水,廃水,下水または汚泥の処理 に関する技術一覧

「水,廃水,下水または汚泥の処理」に関する技術の関連情報です。 「水,廃水,下水または汚泥の処理」 の関連技術、「水,廃水,下水または汚泥の処理」 など、その他「水,廃水,下水または汚泥の処理」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「水,廃水,下水または汚泥の処理」の分野ページはこちら

水,廃水,下水または汚泥の処理に所属する技術動向

水,廃水,下水または汚泥の処理の分野に属する技術の状況としては、2017年に2,171件、2018年に1,851件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、水,廃水,下水または汚泥の処理の分野においては特に近年水,廃水,下水または汚泥の処理の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては栗田工業株式会社やオルガノ株式会社、株式会社東芝が豊富な実績を残しており、 栗田工業株式会社などは、 水,廃水,下水または汚泥の処理や分離,混合といった分野も含め、 株式会社小松製作所や日本製鉄株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

水,廃水,下水または汚泥の処理』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明者等によって、従来その存在すら確認できなかったナノバブルの実存を解明し、かつそのナノバブルの製法を先に確立している。そこで更に、発生しているナノバブルの特性について理論的に予想される特性を確定し、また実験により得られたデータを解析して新たな特性を発見し、それらの特性の相互関係を解明することによりナノバブルを有効に利用する分野を提示する。【解決手段】ナノバ...

    ナノバブルの利用方法及び装置

  2. 【課題】低コストでしかも容易に高い処理水質が得られる生物学的窒素除去装置を提供する。【解決手段】原水路6から原水の一部を亜硝酸化槽1に導入し、槽内のアンモニア酸化細菌を含む生物汚泥と混合し、散気装置9から曝気して、アンモニア酸化細菌によりアンモニア性窒素を亜硝酸性窒素に酸化する。亜硝酸化槽1内の亜硝酸化液は独立栄養性脱窒槽2に導入するとともに、バイパス原水路11から原...

    生物学的窒素除去方法および装置

  3. 【課題】製紙工程にて排出されるペーパースラッジの利用価値を向上し、あるいは再利用出来るための処理方法及びその処理によって得られた材料の提供する。特に摩耗性に優れ、安定した品質を有する白色無機粒子を回収する。【解決手段】有機物と白色無機粒子を含む混合物を酸素含有ガスの存在を制限した貧酸素状況下、温度1000℃以下、好ましくは、少なくとも450℃〜700℃の範囲で第1及び...

    有機物と白色無機粒子を含む混合物の処理方法及びその処理をして得られた材料とその使用方法

  4. 【課題】本発明は、原位置処理が可能で、高い生物学的脱窒能力や揮発性有機化合物低減能力を有し、有機物や窒素を環境中へ放出することによる2次汚染が極めて少ない土壌や地下水の硝酸態窒素および揮発性有機化合物の低減方法を提供することを目的とする。【解決手段】本発明は、炭素数が10以上の脂肪酸、炭素数12以上のアルコール、炭素数が14以上の直鎖状飽和脂肪酸と1価アルコールのエス...

    土壌や地下水における硝酸態窒素および揮発性有機化合物の低減方法

  5. 【課題】簡素な構成により小型軽量化が容易で、発光波長や光量も極めて安定し、しかも、極めて長寿命な光源装置を用いた照明装置、その他各種の応用装置を提供することを目的とする。【解決手段】紫外線を発光する半導体発光素子を利用し、必要に応じて蛍光体などの波長変換機能を有する材料と組み合わせることにより、小型軽量化が容易で、発光波長や光量も極めて安定し、しかも、極めて長寿命な光...

    照明装置、読み取り装置、投影装置、浄化装置、および表示装置

新着の技術

水,廃水,下水または汚泥の処理』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】濾過面への固形分の堆積を抑制、防止し、長時間に亘って連続運転することができるスクリュープレスを提供する。本発明のスクリュープレスは、円筒状の濾過面11Aを有する回転ドラム11と、回転ドラム内11に軸心に沿って設けられたスクリュー羽根12Bを有するスクリュー12と、を備え、濾過面11Aに付着する固形分を除去するシュー機構30をスクリュー羽根12Bの外周...

    スクリュープレス

  2. 【課題】乾燥不十分の含水物が排出されるのを防止し、乾燥不十分の含水物が機内に滞留するのを防止する。【解決手段】含水物が投入される投入口と、後部の両側面に形成された一対の側面排出口9と、を有するケーシング3と、前部側から見て右回りに回転する複数の回転軸を備えた第一回転軸組21と、前部側から見て第一回転軸組21の右側に配置され且つ左回りに回転する複数の回転軸を備えた第二回...

    乾燥装置及び乾燥システム

  3. 【課題】固定スクリーン部材の最上部まで移送されてきた夾雑物が塊となって落下してしまうことを阻止する工夫がなされた夾雑物除去スクリーン装置を提供する。【解決手段】スクリーン体60は、受け入れた汚水の水面から載置面が設けられた固定最上段部612が突出するようにそれぞれ配置された一対の固定スクリーン部材61と、一対の固定スクリーン部材61の間で移動することによって固定最上段...

    夾雑物除去スクリーン装置

  4. 【課題】磁気水製造器であって、現在使用の用具は、道水管や蛇口への専用器具や、大型の機器類でない、移動が容易である磁気水製造器の提供。【解決手段】農業用水等に使用できる、A4の盤に数個の長方形磁石16を縦に4列で対面させ、これを固定材で保持して合成樹脂等のカバー6で覆い、4列の両外側には高い磁極壁5に構築した磁気化水盤であり、この水盤には4列の磁極部で対面させた3列の流...

    磁気化水盤

  5. 【課題】道水管や蛇口に専用器具で永久磁石を装着する器具と、数個の磁石を配置し複雑に配管して水を流し磁気化水をつくる器具や、装置の中で配管し特殊な装置や電磁石で磁場を作り、固定設置する大型の機器具類である、従来の磁気水処理装置を改善し、移動や設置が簡単で磁気化水の再生と効能を維持できる磁気化水生成装置の提供。【解決手段】金属製等のコ字形の部材に、数個の磁石を磁力の範囲で...

    磁気化水生成装置

水,廃水,下水または汚泥の処理の詳細カテゴリ一覧

水,廃水,下水または汚泥の処理の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

水,廃水,下水または汚泥の処理 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

水,廃水,下水または汚泥の処理』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。