メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物 に関する技術一覧

「メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物」に関する技術の関連情報です。 「メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物」 」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜50件を表示(857件中)1/18ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)を有することを特徴とする高分子遷移金属錯体、それらの調製のためのプロセス、ならびに二座および単座マクロ配位子に関する。本発明はまた、前記高分子遷移金属錯体を含有する医薬組成物および医薬に関し、かつ前記医薬組成物、医薬、および高分子遷移金属錯体の、癌療法および/または癌予防のための、固形腫瘍、液性腫瘍、および/もしくは転移における...

    癌治療のための高分子遷移金属錯体およびそれらの調製のためのプロセス

  2. 【課題・解決手段】1つの実施態様において、本願は、ジヒドロベンゾ[1,3]オキサホスフォール骨格からの配位子などの配位子、および該配位子を含むパラジウムまたはその他の遷移金属錯体、ならびに水性ミセル触媒条件下、高い選択性および効率でクロスカップリング反応および不斉クロスカップリング反応を行う方法を開示する。

  3. 【課題・解決手段】本発明は、新規な4族遷移金属化合物、前記化合物の製造方法、前記化合物を含む触媒組成物及び前記触媒組成物の存在下、オレフィン単量体の重合反応を行う段階を含むポリオレフィンの製造方法に関する。本発明の4族遷移金属化合物は、ポリオレフィン合成反応において優れた触媒活性を示すだけでなく、熱的安定性に優れるため、高温におけるポリオレフィン合成反応にも使用可能で...

    新規な4族遷移金属化合物及びその用途

  4. 【課題・解決手段】式(I)の新規の非対称メタロセン触媒化合物、および式(I)の化合物を含む触媒組成物が、開示される。オレフィン重合反応におけるかかる触媒化合物および組成物の使用、ならびにオレフィンを重合する方法もまた、開示される。先行技術の化合物および組成物と比較した場合、本発明の触媒化合物および組成物は、オレフィンの重合において、より高い活性がある。

    メタロセンおよび重合触媒としてのその使用

  5. 【課題・解決手段】本発明は、新規なリガンド化合物、遷移金属化合物及びこれを含む触媒組成物に関する。本発明の新規なリガンド化合物及び遷移金属化合物は、CGC触媒に比べて低密度を有するオレフィン系重合体の製造において、重合反応の触媒として有用に用いられ得る。また、前記遷移金属化合物を含む触媒組成物を用いて重合したオレフィン重合体は、溶融指数(MI)の低い高分子量の製品製造...

  6. 【課題】磁性ナノ粒子固定化触媒として、カルボニル化合物のシアノシリル化反応に用いられる新規な磁性ナノ粒子固定化炭酸水素イミダゾリウムを提供する。【解決手段】 【化1】(式中、R1は炭素数が1〜4のアルキル基、R2は炭素数が1〜20の炭化水素基である。nは1〜30のいずれかの整数である。)で表される炭酸水素イミダゾリウムが、当該一般式中のSiに結合する3つのR1−...

  7. 【課題・解決手段】本願では、エネルギー組成物およびその製造方法が開示される。組成物は、過塩素酸塩または硝酸塩含有酸化剤粒子と、高分子バインダと、ホウ素化フェロセン誘導体結合剤と、を有し、前記ホウ素化フェロセン誘導体結合剤は、前記過塩素酸塩または硝酸塩含有酸化剤粒子の少なくとも一部の表面に結合され、ルイス錯体を形成する。

  8. 【課題・解決手段】本発明は、3配位有機ゲルマニウム触媒を用いた、ケトン官能基、アルデヒド官能基、アルケン官能基及び/又はアルキン官能基を少なくとも1個含む不飽和化合物とヒドロゲノシリル官能基を少なくとも1個含む化合物とのヒドロシリル化方法に関する。

  9. 【課題】フルオレン骨格を含む特定の構造の配位子を用いて、メタロセン化合物である触媒を、ジエチルエーテルを除く非プロトン性溶媒を用いて製造する、触媒の製造方法を提供すること。【解決手段】フルオレン骨格を含む特定の構造の配位子に対して、特定量且つ特定の構造の有機リチウム化合物をジエチルエーテルを除く非プロトン性溶媒中で反応させる工程(I)と、工程(I)の生成物に、それぞれ...

  10. 【課題】フルオレン骨格を含む特定の構造の配位子を用いて、メタロセン化合物である触媒を、高純度且つ高収率で製造できる触媒の製造方法を提供すること。【解決手段】フルオレン骨格を含む特定の構造の配位子と、当該配位子に対して2.2〜3.8モル当量の特定の構造の有機リチウム化合物を反応させる工程(I)と、工程(I)の生成物に、ハロゲン原子等を有するTi化合物、Zr化合物、又はH...

  11. 【課題】フルオレン骨格を含む特定の構造の配位子を用いて、メタロセン化合物である触媒を、高純度且つ高収率で製造できる触媒の製造方法を提供すること。【解決手段】フルオレン骨格を含む特定の構造の配位子に対して、特定量且つ特定の構造の有機リチウム化合物を反応させる工程(I)と、工程(I)の生成物に、それぞれ所定の構造のMg化合物、Zn化合物、及びAl化合物からなる群より選択さ...

  12. 【課題】有機発光デバイスにおける発光体として有用なジベンゾ[1,4]アザボリンを含む化合物の提供。【解決手段】Ir、Pt等の中心金属に配位する配位子が、ジベンゾ[1,4]アザボリン構造を含み、該アザボリンのNとBが金属に配位していない、下記化合物1−11、1−12に例示される、ジベンゾ[1,4]アザボリンを配位子中に含む化合物。

    ジベンゾ[1,4]アザボリニン構造を含むリン光発光体

  13. 【課題】磁性ナノ粒子固定化触媒として、炭素−炭素多重結合への付加反応に用いられる新規な磁性ナノ粒子固定化含窒素複素環カルベン−金(I)錯体の提供。【解決手段】下式で表される含窒素複素環カルベン−金(I)錯体が、当該一般式中のSiに結合する3つのR1−O−基の少なくとも1つが磁性ナノ粒子中の酸素原子と置き換わることにより、当該磁性ナノ粒子に固定化された構造を含有する、磁...

  14. 【課題】通常時と紫外線照射下で異なる模様や情報を明確に表示できる三次元造形物を作成するためのフィラメントを提供すること。【解決手段】樹脂、及び紫外線照射下において赤色発光するユーロピウム系化合物、青色発光するナフタレン系化合物、緑色発光するテルビウム系化合物から選択される1種以上の発光物質、を含む三次元印刷のためのフィラメントであって、紫外線を照射すると発光することを...

  15. 【課題・解決手段】本発明は、活性カップリング触媒を調製する上で有用な新規遷移金属プレ触媒を提供する。特定の態様では、本発明のプレ触媒は空気に安定であり、水分に安定である。本発明はさらに、本発明のプレ触媒の作製方法および使用方法を提供する。

    クロスカップリング反応用の新規プレ触媒骨格、ならびにその作製方法および使用方法

  16. 【課題】本発明の課題は、主にCVD法やALD法による成膜に使用できる新規な有機金属化合物を提供することにある。【解決手段】本発明の課題は、本発明のシリルジアミン化合物及びこれを配位子に有する新規な有機金属化合物並びにこの有機金属化合物を含有する薄膜形成用材料により解決される。すなわち、本発明のシリルジアミン化合物を配位子に有する新規な有機金属化合物は揮発性を有し、半導...

  17. 技術 触媒

    【課題・解決手段】新規の非対称メタロセン触媒化合物を含む、新規の触媒組成物が開示される。オレフィン重合反応におけるかかる触媒組成物の使用、ならびにオレフィンを重合する方法もまた、開示される。先行技術の組成物と比較した場合、本発明の触媒組成物は、オレフィンの重合において、顕著により高い活性がある。

    触媒

  18. 【課題・解決手段】本発明は、請求項1に記載の意味を有する基および指数の一般式(I)R33Pt{CpR45−r−t[(CR2)nSiR1oR2p]t[SiR7sR83−s]r}の白金複合体、特に紫外線および/または可視線照射によって活性化し得る白金触媒、それらの調製、架橋可能組成物中でのそれらの使用、および照射によって生産されたシリコーンエラストマー等のそのように生産さ...

  19. 【課題・解決手段】本発明は、非求核的なアルコキシド系マグネシウム塩を用いて、酸化分解電位が高く、マグネシウムの溶解析出が繰り返し安定して進行する電解液の提供を目的とする。(1) 下記一般式(I)で示される化合物とルイス酸と溶媒を混合してなる、マグネシウム電池用電解液:、(2)上記電解液、正極及び負極を含む電気化学デバイス、及び(3) 下記一般式(I’)で示される化合物に関する。

    マグネシウム含有電解液

  20. 【課題・解決手段】本発明は、新規なリガンド化合物、メタロセン化合物およびこれを用いるオレフィン系重合体の製造方法に関する。本発明に係るメタロセン化合物およびこれを含む触媒組成物は、優れた重合活性を有しながらも、共単量体挿入能に優れているので、広い分子量分布を有し、これによって、加工性に優れたオレフィン系重合体を製造することができる。

  21. 【課題・解決手段】本発明は、電子ビーム(eBeam)レジスト組成物、特に集積回路の作製に用いる(eBeam)レジスト組成物に関する。このようなレジスト組成物は、散乱及び二次電子の発生を最小限にし、ひいては極めて高い分解能のリソグラフィを利用可能にする散乱を防止する化合物を含む。このような高い分解能のリソグラフィは、ケイ素ベースの基板上で直接用いて、集積回路を製造するこ...

    電子ビームレジスト組成物

  22. 細菌感染の予防または治療における使用のための式(I) 【化1】の化合物(式中、Aは、SまたはSeのいずれかであり、RAは、 【化2】から選択され、式中、Y1、Y2、Y3、Y4及びY9は各々独立してCHまたはNから選択され、式中、Y1、Y2、Y3、Y4及びY9のうちの少なくとも3つはCHであり、Vは、O、CH−OR01、N−CO2−RC2またはN−RN2から選択され...

    抗菌薬としての金(I)−ホスフィン化合物

  23. 【課題】プロピレンをモノマーとして含むオレフィンの共重合において、コモノマーであるエチレンおよびα−オレフィンの取り込み効率がよく高分子量の共重合体を製造でき、高活性でホモポリプロピレンを重合することができ、さらに、プロピレンの単独重合において、高い融点を有するホモポリプロピレンを製造することを目的とする。【解決手段】メタロセン錯体として、ジクロロシラシクロブチレンビ...

  24. 【課題・解決手段】インデニルリガンドを有する金属錯体は、触媒系の成分として使用することができる。本触媒系は、オレフィンとポリエンとの両方を含むエチレン性不飽和炭化水素モノマーの重合に使用することができる。本触媒系の実施形態は、ポリエンmer及び最大約40モル・パーセントのエチレンmerを含むインターポリマーを提供し得る。本触媒系はまた、C5〜C12アルカン中で実施され...

  25. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)のシアノシクロアルキルペンタ−2,4−ジエン類、シアノシクロアルキルペンタ−2−エン−4−イン類、シアノ複素環ペンタ−2,4−ジエン類およびシアノ複素環ペンタ−2−エン−4−イン類、またはその塩[[X−Y]、Q、R1、R2、A1、A2、V、W、mおよびnは明細書に記載の定義を有する。]に関する。本発明は、当該化合物の製造方法、な...

    非生物的植物ストレスに対する活性物質としての置換されたシアノシクロアルキルペンタ−2,4−ジエン類、シアノシクロアルキルペンタ−2−エン−4−イン類、シアノ複素環ペンタ−2,4−ジエン類およびシアノ複素環ペンタ−2−エン−4−イン類

  26. 【課題】十分な数と長さの長鎖分岐を導入したエチレン系重合体を高い重合活性で製造できるメタロセン化合物、それを含むオレフィン重合用触媒成分、オレフィン重合用触媒、及びそれらのオレフィン重合用触媒を用いてなるオレフィン重合体の製造方法を提供。【解決手段】式(1)で示されるメタロセン化合物。(Q1およびQ2は、Si、C又はGe;Mは、Zr、Ti又はHf;Xはハロゲン等)。

    メタロセン化合物、それを含むオレフィン重合用触媒成分およびオレフィン重合用触媒、並びにそのオレフィン重合用触媒を用いたオレフィン重合体の製造方法

  27. 【課題】十分な数と長さの長鎖分岐を導入したエチレン系重合体を製造できるメタロセン化合物、それを含むオレフィン重合用触媒成分、オレフィン重合用触媒、及びそれらのオレフィン重合用触媒を用いてなるオレフィン重合体の製造方法の提供。【解決手段】式(1)で示されるメタロセン化合物。(M1はTi、Zr又はHf)。

    メタロセン化合物、それを含むオレフィン重合用触媒成分およびオレフィン重合用触媒、並びにそのオレフィン重合用触媒を用いたオレフィン重合体の製造方法

  28. 技術 錯体

    【課題・解決手段】本発明は、式(1)のパラジウム(II)錯体又は式(2)のパラジウム(II)錯体を提供する。R1、R2、R3、R4、R5、R6、R7、R8、R9、R10、R11、R12、R18、R19、R20、R21、R22、R23、R24、m、E、及びXは、本明細書に記載されている。本発明はまた、錯体の調製方法、並びに炭素−炭素及び炭素−ヘテロ原子カップリング反応に...

    錯体

  29. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)〔式中、[X−Y]、Q、R1、R2、A1、A2、V、W、m及びnは、本明細書中において特定されている定義を有する〕で表される置換されているビニルシアノシクロアルカノール、アルキニルシアノシクロアルカノール、ビニルシアノヘテロシクリルアルカノール及びアルキニルシアノヘテロシクリルアルカノール又はそれらの塩、それらを調製する方法、並...

    植物の非生物的なストレスに対する活性剤としての置換されているビニルシアノシクロアルカノール類、アルキニルシアノシクロアルカノール類、ビニルシアノヘテロシクロアルカノール類及びアルキニルシアノヘテロシクロアルカノール類

  30. 【課題】分子量が高くでき、密度の調節できる(高級)α−オレフィンを反応させ易く、重合活性が高く、又は、プロピレンや1−ブテンを高い立体規則性で重合することが可能なオレフィン重合用触媒となる新規な遷移金属化合物の提供。【解決手段】イソプロピリデンビス(4−(3,5−ジ−iso−プロピル−4−ジメチルアミノフェニル)−1−インデニル)ジルコニウムジクロリド等の遷移金属メタ...

  31. 【課題】優れたオレフィンの重合活性及び共重合性を有し、制御された高いコモノマー含量のポリエチレンを高率良く、高い生産性で製造できるオレフィン重合用触媒の活性成分となる新規な遷移金属化合物の提供。【解決手段】下式(1)で示されるSi架橋ジルコノセンに代表される遷移金属化合物。(MはTi、Zr又はHf)。

  32. 【課題・解決手段】本開示は、エポキシドカルボニル化反応を促進するための実用性を有するアルミニウム錯体を作製するための、新規な方法を提供する。本発明の方法は、中性金属カルボニル化合物を、アルキルアルミニウム錯体と反応させるステップを含む。一態様では、本発明は、イオン性アルミニウムベースのカルボニル化触媒を合成する方法を提供する。別の態様では、本発明は、中性アルミニウムベ...

    金属錯体の合成およびその使用

  33. 【課題】キラルな光物性を示す希土類錯体ポリマーおよびそれを利用した光学機能材料の提供。【解決手段】式(1)で示される希土類錯体ポリマー。好ましくはパーフルオロアルキル、又はアルキルを有する光学アセチルアセトン基である希土類錯体ポリマー。(Aは2価の有機基;Lはアセチルアセトン基;AとLの少なくともいずれか一方は光学活性;R1〜R4は夫々独立に置換/非置換の1価の芳香族...

    キラル型希土類錯体ポリマーおよびそれを用いた光学機能材料

  34. 【課題】収率よく、しかもシス体を選択性よく得られる式(1)で表さるホスフィンジアミンルテニウム錯体の製造方法の提供。【解決手段】[2塩化ルテニウム(COD)]多核体([RuCl2(COD)]n)とR1R2R3P及びR4R5R6Pをジメチルホルムアミド中で反応させ、更に式(5)で表される化合物と反応させるホスフィンジアミンルテニウムの製造方法。[Y1は置換/無置換の炭素...

  35. 【課題】パラジウム化合物と[2−(ピレニル)フェニル]ホスフィンからなる触媒を提供する。【解決手段】 パラジウム化合物と一般式(1)【化1】(式中、Arは、炭素数1〜4のアルキル基で置換されていてもよいピレニル基を示す。R1およびR2は、各々独立に炭素数1から10のアルキル基を示す。)で表される[2−(ピレニル)フェニル]ホスフィンからなる錯体化合物を触媒として用いる。

  36. 【課題・解決手段】本発明の課題は、発光効率及び耐久性を改善したイリジウム錯体、当該イリジウム錯体を用いる有機エレクトロルミネッセンス材料及び有機エレクトロルミネッセンス素子並びに当該有機エレクトロルミネッセンス素子が具備されている表示装置及び照明装置を提供することである。本発明のイリジウム錯体は、芳香族複素環を含む二座配位子を有するイリジウム錯体であって、前記二座配位...

    イリジウム錯体、有機エレクトロルミネッセンス材料、有機エレクトロルミネッセンス素子、表示装置及び照明装置

  37. 【課題・解決手段】ビス(シクロペンタジエニル)チタニウムジクロリドとトリメチルアルミニウムとを、25℃における溶媒1gに対するテッベ錯体の溶解度が0.5mmol/g以下である溶媒の存在下で反応させることを特徴とする、高収率で、高純度及び高活性の、保存安定性に優れる、テッベ錯体の製造方法に関する。

  38. 【課題・解決手段】(A)酸架橋性基及び遷移金属原子を有する分子量1000以下の化合物を含有する感活性光線性又は感放射線性組成物により、微細パターン(例えば、線幅50nm以下のラインパターン)の形成において、高感度、高解像力、優れたパターン形状、優れたラフネス性能、高エッチング耐性、及び、優れたスカム性能の全てを高次元で達成する感活性光線性又は感放射線性組成物、並びに、...

  39. 細菌感染の予防または治療における使用のための式(I) 【化1】の化合物(式中、RP1は、メチル、エチル、イソプロピル、シクロヘキシルまたはフェニルのいずれかであり、RP2は、メチル、エチル、イソプロピル、シクロヘキシル及びフェニルから選択され、RP3は、エチル、イソプロピル、シクロヘキシル、フェニルまたはピリジルのいずれかであり、Aは、SまたはSeのいずれかであり、...

    抗菌薬としての金(I)−ホスフィン化合物

  40. 【課題・解決手段】本発明は、新規な遷移金属化合物と、前記遷移金属化合物を含む触媒組成物および前記触媒組成物を用いたポリオレフィンの製造方法に関する。。

  41. 【課題】良好な性質(ヒドロホルミル化反応の収率及び位置選択性)を有しながらも、その調製の点で費用対効果のより高いリガンドの提供。【解決手段】式(I)で表される2,4−ジメチルフェニルユニットを有するビス亜リン酸リガンド。

  42. 【課題・解決手段】本開示は、白金(IV)及びテキサフィリンを連結したコンジュゲート、ならびにテキサフィリン及び白金(IV)薬剤を含む組成物に関する。本開示は、前記コンジュゲートと前記組成物の薬学的組成物も提供する。白金耐性癌等の癌の治療において本化合物を使用する方法もここで提供される。

    白金耐性の克服における使用のためのテキサフィリン−白金(IV)コンジュゲート及び組成物

  43. 【課題・解決手段】本願に記載の式Iの新規Si架橋メタロセン触媒、ならびにオレフィン重合反応におけるその使用が開示される。

    重合触媒としてのIVA族金属のシリルビス(ヘキサメチルインデニル)錯体

  44. 【課題・解決手段】Pt(IV)化合物はミトコンドリア標的化部分を含む。ミトコンドリア標的化部分を有するPt(IV)化合物の一例は、Pt(IV)シスプラチンベースの化合物である。還元されると、ミトコンドリア標的化部分が放出され、Pt(II)治療剤が生じる。ミトコンドリア標的化部分を含むPt(IV)化合物は、ナノ粒子に含まれ得る。これらの化合物またはナノ粒子は、例えば、癌...

    ミトコンドリア標的化白金(IV)プロドラッグ

  45. 【課題】本発明はシランスルフィド変性剤化合物およびそれらの製造方法に関する。本発明はまた、リビングアニオンエラストマーポリマーとシランスルフィド変性剤とを反応させることで得られるシランスルフィド変性高分子化合物に関する。【解決手段】シランスルフィド変性高分子化合物はポリマー組成物の形態で提供されてもよく、ポリマー組成物は少なくとも1つの加硫剤を用いて反応させることで加...

  46. 【課題・解決手段】イミダゾフェナントリジン配位子及び金属錯体が提供される。イミダゾール環の窒素が結合した炭素と隣接する縮合アリール環上の炭素とを結合する連結置換を通して、化合物は、改善された安定性を示す。前記化合物は、有機発光デバイス中に、特に発光ドーパントとして用いられることができ、デバイスに改善された効率、安定性、及び製造を提供する。特に、本明細書中で提供される化...

    安定化されたイミダゾフェナントリジン材料

  47. 【課題・解決手段】式(I)で表される有機金属化合物を、0質量%を超え1質量%以下含有する非水二次電池用電解液、電解液用添加剤及び非水二次電池。Mは金属元素、R1及びR2は置換基を表す。R1及びR2は、各々において、複数存在する場合、複数のR1同士もしくは複数のR2同士が互いに結合して脂肪族性又は芳香族性の環を形成してもよい。X及びYは水素原子又は置換基を表す。XとY、...

    非水二次電池用電解液および非水二次電池、これらに用いられる添加剤

  48. 【課題・解決手段】本発明は、複素環、例えば、エチレンオキシドのカルボニル化のための触媒、およびこれらの使用のための方法を包含する。触媒は、少なくとも1個の金属カルボニル種と組み合わせて1個または1個より多くのテザーされた金属配位基を有するルイス酸性金属錯体を特徴とする。好ましい実施形態では、本発明の触媒は、連続的エチレンオキシドカルボニル化プロセスにおける生成物分離条...

  49. 【課題】本発明は、高電圧で作動し、かつ、高いサイクル寿命と低抵抗と低ガス発生を有するリチウムイオン二次電池、及び、そのようなリチウムイオン二次電池を与えることのできる電解液を提供することを目的とする。【解決手段】本発明の電解液は、特定の構造を有する化合物(A)と、非水溶媒と、リチウム塩(B)と、を含む。

    化合物、添加剤、電解液及びリチウムイオン二次電池

  50. 【課題・解決手段】本発明は、光学活性な6−(3−アミノピペリジン−1−イル)−2,4−ジオキソ−1,2,3,4−テトラヒドロピリミジン誘導体を効率的に製造する方法を提供する。1,4,5,6−テトラヒドロピリジン−3−カルボキサミドまたはその誘導体を、触媒存在下にて不斉還元することにより得られる、光学活性なピペリジン−3−カルボキサミドまたはその誘導体を中間体として用いる。

    おすすめの成長市場

    関連メディア astavision

    • ロコモーティブ症候群・関節疾患

      加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

    • がん医療

      国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

    • MEMS・マイクロマシン・組込システム

      MEMS (Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)…

    ページトップへ

    メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物の詳細カテゴリ一覧

    メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    該当するデータがありません

    メイングループ1/00から17/00のうち2以上のメイングループにわたる金属化合物 ページ上部に戻る

    公開年

    周辺技術分野

    整理標準化データをもとに当社作成

    分野番号表示ON