ガラス,鉱物またはスラグウール に関する技術一覧

「ガラス,鉱物またはスラグウール」に関する技術の関連情報です。 「ガラス,鉱物またはスラグウール」 の関連技術、「製造,成形または補助プロセス」「ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成,ガラスの表面処理,ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理,ガラスのガラスまたは他物質への接着」 など、その他「ガラス,鉱物またはスラグウール」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ガラス,鉱物またはスラグウール」の分野ページはこちら

ガラス,鉱物またはスラグウールに所属する技術動向

ガラス,鉱物またはスラグウールの分野に属する技術の状況としては、2016年に1,863件、2017年に2,224件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ガラス,鉱物またはスラグウールの分野においては特に近年製造,成形または補助プロセスの分野における動向が活発であり、他にも製造,成形または補助プロセスといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日本電気硝子株式会社や旭硝子株式会社、HOYATechnosurgical株式会社が豊富な実績を残しており、 東日本電信電話株式会社などは、 電気通信技術や光学といった分野も含め、 住友電気工業株式会社や古河電気工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ガラス,鉱物またはスラグウール』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】密封ガラスパッケージ(100)および密封ガラスパッケージ(100)を製造する方法(200)が、例としてOLEDディスプレイを用いてここに記載される。基本的に、密封OLEDディスプレイ(100)は、第1の基板(102)および第2の基板(107)を提供し(工程202)、フリット(106)を第2の基板(107)上に堆積させる(工程208)ことによって製造さ...

    フリットにより密封されたガラスパッケージおよびその製造方法

  2. 【課題】加工対象物の表面に溶融や切断予定ラインから外れた割れが生じることなく、かつ精密に加工対象物を切断することができるレーザ加工方法を提供すること。【解決手段】多光子吸収を起こさせる条件でかつ加工対象物1の内部に集光点を合わせて、パルスレーザ光Lを切断予定ライン5に照射することにより、加工対象物1の内部に改質領域を形成している。改質領域を起点として切断予定ライン5に...

    レーザ加工方法

  3. 【課題】加工対象物の表面に溶融や切断予定ラインから外れた割れが生じることなく、加工対象物を切断することができるレーザ加工方法を提供すること。【解決手段】多光子吸収を起こさせる条件でかつ加工対象物1の内部に集光点Pを合わせて、パルスレーザ光を加工対象物1の表面3の切断予定ライン5に照射している。集光点Pを切断予定ライン5に沿って移動させることにより、改質領域を切断予定ラ...

    レーザ加工方法

  4. 技術 発光素子

    【課題】発光素子の耐用年数の向上を図る。【解決手段】発光素子1は、発光ダイオード3及び蛍光層2を具える。発光素子1の耐用年数を延ばすために、蛍光層2の蛍光体4は耐水コーティングを有する。

    発光素子

  5. 【課題】本発明の目的は、強化によって充分な大きさの圧縮応力層を有するため破損しにくく、膜付け等の処理を行なっても強化した効果が損なわれない強化ガラス物品およびその製造方法を提供することである。【解決手段】本発明の強化ガラス物品は、歪点が550℃以上であって、表面より1〜100μmまでの深さに100MPa以上の圧縮応力層を有することを特徴とし、また、本発明の強化ガラス物...

新着の技術

ガラス,鉱物またはスラグウール』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】第1ガスを光ファイバ線引き炉(10)に流入させる工程を含む、光ファイバを製造する方法を提供する。第1ガスG1は、それから光ファイバ(34)が線引きされるガラス源又は光ファイバプリフォーム(30)を含みかつそれを加熱するように構成された加熱部(18)を通り、第1ガスを、捕捉チャンバ(46)を画成するマッフル(22)を通過させる。捕捉チャンバ(46)に作...

    光ファイバ製造のためのガス再生システム

  2. 【課題・解決手段】割線形成装置は、割線形成デバイスを含む。割線形成デバイスは:基部に対して回転運動及び軸方向運動の両方を行うよう設置された支持部材;支持部材の回転軸からあるオフセット距離に設置された割線形成要素;並びに支持部材の回転運動を制限する制限デバイスを含む。別の例では、割線形成装置の割線形成デバイスは、流体軸受に対して設置された支持部材を含む。更に別の例では、...

    割線形成デバイスを含む割線形成装置、及びガラスリボンに割線形成する方法

  3. 【課題・解決手段】本発明は、複層ガラス(10)、特に車両のサイドウィンドウ用の貼り合わされたサイドウィンドウガラスであって、少なくとも、外側ガラス(1)と内側ガラス(2)とを有しており、これら外側ガラスと内側ガラスとは熱可塑性の中間層(3)を介して互いに接合されており、前記中間層(3)は少なくとも所定の区分で、ガラス縁部(6)に対する後退カット部(7)を有しており、さ...

    照明される複層ガラス

  4. 【課題・解決手段】積層造形プロセスは、シート材料間において結合剤材料を用いずに複数のシート材料を用いてオブジェクト材料の積層体を形成することと、対応するシート材料内に3Dオブジェクトの断面層の特徴を形成することとを含む。別のプロセスは、積層スートシートのスート層内に3Dオブジェクトの断面層の特徴を形成することを含む。製品は、ガラス層間においていかなる結合剤材料も用いず...

    積層造形プロセスおよび製品

  5. 【課題】極薄(<0.4mm)物品を形成するために最適化され、極薄ガラスを必要とする用途に最適化された性質を有するガラス組成物が開示されている。【解決手段】少なくとも約65モル%のSiO2および少なくとも約6モル%のNa2Oを含み、400μm未満の厚さを有するガラスを提供することである。第1の熱膨張係数と第2の熱膨張係数との間の差(ΔCTE)が107×10−7/℃未満で...

    極薄強化ガラス

ガラス,鉱物またはスラグウール ページ上部に戻る

その他の分野

ガラス,鉱物またはスラグウール』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。