有機化学 に関する技術一覧

「有機化学」に関する技術の関連情報です。 「有機化学」 の関連技術、「有機化学の一般的方法あるいはそのための装置」「非環式化合物または炭素環式化合物」 など、その他「有機化学」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「有機化学」の分野ページはこちら

有機化学に所属する技術動向

有機化学の分野に属する技術の状況としては、2017年に10,595件、2018年に9,200件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、有機化学の分野においては特に近年構造不明の化合物の分野における動向が活発であり、他にもステロイドや 糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては富士フイルム株式会社や住友化学株式会社、コニカミノルタ株式会社が豊富な実績を残しており、 独立行政法人産業技術総合研究所などは、 基本的電気素子や器械といった分野も含め、 独立行政法人科学技術振興機構や昭和電工株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

有機化学』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】検体中の核酸を固相表面に吸着させた後、洗浄等を経て脱着させて核酸を分離精製する方法に使用する、分離性能に優れ、洗浄効率が良く、加工が容易であり、実質的に同一の分離性能を有する物を大量に生産可能である固相を使用した核酸の分離精製方法、及びその方法を実施するのに適した核酸分離精製ユニットを提供する。【解決手段】表面に水酸基を有する有機高分子から成る固相に核酸を吸着...

    核酸の分離精製方法

  2. 【課題】高い発光効率で青色領域の発光が可能な発光素子、および高い発光効率で色純度の高い白色発光が可能な発光素子を提供する。【解決手段】発光材料とホスト材料とを含有する発光層を少なくとも有し、発光極大波長が500nm以下であり、且つ前記ホスト材料の最低励起三重項エネルギー準位が前記発光材料の最低励起三重項エネルギー準位よりも高いことを特徴とする発光素子である。好ましくは...

  3. 【課題】発光特性の優れた発光素子およびそのための材料を提供する。【解決手段】式1〜2、又は一般式3の部分構造を有するオルトメタル化イリジウム錯体又はその互変異性からなる発光素子材料。具体例にはそれぞれ1−3、1−1、1−4の化合物がある。(R1とR2は置換基、q1とq2は0〜4の整数を表し、q1+q2は1以上である。)。

    オルトメタル化イリジウム錯体からなる発光素子材料、発光素子および新規イリジウム錯体

  4. 【課題】シリコーン類との相溶性、難溶性物質溶解性、臭いが少ないこと、皮膚刺激性等の安全性、使用感、並びに、経時及び酸化安定性、色が薄いこと、低温でも液状であること等の全てを満足させるエステル油剤を提供。【解決手段】炭素数6〜9の飽和分岐二価アルコールとネオペンタン酸とのジエステル、又は、該ジエステルからなる油剤、若しくは、該ジエステルからなる化粧料用又は皮膚外用剤用油...

  5. 【構成】下記一般式(1)で示されるラクトン含有化合物。【化1】(式中、R1は水素原子、メチル基又はCH2CO2R5を示す。R2は水素原子、メチル基又はCO2R5を示す。R3は炭素数1〜8の直鎖状、分岐状又は環状のアルキル基を示す。R4は水素原子又はCO2R5を示す。R5は炭素数1〜15の直鎖状、分岐状又は環状のアルキル基を示す。XはCH2、CH2CH2、O又はSを示す...

    新規なラクトン含有化合物、高分子化合物、レジスト材料及びパタ—ン形成方法

新着の技術

有機化学』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】キシリレンジイソシアネート組成物は、キシリレンジイソシアネートと、下記化学式(1)に示す化合物とを含み、下記化学式(1)に示す化合物の含有割合が、0.6ppm以上60ppm以下である。化学式(1)。

    キシリレンジイソシアネート組成物、キシリレンジイソシアネート変性体組成物、二液型樹脂原料および樹脂

  2. 【課題・解決手段】毒性ターゲティング剤の先制投与または早期投与によって、免疫療法または細胞療法などの療法により引き起こされるかまたは療法に起因する毒性を予防または改善するための方法を提供する。いくつかの態様において、療法は細胞療法であり、細胞は、一般に、組換え受容体、例えば、キメラ受容体、例えば、キメラ抗原受容体(CAR)、または他のトランスジェニック受容体、例えば、...

    毒性を予防または改善するための早期介入法

  3. 【課題・解決手段】組換えハンセヌラ・ポリモルファの細胞内で発現するHBsAgであり、108細胞に6〜10μgのHBsAgを抗原として含み、合計16〜21個のHBsAg特異的CTLエピトープを含有し、最適化させた不活性化全組換えハンセヌラ・ポリモルファ細胞をアジュバントとする、HBsAgを発現する不活性化全組換えハンセヌラ・ポリモルファ細胞によるB型肝炎治療ワクチン。

    HBsAgを発現する不活性化全組換えハンセヌラ・ポリモルファ細胞によるB型肝炎治療ワクチン

    • 公開日:2019/04/04
    • 出願人: 汪和睦
    • 発明者: 汪和睦 、...
    • 公開番号:2019-509347号
    • 公開日:2019/04/04
    • 出願人: 汪和睦
    • 発明者: 汪和睦 、...
    • 公開番号:2019-509347号
  4. 【課題・解決手段】アルデヒド及び第2の成分を、アルデヒド及び第2の成分を含む供給流から分離するための方法であって、供給流を第1の圧力で動作する第1の分離槽及び第1の圧力よりも大きい第2の圧力で動作する第2の分離槽の一方又はその両方に供給すること;分離が生じるように前記第1の分離槽及び前記第2の分離槽を動作させること;第1の分離槽の底部又はその近くから、供給流中よりも高...

    増大する圧力を有する二つのカラム中でのヒドロホルミル化によって得られるアルデヒドを回収するための方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、(2E,4E,6Z,8E)−8−(3,4−ジヒドロナフタレン−1(2H)−イリデン)−3,7−ジメチルオクタ−2,4,6−トリエン酸の合成ための新規の方法に関する。特に、本発明は、多ステップ合成スキームのいくつかの個別のステップにおける、いくつかの改善に関する。第2の態様では、本発明は、MRZ−20321の合成のための方法であって、ベンゾト...

    (2E,4E,6Z,8E)−8−(3,4−ジヒドロナフタレン−1(2H)−イリデン)−3,7−ジメチルオクタ−2,4,6−トリエン酸の合成ためのプロセス

有機化学 ページ上部に戻る

その他の分野

有機化学』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。