ゴムの処理または化学的変性 に関する技術一覧

「ゴムの処理または化学的変性」に関する技術の関連情報です。 「ゴムの処理または化学的変性」 の関連技術、「製造」「ゴムの化学的変性」 など、その他「ゴムの処理または化学的変性」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ゴムの処理または化学的変性」の分野ページはこちら

ゴムの処理または化学的変性に所属する技術動向

ゴムの処理または化学的変性の分野に属する技術の状況としては、2017年に161件、2018年に116件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ゴムの処理または化学的変性の分野においては特に近年凝集ゴムの処理の分野における動向が活発であり、他にもゴム溶液の処理や 1/00〜3/02に属さない加硫前のゴム処理といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては住友ゴム工業株式会社や株式会社ブリヂストン、JSR株式会社が豊富な実績を残しており、 住友ゴム工業株式会社などは、 車両用タイヤ,タイヤの膨張,タイヤの交換,膨張可能な弾性体一般への弁の取付け,タイヤに関する装置または部品や高分子化合物の組成物といった分野も含め、 花王株式会社や宇部興産株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ゴムの処理または化学的変性』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】配合する充填剤の種類および組合せによらず、加工性に優れるとともに、加硫処理を施して加硫ゴムとしたときに、ウエットスキッド特性、低ヒステリシスロス性、耐摩耗性、破壊強度のバランスに優れた、低燃費用タイヤ、大型タイヤ、高性能タイヤのトレッド用材料やサイドウォール部材として有用な共役ジオレフィン(共)重合を提供すること。【解決手段】共役ジオレフィン、あるいは共役ジオ...

  2. 【課題】 天然ゴムが本来有する物性を低下させることなく、加工性が改良された天然ゴム及びその製造方法、及び該天然ゴムを用いたゴム組成物,特にタイヤケース部材,タイヤトレッド部材、並びに空気入りタイヤを提供する。【解決手段】 天然ゴムラテックスを脱蛋白処理して得られ、総窒素含有量が0.12〜0.30重量%であるように調整された天然ゴム及びこれを用いたゴム組成物並びに空...

  3. 【課題】タンパク分解天然ゴムの課題であるゴムの物性と加工性に見られる二律背反性の問題を解決して、優れた加工性や生産性を有するとともに、優れた機械的強度、低発熱性、耐磨耗性を示す高機能の固形のタンパク分解天然ゴムを提供すること。【解決手段】天然ゴム中に含まれるタンパク質の分解度が50〜100%であり且つ窒素含有率が0.3重量%を超え0.6重量%以下であるタンパク分解天然...

    タンパク分解天然ゴム、その製造法およびそれを含む組成物

  4. 【課題】 ゴムラテックスから、品質の劣化等を生じることなく、改良された作業性及び熱効率で、ゴムを製造する方法の提供。【解決手段】 ゴムラテックス、また天然ゴムラテックスの場合には、必要に応じ恒粘度剤を添加した天然ゴムラテックス、をパルス燃焼による衝撃波の雰囲気下に噴射して乾燥させることによってラテックスからゴムを製造する方法。

  5. 【課題】 優れた加工性や生産性を有するとともに、優れた機械的強度、低発熱性、耐摩耗性を示す高機能の固形天然ゴムおよびそれを含むゴム組成物を提供すること。【解決手段】 天然ゴム中に含まれるタンパク質の分解度が50〜100%であり且つ窒素含有率が0.3重量%を超え0.6重量%以下であるタンパク分解天然ゴムおよび天然ゴムに含まれるタンパク質の分解度が50〜98%であり且...

新着の技術

ゴムの処理または化学的変性』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】下記一般式(1):[式中、X1及びX2は、同一又は異なって、水素原子、アルキル基、アルキルチオ基、アラルキル基、アリール基、アリールチオ基、複素環基、又はアミノ基を示す。これら各基は、それぞれ1個以上の置換基を有していてもよい。]で表されるテトラジン化合物又はその塩とジエン系ゴムとの反応生成物。

    反応生成物及びゴム組成物

  2. 【課題・解決手段】不飽和ポリマーのエポキシ化の方法は、不飽和ポリマーとペルオキシ酸を溶媒の非存在在下で混合してエポキシ化されたポリマーを製造する工程を含む。この方法は、溶媒を必要とせず、触媒を必要とせず、外部からの熱入力を必要としないか僅かにしか必要とせず、冷却を適用することを必要とせず、より少ないエポキシ化剤しか必要とせず、より迅速であり、及び/又は不飽和ポリマーの...

  3. 【課題】低燃費性等の諸タイヤ物性や製造コストの並立のために添加するタイヤの変性剤として有用な新規なプリン誘導体化合物、及び該プリン誘導体化合物と反応させることにより得られる変性共役ジエン重合体。【解決手段】式(1)で表されるプリン誘導体化合物、及び該プリン誘導体化合物と反応させることにより得られる変性共役ジエン重合体。[R1〜R3は、夫々独立して、Hを除く、C1〜16...

    プリン誘導体化合物及びプリン誘導体化合物変性共役ジエン重合体

  4. 【課題・解決手段】本発明は、植物性素材から天然ゴム及び他の成分を抽出及び処理する産業分野に関する。とくに、本発明は、グアユール及び/又はグアユール類植物から樹脂及びゴムを抽出するプロセスに関し、このプロセスは、収穫し、貯蔵し、また植物の一部を機械的及び化学的に処理する工程を有し、研究所で、また工業的規模の双方において利用可能であり、抽出生成物の相当高い収率及び品質に特徴がある。

    グアユールの植物から樹脂及びゴムを抽出するプロセス

  5. 【課題】経済的な炭化水素のハロゲン化プロセスを提供すること【解決手段】 本発明は炭化水素のハロゲン化プロセスに関する。本発明のプロセスに従い、炭化水素およびハロゲンを反応容器に導入する。次に波長領域390〜780nmの光を反応容器に2〜12時間間通してハロゲン化炭化水素を得る。炭化水素をハロゲンを反応容器に導入する手順の後または前に撹拌する。

    炭化水素のハロゲン化

ゴムの処理または化学的変性の詳細カテゴリ一覧

ゴムの処理または化学的変性の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

ゴムの処理または化学的変性 ページ上部に戻る