非環式化合物または炭素環式化合物 に関する技術一覧

「非環式化合物または炭素環式化合物」に関する技術の関連情報です。 「非環式化合物または炭素環式化合物」 の関連技術、「化学物質名または化学構造式で記載された有機低分子化合物自体の発明」「炭化水素」 など、その他「非環式化合物または炭素環式化合物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「非環式化合物または炭素環式化合物」の分野ページはこちら

非環式化合物または炭素環式化合物に所属する技術動向

非環式化合物または炭素環式化合物の分野に属する技術の状況としては、2017年に2,731件、2018年に2,052件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、非環式化合物または炭素環式化合物の分野においては特に近年化学物質名または化学構造式で記載された有機低分子化合物自体の発明の分野における動向が活発であり、他にもハロゲンのオキシ酸のエステルや 炭素骨格に結合しているニトロソ基を含有する化合物といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては住友化学株式会社や富士フイルム株式会社、バーゼル、ポリオレフィン、ゲゼルシャフト、ミット、ベシュレンクテル、ハフツングが豊富な実績を残しており、 JNC石油化学株式会社などは、 光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置,そのための技法または手順,周波数変換,非線形光学,光学的論理素子,光学的アナログ/デジタル変換器や他に分類されない応用される物質,他に分類されない物質の応用といった分野も含め、 JNC株式会社やチッソ株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

非環式化合物または炭素環式化合物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】シリコーン類との相溶性、難溶性物質溶解性、臭いが少ないこと、皮膚刺激性等の安全性、使用感、並びに、経時及び酸化安定性、色が薄いこと、低温でも液状であること等の全てを満足させるエステル油剤を提供。【解決手段】炭素数6〜9の飽和分岐二価アルコールとネオペンタン酸とのジエステル、又は、該ジエステルからなる油剤、若しくは、該ジエステルからなる化粧料用又は皮膚外用剤用油...

  2. 【課題】流通型微小反応流路,反応装置及び反応方法において、主流路(反応流路)の閉塞を抑制でき、また、反応速度の向上を実現できるようにする。【解決手段】微小な流路断面積を有する主流路RAと、主流路RAに合流する導入流路RBとをそなえ、主流路RAを流通する第1の反応流体FAと導入流路RBを流通する第2の反応流体FBとを合流/反応させる流通型微小反応流路31において、上記の...

    流通型微小反応流路,反応装置及び反応方法

  3. 【課題】ガスハイドレートの充填率の向上、輸送及び貯蔵中の安全性、荷役時の扱いの容易性などを計ることができるガスハイドレートの造粒及び荷役並びに輸送方法を提供する。【解決手段】粉体状のガスハイドレートaを造粒装置7により圧縮成形してペレット状bにする。しかる後に、固形化したガスハイドレートb(b′,b″)を船30や貯蔵施設の貯槽に積み込む。

    ガスハイドレートの造粒及び荷役並びに輸送方法

  4. 【課題】大気圧下において輸送や貯蔵の効率が高く、ハンドリング性に優れた低付着水分である高濃度のガスハイドレートを生成する生成装置、製造装置、および製造方法を提供する。【解決手段】水供給手段18と原料ガス供給手段20を備え、所定の温度および圧力条件の下、水に原料ガスを気泡として導入し、ガスハイドレートを生成するガスハイドレート生成装置において、液面より上部に浮き上がった...

    ガスハイドレートの生成装置、製造装置および製造方法

  5. 【課題】高い移動度を有する有機電子デバイスを、容易なプロセスで作製する方法を提供する。【解決手段】下記一般式(I)及び/又は(II)で表されるビシクロ化合物からエチレン誘導体を脱離させることにより下記一般式(Ia)及び/又は(IIa)で表される化合物を基板上に形成させる工程を含むことを特徴とする有機電子デバイスの作製方法。(式(I)、(II)、(Ia)及び(IIa)中...

    有機電子デバイス及びその作製方法

新着の技術

非環式化合物または炭素環式化合物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】皮膚又は毛髪に既に適用された有効量の殺外部寄生虫剤を含むイヌの皮膚又は毛髪の措置方法であって、前記方法は或る量のクレンジング組成物を皮膚又は毛髪に直接適用することを含み、前記措置は殺外部寄生虫剤の適用後の少なくとも1ヶ月にわたって成虫のノミ(ネコノミ)又は成虫のマダニ(クリイロコイタマダニ)に対する殺外部寄生虫剤の効力を90%の効力より下に低減させず...

  2. 【課題・解決手段】本発明は、メチルメルカプタンとアクロレインとを反応させることにより3−メチルチオプロピオンアルデヒドを製造する方法であって、3−メチルチオプロピオンアルデヒドを生成する反応におけるメチルメルカプタンとアクロレインとの化学量論比からのずれを、1,3−ビス(メチルチオ)−1−プロパノールを供給または形成することにより相殺する方法に関し、また本発明は、メチ...

  3. 【課題・解決手段】スピロガルバノンを製造する方法であって、以下:(a)エチニルスピロデカノールをループ転位に供することで、式Iで表される化合物を与えること;(b)(a)の化合物をC1〜C4アルキルアセタールへ変換すること;(c)前記アセタールを、穏やかな酸触媒の存在下、アリルアルコールとのトランス−アセタール化反応に供すること;(d)(c)の生成物を、酸触媒の存在下で...

    スピロガルバノンを調製するためのプロセス

  4. 【課題・解決手段】本発明は、酸化炭素誘導剤の存在下でエタノールアミン官能性化合物、アミン官能性化合物を反応させることによって、式NH2−(C2H4−NH−)pH(式中、pは少なくとも3である)のエチレンアミンまたはその誘導体(ここで、1つまたは複数の−NH−C2H4−NH−単位は、環状エチレン尿素単位として存在してもよく、または2つの−NH−C2H4−NH−単位の間に...

  5. 【課題・解決手段】本発明は、酸化炭素誘導剤の存在下でエタノールアミン官能性化合物、アミン官能性化合物を反応させることによって、式NH2−(C2H4−NH−)pH(式中、pは少なくとも3である)のエチレンアミンまたはその誘導体(ここで、1つまたは複数の−NH−C2H4−NH−単位は、環状エチレン尿素単位として存在してもよく、または2つの−NH−C2H4−NH−単位の間に...

非環式化合物または炭素環式化合物 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON