糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸 に関する技術一覧

「糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸」に関する技術の関連情報です。 「糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸」 の関連技術、「化学物質名または化学構造式で記載された有機低分子化合物自体の発明」「糖誘導体の製造方法」 など、その他「糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸」の分野ページはこちら

糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸に所属する技術動向

糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸の分野に属する技術の状況としては、2017年に332件、2018年に330件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸の分野においては特に近年化学物質名または化学構造式で記載された有機低分子化合物自体の発明の分野における動向が活発であり、他にもこのサブクラスの他のグループに分類されない主題事項や 少なくても2個の異種原子を糖類基と共有する複素環を含有する化合物といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはギリアドファーマセットエルエルシーや株式会社林原、独立行政法人産業技術総合研究所が豊富な実績を残しており、 理化学研究所などは、 微生物または酵素,その組成物,微生物の増殖,保存,維持,突然変異または遺伝子工学,培地やサブクラスC12CからC12QまたはC12Sに関連し,微生物に関したインデキシング系列といった分野も含め、 メクト株式会社や第一三共株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】検体中の核酸を固相表面に吸着させた後、洗浄等を経て脱着させて核酸を分離精製する方法に使用する、分離性能に優れ、洗浄効率が良く、加工が容易であり、実質的に同一の分離性能を有する物を大量に生産可能である固相を使用した核酸の分離精製方法、及びその方法を実施するのに適した核酸分離精製ユニットを提供する。【解決手段】表面に水酸基を有する有機高分子から成る固相に核酸を吸着...

    核酸の分離精製方法

  2. 【課題】含カルシウム組織を強化する作用を持ち、安全に使用できる剤とその用途を提供することを課題とする。【解決手段】フラボン類、フラボノール類、フラバノン類、フラバノノール類、アントシアニジン類、フラバノール類、カルコン類又はオーロン類、又はその前駆体を1種又は2種以上を含有することを特徴とする含カルシウム組織強化剤を提供することによって上記課題を解決する。

    含カルシウム組織強化剤並びにその用途

  3. 【課題・解決手段】本発明は、流体試料中の核酸のような所望の物質をその他の物質から分離するための微小流体装置と方法である。好ましい実施形態では、装置は超微細加工されたチップ(20)を備える。チップは、入口ポート(28)と出口ポート(30)と、これらのポートと流体で連通する抽出チャンバ(26)とを有する。チャンバ(26)は、流体試料がチャンバに連続的に流れるときに流体試料...

    流体試料を操作するための微小構造体

  4. 【課題】COX-2、またはCOX-2およびNFκBによって媒介される疾病の治療または予防用の薬剤を提供する。【解決手段】式I【化1】〔式中、R1およびR4は水素または一緒になって結合を形成しており、R5〜R8は互いに独立に水素、ヒドロキシまたはメトキシを表し、さらにR7はグルコシド、ルチノシド、マンノグルコピラノシル、アピオシルグルコシドのような糖置換基を表し、R2お...

    フラボン類の新規利用法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)で表されるグルコピラノシル置換ベンゾール誘導体(式中、R1〜R6及びR7a、R7b、R7cは、請求項1記載のとおりである。)に関するもので、これらの互変異性体、立体異性体、混合物及び塩を含む化合物に関する。本発明の化合物は、代謝性疾患の治療に有用である。化1】。

    グルコピラノシル置換フェニル誘導体、該化合物を含有する医薬品及びその使用と製造方法

新着の技術

糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 本発明は、式(I)【化1】(式中、可変要素は、請求項中で定義された意味を有する)の新規な置換ヌクレオシドアナログに関する。本発明の化合物は、PRMT5阻害剤として有用である。本発明はさらに、有効成分として前記化合物を含む医薬組成物、および医薬としての前記化合物の使用に関する。

    PRMT5阻害剤として使用するための置換ヌクレオシドアナログ

  2. 【課題・解決手段】オピオイド受容体に関連する状態を治療するための式(I)の化合物を含有する医薬組成物。かかる化合物を用いてオピオイド受容体に関連する状態を治療する方法も開示する。2つの式(I)のチアゾリジノン化合物の群:(i)各々が90%を超える鏡像体過剰率を有する化合物、及び(ii)各々が重水素で置換された化合物を更に開示する。

    チアゾリジノン化合物及びその使用

  3. 【課題・解決手段】本発明は、エンドソーム分解剤と何ら組み合わせることのない、全身経路によるDBait分子の使用に関する。

    DBAIT分子の全身投与によるガンの処置

  4. 【課題・解決手段】本発明は、固形腫瘍又はリンパ系腫瘍を有する個体を処置するための方法を提供し、この方法は、腫瘍の部位に腫瘍溶解性ウイルスを局所的に投与することと、免疫調節薬(免疫調節薬の組み合わせを含む)を全身的に投与することと、を含む。方法は、腫瘍の部位への第2の免疫調節薬(免疫調節薬の組み合わせを含む)の局所投与を更に含んでよい。癌治療方法のための組成物及びキット...

    併用療法によって固形腫瘍又はリンパ系腫瘍を処置する方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、患者がエステルプロドラッグの処置に感受性であるかを評価するための診断および治療方法に関する。本発明の方法は、化学療法剤のエステルプロドラッグを用いた処置成功の評価のための予測値としての、腫瘍サンプルのカルボキシルエステラーゼ2(CES2)発現の分析を含む。あるいは、本発明は処置感受性を評価するための別の予測値としての、プロドラッグおよび活性...

    エトポシドプロドラッグで処置可能な癌の診断方法

糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON