肥料,肥料の製造 に関する技術一覧

「肥料,肥料の製造」に関する技術の関連情報です。 「肥料,肥料の製造」 の関連技術、「りん酸肥料」「窒素肥料」 など、その他「肥料,肥料の製造」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「肥料,肥料の製造」の分野ページはこちら

肥料,肥料の製造に所属する技術動向

肥料,肥料の製造の分野に属する技術の状況としては、2017年に125件、2018年に121件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、肥料,肥料の製造の分野においては特に近年りん酸肥料の分野における動向が活発であり、他にも窒素肥料や C05B,C05Cに分類されない無機質肥料,二酸化炭素を生成する肥料といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては太平洋セメント株式会社や住友化学株式会社、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構が豊富な実績を残しており、 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構などは、 農業や生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学といった分野も含め、 有限会社岡本製作所やパナソニック環境エンジニアリング株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

肥料,肥料の製造』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】植物に対し薬害がなく、効率的に植物体の活力を向上させる植物活力剤を提供する。【解決手段】植物活力剤として炭素数12〜24の1価アルコ−ルを、必要により界面活性剤、肥料成分、キレート剤と共に用いる。

  2. 【課題】原材料中に難分解性有機廃棄物を含む場合でも短期間の醗酵技術による堆肥化が可能で工業的に量産化でき、特別の付帯設備を不要とすることにより低コスト化が可能で、二次的環境公害を引き起こさない、高品質の完熟有機質肥料の製造方法を提供する。【解決手段】生ゴミ(A)と牛糞(B)と水分調整剤(F)と粉砕した竹炭(C)と有効微生物を含む醗酵促進剤(D)と竹酢液(E)とを順次混...

    完熟有機質肥料、その製造方法および製造装置

  3. 【課題】生物処理汚泥から熟成コンポストに類似した悪臭の無い製品を比較的低い処理温度と短い時間で低コストにて効率的に製造する。【解決手段】生物処理汚泥を加熱乾燥した後、熱処理する。

    熟成コンポスト様物の製造方法及び製造装置

  4. 【課題】本発明の目的は、焼却灰又は炭化物を水分調節材料として使用することにより、家きん糞尿発酵処理工程にわたる臭気発生を抑制する家きん糞尿発酵処理方法を提供することである。このことは、家きん糞尿に含まれる逸散しやすい窒素成分を有効に補足し、有効成分の再利用を図りうることを示唆すること、さらに、臭気を帯びない家きん糞尿発酵処理物を提供することである。【解決手段】本発明に...

  5. 【課題】生ごみ、家畜糞尿、施設栽培の栽培残渣等の有機性廃棄物を施設栽培に必要な資源として利用する循環型施設栽培方法を提供する。【解決手段】植物工場1で植物を栽培する栽培工程と、栽培工程において発生する栽培残渣をメタン発酵設備3でメタン発酵させるメタン発酵工程と、メタン発酵工程で生成するバイオガスを燃料として熱併給型発電装置5に供給して発電する発電工程もしくはバイオガス...

    循環型施設栽培方法

新着の技術

肥料,肥料の製造』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】農耕地の土質や利用形態に関わらず、この農耕地に施用した窒素含有物に起因して発生する一酸化二窒素の発生を低減する農耕地用一酸化二窒素低減材を提供する。【解決手段】農耕地において使用される肥料、堆肥、収穫残さ等の窒素含有物に起因して生成され大気中に放出される一酸化二窒素を低減するための農耕地用一酸化二窒素低減材であって、前記農耕地中に生息し該農耕地で使用される前記...

    農耕地用一酸化二窒素低減材

    • 公開日:2019/04/04
    • 出願人: 新潟県 、...
    • 発明者: 白鳥豊 、...
    • 公開番号:2019-052296号
    • 公開日:2019/04/04
    • 出願人: 新潟県 、...
    • 発明者: 白鳥豊 、...
    • 公開番号:2019-052296号
  2. 【課題・解決手段】肥料又は土壌改良剤は、肥料成分を実質的に含まず、生分解性能を有する有機高分子化合物、又は前記有機高分子化合物を含む微生物を有効成分として含有する。前記有機高分子化合物がポリヒドロキシアルカン酸、又はその誘導体であってもよい。前記肥料又は土壌改良剤において、さらに、植物由来の細胞外マトリクスを含んでもよい。前記肥料又は土壌改良剤において、形状が円盤型で...

    肥料又は土壌改良剤、及び植物の生育方法

  3. 【課題】化成肥料や有機肥料等の肥料養液に所定量のフルボ酸を混合することで植物の育成効果を上げ、さらに、化成肥料等の使用量(使用濃度)を低減させても植物の育成が維持、増進するようにする。【解決手段】化成肥料や有機肥料等の栽培用肥料養液にフルボ酸が1〜80ppmとなるように混合し、かつ、前記栽培用肥料養液の使用濃度を、前記フルボ酸を含有しない場合の0.5〜1.0倍の濃度にする。

    肥料組成物

  4. 【課題】作物の連作障害を防止できる微生物資材を提供すること。【解決手段】みみず糞土の乾燥物を堆肥原料と混合し、混合物を発酵させることを含む、微生物資材の製造方法、およびそれにより製造することができる微生物資材。

  5. 【課題】液体肥料の製造工程において、高分子凝集剤を添加し、混合させることで凝集処理により不溶解分を沈降分離させる液体肥料の製造方法を提供することにある。【解決手段】液体肥料に対して、高分子凝集剤として特定の構造単位、組成及び分子量を有する水溶性重合体を添加、混合することで濁度として現される不溶解分を効率良く凝集処理することができ、不溶解分の沈降時間を短縮でき生産性を高...

肥料,肥料の製造 ページ上部に戻る

その他の分野

肥料,肥料の製造』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。