無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用 に関する技術一覧

「無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用」に関する技術の関連情報です。 「無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用」 の関連技術、「構造未知の配合成分の使用,例.未確定反応生成物」「メイングループ3/00から11/00のいずれのメイングループにも包含されない配合成分であって,そのいずれの化合物も本質的な配合成分からなる混合物の使用」 など、その他「無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用」の分野ページはこちら

無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用に所属する技術動向

無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用の分野に属する技術の状況としては、2017年に4,825件、2018年に3,580件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用の分野においては特に近年構造未知の配合成分の使用,例.未確定反応生成物の分野における動向が活発であり、他にもメイングループ3/00から11/00のいずれのメイングループにも包含されない配合成分であって,そのいずれの化合物も本質的な配合成分からなる混合物の使用や 前処理された配合成分の使用といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては住友ゴム工業株式会社や信越化学工業株式会社、株式会社ブリヂストンが豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品や化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池といった分野も含め、 株式会社豊田中央研究所や住友化学株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】電気的性質、熱的性質、機械的性質などの性質について、従来では得られなかった優れた異方性機能を発揮することができるカーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法を提供する。【解決手段】カーボンナノチューブ複合成形体5は、母材となるマトリックス中にカーボンナノチューブ6が一定方向に配列されて複合された状態で成形されている。マトリックスとしては、熱可塑性樹脂、硬化性...

    カーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法

  2. 【課題】物性・リサイクル性に優れた自動車部品や家電部品、および、そのシュレッダーダスト等の製品、並びに、経済性に優れたその製品のリサイクル方法を提供することができる。を提供する。【解決手段】自動車部品又は家電部品は、乳酸系樹脂組成物を主成分として含み、シュレッダーダストは乳酸系樹脂組成物を主成分として含む自動車部品又は家電部品に由来する。乳酸系樹脂組成物は、1)乳酸系...

  3. 【課題】耐衝撃性に優れる脂肪族ポリエステル樹脂組成物およびそれからなる成形品を提供すること。【解決手段】(A)脂肪族ポリエステルと(B)多層構造重合体を含有することを特徴とする脂肪族ポリエステル樹脂組成物およびそれからなる成形品。ここで、(A)脂肪族ポリエステルと(B)多層構造重合体との重量比が、99/1〜50/50であること、(B)多層構造重合体の内部に少なくとも1...

  4. 【課題】耐熱性及び耐衝撃性に優れる成形品が、成形性良く得られるポリ乳酸系ステレオコンプレックスポリマー組成物、前記ポリマー組成物からの耐熱性ポリ乳酸系ポリマー成形品及びその製造方法を提供する。【解決手段】L−乳酸を主成分とするポリL−乳酸と、D−乳酸を主成分とするポリD−乳酸とからなるポリ乳酸を主成分とするステレオコンプレックス形成可能なポリマー(A)100重量部に、...

    ポリ乳酸系ポリマー組成物、成形品及びその製造方法

  5. 【課題】本発明の目的は、ステレオ化度、結晶性、成形性、機械特性に優れたポリ乳酸組成物およびその製造方法を提供することにある。【解決手段】本発明は、ポリ乳酸および結晶化促進剤を含有し、示差走査熱量計で測定した190℃以上の結晶融解エンタルピーを△Hms(J/g)、190℃以下の結晶化エンタルピーを△Hmh(J/g)としたとき、下記式 S={△H...

新着の技術

無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】耐加水分解性に優れる熱可塑性芳香族ポリエステル樹脂組成物の製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】熱可塑性芳香族ポリエステル樹脂A、熱可塑性芳香族ポリエステル樹脂aとアルカリ化合物bとを含有するアルカリ組成物B、及びカルボジイミド化合物Cを配合する工程を有する、熱可塑性芳香族ポリエステル樹脂組成物の製造方法とする。アルカリ組成物Bが、アルカリ化合物bの...

  2. 【課題・解決手段】ポリエステル樹脂組成物は、70〜100質量%のポリブチレンテレフタレート樹脂と、0〜30質量%のポリエチレンテレフタレート樹脂とを含有するポリエステル樹脂Aを含み、アルカリ金属の有機酸塩およびアルカリ土類金属の有機酸塩のいずれか一方または両方である所定量の金属有機酸塩Bと、所定量の多官能グリシジル基含有スチレン系ポリマーCと、所定量のスチレン系樹脂D...

  3. 【課題・解決手段】ポリエステル樹脂組成物は、50〜100質量%のポリブチレンテレフタレート樹脂と、0〜50質量%のポリエチレンテレフタレート樹脂とを含有するポリエステル樹脂Aを含み、アルカリ金属の有機酸塩およびアルカリ土類金属の有機酸塩のいずれか一方または両方である所定量の金属有機酸塩Bと、所定量の多官能グリシジル基含有スチレン系ポリマーCと、所定量のスチレン系樹脂D...

  4. 【課題・解決手段】熱膨張性耐火シートは、マトリックス樹脂及び熱膨張性黒鉛を含有し、60℃で1週間純水浸漬した後の溶出率が3%以下である。

    熱膨張性耐火シート

  5. 【課題・解決手段】良好な色相を有し、且つ成形時のガス発生と金型汚染が極めて少ない光学部品用ポリカーボネート樹脂組成物及び光学部品。ポリカーボネート樹脂(A)100質量部に対し、ゲル浸透クロマトグラフィーによりテトラヒドロフラン溶媒で測定したポリスチレン換算の重量平均分子量(Mw)が4,000超〜7,700以下であり、重量平均分子量(Mw)と数平均分子量(Mn)との比(...

    光学部品用ポリカーボネート樹脂組成物及び光学部品

無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用 ページ上部に戻る