ナノ技術 に関する技術一覧

「ナノ技術」に関する技術の関連情報です。 「ナノ技術」 の関連技術、「ナノ構造物,その製造または処理」 など、その他「ナノ技術」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ナノ技術」の分野ページはこちら

ナノ技術に所属する技術動向

ナノ技術の分野に属する技術の状況としては、2016年に19件、2017年に21件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ナノ技術の分野においては特に近年ナノ構造物,その製造または処理の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては独立行政法人産業技術総合研究所や清華大学、国立研究開発法人物質・材料研究機構が豊富な実績を残しており、 清華大学などは、 基本的電気素子や化学といった分野も含め、 鴻海精密工業股ふん有限公司や鴻富錦精密工業(深セン)有限公司といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ナノ技術』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】電気的性質、熱的性質、機械的性質などの性質について、従来では得られなかった優れた異方性機能を発揮することができるカーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法を提供する。【解決手段】カーボンナノチューブ複合成形体5は、母材となるマトリックス中にカーボンナノチューブ6が一定方向に配列されて複合された状態で成形されている。マトリックスとしては、熱可塑性樹脂、硬化性...

    カーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法

  2. 【課題】ナノメータスケールの微粒子(30)を所定の位置に配列することにより、磁性粒子に応用した場合は高記録密度を可能にする磁気記録媒体が得られ、高密度磁気記録再生装置を実現することが可能となる。【解決手段】基板(32)上に微粒子(30)を固定した配列体であって、前記微粒子(20)の表面には前記微粒子の表面と結合した有機コーティング膜(31)が形成され、前記基板(32)...

    微粒子配列体とその製造方法及びこれを用いたデバイス

  3. 【課題】かなりの規則性をもったナノメーターオーダーのパターンを形成できる材料および方法を提供する。【解決手段】ブロックコポリマーまたはグラフトコポリマーを含有し、ミクロ相分離構造を形成するパターン形成材料であって、前記ブロックコポリマーまたはグラフトコポリマーを構成する複数のポリマー鎖のうち少なくとも2種のポリマー鎖について、各ポリマー鎖を構成するモノマー単位のN/(...

    パターン形成材料、多孔質構造体の製造方法、パターン形成方法、電気化学セル、中空糸フィルター、多孔質カーボン構造体の製造方法、キャパシタの製造方法、および燃料電池の触媒層の製造方法

  4. 【課題】本発明は、カーボンナノチューブ筋の製造方法に関する。【解決手段】本発明に係るカーボンナノチューブ筋の製造方法は、カーボンナノチューブのマトリックスを準備する段階と、前記カーボンナノチューブのマトリックスからカーボンナノチューブ膜を引き抜く段階と、前記カーボンナノチューブ膜を有機溶剤に浸入して縮ませて、カーボンナノチューブ筋を形成する段階と、を含む。カーボンナノ...

    カーボンナノチューブ筋及びその製造方法

  5. 【課題】 カーボンナノファイバーが均一に分散された炭素繊維複合材料およびその製造方法を提供する。【解決手段】 炭素繊維複合材料は、エラストマーと、該エラストマーに分散されたカーボンナノファイバーとを含み、前記エラストマーは、前記カーボンナノファイバーに対して親和性を有する不飽和結合または基を有する。炭素繊維複合材料の製造方法は、エラストマーにカーボンナノファイバー...

    炭素繊維複合材料およびその製造方法

新着の技術

ナノ技術』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】従来のCNTとゴムとの複合材料による圧縮永久ひずみと永久ひずみを改善するカーボンナノチューブゴム複合材料を提供すること。【解決手段】本発明の実施形態に係るカーボンナノチューブゴム複合材料は、カーボンナノチューブをゴムの内部に配置して構成されるカーボンナノチューブゴム複合材料であって、前記カーボンナノチューブは、圧縮方向に対して平行に配向してなることを特徴とする...

    カーボンナノチューブゴム複合材料

  2. 【課題】ナノ構造の長軸が実質的に整列され得る、基板の表面にナノチューブ(例えば、カーボンナノチューブ)等のナノ構造を均一に成長させるための方法を提供すること。【解決手段】ナノ構造は、複合材料等の種種の用途に使用するためにさらに処理できる。例えば、一組の整列したナノ構造は、材料の特性を強化するために、バルク形成または別の表面に形成され、別の材料へ転写できる。場合によって...

    ナノ構造強化された複合体およびナノ構造強化方法

  3. 【課題】カーボンオニオンを用いた有機薄膜太陽電池に係る基礎技術を提供すること。【解決手段】カーボンオニオンをn型層材料としての用いることによりバルクへテロ接合構造を有する有機薄膜太陽電池を作製する。

    カーボンオニオンを用いた光吸収層形成方法およびバルクへテロ接合構造

  4. 【課題】 本発明は、気相成長法おいて確実に基板上にグラフェンを直接成長させることのできるグラフェン作製方法及びそれによって製造されたグラフェン膜を提供する。【解決手段】 本発明に係るグラフェンの作製方法は、気相成長法を用いたグラフェン作製のための原料供給において、酸素を用いた酸化雰囲気よりも酸化が緩やかな製膜雰囲気を設けたことにある。

    グラフェンの作製方法及びそれによって作製されたグラフェン膜

  5. 【課題】 従来の方法では、高い電気伝導性や熱伝導性を実現するために、三次元多孔質体にカーボンナノチューブ分散液を含浸させ又はコーティングした後に、さらにこれを炭化させる工程が必要であり、また、強酸などの酸化剤によって酸化処理をすることによってカーボンナノチューブを化学的に修飾する必要があった。そのため、カーボンナノチューブがダメージを受けることで電気伝導性や熱伝導性...

    カーボンナノチューブを含有する三次元多孔質体及びその製造方法

ナノ技術の詳細カテゴリ一覧

ナノ技術の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

ナノ技術 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON