ナノ技術 に関する技術一覧

「ナノ技術」に関する技術の関連情報です。 「ナノ技術」 の関連技術、「ナノ構造物,その製造または処理」 など、その他「ナノ技術」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ナノ技術」の分野ページはこちら

ナノ技術に所属する技術動向

ナノ技術の分野に属する技術の状況としては、2016年に20件、2017年に22件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ナノ技術の分野においては特に近年ナノ構造物,その製造または処理の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては独立行政法人産業技術総合研究所や清華大学、国立研究開発法人物質・材料研究機構が豊富な実績を残しており、 清華大学などは、 基本的電気素子や化学といった分野も含め、 鴻海精密工業股ふん有限公司や鴻富錦精密工業(深セン)有限公司といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ナノ技術』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】電気的性質、熱的性質、機械的性質などの性質について、従来では得られなかった優れた異方性機能を発揮することができるカーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法を提供する。【解決手段】カーボンナノチューブ複合成形体5は、母材となるマトリックス中にカーボンナノチューブ6が一定方向に配列されて複合された状態で成形されている。マトリックスとしては、熱可塑性樹脂、硬化性...

    カーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法

  2. 【課題】ナノメータスケールの微粒子(30)を所定の位置に配列することにより、磁性粒子に応用した場合は高記録密度を可能にする磁気記録媒体が得られ、高密度磁気記録再生装置を実現することが可能となる。【解決手段】基板(32)上に微粒子(30)を固定した配列体であって、前記微粒子(20)の表面には前記微粒子の表面と結合した有機コーティング膜(31)が形成され、前記基板(32)...

    微粒子配列体とその製造方法及びこれを用いたデバイス

  3. 【課題】かなりの規則性をもったナノメーターオーダーのパターンを形成できる材料および方法を提供する。【解決手段】ブロックコポリマーまたはグラフトコポリマーを含有し、ミクロ相分離構造を形成するパターン形成材料であって、前記ブロックコポリマーまたはグラフトコポリマーを構成する複数のポリマー鎖のうち少なくとも2種のポリマー鎖について、各ポリマー鎖を構成するモノマー単位のN/(...

    パターン形成材料、多孔質構造体の製造方法、パターン形成方法、電気化学セル、中空糸フィルター、多孔質カーボン構造体の製造方法、キャパシタの製造方法、および燃料電池の触媒層の製造方法

  4. 【課題】本発明は、カーボンナノチューブ筋の製造方法に関する。【解決手段】本発明に係るカーボンナノチューブ筋の製造方法は、カーボンナノチューブのマトリックスを準備する段階と、前記カーボンナノチューブのマトリックスからカーボンナノチューブ膜を引き抜く段階と、前記カーボンナノチューブ膜を有機溶剤に浸入して縮ませて、カーボンナノチューブ筋を形成する段階と、を含む。カーボンナノ...

    カーボンナノチューブ筋及びその製造方法

  5. 【課題】 カーボンナノファイバーが均一に分散された炭素繊維複合材料およびその製造方法を提供する。【解決手段】 炭素繊維複合材料は、エラストマーと、該エラストマーに分散されたカーボンナノファイバーとを含み、前記エラストマーは、前記カーボンナノファイバーに対して親和性を有する不飽和結合または基を有する。炭素繊維複合材料の製造方法は、エラストマーにカーボンナノファイバー...

    炭素繊維複合材料およびその製造方法

新着の技術

ナノ技術』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は概してナノ加工に関し、いくつかの実施形態では、選択的に結合するパッチナノ粒子)を合成する方法、及びそれらから作ることができるデバイスに関する。いくつかの実施形態では、本発明は、パッチナノキューブから任意形状の構造体を組み立てる、以下の方法、及びそのデバイス、及びその使用に関する。例えば、ナノキューブの組み上げブロックは、選択的に結合する化学種...

    プログラム可能な自己組織化パッチナノ粒子と、それに関連する装置、システム、及び方法

  2. 【課題】様々な色彩を付与でき、さらには抗菌性・抗カビ性をも同時に付与された多孔体を提供する。【解決手段】平板状の銀微粒子2と少なくとも一つ以上の微細化されたセルロース3とが複合化された複合体1を少なくともその表面および内部に備える多孔体である。平板状の銀微粒子2は、少なくとも銀を含む1種類以上の金属又はそれらの化合物であり、微細化セルロース3のそれぞれは、少なくとも一...

    多孔体および多孔体の製造方法

  3. 【課題】上部にキャップ構造を有するナノピラーが規則配列し、隣接するキャップ構造間のギャップが小さいナノ構造配列体を提供すること。【解決手段】上部にキャップ構造を有するナノピラーが基板上に規則配列し、 前記ナノピラーの平均直径dp、前記キャップ構造の平均直径dc、及び隣接するナノピラー間の平均中心間距離Lが、下記式:dc=a×dpL=b×dp5nm≦dp≦90nm1<...

    ナノ構造配列体及びその製造方法

  4. 【課題】酸化安定に優れる量子ドットを提供すること、これを用いたフィルム、あるいは自発光感光性樹脂組成物、これを用いた量子ドットフィルム、カラーフィルター、量子ドット発光ダイオードを提供すること。【解決手段】表面上に配位子層を有する量子ドットであって、配位子層がマロン酸誘導体、チオチオール化合物、チオカルボン酸化合物、及びエステル基とチオール基を含む化合物のうちの1種以...

  5. 【課題】乾燥状態でも超格子の対称性が維持されるようにすること。【解決手段】まず、ナノ粒子10が溶液に混合、分散されたコロイド溶液に、核酸11を含む溶液を混合し、ナノ粒子10の表面に核酸11を修飾する。次に、溶液を所定の温度まで加熱し、必要に応じて一定時間保持する。その後、室温まで徐冷し、ナノ粒子10の超格子構造体を形成する。次に、溶液中に凝集して沈殿した超格子構造体を...

    超格子構造体、およびその製造方法

ナノ技術の詳細カテゴリ一覧

ナノ技術の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

ナノ技術 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON