化学,冶金 に関する技術一覧

「化学,冶金」に関する技術の関連情報です。 「化学,冶金」 の関連技術、「化学」「水,廃水,下水または汚泥の処理」 など、その他「化学,冶金」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「化学,冶金」の分野ページはこちら

化学,冶金に所属する技術動向

化学,冶金の分野に属する技術の状況としては、2016年に42,880件、2017年に53,078件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、化学,冶金の分野においては特に近年このセクションの中で他に分類されない主題事項の分野における動向が活発であり、他にも原皮,裸皮,生皮,なめし革や 糖工業といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては新日鐵住金株式会社や富士フイルム株式会社、JFEスチール株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 処理操作,運輸や化学,冶金といった分野も含め、 新日鉄住金化学株式会社や黒崎播磨株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

化学,冶金』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】粒度分布が狭く、粒径が均一な樹脂分散体、樹脂粒子およびそれを安全かつ経済的に得る製法を提供する。【解決手段】樹脂(a)からなる樹脂粒子(A)の水性分散液中に、樹脂(b)若しくはその溶剤溶液、又は、樹脂(b)の前駆体(b0)若しくはその溶剤溶液を分散させ、前駆体(b0)又はその溶剤溶液を用いる場合には、さらに、前駆体(b0)を反応させて、樹脂粒子(A)の水性分散...

  2. 【課題】溶媒を使用することなく光学的、物理的に優れ、特に寸法安定性に優れた光学フィルムを提供すること。特にその中でもセルロースエステルフィルムを偏光板保護フィルムとして採用した偏光板及び該偏光板を装着した液晶表示装置を提供すること。【解決手段】溶融流延によって形成されたセルロースエステルフィルムを有することを特徴とする光学フィルム。

    光学フィルム、偏光板及び液晶表示装置

  3. 【課題】本発明は、低粘度で、かつ光重合性に優れ、厚膜での硬化性が非常によく、熱的安定性が良好な活性エネルギー線硬化型インクジェットインキを提供することにある。また、本発明はノズルでの吐出安定性、被記録媒体への密着性、耐溶剤性および耐水性の良好な活性エネルギー線硬化型インクジェットインキを提供することにある。【解決手段】1)オキシラン基含有化合物10〜50重量%、2)オ...

  4. 【課題】走行用燃料として、低硫黄含有量の炭化水素系燃料を用いるディーゼルエンジン搭載車において好適に用いられる潤滑油組成物を提供する。【解決手段】低硫黄含有量の基油に、a)アルケニル/アルキルこはく酸イミド系無灰性分散剤が換算値で0.01〜0.3重量%、b)硫黄含有量が3%以下で全塩基価10〜350mgKOH/gの金属系清浄剤が硫酸灰分換算値で0.1〜1重量%、c)ジ...

  5. 【課題】電気的性質、熱的性質、機械的性質などの性質について、従来では得られなかった優れた異方性機能を発揮することができるカーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法を提供する。【解決手段】カーボンナノチューブ複合成形体5は、母材となるマトリックス中にカーボンナノチューブ6が一定方向に配列されて複合された状態で成形されている。マトリックスとしては、熱可塑性樹脂、硬化性...

    カーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法

新着の技術

化学,冶金』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】鋼板は、特定の化学組成を有し、面積率で、フェライト:0〜30%、かつベイナイト:70〜100%、で表される組織を有する。方位差が15°以上の粒界によって囲まれ、かつ円相当径が0.3μm以上である領域を結晶粒と定義した場合に、粒内方位差が5〜14°である結晶粒の全結晶粒に占める割合が面積率で20〜100%である。固溶Cの粒界個数密度、又は固溶Cと固溶B...

    鋼板及びめっき鋼板

  2. 【課題・解決手段】鋼板は、特定の化学組成を有し、面積率で、フェライト:5〜60%、かつベイナイト:40〜95%、で表される組織を有する。方位差が15°以上の粒界によって囲まれ、かつ円相当径が0.3μm以上である領域を結晶粒と定義した場合に、粒内方位差が5〜14°である結晶粒の全結晶粒に占める割合が面積率で20〜100%である。円相当直径が10nm以下のTi(C,N)及...

    鋼板及びめっき鋼板

  3. 【課題・解決手段】鋼板は、特定の化学組成を有し、面積率で、フェライト:30〜95%、かつベイナイト:5〜70%、で表される組織を有する。方位差が15°以上の粒界によって囲まれ、かつ円相当径が0.3μm以上である領域を結晶粒と定義した場合に、粒内方位差が5〜14°である結晶粒の全結晶粒に占める割合が面積率で20〜100%である。前記結晶粒の相当楕円の平均アスペクト比が5...

    鋼板及びめっき鋼板

  4. 【課題・解決手段】鋼板は、特定の化学組成を有し、面積率で、フェライト:5〜95%、かつベイナイト:5〜95%、で表される組織を有する。方位差が15°以上の粒界によって囲まれ、かつ円相当径が0.3μm以上である領域を結晶粒と定義した場合に、粒内方位差が5〜14°である結晶粒の全結晶粒に占める割合が面積率で20〜100%である。前記結晶粒内に最大径が8nm以下の析出物又は...

    鋼板及びめっき鋼板

  5. 【課題・解決手段】比較的低温で電子部品等の金属間の高強度の接合が可能な金属粒子含有組成物を提供する。一次粒子の粒子径が1nm以上500nm以下であり、かつバルクの融点が420℃超えである金属元素(M)を含む金属微粒子(P1)と、融点が420℃以下の金属又は合金からなり、不可避的に酸素を含有する低融点金属粉(P2)と、水の生成を伴わずに酸素原子と結合可能なリン又は硫黄を...

    金属粒子含有組成物

化学,冶金 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

化学,冶金』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。