周期律表の第7族の元素を含有する化合物 に関する技術一覧

「周期律表の第7族の元素を含有する化合物」に関する技術の関連情報です。 「周期律表の第7族の元素を含有する化合物」 の関連技術、「マンガン化合物」「その他のもの」 など、その他「周期律表の第7族の元素を含有する化合物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「周期律表の第7族の元素を含有する化合物」の分野ページはこちら

周期律表の第7族の元素を含有する化合物に所属する技術動向

周期律表の第7族の元素を含有する化合物の分野に属する技術の状況としては、2015年に9件、2016年に14件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、周期律表の第7族の元素を含有する化合物の分野においては特に近年その他のものの分野における動向が活発であり、他にもその他のものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはプレジデントアンドフェローズオブハーバードカレッジやモレキュラインサイトファーマシューティカルズインコーポレイテッド、三洋電機株式会社が豊富な実績を残しており、 プレジデントアンドフェローズオブハーバードカレッジなどは、 突然変異または遺伝子工学や有機活性成分を含有する医薬品製剤といった分野も含め、 マサチューセッツインステチュートオブテクノロジーやオーガニクスインコーポレイテッドといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

周期律表の第7族の元素を含有する化合物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】銅(I)N,N’−ジイソプロピルアセトアミジネートの蒸気と水素ガスとを交互に投与する複数回分の投与量を順次反応させて、加熱基板上に銅の金属薄膜を析出させる。コバルト(II)ビス(N,N’−ジイソプロピルアセトアミジネート)の蒸気と水素ガスとを交互に投与する複数回分の投与量を順次反応させて、加熱基板上にコバルトの金属薄膜を析出させる。これら金属の窒化物...

    金属アミジナートを用いる原子層の析出

  2. 【課題】発光効率が良好で、赤色または青色発光が可能な発光性有機金属化合物及びこれを用いた発光素子を得る。【解決手段】以下の一般式(1)または一般式(2)で表されることを特徴とする発光性有機金属化合物を用いることを特徴としている。化1】【化2】〔一般式(1)及び(2)において、A及びBは環状構造を示し、Mは金属原子を示し、Xは炭素及び水素以外のヘテロ原子を示し、Yは環状...

  3. 【課題】耐環境性、保存安定性、及び特に熱時安定性と耐久性に優れ、トナーの定着性やオフセット特性に悪影響を与えない。【解決手段】式[I]で表わされる、芳香族オキシカルボン酸を配位子とする金属化合物、その化合物を有効成分とする荷電制御又は増強剤、その荷電制御又は増強剤を荷電制御のために含むと共に着色剤及び樹脂を含んでなる静電荷像現像用トナー、前記荷電制御又は増強剤及び樹脂...

    芳香族オキシカルボン酸の金属化合物及びその関連技術

  4. 【課題】 長波長領域の光に感度を有し、かつ効率よく電流を取出せる新規構造の金属錯体を提供すること。【解決手段】 次の式: ML1X2を有する金属錯体であって、Mは、ルテニウム、オスミウム、鉄、レニウムおよびテクネチウムからなる群より選択され、L1は、次の式:【化1】で表されるクォータピリジンリガンドであり、ここで、A1,A2,A3およびA4におい...

    金属錯体およびそれを用いた色素増感太陽電池

  5. 【課題】 発光スペクトル特性及び発光効率に優れたキノキサリン構造を含む有機金属化合物及び該有機金属化合物を発光物質として含む発光素子を得る。【解決手段】 キノキサリン構造を含み、以下の一般式(2)で表わされる構造を有することを特徴とする有機金属化合物。【化2】 (式中、Mは1〜3価の金属を示し、Lは配位子を示し、Ar1及びAr2は一部の水素が置換されていてもよい...

新着の技術

周期律表の第7族の元素を含有する化合物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】極めて均一な厚さを有し、欠陥やピンホールが殆ど無い銅及びコバルトの薄層形成方法の提供。【解決手段】銅(I)N,N’−ジイソプロピルアセトアミジネートの蒸気と水素ガスとを交互に投与する複数回分の投与量を順次反応させて、加熱基板上に銅の金属薄膜を析出させる。コバルト(II)ビス(N,N’−ジイソプロピルアセトアミジネート)の蒸気と水素ガスとを交互に投与する複数回分...

    金属アミジナートを用いる原子層の析出

  2. 【課題・解決手段】吸着部位を形成する細孔の体積に窒素原子を露出させる塩基性窒素リガンドを用いて官能化されるポリトピックなリンカーと配位結合した金属原子の多孔性フレームワークを使用する酸性ガス分離のためのシステムおよび方法。金属−有機フレームワーク上の隣接する塩基性窒素リガンドは、一方のリガンドからアンモニウムを、他方のリガンドからカルバメートを生成することができる。1...

    官能化された金属−有機フレームワーク内における酸性ガスの協同化学吸着

  3. 【課題・解決手段】本発明は、ヘムオキシゲナーゼ−1(HO−1)活性及びHO−1タンパク質の発現を増大させ、同時にCOの放出を増加させることができるハイブリッドフマレート−CO−放出分子、それらの合成、及び治療用途におけるそれらの使用、特に、炎症性疾患又は心血管疾患の治療におけるそれらの使用に関する。

    フマレート−CO−放出分子ハイブリッド、炎症性疾患又は心血管疾患の治療におけるそれらの使用及びそれらの調製方法

  4. 【課題・解決手段】本発明は、生理学的老化若しくは生理学的老化に関連する生理病理学的な状態、又は生理病理学的老化若しくは関連する症状若しくは状態、特に早期老化若しくは促進老化、若しくは早老症候群、例えばコケイン症候群(CS)、又はその神経変性障害若しくは症状に罹りやすい対象から取り出された生体サンプル中のミトコンドリア複製の機能不全をインビトロで調査するための方法であっ...

    生体サンプル中のミトコンドリア複製の機能不全をインビトロで調査するための方法、そのキット及び使用、早老症様の症候群又は症状に対する治療方法、並びに特定のプロテアーゼ阻害剤及び/又はニトロソ酸化還元ストレススカベンジャー化合物を同定するためのスクリーニング方法

  5. 【課題】固体金属錯体を安定して輸送できる技術を提供する。【解決手段】溶解可能な量を越える過剰な量の固体金属錯体が溶媒に加えられており、前記固体金属錯体が過剰に存する溶液中にガスを供給する固体金属錯体の輸送方法。

    固体金属錯体の輸送方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

ページトップへ

周期律表の第7族の元素を含有する化合物の詳細カテゴリ一覧

周期律表の第7族の元素を含有する化合物の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

該当するデータがありません

周期律表の第7族の元素を含有する化合物 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON