コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法 に関する技術一覧

「コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法」に関する技術の関連情報です。 「コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法」 の関連技術、「無機物質に基づくコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー」「修正液,例.被覆による印字の誤字修正液」 など、その他「コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法」の分野ページはこちら

コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法に所属する技術動向

コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法の分野に属する技術の状況としては、2015年に2,318件、2016年に2,000件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法の分野においては特に近年再生ゴムに基づくコーティング組成物の分野における動向が活発であり、他にもグループ107/00〜117/00に属さない,ゴムに基づくコーティング組成物や 木材ステインといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては富士フイルム株式会社やセイコーエプソン株式会社、関西ペイント株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品や化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池といった分野も含め、 関西ペイント株式会社や日本ペイントホールディングス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】粒度分布が狭く、粒径が均一な樹脂分散体、樹脂粒子およびそれを安全かつ経済的に得る製法を提供する。【解決手段】樹脂(a)からなる樹脂粒子(A)の水性分散液中に、樹脂(b)若しくはその溶剤溶液、又は、樹脂(b)の前駆体(b0)若しくはその溶剤溶液を分散させ、前駆体(b0)又はその溶剤溶液を用いる場合には、さらに、前駆体(b0)を反応させて、樹脂粒子(A)の水性分散...

  2. 【課題】本発明は、低粘度で、かつ光重合性に優れ、厚膜での硬化性が非常によく、熱的安定性が良好な活性エネルギー線硬化型インクジェットインキを提供することにある。また、本発明はノズルでの吐出安定性、被記録媒体への密着性、耐溶剤性および耐水性の良好な活性エネルギー線硬化型インクジェットインキを提供することにある。【解決手段】1)オキシラン基含有化合物10〜50重量%、2)オ...

  3. 【課題】有機溶剤を使用する必要がなく且つ高品質な印刷物を得るうえで大掛かりな露光システムを必要としない液体インクを提供する。【解決手段】光照射により酸を発生する光酸発生剤と、色成分と、酸の存在下で重合する少なくとも1種の溶媒とを含有することを特徴とする。前記光酸発生剤の含有量は、前記液体インク中に含まれる前記酸で重合する溶媒100重量部に対して1重量部以上10重量部で...

    液体インクおよび記録装置

  4. 【課題】インクジェット記録方式用インクとして優れた性能を備えたエネルギー線硬化型組成物を提供する。【解決手段】本発明のインクジェット記録方式用エネルギー線硬化型組成物は、(1)光カチオン重合開始剤と、(2)分子中に1個以上のオキシラン基を有する化合物と、(3)ビニルエーテル化合物と、(4)分子中にオキセタン環及び1個の水酸基を有する化合物を含有し、上記(2)〜(4)の...

    インクジェット記録方式用エネルギー線硬化型組成物

  5. 【課題】耐擦傷性、塗工性及び耐久性に優れた、エチレン性不飽和基含有含フッ素重合体、並びにそれを用いた硬化性樹脂組成物及び反射防止膜を提供する。【解決手段】1個のイソシアネート基と、少なくとも1個のエチレン性不飽和基とを有する化合物と、水酸基含有含フッ素重合体とをイソシアネート基/水酸基のモル比が1.1〜1.9の割合で反応させて得られるエチレン性不飽和基含有含フッ素重合体。

    エチレン性不飽和基含有含フッ素重合体、並びにそれを用いた硬化性樹脂組成物及び反射防止膜

新着の技術

コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明では、有機溶媒系(非水系)のため各種蒸着フィルムへのオーバーコートの操作が容易で、且つ蒸着フィルムのガスバリア機能を大幅に向上させることができるコーティング材を提供することにある。加えて、該コーティング材を蒸着面に塗布したガスバリア性フィルム、および該フィルムからなる包装材を提供することを課題とする。本課題は、オルト配向芳香族ジカルボン酸又はそ...

  2. 【課題・解決手段】本発明では、酢酸エチル、メチルエチルケトン等への汎用溶剤への溶解性を有し、ガスバリア性に優れるポリエステル樹脂を主体とするバリア材用ポリエステル樹脂組成物、及び該樹脂組成物をフィルムに塗布したバリア材フィルムを提供することを課題とする。本課題は、一般式(A)で表される分子量600以上の2官能イソシアネート基含有硬化剤とポリエステルポリオールとを含有し...

    バリア材用ポリエステル樹脂組成物、及びバリアフィルム

  3. 【課題】 鏡面光沢度の低い低光沢塗膜または艶消し塗膜など、光沢度の調整された硬化電着塗膜の形成方法を提供すること。【解決手段】 硬化電着塗膜の形成方法であって、上記方法は、アニオン電着塗料組成物中に被塗物を浸漬して電着塗膜を形成する、電着塗装工程、および、上記塗装工程で形成した電着塗膜を加熱して硬化させる、加熱硬化工程、を包含し、上記アニオン電着塗料組成物は、アク...

  4. 【課題・解決手段】本発明は、炭酸カルシウム含有材料の製造方法に、該方法によって得られた炭酸カルシウム含有材料に、ならびに紙用フィラーおよび紙用コーティング用途のための、プラスチック用途、塗料、接着剤、シーリング、コンクリート、農業用途、食品用途、化粧品用途または医薬用途における炭酸カルシウム含有材料の使用に関する。

    炭酸カルシウム含有材料を含む懸濁液の製造方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、エチレン性不飽和モノマーMからつくられた少なくとも1種の水不溶性ポリマーPと、少なくとも1種の界面活性物質と、少なくとも非重合性、非極性シリコーンオイルとを含む、ポリマー-シリコーンオイルハイブリッド微細粒子の水性分散体の形態のポリマー-シリコーンオイルハイブリッド水性組成物に関する。本発明は、特に、水性コーティング及び印刷インク組成物にお...

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

ページトップへ

コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法の詳細カテゴリ一覧

コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

コーティング組成物,例.ペンキ,ワニス,ラッカー,パテ,塗料除去剤インキ消し,インキ,修正液,木材用ステイン,糊状または固形の着色料または捺染料,これらの物質の使用法 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON