有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物 に関する技術一覧

「有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物」に関する技術の関連情報です。 「有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物」 の関連技術、「多糖類,その誘導体」「ゴムの処理または化学的変性」 など、その他「有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物」の分野ページはこちら

有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物に所属する技術動向

有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物の分野に属する技術の状況としては、2016年に11,040件、2017年に14,367件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物の分野においては特に近年天然高分子化合物の誘導体の分野における動向が活発であり、他にもゴムの処理または化学的変性や 多糖類,その誘導体といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては信越化学工業株式会社や富士フイルム株式会社、JSR株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社豊田中央研究所や三洋化成工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】粒度分布が狭く、粒径が均一な樹脂分散体、樹脂粒子およびそれを安全かつ経済的に得る製法を提供する。【解決手段】樹脂(a)からなる樹脂粒子(A)の水性分散液中に、樹脂(b)若しくはその溶剤溶液、又は、樹脂(b)の前駆体(b0)若しくはその溶剤溶液を分散させ、前駆体(b0)又はその溶剤溶液を用いる場合には、さらに、前駆体(b0)を反応させて、樹脂粒子(A)の水性分散...

  2. 【課題】溶媒を使用することなく光学的、物理的に優れ、特に寸法安定性に優れた光学フィルムを提供すること。特にその中でもセルロースエステルフィルムを偏光板保護フィルムとして採用した偏光板及び該偏光板を装着した液晶表示装置を提供すること。【解決手段】溶融流延によって形成されたセルロースエステルフィルムを有することを特徴とする光学フィルム。

    光学フィルム、偏光板及び液晶表示装置

  3. 【課題】本発明は、低粘度で、かつ光重合性に優れ、厚膜での硬化性が非常によく、熱的安定性が良好な活性エネルギー線硬化型インクジェットインキを提供することにある。また、本発明はノズルでの吐出安定性、被記録媒体への密着性、耐溶剤性および耐水性の良好な活性エネルギー線硬化型インクジェットインキを提供することにある。【解決手段】1)オキシラン基含有化合物10〜50重量%、2)オ...

  4. 【課題】電気的性質、熱的性質、機械的性質などの性質について、従来では得られなかった優れた異方性機能を発揮することができるカーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法を提供する。【解決手段】カーボンナノチューブ複合成形体5は、母材となるマトリックス中にカーボンナノチューブ6が一定方向に配列されて複合された状態で成形されている。マトリックスとしては、熱可塑性樹脂、硬化性...

    カーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法

  5. 【課題】 難燃性、機械特性、耐熱性に優れた樹脂組成物ならびにそれからなる成形品を提供する。【解決手段】 ポリ乳酸樹脂100重量部に対して、難燃剤100〜0.5重量部およびポリ乳酸以外の樹脂120〜0.5重量部を含有してなることを特徴とする樹脂組成物であり、前記難燃剤が、リン系難燃剤、窒素化合物系難燃剤、シリコーン系難燃剤、その他の無機系難燃剤から選択される少なくと...

新着の技術

有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】メタクリル酸メチル由来の構成単位(A)、およびアルキル基の炭素数が2〜8である(メタ)アクリル酸アルキルエステル由来の構成単位(B)を含むアクリル系重合体粒子であって、静電気帯電の抑制率が90〜99.9%であるアクリル系重合体粒子。

  2. 【課題・解決手段】本発明の硬化性樹脂フィルムは、平均頂部高さ(h1)が50〜400μm、平均径が60〜500μm、平均ピッチが100〜800μmの複数のバンプ(51)を有する半導体ウエハ(5)の表面(5a)に、重量平均分子量が200〜4000のエポキシ系熱硬化性成分を含む硬化性樹脂フィルムを貼付し、100〜200℃、0.5〜3時間で加熱硬化させて第1保護膜(1a)を形...

    硬化性樹脂フィルム及び第1保護膜形成用シート

  3. 【課題】無機粒子を含有する延伸フィルムであって、所望のヘイズ特性及び低光沢性とともに、無機粒子を含むにもかかわらず、より優れた物理的特性を兼ね備えたマット調ポリアミド系フィルム及びその製造方法を提供するを提供する。【解決手段】無機粒子及びポリアミド樹脂を含む樹脂組成物からなるポリアミド系フィルムであって、(a)光沢度が50%以下、(b)空隙率が0.4〜5%、及び(c)...

    マット調ポリアミド系フィルム及びその製造方法

  4. 【課題・解決手段】ポリカルボジイミド組成物が、1級イソシアネート基を有するポリイソシアネートと、アルコール類との反応生成物であり、赤外吸光スペクトルにおいて、カルボジイミド基の伸縮振動由来の2120cm−1付近の吸光度IRCIの、ウレトンイミン基およびウレタン基の伸縮振動由来の1720cm−1付近の吸光度IRUI+Uに対する強度比(IRCI/IRUI+U)が、1.5以...

    ポリカルボジイミド組成物、ポリカルボジイミド組成物の製造方法、水分散組成物、溶液組成物、樹脂組成物および樹脂硬化物

  5. 【課題・解決手段】鉛筆硬度が高い硬化物膜を得ることができ、かつ白色顔料が使用されていることにより、光の反射率が高い硬化物膜を得ることができる光硬化性組成物を提供する。本発明に係る光硬化性組成物は、カルボキシル基を有さず、かつエチレン性不飽和結合を2個以上有するオリゴマーと、窒素含有化合物と、白色顔料と、光重合開始剤とを含み、25℃及び10rpmでの光硬化性組成物の粘度...

    光硬化性組成物及び電子部品の製造方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • 高性能コンピュータ

    2015年4月、理化学研究所は新規のスーパーコンピュータシステム「HOKUSAI GreatWave…

ページトップへ

有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物 ページ上部に戻る

その他の分野

有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。