、そして予期しないほど優れた特性の組合せを保有する熱伝達流体を含む広い範囲の適用において有用な組成物、並びにこれらの流体に基づく熱伝達系及び方法である。好ましい熱伝達流体は、重量基準で約1乃至約40パーセントの二酸化炭素(CO2)及び重量基準で約99乃至約60パーセントの、式I:XCFzR3−z(I)(ここで、XはC2...

    テトラフルオロプロペン及び二酸化炭素を含んでなる組成物

  2. 【課題】配線材料に対する腐食が少なく、且つ微小粒子や金属不純物が付着した半導体用基板又は半導体素子の洗浄性に優れる洗浄剤組成物を提供すること。【解決手段】還元剤を含有してなり、酸化還元電位(25℃)が+0.2V以下であり、pH(25℃)が3〜12である洗浄剤組成物、及び該洗浄剤組成物を用いる半導体用基板又は半導体素子の洗浄方法。

  3. 【課題・解決手段】冷却装置におけるペンタフルオロプロペン(HFO−1225)およびテトラフルオロプロペン(HFO−1234)の使用が開示される。これらの材料は一般に、加熱および冷却用の冷媒、発泡剤、エアゾール噴射剤、溶剤組成物、並びに消火剤および鎮火剤として有用である。

  4. 【課題】長時間保湿効果が継続する保湿性植物成分を含有し、皮膚に対しては乾燥、肌荒れ、ヒビ、アカギレ、フケ、カユミ、炎症性疾患の予防、軽減又は改善に、また毛髪に対しては、乾燥、パサツキ、枝毛、切れ毛、光沢付与等に奏効する化粧料、浴用剤、洗剤組成物を提供する。【解決手段】アルピニア・カツマダイ、アオキ、アオギリ、イチイ、イワヒバ、オオグルマ、オカゼリ、オニドコロ、タチドコ...

    保湿性植物抽出物を含有する化粧料組成物

  5. 【課題】変質したレジスト膜であっても低温(室温)で短時間に剥離できるとともに、腐食され易い基板や周辺装置を腐食することがなく、しかも中性で安全な上に排気処理や廃液処理が容易にできるレジスト用剥離液組成物を提供すること。【解決手段】(a)フッ化水素酸と金属を含まない塩基との塩、(b)水溶性有機溶媒及び(c)水を含有し、さらに必要に応じて防食剤を含有し、水素イオン濃度(p...

新着の技術

本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 水と溶剤とを容易に分離可能とするとともに排水処理を不要とし、更に洗浄溶剤の消耗を低く抑えることができる洗浄方法を得る。【解決手段】 洗浄槽1,31内に、フッ素系溶剤、塩素系溶剤、又はフッ素系溶剤と塩素系溶剤との混合溶剤から成るとともに水13,33より比重が大きいとともに加水分解が困難な洗浄溶剤12,32と水13,33とを収納する。これにより、洗浄溶剤12...

    被洗浄物の脱脂及び溶剤除去洗浄方法

  2. 【課題・解決手段】膜上のバイオフィルム成長及び鉱質堆積物の除去のためのペルオキシギ酸組成物が開示される。具体的には、ペルオキシギ酸組成物は、バイオフィルムの低減及び防止ならびに膜上の鉱物蓄積の軽減のために、インサイチュでまたはその場で生成される。本発明による組成物は、使用適用条件下で膜と適合する。

    膜濾過浄化のためのペルオキシギ酸組成物

  3. 【課題・解決手段】酵素的に生成されたα−グルカンオリゴマー/ポリマー組成物が提供される。酵素的に生成されたα−グルカンオリゴマー/ポリマーは、α−グルカンエーテル化合物に誘導体化することができる。α−グルカンオリゴマー/ポリマー組成物および対応するα−グルカンエーテルは、セルロースおよび/またはプロテアーゼ耐性であり、それらを織物ケアおよび洗濯ケア用途において使用する...

  4. 【課題・解決手段】本明細書中で開示されるのは、パエニバチルス(Paenibacillus)属種由来のマンナナーゼ、当該マンナナーゼをコードするポリヌクレオチド、当該マンナナーゼを含有する組成物、及びそれらの使用方法である。マンナナーゼを含有する組成物は、洗剤としての使用に、布地及び硬い表面の洗浄に、そして種々の他の産業用途において、適している。

    パエニバチルス(Paenibacillus)属種マンナナーゼ

  5. 【課題】色素が配合された発泡性の義歯洗浄剤であって、炭酸化合物の分解が抑制された製剤安定性を有する義歯洗浄剤を提供する。【解決手段】色素と、炭酸塩、炭酸水素塩、及び炭酸水素塩と炭酸塩の複塩よりなる群から選択される少なくとも1種と、酸と、酸化マグネシウムとを含む義歯洗浄剤は、保存時における炭酸化合物の分解が抑制され、優れた製剤安定性を有している。

本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物の詳細カテゴリ一覧

本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

本質的に非表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物 ページ上部に戻る