動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそく に関する技術一覧

「動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそく」に関する技術の関連情報です。 「動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそく」 の関連技術、「脂肪,脂肪性物質,脂肪油またはろうの製造,精製または保存およびそれらの廃棄物からの抽出,精油,香料」「脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸」 など、その他「動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそく」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそく」の分野ページはこちら

動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそくに所属する技術動向

動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそくの分野に属する技術の状況としては、2016年に720件、2017年に913件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそくの分野においては特に近年脂肪,脂肪油またはろうからの脂肪酸,ろうそく,脂肪,脂肪油またはそれから得られる肪脂酸の化学的変成による脂肪,脂肪油または脂肪酸の分野における動向が活発であり、他にも脂肪,脂肪性物質,脂肪油またはろうの製造,精製または保存およびそれらの廃棄物からの抽出,精油,香料や 洗浄性組成物,単一物質の洗浄剤としての使用,石けんまたは石けん製造,樹脂石けん,グリセリンの回収といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては花王株式会社やザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー、ライオン株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社ADEKAなどは、 有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物や染料,ペイント,つや出し剤,天然樹脂,接着剤,他に分類されない組成物,他に分類されない材料の応用といった分野も含め、 ADEKAクリーンエイド株式会社や株式会社コープクリーンといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそく』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】嗜好性が高く、口腔組成物に使用されている基材の味、匂いをマスキングあるいは口臭に対してマスキング効果があり、酸性領域あるいは塩基性領域でも安定であり、口腔組成物の基材の機能を阻害することのない清涼感、爽快感に優れた口腔用香料組成物を提供すること、また、殺菌、防腐、静菌、歯石予防、歯周病予防、虫歯防止などにも有効な口腔用香料組成物および該口腔用香料組成物を含有し...

  2. 【課題・解決手段】開示されるものは、非常に好ましい、そして予期しないほど優れた特性の組合せを保有する熱伝達流体を含む広い範囲の適用において有用な組成物、並びにこれらの流体に基づく熱伝達系及び方法である。好ましい熱伝達流体は、重量基準で約1乃至約40パーセントの二酸化炭素(CO2)及び重量基準で約99乃至約60パーセントの、式I:XCFzR3−z(I)(ここで、XはC2...

    テトラフルオロプロペン及び二酸化炭素を含んでなる組成物

  3. 【課題】配線材料に対する腐食が少なく、且つ微小粒子や金属不純物が付着した半導体用基板又は半導体素子の洗浄性に優れる洗浄剤組成物を提供すること。【解決手段】還元剤を含有してなり、酸化還元電位(25℃)が+0.2V以下であり、pH(25℃)が3〜12である洗浄剤組成物、及び該洗浄剤組成物を用いる半導体用基板又は半導体素子の洗浄方法。

  4. 【課題】調合香料の香料素材として使用されている天然および合成香料を、トップノート成分、ミドルノート成分、ベースノート成分に分類し、これらの群から選ばれる少なくとも一種以上の香料素材からなる調合香料、およびその製法、ならびに該調合香料を含有する洗浄・柔軟剤組成物を提供すること。【解決手段】香料素材を官能的(匂い紙に香料素材をつけてどの位匂いが持続するかを観察)にトップノ...

  5. 【課題】皮膚などへの刺激性が小さく、かつ低濃度でも十分な界面活性能を有するアニオン性界面活性剤を提供する。【解決手段】下記式(1)に示されるアシル基含有組成物が優れた界面物性を示し、これを用いることで低濃度での界面活性能等に優れ、皮膚などに対して低刺激性である界面活性剤および香粧品原料が得られる。【化1】。

    界面活性剤

新着の技術

動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそく』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】一般的な粉砕装置を利用して、大きな設備投資や装置に対する負荷などの負担なく実用化できる、焙煎コーヒー豆の粉砕時に発生する香気を感じさせる、焙煎コーヒー豆からの香料組成物を製造する方法の提供。【解決手段】焙煎コーヒー豆を粉砕して微粉および薄片を含む焙煎コーヒー豆粗粉砕物を得る工程を含み、焙煎コーヒー豆の粉砕時に発生する香気化合物ならびに微粉および薄片を含むガスか...

    焙煎コーヒー豆からの香料組成物の製造方法および焙煎コーヒー豆からの香気回収装置

  2. 【課題・解決手段】本発明は、(i)グリセリド油を、塩基性第四級アンモニウム塩を含有する液体と接触させて、処理されたグリセリド油を形成する工程、ここで第四級アンモニウム塩は、水酸化物イオン、アルコキシドイオン、アルキル炭酸イオン、炭酸水素イオン、炭酸イオン、セリン酸イオン、プロリン酸イオン、ヒスチジン酸イオン、トレオニン酸イオン、バリン酸イオン、アスパラギン酸イオン、タ...

  3. 【課題・解決手段】本発明は、概して、界面活性剤組成物及び洗剤組成物の作製方法に関する。

  4. 【課題・解決手段】ポリ尿素シェル内に有益剤を含むマイクロカプセルであって、前記ポリ尿素は、それに共有結合された非イオン性多糖沈着ポリマーを有することを特徴とするマイクロカプセル。また、マイクロカプセルの製造方法およびマイクロカプセルを組み込む組成物。

  5. 【課題・解決手段】処理組成物、及び処理組成物を用いることにより、基材の表面を処理する方法、及び上に処理組成物を上に有する半導体又はMEMS基材。

    基材の表面を処理する組成物、方法及びデバイス

動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそくの詳細カテゴリ一覧

動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそくの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそく ページ上部に戻る

その他の分野

動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう,それに由来する脂肪酸,洗浄剤,ろうそく』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。