石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭 に関する技術一覧

「石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭」に関する技術の関連情報です。 「石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭」 の関連技術、「ガス,コークス,タールまたはこれらの類似物を製造するための炭素質物の分解乾留」「タール,ピッチ,アスファルト,ビチューメンの処理,木酢酸」 など、その他「石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭」の分野ページはこちら

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭に所属する技術動向

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭の分野に属する技術の状況としては、2018年に503件、2019年に415件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭の分野においては特に近年湿式法によるアセチレンの製造の分野における動向が活発であり、他にもでい炭の乾燥または処理や タール,ピッチ,アスファルト,ビチューメンの処理,木酢酸といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはJX日鉱日石エネルギー株式会社や出光興産株式会社、新日鐵住金株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 成形や冶金といった分野も含め、 新日鉄住金化学株式会社や新日鉄住金エンジニアリング株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】走行用燃料として、低硫黄含有量の炭化水素系燃料を用いるディーゼルエンジン搭載車において好適に用いられる潤滑油組成物を提供する。【解決手段】低硫黄含有量の基油に、a)アルケニル/アルキルこはく酸イミド系無灰性分散剤が換算値で0.01〜0.3重量%、b)硫黄含有量が3%以下で全塩基価10〜350mgKOH/gの金属系清浄剤が硫酸灰分換算値で0.1〜1重量%、c)ジ...

  2. 【課題】摩擦係数が低く、潤滑油下での利用に最適な被膜と被覆部材を提供する。【解決手段】基材1上に被膜2を設けた被覆部材である。この被膜は摺動面の少なくとも一部に設ける。被膜2は炭素を主成分とする層を具える。そして、この被覆部材を潤滑油の存在下で用いる。潤滑油には芳香族化合物を含有することが望ましい。

    硬質被膜及び被覆部材

  3. 【課題・解決手段】ワックス状パラフィン性のフィッシャー・トロプシュ合成炭化水素から得られた基油と、1種以上の添加物とを含有すると共に、5.6cStより大きい100℃での動粘度、62センチポイズ(cP)未満の−35℃での冷時始動疑似動力学粘度(ASTM D 5293による)、及び60000cP未満の小型回転粘度試験値(ASTM D 4684による)を有する潤滑剤組成物。

    潤滑剤組成物

  4. 【課題・解決手段】飽和物フラクションの19〜30重量%がシクロパラフィンで、残部がノーマル−及びイソ−パラフィンである飽和物を少なくとも95重量%含有し、粘度指数が120より大で、流動点が−15℃未満である潤滑基油組成物。

    基油組成物

  5. 【課題】 高粘度指数を有し、かつ低温流動性に優れた潤滑油基油、該基油を用いた高粘度指数、高せん断安定性、高酸化安定性に優れるとともに、高引火点、かつ低密度の潤滑油組成物を提供すること。【解決手段】 炭化水素系の潤滑油基油であって、粘度指数が130以上であり、環分析によるパラフィン分(%CP)が90%以上であり、かつ−35℃におけるCCS粘度が3,000mPa・s以...

新着の技術

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】投入エネルギーを差し引いたとしても、コークス炉ガスをより一層カロリーアップすること。【解決手段】本発明に係る二酸化炭素の還元方法は、コークス炉の石炭が充填された炭化室に対して二酸化炭素を供給し、当該二酸化炭素を前記炭化室内に存在する炭素成分及び水素と反応させて一酸化炭素に変換するコークス炉内反応工程と、前記炭化室に供給された前記二酸化炭素の未反応分を含むコーク...

    二酸化炭素の還元方法及びコークス製造設備

  2. 【課題】使用する炭素含有固体燃料の炭種によらずに、炭素含有固体燃料を安定的に乾燥することのできる微粉炭機の微粉炭乾燥システム及びその微粉炭乾燥方法並びに微粉炭乾燥プログラム、微粉炭機、ガス化複合発電設備を提供することを目的とする。【解決手段】供給された炭素含有固体燃料を乾燥流体を用いて乾燥するミル10の制御部50であって、水分含有量の異なる複数種の炭素含有固体燃料を乾...

    微粉炭機の微粉炭乾燥システム及びその微粉炭乾燥方法並びに微粉炭乾燥プログラム、微粉炭機、ガス化複合発電設備

  3. 【課題】円すいころ軸受において、優れた耐摩耗性、低トルク性、低温性を有するグリース組成物を提供すること。【解決手段】(a)添加剤として、金属基の価数が2価である金属塩からなる群から選ばれる少なくとも1種の化合物、(b)粘度指数が110以上であって流動点が−35℃以下である合成油を、基油全体の40%以上含む基油、(c)増ちょう剤、及び(d)酸化防止剤を含有する円すいころ...

  4. 【課題】時計バンドに用いたときに、駒のピン挿入部とピンとの間から、潤滑用の成分がしみ出し難い時計バンド用潤滑組成物の提供。【解決手段】時計バンド用潤滑組成物は、潤滑剤(A)と耐摩耗剤(B)と溶媒とを含む時計バンド用潤滑組成物であって、潤滑剤(A)は、パラフィンワックス(A−1)を含むか、または融点が45℃以上であり炭素原子数が23以上38以下の脂肪族飽和炭化水素(A−...

  5. 【課題】雪氷上での滑走性を向上させることが可能な潤滑剤塗膜を提供する。【解決手段】パラフィンワックス及びフッ化カーボンを含む雪氷上用潤滑剤の塗膜であって、前記フッ化カーボンは、フッ化黒鉛であり、前記パラフィンワックスに対して0.1〜2.0質量%であり、前記塗膜の塗装対象の近傍における前記フッ化カーボンの含有量が、前記塗膜の塗装対象と反対側の表面における前記フッ化カーボ...

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。