化学 に関する技術一覧

「化学」に関する技術の関連情報です。 「化学」 の関連技術、「非金属元素,その化合物」「アンモニア,シアン,それらの化合物」 など、その他「化学」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「化学」の分野ページはこちら

化学に所属する技術動向

化学の分野に属する技術の状況としては、2016年に3,011件、2017年に3,390件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、化学の分野においては特に近年アンモニア,シアン,それらの化合物の分野における動向が活発であり、他にもアルカリ金属,すなわちリチウム,ナトリウム,カリウム,ルビジウム,セシウムまたはフランシウムの化合物や 金属ベリリウム,マグネシウム,アルミニウム,カルシウム,ストロンチウム,バリウム,ラジウム,トリウム化合物または希土類金属化合物といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては独立行政法人産業技術総合研究所や三菱化学株式会社、トヨタ自動車株式会社が豊富な実績を残しており、 独立行政法人産業技術総合研究所などは、 基本的電気素子や器械といった分野も含め、 住友電気工業株式会社や独立行政法人科学技術振興機構といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

化学』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】低屈折率のシリカ系微粒子を得る。また、樹脂等との密着性、反射防止能に優れた被膜付基材を得る。【解決手段】シリカ系微粒子は、図1(a)に示すように、シリカ系無機酸化物からなる外殻(シェル)10の内部に空洞20を有している。外殻10は細孔を有する多孔質なものであっても良いし、該細孔が閉塞されて空洞20を密封したものであっても良い。外殻10は図1(b)に示すように、...

    シリカ系微粒子、該微粒子分散液の製造方法、および被膜付基材

  2. 【課題】電界放出特性が均一で且つ低電圧駆動が可能で電界放出効率も高い電界放出型冷陰極装置を提供する。【解決手段】電界放出型冷陰極装置は、支持基板12と、支持基板12上に配設された電子を放出するための複数のエミッタ14とを有する。エミッタ14の夫々は、基本的に炭素の6員環の連なりから構成される複数のカーボンチューブ16から形成される。全カーボンチューブ16の70%以上は...

    電界放出型冷陰極装置、その製造方法及び真空マイクロ装置

  3. 【課題】第一に、保護層を改質することにより、低電圧での良好な駆動を実現しつつ、「放電遅れ」及び「放電遅れの温度依存性」の両問題を解決する。また第二に、上記各課題の解決に加え、「放電遅れの空間電荷依存性」を抑制することにより、優れた表示性能の発揮が可能なプラズマディスプレイパネルを提供する。【解決手段】純度99.95%以上のマグネシウムのアルコキシド(Mg(OR)2)又...

    プラズマディスプレイパネルとその製造方法

  4. 【課題】従来の希土類付活サイアロン蛍光体より長波長の橙色や赤色に発光する蛍光特性を有する無機蛍光体を提供する。【解決手段】CaSiAlN3結晶と同一の結晶構造を有する無機化合物を母体結晶とし、M(ただし、MはMn、Ce、Pr、Nd、Sm、Eu、Gd、Tb、Dy、Ho、Er、Tm、Yb、Luから選ばれる1種または2種以上の元素)を発光中心として添加した固溶体結晶蛍光体を...

    蛍光体と蛍光体を用いた発光器具

  5. 【課題】填料歩留りを向上し、かつ繊維間に分布する填料粒子によって繊維間結合が阻害されず、少量のパルプでも嵩を出すことができ、同時に白色度、不透明度を向上できる嵩高填料の製造方法および填料内添紙を提供する。【解決手段】無機微粒子を珪酸アルカリ水溶液に添加・分散し、スラリーを調製した後に加熱攪拌しながら、液温を60〜100℃の範囲に保持し酸を添加し、シロカゾルを生成させ、...

新着の技術

化学』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】ドライルーム等の乾燥空気に触れても水分との反応によって硫化水素が発生するのを抑えることができ、それでいてリチウムイオン伝導性を確保することができる、新たな硫化物系固体電解質を提供する。リチウム、リン、硫黄及びハロゲンを含み、立方晶系Argyrodite型結晶構造を有する化合物の表面が、リチウム、リン及び硫黄を含む非Argyrodite型結晶構造を有す...

    リチウム二次電池用硫化物系固体電解質

  2. 【課題・解決手段】本発明は、紫外領域及び/又は近赤外領域における特性を制御されたケイ素化合物被覆ケイ素ドープ酸化亜鉛粒子を用いた透明材用紫外線及び/又は近赤外線遮蔽剤組成物を提供することを目的とする。本発明は、紫外線及び/又は近赤外線を遮蔽する目的に使用される透明材用紫外線及び/又は近赤外線遮蔽剤組成物であり、上記紫外線及び/又は近赤外線遮蔽剤が、酸化亜鉛粒子に少なく...

    透明材用紫外線及び/又は近赤外線遮断剤組成物

  3. 【課題・解決手段】イオン伝導性のみならず耐アルカリ性にも優れたLDH含有機能層及びそれを備えた複合材料が提供される。本発明の機能層は、層状複水酸化物を含む層である。この層状複水酸化物は、Ni、Ti及びOH基で構成される、又はNi、Ti、OH基及び不可避不純物で構成される複数の水酸化物基本層と、複数の水酸化物基本層間に介在する、陰イオン及びH2Oで構成される中間層とから...

    層状複水酸化物を含む機能層及び複合材料

  4. 【課題・解決手段】強度が向上された層状複水酸化物含有機能層、及びそれを含む複合材料が提供される。本発明の機能層は、層状複水酸化物を含み、平均気孔率が1〜40%であり、かつ、平均気孔径が100nm以下である。

    層状複水酸化物を含む機能層及び複合材料

  5. 【課題・解決手段】多孔質担体の透明性が変化する多孔質徐放体を提供する。多孔質徐放体は、無機化合物の骨格体2と骨格体2内に形成された3次元連続網目構造の空隙3,4とを有する無機モノリス多孔体1、及び、空隙内2,3に吸収された徐放液を備えてなり、無機モノリス多孔体1が、徐放液を吸収する前の空隙内に空気が存在する初期状態では不透明であり、徐放液の屈折率と骨格体の屈折率が、空...

    透明多孔質徐放体とその製造方法、徐放体キット、徐放装置、及び、徐放方法

化学 ページ上部に戻る

その他の分野

化学』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。