脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸 に関する技術一覧

「脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸」に関する技術の関連情報です。 「脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸」 の関連技術、「脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸の製造,脂肪酸の精製」「脂肪,脂肪油,またはそれから得られる脂肪酸の化学的変性による脂肪,脂肪油,または脂肪酸」 など、その他「脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸」の分野ページはこちら

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸に所属する技術動向

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸の分野に属する技術の状況としては、2017年に61件、2018年に65件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸の分野においては特に近年ろうそくの分野における動向が活発であり、他にも脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸の製造,脂肪酸の精製や 脂肪,脂肪油,またはそれから得られる脂肪酸の化学的変性による脂肪,脂肪油,または脂肪酸といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては花王株式会社や日清オイリオグループ株式会社、株式会社ADEKAが豊富な実績を残しており、 公益財団法人地球環境産業技術研究機構などは、 化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学,それらの関連装置や非環式化合物または炭素環式化合物といった分野も含め、 株式会社日本触媒やルネサスエレクトロニクス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ヒト又は動物の、内臓脂肪低減及び内臓脂肪蓄積抑制、脂質代謝異常の予防又は改善、糖代謝異常の予防又は改善、癌の予防又は治療効果のある新規なペルオキシゾーム活性化剤応答性受容体アゴニストを提供する。【解決手段】ペルオキシゾーム活性化剤応答性受容体アゴニストは、分子内に共役トリエン構造(−CH=CH−CH=CH−CH=CH−)又は共役テトラエン構造(−CH=CH−C...

  2. 【解決手段】構成脂肪酸の15〜90重量%が炭素数20未満のω3系不飽和脂肪酸、シス型ω3系不飽和脂肪酸/(シス型ω6系不飽和脂肪酸+飽和脂肪酸+トランス型不飽和脂肪酸)の重量比が1〜6であるジグリセリドを60〜100重量%含有する油脂組成物。【効果】内臓脂肪燃焼性、体脂肪燃焼性、自動酸化安定性に優れる。

  3. 【課題】アルカリを触媒として油脂をアルコールとエステル交換反応させて、精製された脂肪酸アルキルエステルとグリセリンを簡単な設備で効率よく製造する方法を提供すること。【解決手段】油脂とアルコールとをエステル交換反応させて脂肪酸アルキルエステル及びグリセリンを製造する方法において、油脂に含水率1重量%以下のアルカリ含有アルコール溶液を添加し、反応温度10〜65℃でエステル...

  4. 【課題】 特殊な装置を使用することなく、独特の風味を有し、可塑性油脂原料として使用することが難しかったパームステアリンを多く含有しながら、風味と口溶けが良好であり、良好な可塑性を有し、更には油脂結晶粗大化による白色化(ファットブルーム)が防止され、長期保管可能である可塑性油脂組成物、該可塑性油脂組成物の製造方法、及び該可塑性油脂組成物を使用して得られる食品を提供する...

  5. 【解決手段】トリグリセリド10.1〜94.9重量%、モノグリセリド0.1〜30重量%及び構成脂肪酸の15〜90重量%が炭素数20未満のω3系不飽和脂肪酸であるジグリセリドを5〜59.9重量%を含有する油脂組成物。【効果】加熱安定性に優れ、体脂肪難蓄積作用、内臓脂肪難蓄積作用、血糖値低下作用、インスリン抵抗性改善作用、レプチン低下作用を有し、医薬用途の他に、糖尿病、肥満...

新着の技術

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、水性成分を含むドライウォーターを簡便に製造することができる、ドライウォーター用粉末油脂組成物を提供することを目的とする。本発明は、次の(a)の条件を満たす粉末状の油脂組成物を含有する、ドライウォーター用粉末油脂組成物である。(a)グリセリンの1位〜3位に炭素数xの脂肪酸残基Xを有する1種以上のXXX型トリグリセリドを含む油脂成分を含有する粉...

    ドライウォーター用粉末油脂組成物

  2. 【課題】油脂中のジアルキルケトンを正確に定量する手段を提供する。【解決手段】油脂の固相抽出物をガスクロマトグラフあるいは液体クロマトグラフに供する。

  3. 【課題】SUS含有油脂からSUSに富む油脂を得る、攪拌晶析と圧搾ロ過による乾式分別法において、晶析後の結晶画分と液体画分の分離性に優れた晶析方法の提供を課題とする。【解決手段】SUS含有量30重量%以上のSUS含有油脂からSUS含有量60重量%以上であるSUSに富む油脂を得る油脂の乾式分別において、該SUS含有油脂の曇り点より0〜2℃高い温度で結晶状のS3成分を該SU...

  4. 【課題】バイオマス等の再生可能なエネルギー源からバイオ燃料を生産する微生物等の細胞および当該細胞によりバイオ燃料を作る方法の提供。【解決手段】アシル-CoAシンターゼ、チオエステラーゼ、およびエステルシンターゼ等の脂肪酸生合成経路の酵素の遺伝子が導入され、同時にアシル-CoAデヒドロゲナーゼ酵素等の遺伝子発現が抑制されるよう改変された遺伝子組み換え細胞。上記細胞を培養...

    脂肪酸誘導体の増強された生産

  5. 【課題】反応速度が向上するヨウ化脂肪酸エチルエステルの製造方法の提供。【解決手段】脂肪酸エステルをリン酸とプロトン付加反応させて、プロトン化された脂肪酸エステルを生成するステップと、プロトン化された脂肪酸エステルをヨウ化アルカリ金属とヨウ化反応させて、ヨウ化脂肪酸エステルを得るステップと、を含むヨウ化脂肪酸エチルエステルの製造方法。

    ヨウ化脂肪酸エチルエステルの製造方法

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸の詳細カテゴリ一覧

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸 ページ上部に戻る

その他の分野

脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。