有機化学 に関する技術一覧

「有機化学」に関する技術の関連情報です。 「有機化学」 の関連技術、「有機化学の一般的方法あるいはそのための装置」「非環式化合物または炭素環式化合物」 など、その他「有機化学」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「有機化学」の分野ページはこちら

有機化学に所属する技術動向

有機化学の分野に属する技術の状況としては、2019年に3,851件、2020年に2,726件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、有機化学の分野においては特に近年構造不明の化合物の分野における動向が活発であり、他にもステロイドや 糖類,その誘導体,ヌクレオシド,ヌクレオチド,核酸といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては富士フイルム株式会社や住友化学株式会社、コニカミノルタ株式会社が豊富な実績を残しており、 公益財団法人相模中央化学研究所などは、 有機化学や生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学といった分野も含め、 東ソー株式会社や科研製薬株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

有機化学』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】検体中の核酸を固相表面に吸着させた後、洗浄等を経て脱着させて核酸を分離精製する方法に使用する、分離性能に優れ、洗浄効率が良く、加工が容易であり、実質的に同一の分離性能を有する物を大量に生産可能である固相を使用した核酸の分離精製方法、及びその方法を実施するのに適した核酸分離精製ユニットを提供する。【解決手段】表面に水酸基を有する有機高分子から成る固相に核酸を吸着...

    核酸の分離精製方法

  2. 【課題】高い発光効率で青色領域の発光が可能な発光素子、および高い発光効率で色純度の高い白色発光が可能な発光素子を提供する。【解決手段】発光材料とホスト材料とを含有する発光層を少なくとも有し、発光極大波長が500nm以下であり、且つ前記ホスト材料の最低励起三重項エネルギー準位が前記発光材料の最低励起三重項エネルギー準位よりも高いことを特徴とする発光素子である。好ましくは...

  3. 【課題】発光特性の優れた発光素子およびそのための材料を提供する。【解決手段】式1〜2、又は一般式3の部分構造を有するオルトメタル化イリジウム錯体又はその互変異性からなる発光素子材料。具体例にはそれぞれ1−3、1−1、1−4の化合物がある。(R1とR2は置換基、q1とq2は0〜4の整数を表し、q1+q2は1以上である。)。

    オルトメタル化イリジウム錯体からなる発光素子材料、発光素子および新規イリジウム錯体

  4. 【課題】シリコーン類との相溶性、難溶性物質溶解性、臭いが少ないこと、皮膚刺激性等の安全性、使用感、並びに、経時及び酸化安定性、色が薄いこと、低温でも液状であること等の全てを満足させるエステル油剤を提供。【解決手段】炭素数6〜9の飽和分岐二価アルコールとネオペンタン酸とのジエステル、又は、該ジエステルからなる油剤、若しくは、該ジエステルからなる化粧料用又は皮膚外用剤用油...

  5. 【構成】下記一般式(1)で示されるラクトン含有化合物。【化1】(式中、R1は水素原子、メチル基又はCH2CO2R5を示す。R2は水素原子、メチル基又はCO2R5を示す。R3は炭素数1〜8の直鎖状、分岐状又は環状のアルキル基を示す。R4は水素原子又はCO2R5を示す。R5は炭素数1〜15の直鎖状、分岐状又は環状のアルキル基を示す。XはCH2、CH2CH2、O又はSを示す...

    新規なラクトン含有化合物、高分子化合物、レジスト材料及びパタ—ン形成方法

新着の技術

有機化学』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】純粋なα−トコトリエノールの産生、富化、および/または単離のためのプロセスを提供すること。【解決手段】本発明は、混合トコトリエノールを含有する天然の抽出物のような、少なくとも1種類の非α−トコトリエノールを含有する原料ソースからの、α−トコトリエノールの産生、富化、および/または単離のための新規のプロセスを開示する。1つの実施形態において、本発明は、トコトリエ...

    α−トコトリエノールおよび誘導体の産生のためのプロセス

  2. 【課題】新規な組成物、使用およびそれを作製するための方法を提供すること。【解決手段】一般に、本発明は、細胞増殖を阻害し、かつ/または細胞のアポトーシスを誘発し得る、新規なキノロン化合物およびその医薬組成物を提供する。本発明はまた、このような化合物および組成物を調製する方法、ならびにこれらを作製および使用する方法を提供する。その薬学的に許容される塩、プロドラッグ、活性代...

  3. 【課題】新規な反応基質を用いたクロスカップリング反応によるカップリング化合物の製造方法を提供する。【解決手段】下記式(1)で示されるカップリング反応で、化合物(A)と化合物(B)から化合物(C)を製造することを特徴とするカップリング化合物の製造方法。クロスカップリング反応の反応基質として、安定性に優れ、また副生物の毒性の問題も少ない−SF5基を有する化合物を用いて、種...

  4. 【課題】複数のホスト材料及びこれを含む有機エレクトロルミネセントデバイスを提供する。【解決手段】特定式1で表される化合物を含む第1のホスト材料と特定式2で表される化合物を含む第2のホスト材料とを含む複数のホスト材料、及びこれを含む有機エレクトロルミネセントデバイスに関する。化合物の特定の組み合わせをホスト材料として含むことにより、従来の有機エレクトロルミネセントデバイ...

  5. 【課題】 本発明は、触媒として用いた複合金属シアン化物錯体触媒に由来するコバルト原子の含有量が少ない脂肪族アルコールアルキレンオキサイド付加物を提供することを目的とする。【解決手段】 コバルト原子を含む二重金属シアン化物錯体の存在下で炭素数8〜24の脂肪族モノアルコール(a)と前記脂肪族モノアルコール(a)1モルに対してエチレンオキサイドを含むアルキレンオキサイド...

有機化学 ページ上部に戻る

その他の分野

有機化学』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。