周期律表の第2族の元素を含有する化合物 に関する技術一覧

「周期律表の第2族の元素を含有する化合物」に関する技術の関連情報です。 「周期律表の第2族の元素を含有する化合物」 の関連技術、「2族」「2A族,アルカリ土類金属」 など、その他「周期律表の第2族の元素を含有する化合物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「周期律表の第2族の元素を含有する化合物」の分野ページはこちら

周期律表の第2族の元素を含有する化合物に所属する技術動向

周期律表の第2族の元素を含有する化合物の分野に属する技術の状況としては、2016年に35件、2017年に34件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、周期律表の第2族の元素を含有する化合物の分野においては特に近年Raの分野における動向が活発であり、他にもその他のものや 2B族といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては国立大学法人京都大学や富士フイルム株式会社、株式会社クラレが豊富な実績を残しており、 国立大学法人京都大学などは、 突然変異または遺伝子工学や有機活性成分を含有する医薬品製剤といった分野も含め、 株式会社クラレや新日鐵住金株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

周期律表の第2族の元素を含有する化合物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】銅(I)N,N’−ジイソプロピルアセトアミジネートの蒸気と水素ガスとを交互に投与する複数回分の投与量を順次反応させて、加熱基板上に銅の金属薄膜を析出させる。コバルト(II)ビス(N,N’−ジイソプロピルアセトアミジネート)の蒸気と水素ガスとを交互に投与する複数回分の投与量を順次反応させて、加熱基板上にコバルトの金属薄膜を析出させる。これら金属の窒化物...

    金属アミジナートを用いる原子層の析出

  2. 【課題】青色、緑色、赤色に配置された原色カラーフィルタ用に有用であって、色純度に優れ、薄層化可能な高いモル吸光係数を有し、且つ堅牢性に優れた感光性着色硬化性組成物を提供する。【解決手段】着色剤として、下記一般式(I)で表されるジピロメテン系化合物と、金属又は金属化合物と、から得られるジピロメテン系金属錯体化合物を含有する感光性着色硬化性組成物。〔一般式(I)中、R1〜...

  3. 【課題】金属含有膜を作製するために使用される多座β−ケトイミナートの金属含有錯体を提供する。【解決手段】例えば、ビス(2,2−ジメチルー5−(ジメチルアミノエチルーイミノ)ー3ーヘキサノナートーN,O,N’)ストロンチウムやトリス(2,2−ジメチルー5−(ジメチルアミノエチルーイミノ)ー3ーヘキサノナート)イットリウムなどの化合物が挙げられる。

    多座配位β−ケトイミナート金属錯体

  4. 【課題】立体規則性や重合活性等の性能を低下させることなく嵩密度が高くかつ粒径分布も狭いオレフィン重合体を与えるオレフィン重合触媒を提供する。【解決手段】(A)金属マグネシウム、アルコール、及びマグネシウム1グラム原子に対し0.0001グラム原子以上の量のハロゲン原子を含むハロゲン及び/ 又はハロゲン含有化合物を30〜60℃にて反応させて得られるマグネシウム化合物とチタ...

    マグネシウム化合物、オレフィン重合触媒及びオレフィン重合体の製造方法

  5. 技術 発光素子

    【課題】発光特性、耐久性に優れる発光素子を提供する。【解決手段】一対の電極間に発光層もしくは発光層を含む複数の有機化合物層を形成した発光素子において、発光層中に下記一般式(1)で表される化合物を少なくとも1種と、金属錯体を少なくとも1種とを含むことを特徴とする発光素子。【化1】(式中、Ar11,Ar21,Ar31 はアリーレン基を表し、Ar12,Ar22,Ar32 は...

    発光素子

新着の技術

周期律表の第2族の元素を含有する化合物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本特許出願は、少なくとも1個のN−アミノグアニジナート配位子を有する新規金属錯体に関する。本特許出願は、新規金属錯体の調製に更に関し、また、その使用に関する。新規金属錯体は、CVD、MO−CVD、MOVPE、及びALDなどの気相薄膜処理による機能層の調製用の前駆体として特に好適である。加えて、新規金属錯体はまた、オレフィンヒドロアミノ化用の触媒及びオ...

    薄膜の製造及び触媒において使用するための新規金属N−アミノグアニジナート錯体

  2. 【課題・解決手段】本発明は、マトリックスを備えた有機電子素子に関し、このマトリックスは、p型ドーパントとして亜鉛錯体を含み、この亜鉛錯体は、また、次の構造の少なくとも1つの配位子を含む:式(I)、式中、R1及びR2は、互いに無関係に、酸素、硫黄、セレン、NH又はNR4であることができ、ここで、R4は、アルキル又はアリールを含む群から選択されていて、かつR3と結合されて...

    有機電子素子、有機電子マトリックス材料用のp型ドーピング剤としての亜鉛錯体の使用

  3. 【課題】互いに細孔径が異なる複数の層を有する多孔体を、従来よりも容易に製造することが可能な、多孔体の製造方法を提供する。【解決手段】金属イオンと有機配位子とを含む原料溶液を加熱することにより相互貫入型の金属有機構造体層を合成する第1合成工程と、該第1合成工程の後に、原料溶液における金属イオン及び有機配位子の濃度、及び/又は、加熱温度が第1合成工程よりも低い条件で、非相...

    多孔体の製造方法

  4. 【課題・解決手段】本発明は、非求核的なアルコキシド系マグネシウム塩を用いて、酸化分解電位が高く、マグネシウムの溶解析出が繰り返し安定して進行する電解液の提供を目的とする。(1) 下記一般式(I)で示される化合物とルイス酸と溶媒を混合してなる、マグネシウム電池用電解液:、(2)上記電解液、正極及び負極を含む電気化学デバイス、及び(3) 下記一般式(I’)で示される化合物に関する。

    マグネシウム含有電解液

  5. 【課題・解決手段】本発明は、非プロトン性溶媒中での金属アルキル化合物M(R10R11)と混合した形のアルカリ土類アルコキシド化合物M(OCH2R6)2-a-b(OR7)a[O(CHR8)nOR9]bの濃縮された低粘度の溶液に関し、上記式中、Mは、Mg、Ca、Ba、Srから選択されるアルカリ土類金属であり;OCH2R6は、O官能基を基準として2位に分枝を示す、少なくとも...

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

ページトップへ

周期律表の第2族の元素を含有する化合物の詳細カテゴリ一覧

周期律表の第2族の元素を含有する化合物の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

周期律表の第2族の元素を含有する化合物 ページ上部に戻る