メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物 に関する技術一覧

「メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物」に関する技術の関連情報です。 「メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物」 」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜50件を表示(902件中)1/19ページ目

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 19
  9. 次へ
  1. 【課題】酸化性ガスを用いない条件下でコバルト含有薄膜を製造するのに有用な、気化特性に優れたコバルト錯体を提供する。【解決手段】一般式(1)【化1】(式中、R1、R2及びR3は、各々独立に水素原子又は炭素数1〜4のアルキル基を表す。Lは炭素数4〜10のジエンを表す。)で示されるコバルト錯体。

    コバルト錯体及びその製造方法、コバルト含有薄膜及びその製造方法

  2. 技術 金属錯体

    【課題・解決手段】本発明は、金属錯体に関し、さらに、これらの金属錯体を含んでなる電子素子、特に有機エレクトロルミネッセンス素子に関する。

  3. 【課題・解決手段】本発明の課題は、良好な安定性と発光性とを兼ね備え、素子の発光効率や発光寿命を向上させることが可能な有機金属錯体、これを含有した有機エレクトロルミネッセンス素子及びその製造方法、表示装置並びに照明装置を提供することである。本発明の有機金属錯体は、元素周期表における8族〜11族の金属を中心金属(例;イリジウム等)として有し、架橋基によって互いに連結された...

    有機金属錯体、有機エレクトロルミネッセンス素子及びその製造方法、表示装置並びに照明装置

  4. 【課題・解決手段】本明細書では、標的細胞または組織に1つ以上のペイロード部分を送達することのできるシリコン系複合体が記載される。想定される複合体は、シリコン−ヘテロ原子コアと、1つ以上の任意選択の触媒部分と、標的細胞または組織内での複合体の蓄積を可能にする標的化部分と、1つ以上のペイロード部分(例えば、治療剤または造影剤)と、シリコン−ヘテロ原子コアに共有結合した2つ...

    シリコン系薬物複合体及びその使用方法

  5. 【課題・解決手段】本発明のシリルホスフィン化合物の製造方法は、比誘電率が4以下である溶媒と、塩基性化合物と、シリル化剤と、ホスフィンとを混合してシリルホスフィン化合物を含む溶液を得る第一工程、シリルホスフィン化合物を含む溶液から溶媒を除去してシリルホスフィン化合物の濃縮液を得る第二工程、及び、シリルホスフィン化合物の濃縮液を蒸留することによりシリルホスフィン化合物を得...

    シリルホスフィン化合物の製造方法及びシリルホスフィン化合物

  6. 【課題】4種以上、特に5種以上の多数種の異種金属の異種金属塩化合物を、合計の金属原子数が60より少なくなるように、環境の異なる部位ごとに精密集積可能なデンドリマーの異種金属塩集積体とその製造方法、およびこのデンドリマーの異種金属塩集積体を用いたサブナノ金属粒子の製造方法を提供する。【解決手段】互いに金属種が異なる4種以上の異種金属塩化合物が、次式(I):【化1】(式中...

    4種以上の異種金属塩化合物を精密集積したデンドリマーの異種金属塩集積体とサブナノ金属粒子の製造方法

  7. 【課題】触媒活性が高く、より立体規則性の低い軟質なオレフィン系重合体を合成し得る遷移金属化合物触媒とオレフィン系重合体の製造方法の提供。【解決手段】式(IV)で表される化合物。(Xはσ結合性又はπ結合性の配位子;Yはルイス塩基;Yは他のYやXと架橋していてもよい;qは1〜5の整数で[(Mの原子価)−2];rは0〜3の整数;R1及びR2は夫々独立にH又ハロゲン、アルキル...

  8. 【課題・解決手段】本発明は、可能性のある骨イメージング剤ならびに骨腫瘍および転移を処置するための治療剤である式(I)または式(II)による化合物に関する。68Gaで標識された特定の化合物は、優れた骨取り込みおよび保持を示した。本発明はまた、薬学的に許容される担体および式(I)もしくは式(II)の化合物またはその薬学的に許容される塩を含む医薬組成物にも関する。本発明の一...

    HBED−ビスホスホネート、その放射性金属コンジュゲート、およびセラノスティック剤としてのそれらの使用

  9. 【課題】ボリルシリルエーテルを効率良く製造することができるボリルシリルエーテルの製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】周期表第10族元素及び/又は周期表第11族元素を含む触媒の存在下でシラノールとジボランとを反応させることにより、ボリルシリルエーテルを効率良く生成することができる。

  10. 【課題・解決手段】新規な4族金属元素含有化合物、前記4族金属元素含有化合物の製造方法、前記4族金属元素含有化合物を含む膜蒸着用前駆体組成物、及び前記前駆体組成物を利用する4族金属元素含有膜の蒸着方法を提供する。

    4族金属元素含有化合物、この製造方法、これを含む膜蒸着用前駆体組成物、及びこれを利用する膜の蒸着方法

  11. 【課題】コバルト含有膜の堆積に好適なコバルト化合物の提供。【解決手段】式で表されるコバルト含有化合物。(R1、R2、R3、R4及びR5は各々独立してH及び直鎖、環状又は分岐炭化水素基からなる群から選択される。但し(a)R1及びR2及びR3が炭化水素基である場合にR1≠R2及び/又はR3であり、(b)R3がHである場合にR1及びR2は炭化水素基であり、又は(c)R2及び...

    コバルト含有化合物、その合成及びコバルト含有膜の堆積におけるその使用

  12. 【課題・解決手段】本発明は、インデニル−テトラヒドロインデニル系メタロセン化合物及びその製造方法に関する。インデニル−テトラヒドロインデニル系メタロセン化合物は、ビスインデニル系メタロセン化合物の部分水素化反応によって生成できる。

    メタロセン化合物及びその製造方法

  13. 【課題・解決手段】本発明は、接触水素化の分野に関し、より具体的には、1個のアミノ配位性基またはイミノ配位性基および2個のホスフィノ配位性基を有する三座配位子を有するFe錯体の、ケトンまたはアルデヒドをそれぞれ相応のアルコールまたはジオールへと還元するための水素化法における使用に関する。

  14. 【課題・解決手段】本明細書では、紫外線(「UV」)放射および任意選択的に(しかし、好ましくは)380nm〜440nmの波長を有するバイオレット放射を遮断し、それにより、UV放射によって引き起こされるおよび潜在的にバイオレット放射による損傷からある程度まで目を保護することが可能なUV吸収コンタクトレンズを製造する費用効果的かつ時間効率的な方法のためのアシルゲルマニウム光...

  15. 本発明は、ルテニウム二核錯体(2A)と化合物(3A)を第1級アルコール及び塩基の存在下で反応させることにより、ルテニウム錯体(1A)を効率的に製造する方法に関する。また、ルテニウム二核錯体(4A)に対して第1級アルコールと塩基を作用させることによっても、ルテニウム錯体(1A)を効率的に製造することが出来る。【化1】(式中、実線、三重線、破線、C、H、N、O、P、Ru、...

    ルテニウム錯体の製造方法

  16. 【課題】ポリマー合成のための触媒および方法を提供すること。【解決手段】本発明は、2つ以上の金属中心を有するオリゴマー金属錯体、およびそのような錯体を使用する方法を提供する。提供される金属錯体は、二酸化炭素とエポキシドとの共重合に有用である。本発明は、特に、2つ以上の金属中心を有し、連結活性化部分を含む金属錯体を提供する。本発明は、そのような錯体を使用する方法も提供する...

  17. 【課題・解決手段】本発明は、蛍光性シロキサンエラストマー、それの製造法及び使用に関する。前記蛍光性シロキサンエラストマーは、その網状構造内に以下の構造要素を含む:式中、・R1及びR2は、同一かまたは異なり、互いに独立してそれぞれメチル置換基、フェニル置換基、ビニル置換基またはH原子を意味し;・Xは、炭素原子数が2〜6の飽和または不飽和炭化水素基を意味し;・Aは、酸素原...

    蛍光性シロキサンエラストマー、それの製造方法及び使用

  18. 【課題・解決手段】原子層堆積(ALD)および化学気相堆積(CVD)のような化学相堆積工程に有用な有機金属化合物。この化合物は、化学式1:[{R1R2R3(A))x−M(CO)y]zに該当し、ここで、R1、R2、およびR3の少なくとも1つがH以外である条件で、R1、R2、およびR3は、H、低級アルキル基、および独立して選択される少なくとも1つの低級アルキル基で置換されて...

    化学相堆積に有用な有機金属化合物

  19. 【課題・解決手段】処理組成物、及び処理組成物を用いることにより、基材の表面を処理する方法、及び上に処理組成物を上に有する半導体又はMEMS基材。

    基材の表面を処理する組成物、方法及びデバイス

  20. 従来のアンモニウム塩に比べ高い抗ウィルス活性を有する抗ウィルス剤を提供すること。一般式(1)で表されるホスホニウム塩及びその加水分解縮合物から選ばれる1種以上を含有することを特徴とする抗ウィルス剤。一般式(1): 【化1】 (式(1)中、R1、R2及びR3は、炭素数1〜18の直鎖状又は分岐状のアルキル基である。R1〜R3は、同一の基でも、それぞれが異なる基であって...

    抗ウィルス剤、抗ウィルス剤組成物及び抗ウィルス材料

  21. 本発明は、基材上に薄い無機膜を生成するための方法の分野に属する。特に本発明は、一般式(I)の化合物を気体状態又はエアロゾル状態にすること、【化1】 及び、気体状態又はエアロゾル状態から一般式(I)の化合物を固体基材上に堆積させることを含む方法に関する(式中、 R1、R2、R3、R4は、互いに独立して、水素、アルキル基、アリール基、又はAをアルキル又はアリール基とす...

    薄い無機膜の生成方法

  22. 【課題】蒸気圧が高く、融点が低く、熱安定性が高く、且つ高品質な金属含有薄膜を製造することができる薄膜形成用原料を提供すること。【解決手段】下記一般式(2): 【化1】(式中、R9、R10、R11、R12及びR13は各々独立に水素、炭素原子数1〜4の直鎖若しくは分岐状のアルキル基又は炭素原子数3〜12のトリアルキルシリル基を表し、R14、R15及びR16は各々独立...

    化合物、薄膜形成用原料及び薄膜の製造方法

  23. 【課題・解決手段】リン脂質の脂質側鎖に共有結合したテキサフィリン、テキサフィリン誘導体またはテキサフィリン類似体を含むテキサフィリン−リン脂質複合体を本明細書で提供する。

    テキサフィリン−リン脂質複合体及びその調製方法

  24. 【課題・解決手段】本発明は、サリチルヒドロキサム酸又はその誘導体のような鋳型配位子により、Ga(III)及びLn(III)カチオンを組み込んだヘテロ金属メタラクラウン化合物であって、前記メタラクラウンが少なくとも1つの繰り返し[−Ga−N−O−]サブユニットを含有し、前記N−Oが前記鋳型配位子から誘導されている、ヘテロ金属メタラクラウン化合物に関する。

    Ln(III)及びGa(III)のメタラクラウン錯体

  25. 【課題・解決手段】本発明は、新規なメタロセン化合物に関する。本発明に係るメタロセン化合物は、オレフィン系重合体の製造時に使用可能であり、活性に優れ、構造的、電気的立体障害効果によって類似構造の触媒組成物を用いる時に比べて、相対的に高い分子量のオレフィン系重合体を効果的に製造することができる。

  26. 【課題】新規なN2−ホスフィニルグアニジン金属塩錯体、N2−ホスフィニルグアニジン金属塩錯体を含む触媒系、およびN2−ホスフィニルグアニジン金属塩錯体を含む触媒系を作製するプロセスを提供する。【解決手段】本出願は、N2−ホスフィニルグアニジン金属塩錯体に関する。本出願はまた、N2−ホスフィニルグアニジン金属塩錯体を含む触媒系およびN2−ホスフィニルグアニジン金属塩錯体...

  27. 【課題】長鎖エチレン性不飽和化合物のアルコキシカルボニル化、およびエチレン性不飽和化合物の混合物のアルコキシカルボニル化の高収率製法の提供。【解決手段】式(I)で表される1,1’−ビス(ホスフィノ)フェロセン化合物とPdを含む触媒を用いて、エチレン性不飽和化合物をエステルへと転化させる製法。(R1及びR3は夫々独立に、C3〜20のヘテロアリール基、C1〜12のアルキル...

  28. 【課題】エステルの良好な収率を達成し得るアルコキシカルボニル化のための新規なリガンド及び該リガンドを含む触媒としてのジアステレオマー混合物の提供。【解決手段】特定のモル比で存在する、2つのリン原子上で少なくとも1つのヘテロアリール基によりそれぞれ置換された1,1’−ビス(ホスフィノ)化合物のジアステレオマー混合物であって、2つの特定のジアステレオマーを有する。例えば、...

  29. 【課題】酸化性ガスを用いない条件下でコバルト含有薄膜を作製するのに有用なコバルト錯体を提供する。【解決手段】式(1)で示されるコバルト錯体。(R1は、3個の各々独立な炭素数1〜6のアルキル基を有するシリルオキシ基;R2はH、C1〜6のアルキル基又はR1;R3〜R5は各々独立にH又はC1〜6のアルキル基;Lは炭素数4〜10のジエン)。

    置換シクロペンタジエニルコバルト錯体及びその製造方法、コバルト含有薄膜及びその作製方法

  30. 【課題】立体制御されたリン原子修飾オリゴヌクレオチド誘導体の合成に有用な新規キラル試薬の提供。【解決手段】下記式(I’)で表されるピロリジン骨格を有するキラル試薬、並びに、前記キラル試薬とヌクレオシド誘導体を三塩化リン等のP原子導入試薬の存在下で反応させることにより得られるヌクレオシド3’−ホスホルアミダイト誘導体。(G1はH、フェニル基等;G2はニトロ基等で置換され...

    不斉補助基

  31. 【課題・解決手段】本発明は、新規なメタロセン化合物、これを含む触媒組成物およびこれを用いるポリオレフィンの製造方法に関するものである。本発明によるメタロセン化合物およびこれを含む触媒組成物は、ポリオレフィンの製造時に使用することができ、重合性に優れ、超高分子量のポリオレフィンを製造することができる。特に、本発明によるメタロセン化合物を用いると、担体への担持時にも高い重...

  32. 本発明は、下記の化学式(I)で表される化学構造を有するヘテロ原子含有π−配位子のメタロセン錯体及びその製造方法、その触媒系及び触媒系の応用に関する: 【化41】 ただし、Mは元素の周期表における第3族、第4族、第5族、又は第6族の遷移金属元素であり、ランタノイド系やアクチノイド系元素であってもよい。Xは、お互いに同一であっても異なっていてもよく、水素元素、ハロ...

    ヘテロ原子含有π−配位子のメタロセン錯体及びその製造方法、その触媒系及び触媒系の応用

  33. 【課題・解決手段】本発明は、[Mn4CaO4]核構造を含む水分解触媒の製造方法、及びその使用に関するものである。本発明は、安価な金属イオン(Mn2+、Ca2+イオン)と、簡単なカルボキシル基リガンドと、過マンガン酸塩との化学合成により[Mn4CaO4]核構造を含むクラスターを提供する。なお、これらの空間構造に対して単結晶X-ray回折測定を行い、電子スペックトル、電気...

    Mn4CaO4核構造を含む水分解触媒、その製造方法及びその使用

  34. 【課題】高い酸化還元反応性を示す多電子酸化還元触媒の提供。【解決手段】7〜14員環のククルビット構造を有する環状化合物に包摂される嵩高化合物とからなる触媒であって、嵩高化合物は、下記化学式で表される金属ポルフィリン化合物と、金属ポルフィリン化合物、下記化学式で表される金属ビピリジン化合物(II)、及び金属ビピリジン化合物(III)からなる群より選択される化合物との2分...

    多電子酸化還元触媒

  35. 【課題】合成が容易な面性不斉カルベン配位子の提供。【解決手段】式(1)の面性不斉イミニウム塩誘導体から合成できるカルベン。(R1〜R9は、H、置換/非置換のC1〜C20炭化水素基、置換/非置換のC1〜C20アルコキシ基、置換/非置換のC6〜C20アリ−ルオキシ基、置換/非置換のアミノ基、置換/非置換のホスフィノ基、置換/非置換のシリル基、置換/非置換のアルキルチオ基、...

  36. 【課題・解決手段】本明細書に記載の発明は、新規な化合物、これを含む色変換フィルム、バックライトユニットおよびディスプレイ装置に関する。

    金属錯体およびこれを含む色変換フィルム

  37. 【課題・解決手段】本発明は、新規なメタロセン化合物、これを含む触媒組成物およびこれを用いるオレフィン系重合体の製造方法に関するものである。本発明によるメタロセン化合物およびこれを含む触媒組成物は、オレフィン系重合体の製造時に使用することができ、重合性に優れ、高分子量のオレフィン系重合体を製造することができる。特に、本発明によるメタロセン化合物を用いると、担体への担持時...

  38. 【課題・解決手段】式(1)に係る配位子成分を形成する:R12P−X−N=C(R2)−Y(式中、R1は、Ph又はCyc又はC1〜C20置換若しくは非置換アルキル基であり、各Phは、置換又は非置換フェニル基であり、各Cycは、置換又は非置換シクロアルキル基であり、Xは、非置換アリーレン又はC2〜C3置換若しくは非置換アルキレンであり、R2は、H、メチル又はPhであり、Yは...

  39. 【課題】α−オレフィン重合体及び共重合体、特に分子量の高い重合体の製造用の、優れた重合活性を有する新規な触媒成分、並びにそれを用いたα−オレフィン重合体及び共重合体の製造方法を提供する。【解決手段】式[I]又は[II]で表される化合物と、周期表の9族、10族又は11族に属する遷移金属を含む遷移金属化合物とを接触させることにより得られる金属錯体。[R1はC1〜30の直鎖...

  40. 【課題】α−オレフィン重合体の製造用の新規な触媒成分、並びにそれを用いたα−オレフィン重合体及び共重合体の製造方法を提供する。【解決手段】式[I]又は[II]で表される化合物と、周期表の9族〜11族に属する遷移金属を含む遷移金属化合物とを接触させて得られる金属錯体。[R1〜R4はH、ハロゲン、アルキル、アリール、NO2、CN等;R5及びR6はアルキル、アルケニル等;E...

    金属錯体およびその製造方法、当該金属錯体を含むオレフィン重合用触媒成分およびオレフィン重合用触媒、並びに、当該オレフィン重合用触媒を用いたα−オレフィン重合体及び共重合体の製造方法

  41. 【課題・解決手段】本発明は、希土類元素イオンによる3次元ネットワーク構造有する錯体を提供できる新たな有機配位子の提供、及びこの有機配位子を用いた新しい機能を有する希土類元素イオンを含有する新たな高分子錯体を提供する。上記高分子錯体の製造方法及び用途を提供する。本発明は、一般式(10)で示される繰り返し単位を有する高分子錯体に関する。Ar11、Ar12及びAr13は、ア...

    高分子錯体及びその製造方法

  42. 以下の式【化1】 の一方を有するゲルマニウムおよびジルコニウム含有前駆体を含むジルコニウム含有膜形成組成物が開示されており、式中、各R1、R2、R3、R4、R5、R6、R7、R8、R9およびR10は、H;C1−C5直鎖、分岐もしくは環式アルキル基;および、C1−C5直鎖、分岐もしくは環式フルオロアルキル基から独立して選択される。本開示の組成物の合成方法、ならびに本開...

    ジルコニウム含有膜を蒸着するためのジルコニウム含有膜形成組成物

  43. 技術 組成物

    【課題】材料中での電荷移動に優れる組成物、その製造方法、及びその利用方法の提供。【解決手段】カチオンとアニオンとを含む結晶性粒子を有する組成物であって、前記カチオンの10〜95モル%が第14族元素カチオンであり、前記カチオンの5〜90モル%が対カチオンであり、ここで、当該対カチオンが、2種類以上のカチオンを含み、前記対カチオンの1〜99モル%好ましくは、3〜45モル%...

  44. 【課題】キラルな光物性を示す希土類錯体ポリマーおよびそれを利用した光学機能材料を提供する。【解決手段】式(1)で示される希土類錯体ポリマー。(Aはビナフチル骨格を有する2価の有機基;Lはβ−ジケトナート基;AとLの少なくともいずれか一方は光学活性;E及びGは夫々独立にO、S、Se又はTe;R1〜R4は夫々独立にC1〜10のアルキル基、置換/非置換の1価の芳香族基、C1...

    キラル型希土類錯体ポリマーおよびそれを用いた光学機能材料

  45. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)を有することを特徴とする高分子遷移金属錯体、それらの調製のためのプロセス、ならびに二座および単座マクロ配位子に関する。本発明はまた、前記高分子遷移金属錯体を含有する医薬組成物および医薬に関し、かつ前記医薬組成物、医薬、および高分子遷移金属錯体の、癌療法および/または癌予防のための、固形腫瘍、液性腫瘍、および/もしくは転移における...

    癌治療のための高分子遷移金属錯体およびそれらの調製のためのプロセス

  46. 【課題・解決手段】1つの実施態様において、本願は、ジヒドロベンゾ[1,3]オキサホスフォール骨格からの配位子などの配位子、および該配位子を含むパラジウムまたはその他の遷移金属錯体、ならびに水性ミセル触媒条件下、高い選択性および効率でクロスカップリング反応および不斉クロスカップリング反応を行う方法を開示する。

  47. 【課題・解決手段】本発明は、新規な4族遷移金属化合物、前記化合物の製造方法、前記化合物を含む触媒組成物及び前記触媒組成物の存在下、オレフィン単量体の重合反応を行う段階を含むポリオレフィンの製造方法に関する。本発明の4族遷移金属化合物は、ポリオレフィン合成反応において優れた触媒活性を示すだけでなく、熱的安定性に優れるため、高温におけるポリオレフィン合成反応にも使用可能で...

    新規な4族遷移金属化合物及びその用途

  48. 【課題・解決手段】式(I)の新規の非対称メタロセン触媒化合物、および式(I)の化合物を含む触媒組成物が、開示される。オレフィン重合反応におけるかかる触媒化合物および組成物の使用、ならびにオレフィンを重合する方法もまた、開示される。先行技術の化合物および組成物と比較した場合、本発明の触媒化合物および組成物は、オレフィンの重合において、より高い活性がある。

    メタロセンおよび重合触媒としてのその使用

  49. 【課題・解決手段】本発明は、新規なリガンド化合物、遷移金属化合物及びこれを含む触媒組成物に関する。本発明の新規なリガンド化合物及び遷移金属化合物は、CGC触媒に比べて低密度を有するオレフィン系重合体の製造において、重合反応の触媒として有用に用いられ得る。また、前記遷移金属化合物を含む触媒組成物を用いて重合したオレフィン重合体は、溶融指数(MI)の低い高分子量の製品製造...

  50. 【課題】磁性ナノ粒子固定化触媒として、カルボニル化合物のシアノシリル化反応に用いられる新規な磁性ナノ粒子固定化炭酸水素イミダゾリウムを提供する。【解決手段】 【化1】(式中、R1は炭素数が1〜4のアルキル基、R2は炭素数が1〜20の炭化水素基である。nは1〜30のいずれかの整数である。)で表される炭酸水素イミダゾリウムが、当該一般式中のSiに結合する3つのR1−...

    メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物の詳細カテゴリ一覧

    メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    該当するデータがありません

    メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物 ページ上部に戻る

    公開年

    周辺技術分野

    整理標準化データをもとに当社作成

    分野番号表示ON