構造不明の化合物 に関する技術一覧

「構造不明の化合物」に関する技術の関連情報です。 「構造不明の化合物」 の関連技術、「リグニン,リグニン誘導体」「抗生物質」 など、その他「構造不明の化合物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「構造不明の化合物」の分野ページはこちら

構造不明の化合物に所属する技術動向

構造不明の化合物の分野に属する技術の状況としては、2016年に6件、2017年に10件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、構造不明の化合物の分野においては特に近年ビチューミノスルホン酸アンモニウム,例.イヒチオールの分野における動向が活発であり、他にもホルモンや ビタミンといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては住友ベークライト株式会社や王子マテリア株式会社、独立行政法人産業技術総合研究所が豊富な実績を残しており、 キッコーマンソイフーズ株式会社などは、 医薬用,歯科用又は化粧用製剤やA21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料,その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理,食品または食料品の保存一般といった分野も含め、 株式会社紀文や株式会社紀文といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

構造不明の化合物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】現代日本社会は高齢化社会を迎えており、肥満、糖尿病をはじめとする生活習慣病の増加、医療費の増大などの問題がクローズアップされている。糖尿病患者および糖尿病予備軍は約1,300万人存在すると考えられており、彼らの健康を維持・補助することは非常に重要である。【解決手段】アカメガシワ、エンサイ、ベニバナボロギク、シチヘンゲ、 、ホソバワダン、モンパノキ、ボタンボウ...

    • 公開日:2003/01/29
    • 出願人: 沖縄県
    • 発明者: 豊川哲也 、...
    • 公開番号:2003-026694号

    二糖類分解酵素阻害物質

  2. 【構成】バラ科に属する果実の未熟果実より搾汁および/または抽出され、かつその画分が精製されて成る果実ポリフェノール。バラ科に属する果実の未熟果実より搾汁および/または抽出され且つ精製されてなる、ポリフェノール画分を有効成分とする酸化防止剤、血圧降下剤、抗変異原性作用剤、アレルギー抑制剤、抗う蝕剤及び消臭剤。【効果】各種の生理作用、特に抗酸化性、ACE阻害活性、抗変異原...

    果実ポリフェノールとその製造方法、酸化防止剤、血圧降下剤、抗変異原性作用剤、アレルギー抑制剤、抗う蝕剤及び消臭剤

  3. 【課題】食品素材中から十分な量のエストロゲン様活性物資を抽出し、それを使用した健康食品、医薬品等を提供すること。【解決手段】食用キノコから抽出されるエストロゲン様活性物質を用いる。

  4. 【課題】大麦焼酎蒸留残液から分取した肝障害(オロチン酸誘発性脂肪肝及びD-ガラクトサミン誘発性肝炎)の発症を強力に抑制する作用を有する精製濃縮物及びその製造方法を提供する。【解決手段】大麦を原料とする焼酎製造において副成する大麦焼酎蒸留残液を固液分離して液体分を得、該液体分を合成吸着剤を用いる吸着処理に付して吸着画分を得、該吸着画分をアルカリ又はエタノールを用いて溶出...

  5. 【課題】 新規なカバノアナタケの生理活性成分の抽出方法、生理活性成分組成物、機能性食品および抗酸化活性の増強方法を提供すること。【解決手段】 本発明のカバノアナタケの生理活性成分の抽出方法は、カバノアナタケにアミラーゼ、グルカナーゼ、マンナナーゼから選ばれる少なくとも1種の糖質分解酵素を加えて酵素処理を行った後、酵素処理物に対して抽出操作を行うことを特徴とする。本...

    新規なカバノアナタケの生理活性成分の抽出方法、生理活性成分組成物、機能性食品および抗酸化活性の増強方法

新着の技術

構造不明の化合物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】リグニンの構造中に導入でき、かつリグニンを易分解性とすることが可能な化合物を含む易分解性リグニン生成剤を提供する。【解決手段】一般式(1):[一般式(1)中、R1〜R3は同一又は異なって、水素原子、アルコキシ基、又はアルキル基を示し、R4は有機基を示す。nは0〜3の整数を示す。]で表される化合物を含む、易分解性リグニン生成剤。

    易分解性リグニン生成剤

  2. 【課題・解決手段】本発明は、リグニンおよび溶媒を含む組成物に関し、リグニンは、エーテル基で官能化されている。

    燃料生産用のエーテル官能化リグニン

  3. 【課題】食品製造における利用に適した乳酸菌発酵促進剤の提供。【解決手段】還元糖を含むアルカリ溶液を5℃以上135℃以下の温度に曝露して糖の着色反応を引き起こすことにより調製される溶液を含む、ストレプトコッカス・サーモフィルス用の発酵促進剤及びその製造方法、並びにその発酵促進剤を用いたストレプトコッカス・サーモフィルス用の発酵促進方法及び発酵乳等の発酵食品の製造方法。

    ストレプトコッカス・サーモフィルス発酵促進剤

  4. 【課題・解決手段】本発明は、好ましくは脱水を使用することによる、リグニン若しくはリグニン誘導体、またはそれらの組み合わせを含むスラリーの塩/イオン枯渇、及び/または灰の減少、及び/または脱硫、及び/または遊離糖枯渇、及び/または揮発性有機化合物枯渇等の精製、あるいは分画のためのプロセスに関する。また該プロセスから得られるリグニンまたはリグニン誘導体及びその使用方法を開示する。

    リグニンを含むスラリーを電場に供することによってリグニンを精製する方法

  5. 【課題】高付加価値材料の原料として使用することができるグリコールリグニンを、プラントスケールにて、安全に製造することができる製造方法の提供。【解決手段】(a)リグノセルロースをポリエチレングリコール、などのグリコール系蒸解溶媒で、酸触媒の存在下、常圧下で加溶媒分解する工程と、(b)グリコールリグニンを含む溶液画分と固形分とを分離する工程と、(c)硫酸で酸性化することに...

    グリコールリグニンの製造方法及びそのシステム

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

  • 太陽光発電・太陽電池・人工光合成

    2015年4月30日、米国の電気自動車ベンチャーTesla Motors社や宇宙開発ベンチャーSpa…

ページトップへ

構造不明の化合物の詳細カテゴリ一覧

構造不明の化合物の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

構造不明の化合物 ページ上部に戻る