石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭 に関する技術一覧

「石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭」に関する技術の関連情報です。 「石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭」 の関連技術、「ガス,コークス,タールまたはこれらの類似物を製造するための炭素質物の分解乾留」「タール,ピッチ,アスファルト,ビチューメンの処理,木酢酸」 など、その他「石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭」の分野ページはこちら

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭に所属する技術動向

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭の分野に属する技術の状況としては、2016年に1,039件、2017年に1,222件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭の分野においては特に近年湿式法によるアセチレンの製造の分野における動向が活発であり、他にもでい炭の乾燥または処理や タール,ピッチ,アスファルト,ビチューメンの処理,木酢酸といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはJX日鉱日石エネルギー株式会社や出光興産株式会社、新日鐵住金株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 冶金や成形といった分野も含め、 新日鉄住金エンジニアリング株式会社やNSプラント設計株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】走行用燃料として、低硫黄含有量の炭化水素系燃料を用いるディーゼルエンジン搭載車において好適に用いられる潤滑油組成物を提供する。【解決手段】低硫黄含有量の基油に、a)アルケニル/アルキルこはく酸イミド系無灰性分散剤が換算値で0.01〜0.3重量%、b)硫黄含有量が3%以下で全塩基価10〜350mgKOH/gの金属系清浄剤が硫酸灰分換算値で0.1〜1重量%、c)ジ...

  2. 【課題】摩擦係数が低く、潤滑油下での利用に最適な被膜と被覆部材を提供する。【解決手段】基材1上に被膜2を設けた被覆部材である。この被膜は摺動面の少なくとも一部に設ける。被膜2は炭素を主成分とする層を具える。そして、この被覆部材を潤滑油の存在下で用いる。潤滑油には芳香族化合物を含有することが望ましい。

    硬質被膜及び被覆部材

  3. 【課題・解決手段】ワックス状パラフィン性のフィッシャー・トロプシュ合成炭化水素から得られた基油と、1種以上の添加物とを含有すると共に、5.6cStより大きい100℃での動粘度、62センチポイズ(cP)未満の−35℃での冷時始動疑似動力学粘度(ASTM D 5293による)、及び60000cP未満の小型回転粘度試験値(ASTM D 4684による)を有する潤滑剤組成物。

    潤滑剤組成物

  4. 【課題・解決手段】飽和物フラクションの19〜30重量%がシクロパラフィンで、残部がノーマル−及びイソ−パラフィンである飽和物を少なくとも95重量%含有し、粘度指数が120より大で、流動点が−15℃未満である潤滑基油組成物。

    基油組成物

  5. 【課題】 高粘度指数を有し、かつ低温流動性に優れた潤滑油基油、該基油を用いた高粘度指数、高せん断安定性、高酸化安定性に優れるとともに、高引火点、かつ低密度の潤滑油組成物を提供すること。【解決手段】 炭化水素系の潤滑油基油であって、粘度指数が130以上であり、環分析によるパラフィン分(%CP)が90%以上であり、かつ−35℃におけるCCS粘度が3,000mPa・s以...

新着の技術

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】課題:潤滑油中のオイルスラッジを有効に抑制することが可能な潤滑油添加剤、潤滑油、グリース組成物、燃料油添加剤、燃料油およびオイルスラッジ抑制方法を提供する。解決手段:二酸化チタン粒子を有効成分とする、オイルスラッジを抑制するための潤滑油添加剤。

    潤滑油添加剤、潤滑油、グリース組成物、燃料油添加剤、燃料油およびオイルスラッジ抑制方法

  2. 【課題・解決手段】本発明は、油相および水相ならびに第1の界面活性剤を含む水中油型エマルションに関し、ここで、油相は水相中に分散されており、この水中油型エマルションは、3〜15μmの範囲の平均液滴サイズ分布(D[4,3])と、液滴の3wt%未満が125μmよりも大きい粒径を有することと、50℃±10%および20s−1±10%において100mPasよりも大きくかつ700m...

    水中油型エマルション

  3. 【課題・解決手段】本開示の側面は、二酸化炭素等の温室効果ガスを捕捉するための改良されたデバイスおよび方法を提供し、他の側面では、水浄化または植物生育の増進等の環境にさらに利益をもたらす二次動作において、そのような捕捉された二酸化炭素を利用する。光合成バイオマスを使用して、水を浄化し、屋内空気汚染を低減させ、屋外大気からCO2を含む温室効果ガスを除去し、バイオ燃料、食品...

    温室内のバイオマスの生育を増進するためのデバイス、システム、および方法

  4. 【課題・解決手段】低品位廃熱源の特定部分からのエネルギー効率を向上させるために、グラスルーツの中品位原油精製半転化設備のために総合される直接又は間接(又は両方)のインタープラント(プラント間)加熱システムの構成と関連する処理スキーム(処理案)である。また、低品位廃熱源の特定部分からのエネルギー効率を向上させるために、統合型中品位原油精製半転化設備と芳香族複合施設のため...

    産業施設における廃エネルギーの再生及び再使用

  5. 【課題・解決手段】システムは、熱交換システムと、発電システムとを含む。熱交換システムは、それぞれがディレードコーキングプラントからの連続熱源として作動可能な第1、第2及び第3の熱交換器を含む。第1/第2の熱交換器は、それぞれ、加熱された第1/第2の流体ストリームを生じるように第1/第2の流体ストリームを加熱する。加熱された第2の流体ストリームは、加熱された第1の流体ス...

    ディレードコーキングプラントの熱電併給

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。