周期律表の第3族の元素を含有する化合物 に関する技術一覧

「周期律表の第3族の元素を含有する化合物」に関する技術の関連情報です。 「周期律表の第3族の元素を含有する化合物」 の関連技術、「3族」「3A族,希土類」 など、その他「周期律表の第3族の元素を含有する化合物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「周期律表の第3族の元素を含有する化合物」の分野ページはこちら

周期律表の第3族の元素を含有する化合物に所属する技術動向

周期律表の第3族の元素を含有する化合物の分野に属する技術の状況としては、2016年に159件、2017年に174件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、周期律表の第3族の元素を含有する化合物の分野においては特に近年その他のものの分野における動向が活発であり、他にも3族や 3B族,A1族といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはサウスバンクユニバーシティエンタープライジーズリミテッドや株式会社日本触媒、コニカミノルタ株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社日本触媒などは、 独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調,非線形光学や他の一般的方法といった分野も含め、 国立大学法人京都大学や日本放送協会といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

周期律表の第3族の元素を含有する化合物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は一般に、複数の第1タイプ官能基を有するポリマー材料を含むポリマー金属錯体であって、前記官能基の少なくとも一部が、少なくとも1つの金属含有錯体、電荷を有する複数の第1タイプ官能基を有する少なくとも1つのポリマー材料を含むポリマー−金属錯体塩、および反対の電荷を有する少なくとも1つの金属錯体に配位している錯体に関する。本発明はさらに、ポリマー金属...

    ルミネセント金属錯体が結合したポリマーおよび前述のポリマーで製造されたデバイス

  2. 【課題】無機系蛍光体及び/又は希土類錯体系蛍光体を用いることにより高輝度でかつ保存性の高いエレクトロルミネッセンス素子の提供、及び該エレクトロルミネッセンス素子の応用により輝度の高いカラーフィルターを提供する。【解決手段】エレクトロルミネッセンス材料の少なくとも1種及び該エレクトロルミネッセンス材料の発光を吸収し該エレクトロルミネッセンス材料より発せられる極大発光波長...

    エレクトロルミネッセンス材料、エレクトロルミネッセンス素子及び色変換フィルター

  3. 【課題】長期にわたって安定した発光特性を維持する有機EL素子を得る。【解決手段】本発明は化学的に水分を吸着すると供に、他の物理的乾燥剤、化学的乾燥剤の固着剤としても作用する。化学的に安定なため、有機EL素子に悪影響を及ぼさず、ダークスポットの成長を抑えることができる乾燥剤を有した有機EL素子を提供する。有機EL材料が互いに対向する一対の電極間に挟持された構造を有する積...

    有機EL素子

  4. 【課題・解決手段】銅(I)N,N’−ジイソプロピルアセトアミジネートの蒸気と水素ガスとを交互に投与する複数回分の投与量を順次反応させて、加熱基板上に銅の金属薄膜を析出させる。コバルト(II)ビス(N,N’−ジイソプロピルアセトアミジネート)の蒸気と水素ガスとを交互に投与する複数回分の投与量を順次反応させて、加熱基板上にコバルトの金属薄膜を析出させる。これら金属の窒化物...

    金属アミジナートを用いる原子層の析出

  5. 【課題】一つ以上のフルオレン構造と、少なくとも一つ以上のカルバゾール構造とを有する有機電界発光化合物を提供する。【解決手段】優秀な電気的特性、発光特性及び高い電荷輸送能力を有しているので、赤色、緑色、青色、白色などのあらゆるカラーの蛍光と燐光ドーパントに適したホスト物質、及び電荷輸送物質として有用な有機電界発光化合物である。これにより、非常に優れた電流密度の特性に基づ...

    フルオレン系化合物、及びそれを利用した有機電界発光素子

新着の技術

周期律表の第3族の元素を含有する化合物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本明細書で開示されるのは、ジカルバ−クロソ−ドデカボランを含む化合物である。化合物は、例えば、エストロゲン受容体β(ERβ)アゴニストであり得る。いくつかの例において、化合物は、選択的ERβアゴニストであり得る。また、本明細書で提供されるのは、本明細書に記載の化合物若しくは組成物、又はその薬学的に許容される塩のうち1つ以上の治療有効量を被検体に投与す...

  2. 【課題・解決手段】本発明は、アルギナーゼに対して活性阻害活性を示す新規な種類の化合物、及び本発明の化合物を含む医薬組成物に関する。また、本発明のアルギナーゼ阻害剤でがんを治療する方法も提供する。

    アルギナーゼ活性を阻害する組成物及び方法

  3. 【課題・解決手段】本発明は、概して、潤滑油に使用される組成物に関する。ある態様において、本発明は、概して、アルキル基を有するボロキシン化合物を対象とし、アルキル基の1つ以上は、少なくとも8個の炭素原子を含有する。そのような化合物は、他のボロキシン化合物と比較して改善された加水分解安定性を呈し得る。そのようなボロキシン化合物は、例えば、エンジンにおけるシール適合性を改善...

  4. 【課題・解決手段】エストロゲン受容体調節化合物、(E)−3−(4−((E)−2−(2−クロロ−4−フルオロフェニル)−1−(1H−インダゾール−5−イル)ブタ−1−エン−1−イル)フェニル)アクリル酸(I):及びその塩、及び(I)の調製に有用な中間体を調製するためのプロセスが記載される。

    (E)−3−(4−((E)−2−(2−クロロ−4−フルオロフェニル)−1−(1H−インダゾール−5−イル)ブタ−1−エン−1−イル)フェニル)アクリル酸を調製するためのプロセス

  5. 【課題・解決手段】本発明は1,7−ジアリール−1,6−ヘプタジエン−3,5−ジオン誘導体、その製造および使用に関する。

    1,7−ジアリール−1,6−ヘプタジエン−3,5−ジオン誘導体、その製造方法および使用方法

周期律表の第3族の元素を含有する化合物 ページ上部に戻る