水,廃水,下水または汚泥の処理 に関する技術一覧

「水,廃水,下水または汚泥の処理」に関する技術の関連情報です。 「水,廃水,下水または汚泥の処理」 の関連技術、「水,廃水,下水または汚泥の処理」 など、その他「水,廃水,下水または汚泥の処理」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「水,廃水,下水または汚泥の処理」の分野ページはこちら

水,廃水,下水または汚泥の処理に所属する技術動向

水,廃水,下水または汚泥の処理の分野に属する技術の状況としては、2016年に1,838件、2017年に2,165件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、水,廃水,下水または汚泥の処理の分野においては特に近年水,廃水,下水または汚泥の処理の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては栗田工業株式会社やオルガノ株式会社、株式会社東芝が豊富な実績を残しており、 栗田工業株式会社などは、 水,廃水,下水または汚泥の処理や分離,混合といった分野も含め、 新日鐵住金株式会社や株式会社小松製作所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

水,廃水,下水または汚泥の処理』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明者等によって、従来その存在すら確認できなかったナノバブルの実存を解明し、かつそのナノバブルの製法を先に確立している。そこで更に、発生しているナノバブルの特性について理論的に予想される特性を確定し、また実験により得られたデータを解析して新たな特性を発見し、それらの特性の相互関係を解明することによりナノバブルを有効に利用する分野を提示する。【解決手段】ナノバ...

    ナノバブルの利用方法及び装置

  2. 【課題】低コストでしかも容易に高い処理水質が得られる生物学的窒素除去装置を提供する。【解決手段】原水路6から原水の一部を亜硝酸化槽1に導入し、槽内のアンモニア酸化細菌を含む生物汚泥と混合し、散気装置9から曝気して、アンモニア酸化細菌によりアンモニア性窒素を亜硝酸性窒素に酸化する。亜硝酸化槽1内の亜硝酸化液は独立栄養性脱窒槽2に導入するとともに、バイパス原水路11から原...

    生物学的窒素除去方法および装置

  3. 【課題】製紙工程にて排出されるペーパースラッジの利用価値を向上し、あるいは再利用出来るための処理方法及びその処理によって得られた材料の提供する。特に摩耗性に優れ、安定した品質を有する白色無機粒子を回収する。【解決手段】有機物と白色無機粒子を含む混合物を酸素含有ガスの存在を制限した貧酸素状況下、温度1000℃以下、好ましくは、少なくとも450℃〜700℃の範囲で第1及び...

    有機物と白色無機粒子を含む混合物の処理方法及びその処理をして得られた材料とその使用方法

  4. 【課題】本発明は、原位置処理が可能で、高い生物学的脱窒能力や揮発性有機化合物低減能力を有し、有機物や窒素を環境中へ放出することによる2次汚染が極めて少ない土壌や地下水の硝酸態窒素および揮発性有機化合物の低減方法を提供することを目的とする。【解決手段】本発明は、炭素数が10以上の脂肪酸、炭素数12以上のアルコール、炭素数が14以上の直鎖状飽和脂肪酸と1価アルコールのエス...

    土壌や地下水における硝酸態窒素および揮発性有機化合物の低減方法

  5. 【課題】簡素な構成により小型軽量化が容易で、発光波長や光量も極めて安定し、しかも、極めて長寿命な光源装置を用いた照明装置、その他各種の応用装置を提供することを目的とする。【解決手段】紫外線を発光する半導体発光素子を利用し、必要に応じて蛍光体などの波長変換機能を有する材料と組み合わせることにより、小型軽量化が容易で、発光波長や光量も極めて安定し、しかも、極めて長寿命な光...

    照明装置、読み取り装置、投影装置、浄化装置、および表示装置

新着の技術

水,廃水,下水または汚泥の処理』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】高い空塔速度(SV)での通水処理においても、高い総トリハロメタンろ過能力を有する活性炭を提供する。QSDFT法によって算出される細孔容積のうち、1.5nm以下の範囲の細孔径の細孔容積Aが0.3cc/g以上0.5cc/g以下であり、 かつ、QSDFT法によって算出される細孔容積のうち、1.5nm以上2.5nm以下の範囲の細孔径の細孔容積Bが0.03c...

    活性炭及びその製造方法

  2. 【課題・解決手段】単位比表面積あたりのジクロロメタン吸着性能に優れる活性炭を提供する。QSDFT法によって算出される細孔容積のうち、1.0nm以下の細孔容積A(cc/g)が0.35cc/g以上であり、 かつ、QSDFT法によって算出される細孔容積のうち、1.0nm以上3.0nm以下の範囲の細孔径の細孔容積Bが0.15cc/g以上0.35cc/g以下である、活性炭。

    活性炭及びその製造方法

  3. 【課題】電子発生装置を提供する。【解決手段】本発明によれば、支持板151と、支持板に結合される多数の放電ピン155と、多数の放電ピンのうち2つ以上の隣接する放電ピンを含む放電ピン群を電気的に連結し、支持板に結合される弾性接続部材158と、を備える放電ピンモジュール150;多数の放電ピンと対向して配される放電板160;支持板を挟んで、放電板の反対側に位置し、放電ピンモジ...

    電子発生装置

  4. 【課題】ファウリングが進行した場合においても、安定して透過水の流量を確保する。【解決手段】生物処理水槽11と、親水性モノマーが共重合された単層構造を有する管状濾過膜を有する膜分離装置1と、膜分離装置1に供給水W3を供給する加圧ポンプ21と、膜分離装置1から透過水PWを吸引する吸引ポンプ22と、透過側空間の背圧を調整する背圧調整装置23と、膜間差圧を計測する膜間差圧計測...

    生物処理装置、生物処理方法、及びプログラム

  5. 【課題】 多数枚の磁気フィルタを環状の索条体に装着してエンドレス状に移動させて、磁気分離作業効率を向上できるようにする。【解決手段】 ボア3aを有する超伝導磁石3と、この超伝導磁石3のボア3a内に貫通配置されていて磁性付与の被分離物質を含有する泥水を流動させる流動管4と、この流動管4内で泥水中の被分離物質を吸着可能な多数枚の磁気フィルタ5と、この磁気フィルタ5を流...

    磁気分離装置及び磁気分離方法

水,廃水,下水または汚泥の処理の詳細カテゴリ一覧

水,廃水,下水または汚泥の処理の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

水,廃水,下水または汚泥の処理 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

水,廃水,下水または汚泥の処理』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。