脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸 に関する技術一覧

「脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸」に関する技術の関連情報です。 「脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸」 の関連技術、「脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸の製造,脂肪酸の精製」「脂肪,脂肪油,またはそれから得られる脂肪酸の化学的変性による脂肪,脂肪油,または脂肪酸」 など、その他「脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸」の分野ページはこちら

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸に所属する技術動向

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸の分野に属する技術の状況としては、2016年に66件、2017年に60件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸の分野においては特に近年ろうそくの分野における動向が活発であり、他にも脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸の製造,脂肪酸の精製や 脂肪,脂肪油,またはそれから得られる脂肪酸の化学的変性による脂肪,脂肪油,または脂肪酸といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては花王株式会社や日清オイリオグループ株式会社、株式会社ADEKAが豊富な実績を残しており、 公益財団法人地球環境産業技術研究機構などは、 化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学,それらの関連装置や非環式化合物または炭素環式化合物といった分野も含め、 株式会社日本触媒やルネサスエレクトロニクス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ヒト又は動物の、内臓脂肪低減及び内臓脂肪蓄積抑制、脂質代謝異常の予防又は改善、糖代謝異常の予防又は改善、癌の予防又は治療効果のある新規なペルオキシゾーム活性化剤応答性受容体アゴニストを提供する。【解決手段】ペルオキシゾーム活性化剤応答性受容体アゴニストは、分子内に共役トリエン構造(−CH=CH−CH=CH−CH=CH−)又は共役テトラエン構造(−CH=CH−C...

  2. 【解決手段】構成脂肪酸の15〜90重量%が炭素数20未満のω3系不飽和脂肪酸、シス型ω3系不飽和脂肪酸/(シス型ω6系不飽和脂肪酸+飽和脂肪酸+トランス型不飽和脂肪酸)の重量比が1〜6であるジグリセリドを60〜100重量%含有する油脂組成物。【効果】内臓脂肪燃焼性、体脂肪燃焼性、自動酸化安定性に優れる。

  3. 【課題】アルカリを触媒として油脂をアルコールとエステル交換反応させて、精製された脂肪酸アルキルエステルとグリセリンを簡単な設備で効率よく製造する方法を提供すること。【解決手段】油脂とアルコールとをエステル交換反応させて脂肪酸アルキルエステル及びグリセリンを製造する方法において、油脂に含水率1重量%以下のアルカリ含有アルコール溶液を添加し、反応温度10〜65℃でエステル...

  4. 【課題】 特殊な装置を使用することなく、独特の風味を有し、可塑性油脂原料として使用することが難しかったパームステアリンを多く含有しながら、風味と口溶けが良好であり、良好な可塑性を有し、更には油脂結晶粗大化による白色化(ファットブルーム)が防止され、長期保管可能である可塑性油脂組成物、該可塑性油脂組成物の製造方法、及び該可塑性油脂組成物を使用して得られる食品を提供する...

  5. 【解決手段】トリグリセリド10.1〜94.9重量%、モノグリセリド0.1〜30重量%及び構成脂肪酸の15〜90重量%が炭素数20未満のω3系不飽和脂肪酸であるジグリセリドを5〜59.9重量%を含有する油脂組成物。【効果】加熱安定性に優れ、体脂肪難蓄積作用、内臓脂肪難蓄積作用、血糖値低下作用、インスリン抵抗性改善作用、レプチン低下作用を有し、医薬用途の他に、糖尿病、肥満...

新着の技術

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明の目的は、乳脂を含有したトランス脂肪酸含量が低い可塑性油脂組成物であって、結晶性が良好で口どけが良く、パン・菓子等のベーカリー製品に使用した場合、十分なジューシー感が得られる、コンパウンドタイプの可塑性油脂組成物を得ることである。【解決手段】可塑性油脂組成物を構成する油脂中に以下の油脂Aを5〜75質量%、油脂Bを5〜95質量%含有する可塑性油脂組成物。油...

  2. 【課題】パーム系油脂を配合した油脂組成物の経時的な硬化を抑制できる硬化抑制剤を提供する。【解決手段】主構成脂肪酸がラウリン酸であるソルビタン脂肪酸エステルを有効成分とするパーム系油脂の硬化抑制剤。

  3. 【課題・解決手段】本開示の実施形態は、栄養調合物中のトリグリセリドを加水分解するための経腸栄養補給デバイスに着目する。デバイスは、チャンバを収容する本体、栄養調合物の供給源と流体カップリングするように構成された入口、および経腸栄養補給チューブと流体カップリングするように構成された出口を含んでいてもよい。デバイスは、ヘッドスペースと、チャンバ内に含有される複数の粒子とを...

    経腸栄養補給デバイスおよび関連する使用の方法

  4. 【課題】簡易に製造が可能であり、動物に対して有益な作用を生じる共役リノール酸の異性体をより多く含有する共役リノール酸を提供する。【解決手段】c9、t11共役リノール酸を含み、全c9、t11共役リノール酸に対する全t10、c12共役リノール酸の質量比が、0.25未満である、共役リノール酸。

    共役リノール酸組成物及びその製造方法

  5. 【課題】従来に無い改良された燃焼芯構造体であって、燃焼芯構造体が有する芯保持部材に審美性を付与することが容易となる燃焼芯構造体を提供する。また、このような燃焼芯構造体を備えるキャンドルを提供する。【解決手段】キャンドルに使用される燃焼芯構造体であって、燃焼剤が収容される容器の底部に少なくとも一部が当接可能な開口縁部、前記開口縁部から上方に立設する周壁部、及び、前記周壁...

    燃焼芯構造体及びこの燃焼芯構造体を備えるキャンドル

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸の詳細カテゴリ一覧

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸 ページ上部に戻る

その他の分野

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。