ガラス,鉱物またはスラグウール に関する技術一覧

「ガラス,鉱物またはスラグウール」に関する技術の関連情報です。 「ガラス,鉱物またはスラグウール」 の関連技術、「製造,成形または補助プロセス」「ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成,ガラスの表面処理,ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理,ガラスのガラスまたは他物質への接着」 など、その他「ガラス,鉱物またはスラグウール」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ガラス,鉱物またはスラグウール」の分野ページはこちら

ガラス,鉱物またはスラグウールに所属する技術動向

ガラス,鉱物またはスラグウールの分野に属する技術の状況としては、2018年に753件、2019年に734件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ガラス,鉱物またはスラグウールの分野においては特に近年製造,成形または補助プロセスの分野における動向が活発であり、他にも製造,成形または補助プロセスといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日本電気硝子株式会社や旭硝子株式会社、HOYATechnosurgical株式会社が豊富な実績を残しており、 東日本電信電話株式会社などは、 電気通信技術や光学といった分野も含め、 住友電気工業株式会社や古河電気工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ガラス,鉱物またはスラグウール』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】密封ガラスパッケージ(100)および密封ガラスパッケージ(100)を製造する方法(200)が、例としてOLEDディスプレイを用いてここに記載される。基本的に、密封OLEDディスプレイ(100)は、第1の基板(102)および第2の基板(107)を提供し(工程202)、フリット(106)を第2の基板(107)上に堆積させる(工程208)ことによって製造さ...

    フリットにより密封されたガラスパッケージおよびその製造方法

  2. 【課題】加工対象物の表面に溶融や切断予定ラインから外れた割れが生じることなく、かつ精密に加工対象物を切断することができるレーザ加工方法を提供すること。【解決手段】多光子吸収を起こさせる条件でかつ加工対象物1の内部に集光点を合わせて、パルスレーザ光Lを切断予定ライン5に照射することにより、加工対象物1の内部に改質領域を形成している。改質領域を起点として切断予定ライン5に...

    レーザ加工方法

  3. 【課題】加工対象物の表面に溶融や切断予定ラインから外れた割れが生じることなく、加工対象物を切断することができるレーザ加工方法を提供すること。【解決手段】多光子吸収を起こさせる条件でかつ加工対象物1の内部に集光点Pを合わせて、パルスレーザ光を加工対象物1の表面3の切断予定ライン5に照射している。集光点Pを切断予定ライン5に沿って移動させることにより、改質領域を切断予定ラ...

    レーザ加工方法

  4. 技術 発光素子

    【課題】発光素子の耐用年数の向上を図る。【解決手段】発光素子1は、発光ダイオード3及び蛍光層2を具える。発光素子1の耐用年数を延ばすために、蛍光層2の蛍光体4は耐水コーティングを有する。

    発光素子

  5. 【課題】本発明の目的は、強化によって充分な大きさの圧縮応力層を有するため破損しにくく、膜付け等の処理を行なっても強化した効果が損なわれない強化ガラス物品およびその製造方法を提供することである。【解決手段】本発明の強化ガラス物品は、歪点が550℃以上であって、表面より1〜100μmまでの深さに100MPa以上の圧縮応力層を有することを特徴とし、また、本発明の強化ガラス物...

新着の技術

ガラス,鉱物またはスラグウール』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】有機発光ダイオード、太陽光又は光電池(PV)セル、昼光窓、光抽出基板、摩擦改質面を有する基板等のコーティング層を作製することができるナノ粒子コーティング装置を提供する。【解決手段】本発明のナノ粒子コーティング装置44は、ハウジング46と、ナノ粒子放出スロット48と、少なくとも1つの燃焼スロット50,52とを備え、前記ナノ粒子放出スロットは、ナノ粒子源54および...

    コーティングシステム及びそれによって製造された物品

  2. 【課題】真空脱気法において高い脱気性を発揮することができ、透明性の高い合わせガラスを製造可能な合わせガラス用中間膜、該合わせガラス用中間膜を用いた合わせガラスを提供する。【解決手段】少なくとも一方の表面に多数の凹部を有し、前記凹部は、底部が連続した溝形状を有し、隣接する前記底部が連続した溝形状の凹部が規則的に並列している合わせガラス用中間膜であって、前記底部が連続した...

    合わせガラス用中間膜及び合わせガラス

  3. 【課題】合わせガラスの製造効率を高めることができる合わせガラス用中間膜を提供する。【解決手段】本発明に係る合わせガラス用中間膜は、1層の構造又は2層以上の構造を有する合わせガラス用中間膜であって、熱可塑性樹脂を含む第1の層を備え、前記第1の層の軟化点が60℃以上であり、中間膜は、MD方向とTD方向とを有し、第1の内側部分、第2の内側部分及び中央部分をそれぞれ80℃で2...

    合わせガラス用中間膜及び合わせガラス

  4. 【課題】コスト効率が良く、小型、軽量、堅牢、及び美的観点から満足のいく筐体を提供する。【解決手段】電子装置筐体において、防指紋表面を有する基体であって、防指紋表面に付着または接合した粒子を含むテクスチャ表面を有する基体を備え、0.03未満の損失正接及び15MHz〜3.0GHzの周波数範囲によって定義される、無線及びマイクロ波周波数透明性、磁場透明性、誘導場透明性、及び...

    防指紋表面を有する筐体

  5. 【課題】機能層の端縁を目立ち難くすることが可能な、自動車用合わせガラスを提供する。【解決手段】本発明に係る自動車用合わせガラスは、第1ガラス板と、前記第1ガラス板と対向配置された第2ガラス板と、前記第1ガラス板及び前記第2ガラス板の間に配置され、シート状の機能層を含む中間膜と、を備え、前記機能層は、当該機能層の外縁が、前記第1及び第2ガラス板の内縁よりも内側に位置する...

    自動車用合わせガラス

ガラス,鉱物またはスラグウール ページ上部に戻る

その他の分野

ガラス,鉱物またはスラグウール』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。