石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭 に関する技術一覧

「石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭」に関する技術の関連情報です。 「石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭」 の関連技術、「ガス,コークス,タールまたはこれらの類似物を製造するための炭素質物の分解乾留」「タール,ピッチ,アスファルト,ビチューメンの処理,木酢酸」 など、その他「石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭」の分野ページはこちら

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭に所属する技術動向

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭の分野に属する技術の状況としては、2016年に1,035件、2017年に1,222件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭の分野においては特に近年湿式法によるアセチレンの製造の分野における動向が活発であり、他にもでい炭の乾燥または処理や タール,ピッチ,アスファルト,ビチューメンの処理,木酢酸といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはJX日鉱日石エネルギー株式会社や出光興産株式会社、新日鐵住金株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 冶金や成形といった分野も含め、 新日鉄住金エンジニアリング株式会社やNSプラント設計株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】走行用燃料として、低硫黄含有量の炭化水素系燃料を用いるディーゼルエンジン搭載車において好適に用いられる潤滑油組成物を提供する。【解決手段】低硫黄含有量の基油に、a)アルケニル/アルキルこはく酸イミド系無灰性分散剤が換算値で0.01〜0.3重量%、b)硫黄含有量が3%以下で全塩基価10〜350mgKOH/gの金属系清浄剤が硫酸灰分換算値で0.1〜1重量%、c)ジ...

  2. 【課題】摩擦係数が低く、潤滑油下での利用に最適な被膜と被覆部材を提供する。【解決手段】基材1上に被膜2を設けた被覆部材である。この被膜は摺動面の少なくとも一部に設ける。被膜2は炭素を主成分とする層を具える。そして、この被覆部材を潤滑油の存在下で用いる。潤滑油には芳香族化合物を含有することが望ましい。

    硬質被膜及び被覆部材

  3. 【課題・解決手段】ワックス状パラフィン性のフィッシャー・トロプシュ合成炭化水素から得られた基油と、1種以上の添加物とを含有すると共に、5.6cStより大きい100℃での動粘度、62センチポイズ(cP)未満の−35℃での冷時始動疑似動力学粘度(ASTM D 5293による)、及び60000cP未満の小型回転粘度試験値(ASTM D 4684による)を有する潤滑剤組成物。

    潤滑剤組成物

  4. 【課題・解決手段】飽和物フラクションの19〜30重量%がシクロパラフィンで、残部がノーマル−及びイソ−パラフィンである飽和物を少なくとも95重量%含有し、粘度指数が120より大で、流動点が−15℃未満である潤滑基油組成物。

    基油組成物

  5. 【課題】 高粘度指数を有し、かつ低温流動性に優れた潤滑油基油、該基油を用いた高粘度指数、高せん断安定性、高酸化安定性に優れるとともに、高引火点、かつ低密度の潤滑油組成物を提供すること。【解決手段】 炭化水素系の潤滑油基油であって、粘度指数が130以上であり、環分析によるパラフィン分(%CP)が90%以上であり、かつ−35℃におけるCCS粘度が3,000mPa・s以...

新着の技術

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】隣接型に配置された火力プラントと、水源と、CO2源と、バイオマス増殖モジュールとを含むシステムが開示される。当該システムを利用することにより環境を改善する方法が開示される。

    バイオマス増殖方法とシステムおよび処理場

  2. 【課題・解決手段】20〜50μmol/gのOD酸性度および300〜800ナノメートルの平均結晶サイズを有するゼオライトベータと、ゼオライトUSYであって、ゼオライトベータの重量%が、ゼオライトUSYの重量%よりも低い、ゼオライトUSYと、非晶質アルミン酸シリカおよび第2の担体材料を含む担体と、周期表の第6族および第8族から第10族の元素からなる群から選択される少なくと...

    ゼオライトUSY、ならびに低酸性度および大きいドメインサイズを有するゼオライトベータを含む中間留分水素化分解触媒

  3. 【課題・解決手段】本発明は、全原油からアノードグレードのコークスを製造する方法に関する。本発明は、まず供給原料を脱アスファルト化し、次いで生成するDAOおよびアスファルトフラクションを処理することによって達成される。DAOフラクションは、水素化処理または水素化分解されて、硫黄および370℃を超える温度で沸騰する炭化水素の除去をもたらし、一実施態様ではアスファルト部分が...

    アノードグレードのコークスを製造するための統合プロセス

  4. 【課題】現在の流体圧システム内の運転圧力と関連する界面動電的に駆動される表面電流を、さらに低減する添加物の提供。【解決手段】流体圧システムに使用するための作動流体として、リン酸エステル系の化合物と、メタロセン対を含むレドックス対を含む添加物を含有することによる。空間的に変動するスイーピング電流の大きさを低減することにより、界面動電的に駆動される表面電流を低減するもので...

    流体流れに駆動される電気化学的表面劣化のレドックス対に基づく緩和

  5. 【課題】低硫黄燃料で燃料供給される場合の、通常トランクピストン型機関とも呼ばれる、4−ストローク舶用ディーゼル内燃機関用の潤滑油組成物を提供する。【解決手段】低硫黄舶用燃料トランクピストン型ディーゼル機関用の潤滑油組成物であって、該潤滑油組成物は、(A)大量の潤滑粘度を持つオイル;および夫々少量での、(B)ヒドロカルビル−置換フェノール、ヒドロカルビル−置換スルホン酸...

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

石油,ガスまたはコークス工業,一酸化炭素を含有する工業ガス,燃料,潤滑剤,でい炭』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。