火薬,マッチ に関する技術一覧

「火薬,マッチ」に関する技術の関連情報です。 「火薬,マッチ」 の関連技術、「火薬または発熱性組成物,その製造,単一物質の火薬としての使用」「起爆装置または点火装置,導火線,化学的点火具,自然発火剤」 など、その他「火薬,マッチ」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「火薬,マッチ」の分野ページはこちら

火薬,マッチに所属する技術動向

火薬,マッチの分野に属する技術の状況としては、2016年に37件、2017年に29件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、火薬,マッチの分野においては特に近年マッチ,マッチの製造の分野における動向が活発であり、他にも起爆装置または点火装置,導火線,化学的点火具,自然発火剤や 煙または霧の発生用具,ガス弾組成物,爆破または推進用ガスの発生といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社ダイセルや日油株式会社、日本化薬株式会社が豊富な実績を残しており、 日本化薬株式会社などは、 有機化学や染料,ペイント,つや出し剤,天然樹脂,接着剤,他に分類されない組成物,他に分類されない材料の応用といった分野も含め、 株式会社神戸製鋼所やセンサー・テクノロジー株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

火薬,マッチ』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】最少量の一酸化炭素、粒子又は煙を有する不活性ガス混合物を生成するための消火器である。不活性ガス混合物は、ガス発生器を燃焼させることによって生成される。ガス発生器は、ヘキサ(アミン)硝酸第三コバルトを含んでいる。当該消火器はまた、不活性ガス混合物の温度を下げるために熱管理装置をも含んでいる。消火方法もまた開示されている。

    手動消火器

  2. 【課題】耐環境性能、特に温度サイクル試験での耐環境性、例えば−40℃〜+100℃の温度サイクルを200回行う試験にも十分に耐え得る性能を発揮することができるガス発生剤を提供する。【解決手段】ガス発生剤は、(a)硝酸アンモニウム、(b)有機系結合剤及び(c)不対電子を有する窒素原子を含む化合物からなる群より選ばれる少なくとも一種の耐環境性安定剤を含有するものである。耐環...

    ガス発生剤

  3. 【課題】起爆感度が低く、従来のANFO爆薬と同様に取扱いが簡便であるという利点を損なうことなく、従来のANFO爆薬に比べて爆発性能が著しく向上した爆薬組成物を開発すること。【解決手段】嵩比重0.60〜0.78、吸油率5〜20%、硬度0.1〜10.0%、粒径2.36mm以上及び0.98mm以下のものがそれぞれ、3.0〜35.0重量%及び1.0重量%以下であり、基質内に微...

  4. 【課題】燃焼温度が低く、燃焼時に一酸化炭素、アンモニア、窒素酸化物の生成量が少ないガス発生剤組成物の提供。【解決手段】下記(a)成分、(b)成分及び(c)成分を含有し、必要に応じて更に(d)成分及び/又は(e)成分を含有するガス発生剤組成物。(a)燃料としての有機化合物(b)含酸素酸化剤(c)水酸化アルミニウム(d)バインダ(e)金属酸化物、金属炭酸化物から選ばれる添加剤。

  5. 【課題】 毒性が低く取り扱いが容易であり防護服等の必要性を無くすことができ、触媒なしで自燃せず、逆火のおそれがなく安全性が高く、燃焼速度を抑えることができ、使用時に適正圧力で安定維持でき、緊急停止の可能性と触媒のダメージが少なく、かつ従来品に匹敵する性能を有する液体酸化剤、これを用いた推進薬及び高温ガス発生方法を提供する。【解決手段】 ヒドロキシルアンモニウムナイ...

    • 公開日:2007/02/01
    • 出願人: 高野雅弘 、...
    • 発明者: 長瀬栄 、...
    • 公開番号:2007-023135号

    液体酸化剤、これを用いた推進薬及び高温ガス発生方法

新着の技術

火薬,マッチ』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】熱分解開始温度の低いガス発生組成物の提供。【解決手段】ポリエーテル樹脂に、酸素原子を含まない無機ハロゲン化物を配合したガス発生組成物。前記ポリエーテル樹脂がポリオキシメチレンであるガス発生組成物。前記酸素原子を含まない無機ハロゲン化物が塩化アンモニウムであるガス発生組成物。ハロゲン化物でない酸化物をさらに配合したガス発生組成物。前記ハロゲン化物でない酸化物が酸...

  2. 【課題】エアバッグの膨張開始時間を短縮できるガス発生器の提供。【解決手段】筒状ハウジング10の燃焼室30内にインナーチューブ31が配置されている。点火器21の作動により閉塞部材29が開裂すると、燃焼状態の伝火薬成形体26がインナーチューブ31内に流入し、貫通孔33から火炎などが噴出される。燃焼状態の伝火薬成形体26はインナーチューブ31の第2端部31b側に多く存在する...

    ガス発生器

  3. 【課題】非火薬破砕組成物における破砕性能及び安全性を維持しつつ、引火性ガス及び有毒ガスである一酸化炭素の発生を低減する。【解決手段】本発明の非火薬破砕組成物は、酸化剤と還元剤とから構成され、燃焼時にテルミット反応を生じるテルミット剤と、無機水和物及び有機化合物から選ばれる少なくとも1つ以上から構成され、燃焼時の前記テルミット剤のテルミット反応を受けて熱分解ガスを発生さ...

    非火薬破砕組成物

  4. 【課題】 燃料成分として硝酸グアニジンを使用したガス発生剤により、有害ガスの中でも特に一酸化炭素が極めて少ないガス発生剤組成物を提供する。【解決手段】 硝酸グアニジンと塩基性硝酸銅との質量比(硝酸グアニジン:塩基性硝酸銅)が、70:30〜45:55であり、前記硝酸グアニジン及び前記塩基性硝酸銅の合計質量100質量部に対して、沸点が2300℃以下または融点が1800...

  5. 【課題】耐熱性能及び燃焼性能が顕著に向上したガス発生剤組成物を提供する。【解決手段】燃料成分として硝酸グアニジンと、酸化剤成分として過塩素酸カリウムと塩基性硝酸銅とを含み、その組成において、前記硝酸グアニジン30質量%以上〜65質量%未満、前記過塩素酸カリウム20質量%以上〜40質量%未満、前記塩基性硝酸銅10質量%以上〜30質量%未満であり、前記過塩素酸カリウムの質...

    ガス発生剤組成物

火薬,マッチ ページ上部に戻る

その他の分野

火薬,マッチ』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。