マイクロ構造技術,ナノ技術 に関する技術一覧

「マイクロ構造技術,ナノ技術」に関する技術の関連情報です。 「マイクロ構造技術,ナノ技術」 の関連技術、「マイクロ構造装置またはシステム,例.マイクロマシン装置」「マイクロ構造装置またはシステムの製造または処理に,特に適合した方法または装置」 など、その他「マイクロ構造技術,ナノ技術」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「マイクロ構造技術,ナノ技術」の分野ページはこちら

マイクロ構造技術,ナノ技術に所属する技術動向

マイクロ構造技術,ナノ技術の分野に属する技術の状況としては、2016年に483件、2017年に486件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、マイクロ構造技術,ナノ技術の分野においては特に近年マイクロ構造装置またはシステムの製造または処理に,特に適合した方法または装置の分野における動向が活発であり、他にもマイクロ構造装置またはシステムの製造または処理に,特に適合した方法または装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはセイコーエプソン株式会社や独立行政法人産業技術総合研究所、富士通株式会社が豊富な実績を残しており、 国立大学法人東京大学などは、 器械や健康,娯楽といった分野も含め、 東日本電信電話株式会社やパナソニック株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

マイクロ構造技術,ナノ技術』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】小型コンパクトで、加熱処理に原因した素子特性の劣化等がなく、気密封止も完璧な、MEMS素子やその他の機能素子を搭載した電子デバイスを提供する。【解決手段】デバイス本体1と、蓋体2とをもって素子搭載空間8が規定されており、素子搭載空間8が、超音波接合部3により気密封止されており、素子搭載空間8の内部に、デバイス本体1及び(又は)蓋体2に固定された微小機械部品4が...

    電子デバイス及びその製造方法

  2. 【課題】耐久性の高い集積型マイクロスイッチを提供する。【解決手段】可動板をシーソー運動可能な状態に支持し、この可動板を静電気力または磁気力によってシーソー運動させ、可動板の両方の遊端に装着した可動接点によって固定接点間を電気的に断続制御する構造とした集積型マイクロスイッチ。

    集積型マイクロスイッチおよびその製造方法

  3. 【課題】カーボンナノチューブ電子電界エミッタ構造を含む改良された電界放出デバイスを実現する。【解決手段】接着性カーボンナノチューブ膜(単層あるいは多層ナノチューブを含む)が、比較的平坦な導電性基板上に形成される。本発明は、強く接着するカーボンナノチューブ膜を実現する。さらに、放出特性を向上させるために、膜中のナノチューブの一部(例えば、少なくとも50体積%)を、ほぼ同...

    接着性カ—ボンナノチュ—ブ膜を有するデバイス

  4. 【課題】ナノプリント法において、基板からスタンパを剥離する工程を高精度かつ容易に行うことを目的とする。【解決手段】プレス装置を用い、基板上に微細構造を形成するためのスタンパにおいて、前記スタンパが剥離機構を有することを特徴とするナノプリント用スタンパ、及び該スタンパを用いるパターン転写方法。

    ナノプリント用スタンパ、及び微細構造転写方法

  5. 【課題】微小粒子の生成を可能とすると共に、工業的な量産にも対応でき、また、生成した微小粒子の形状を崩さずに微小粒子を生成した直後に微小粒子を硬化させ、微小粒子を媒体から分離することができる微小流路構造体、これを用いた微小粒子製造方法及び微小流路構造体による溶媒抽出方法を提供する。【解決の手段】分散相を導入するための導入口及び導入流路と、連続相を導入するための導入口及び...

    微小流路構造体、これを用いた微小粒子製造方法及び微小流路構造体による溶媒抽出方法

新着の技術

マイクロ構造技術,ナノ技術』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】多数の小型のMEMSデバイスを用いて相対的に大型の1つのMEMSデバイス又はディジタル可変キャパシタの機能を置き換える。【解決手段】相対的に小型の多数のMEMSデバイスは、相対的に大型のデバイスと同じ機能を実行するが、これらは、その相対的に小型のサイズに起因して、CMOS互換のプロセスを用いてキャビティ内に封止可能である。相対的に小型の多数のデバイスにわたる信...

    相対的に小型の複数のMEMSデバイスを用いて相対的に大型のMEMSデバイスを置き換える方法

  2. 【課題・解決手段】検出構成要素と統合されたサンプル調製構成要素を含む集積デバイスが開示される。サンプル調製構成要素は、デジタルマイクロ流体モジュール又は表面弾性波モジュールであり得、これらモジュールは、サンプル小滴を試薬小滴と組み合わせるため、及び、サンプル中の対象検体の存在又は非存在を示すビーズ/粒子/標識を含有する小滴をもたらす更なるサンプル調製ステップを行うため...

    サンプル分析用デバイス及び方法

  3. 【課題】本発明は、MEMSマイクロフォンを含む容量性マイクロフォンを提供する。【解決手段】マイクロフォンにおいて、可動性または変形性のメンブレン/ダイアフラムは、固定された背面板に向かって/背面板から遠ざかるように運動するのではなく、固定された背面板に対して水平に運動する。スクイーズフィルム減衰は実質的に防止され、マイクロフォンの性能は顕著に向上する。

    水平モード容量性マイクロフォン

  4. 【課題】 犠牲層のエッチングが完了したことを正確に確認することで、感度の低下、及びばらつきを小さくする、静電容量トランスデューサの製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】 犠牲層を除去することで間隙を形成する静電容量型トランスデューサの製造方法であって、エッチングが完了したことを正確に確認するまでエッチングを行う。

    静電容量型トランスデューサ、及びその製造方法

  5. 【解決手段】本発明は、基板と、基板内に画定された流路と、流路に接続された、流路内の流体の特性を測定するためのセンサユニットとを有するシステムチップを備える流体流動装置に関する。さらに、流路を通る流体流動を調整するためのバルブユニットが基板内に設けられている。バルブユニットは、基板内に画定されたバルブチャンバと、バルブチャンバ内に移動可能に配置されたバルブ部材とを含む。...

    バルブユニットを備える流体流動装置、および、その製造方法

マイクロ構造技術,ナノ技術 ページ上部に戻る