ガラス,鉱物またはスラグウール に関する技術一覧

「ガラス,鉱物またはスラグウール」に関する技術の関連情報です。 「ガラス,鉱物またはスラグウール」 の関連技術、「製造,成形または補助プロセス」「ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成,ガラスの表面処理,ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理,ガラスのガラスまたは他物質への接着」 など、その他「ガラス,鉱物またはスラグウール」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ガラス,鉱物またはスラグウール」の分野ページはこちら

ガラス,鉱物またはスラグウールに所属する技術動向

ガラス,鉱物またはスラグウールの分野に属する技術の状況としては、2015年に1,963件、2016年に1,848件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ガラス,鉱物またはスラグウールの分野においては特に近年製造,成形または補助プロセスの分野における動向が活発であり、他にも製造,成形または補助プロセスといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日本電気硝子株式会社やHOYATechnosurgical株式会社、旭硝子株式会社が豊富な実績を残しており、 東日本電信電話株式会社などは、 電気通信技術や光学といった分野も含め、 住友電気工業株式会社や古河電気工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ガラス,鉱物またはスラグウール』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】密封ガラスパッケージ(100)および密封ガラスパッケージ(100)を製造する方法(200)が、例としてOLEDディスプレイを用いてここに記載される。基本的に、密封OLEDディスプレイ(100)は、第1の基板(102)および第2の基板(107)を提供し(工程202)、フリット(106)を第2の基板(107)上に堆積させる(工程208)ことによって製造さ...

    フリットにより密封されたガラスパッケージおよびその製造方法

  2. 【課題】加工対象物の表面に溶融や切断予定ラインから外れた割れが生じることなく、かつ精密に加工対象物を切断することができるレーザ加工方法を提供すること。【解決手段】多光子吸収を起こさせる条件でかつ加工対象物1の内部に集光点を合わせて、パルスレーザ光Lを切断予定ライン5に照射することにより、加工対象物1の内部に改質領域を形成している。改質領域を起点として切断予定ライン5に...

    レーザ加工方法

  3. 【課題】加工対象物の表面に溶融や切断予定ラインから外れた割れが生じることなく、加工対象物を切断することができるレーザ加工方法を提供すること。【解決手段】多光子吸収を起こさせる条件でかつ加工対象物1の内部に集光点Pを合わせて、パルスレーザ光を加工対象物1の表面3の切断予定ライン5に照射している。集光点Pを切断予定ライン5に沿って移動させることにより、改質領域を切断予定ラ...

    レーザ加工方法

  4. 技術 発光素子

    【課題】発光素子の耐用年数の向上を図る。【解決手段】発光素子1は、発光ダイオード3及び蛍光層2を具える。発光素子1の耐用年数を延ばすために、蛍光層2の蛍光体4は耐水コーティングを有する。

    発光素子

  5. 【課題】本発明の目的は、強化によって充分な大きさの圧縮応力層を有するため破損しにくく、膜付け等の処理を行なっても強化した効果が損なわれない強化ガラス物品およびその製造方法を提供することである。【解決手段】本発明の強化ガラス物品は、歪点が550℃以上であって、表面より1〜100μmまでの深さに100MPa以上の圧縮応力層を有することを特徴とし、また、本発明の強化ガラス物...

新着の技術

ガラス,鉱物またはスラグウール』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】合わせガラスの作製時の取扱性を高めることができる合わせガラス用中間膜を提供する。本発明に係る合わせガラス用中間膜は、一端と、前記一端の反対側に他端とを有し、前記他端の厚みが、前記一端の厚みよりも大きく、最大厚み部位の表面の光沢度が3%以上である。

    合わせガラス用中間膜、ロール体及び合わせガラス

  2. 【課題・解決手段】イットリウム(Y)、ストロンチウム(Sr)、ガリウム(Ga)及びケイ素の1つ以上、又はそれらの酸化物及び塩を含む放射線不透過性組成物が提供される。該組成物は、Y2O3、SrCO3、Ga2O3及びSiO2並びに任意にはMnO2及びTiO2の組み合わせを含む。他の組成物は、該組成物は、SrCO3、Ga2O3、TiO2、MnO2及びSiO2を含む。該組成物...

    放射線塞栓粒子

  3. 【課題・解決手段】本発明は、ガラスの全重量を基準として表した重量パーセント値の単位で:65≦SiO2≦78%;8≦Na2O≦15%;1≦K2O<6%;1≦Al2O3<3%;2≦CaO<10%;0≦MgO≦6%;および0.002〜0.02重量%の範囲の含有量の全鉄(Fe2O3の形態で表される)、ならびに0.1〜0.7のK2O/(K2O+Na2O)比を含むホウ素フリー、ス...

  4. 【課題・解決手段】超低膨張チタニア−シリカガラス。本ガラスは、高ヒドロキシル含有量を有し、かつ任意選択的に、1種またはそれ以上のドーパントを含む。代表的な任意選択のドーパントとしては、ホウ素、アルカリ元素、アルカリ土類元素、またはNb、Ta、Al、Mn、Sn、CuおよびSnなどの金属が含まれる。本ガラスは、ヒドロキシル含有量を増加させるための蒸気圧密を含むプロセスによ...

    高ヒドロキシルTiO2−SiO2ガラス

  5. 【課題・解決手段】ガラス容器の形成方法は、内部容積を少なくとも部分的に包囲する側面を有し、側面の内部表面の少なくとも一部分が、内部表面層を有する、ガラス容器を形成するステップと;側面の内部表面から約100nm〜約1.0μmの厚さを有する内部表面層の薄層を除去するために、ガラス容器を、実質的にフッ化物を含まない水性処理媒体と接触させるステップとを含んでなる。内部表面は、...

    強化および耐久性ガラス容器の製造方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

ページトップへ

ガラス,鉱物またはスラグウール ページ上部に戻る

その他の分野

ガラス,鉱物またはスラグウール』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。